もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 おっと、楽天の某酒屋が一部スポット的に「篠峯」の扱いを始めてた。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤裏篠峯 ろくまる - 八反 うすにごり生酒 29BY <奈良> ── dಠಠb「今のところ、雄山錦うすにごり>八反うすにごり>山田錦うすにごり>>雄町」#Fresh/Fruity 




rokumaru_hattan_nigori29by1.jpg
 ▲一人だけ圧倒的に〝絵〟が強いです。もうTVサイズじゃ収まり切らないわな。



 今季は買えるだけ買っちゃおうカナ、篠峯 (しのみね) です。「ろくまる」の新酒シリーズは「雄山錦」「八反35号」「山田錦」「雄町」の4種類しかないので、それぞれの「うすにごり」を含めても全8種類──夏&秋酒として蔵で囲ってる熟成Verも遅れて出るけどそれは抜きにして。「雄山錦」と「山田錦」は両方とも押さえたので、この「八反」も近いうちに透明Verを買いますわ。唯一「雄町」だけはオレの中でジャンル違いなので──日本酒好き100人に「雄町」と「山田錦」と飲み比べさせたら半分以上が「雄町」を支持するらしいけど──、たぶん「うすにごり」は買わない。それにオレ、今だから言えるけど、ほとんどの日本酒、別にそれほど好きじゃないから (笑) 。それは音楽も同じな。



rokumaru_hattan_nigori29by3.jpg
 ▲今回も寝かせて保存したけど、買ってすぐに開けたので特に意味はないです。



 27BYは今から思えば薄いし28BYは木香ファイヤーで吐き出すわで、なんだかんだでこの時期にマトモに飲めるのは26BY以来なので、今ここに多少の感慨がないわけじゃない。木香はあるっちゃあるけど、29BYも他にさんざ木香のないクソ酒をたらふく買わされた/飲まされた/書かされた身としては、最後まで楽しく飲めれば、そんなもん、別にどうということはない。



 ▼奇跡の髪ヒゲ。
rokumaru_hattan_nigori29by2.jpg
 bottle size:720ml





【592】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 八反 うすにごり生酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:広島県産 八反35号/60%
▪︎酵母:明利系
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/2.0/1.0
▪︎ALC:16%
▪︎処理:うすにごり生酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年1月
▪︎管理状況:2018/4/19に購入、瓶を寝かせて10℃で管理後、飲む3日前に冷蔵庫 (3℃) に移動。上澄みの分離率は目視で約90%。
▪︎試飲日時:2018年4月27日 (金) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokumaru_hattan_nigori29by4.jpg
 ▲小松菜奈とウナギイヌ。



 立ち香──結構「雄町」寄りの華やかさ。パイナップルはない。もう一つ酸が伸びて来ない。

 少しイヤな予感──もちろん上澄みハントです。

 あああ、木香はあるけど「雄町」より全然いいな。なんかこの感じ、久々。ドライだけど、このシャキシャキ感と光沢感だよね。これは紛れもなく「ろくまる八反」だな。「山田錦」よりシャープな迸りとしての抜け感もある。「山田錦」は少し麹が強いのかな。旨みの弾力性が高く、オレには「餅」の歯触りさえ幻想してしまう瞬間もあるが、この「八反」には──「雄山錦」ほどではないにしても──望ましい方向性としての〝エキスへの酸の反射〟がある。明日、客が来るから軽い毒味のつもりだったんだけど、これは思わず飲んじゃうな (笑) 。



rokumaru_hattan_nigori29by5.jpg
 ▲「岩田剛典」ではなく「岩ちゃん (がんちゃん) 」でツイートされるのな (笑) 。それでも中村倫也より少ない。ま、「岩田剛典」と「岩ちゃん」の合計なら流石にTOPなのか。いずれにせよ、崖っぷち『崖っぷちホテル!』──これはもう、打ち切り間近の緊急事態だな。視聴率が5%切るのは時間の問題。とにかくつまらな過ぎる──脚本の筋目が〝安っすい人情小噺オリエンテッド〟になって来た。美波ちゃんと中村倫也の厨房コンビの登場シーンを増やせ。もう、それしかない。そして相変わらず主演の二人が弱すぎる。全く絵にならない。戸田恵梨香が迷ったり悩んだり気弱な姿を見せても全然そう見えないのが致命的 (笑) 。やっぱ役者は下手に素顔をTVのバラエティ番組なんかで晒すもんじゃないね。役者の普段の人としての個性なんか、むしろ空っぽの箱 (OSやアプリの入ってないパソコン) でいいんだよ。マシンとしてのポテンシャルだけが秘めてあればいい。あと、宮川大輔からメガネと笑顔を取ると893かDQNにしか見えないから怖い。なんか一人だけVシネ俳優が紛れてるみたいでスゲえ異物感ある。

 ▼潜在視聴率を静かに支える厨房コンビの中村倫也と浜辺美波。
崖っぷちホテル浜辺美波中村倫也3話1
 photo: modelpress


2018_4_29twitter中村倫也2018_4_29twitter岩ちゃん

2018_4_29twitter浜辺美波2018_4_29twitter戸田恵梨香






rokumaru_hattan_nigori29by6.jpg


 さて──。


 香りは少しクドいし、オレにとっては望まぬ華やかさもあるけど、飲むと全然。「雄山錦うすにごり」「雄町」「山田錦うすにごり」の中ではこれが一番ガスある。もうちょい甘みが伸びて来てもいいかな──友人がこれの透明Verを飲んだら結構ドライだった模様。ただなあ、味としての酸っぱみはそれほど感じないなあ。今の段階では「山田錦」よりまとまりはいいけど、やっぱ「雄山錦」かなあ。

 それでも飲めますね──なんだかんだでガブガブと。それなりに木香ラインに添う苦みや渋みもあるけど、柑橘系の味わいにコネクトする瞬間もあるし、イヤなら飲まなきゃいいだけ。確か28BYの同じ酒は飲めなくて捨てたけど、それに比べれば全然。この時期の27BYは薄くて味気なかったし──つうか砂糖水?──、29BYの「篠峯」は空白の2年をそこそこ埋めてくれる何かを感じ始めてます。





── 2日目。

rokumaru_hattan_nigori29by7.jpg



 直前に頂き物の「新政 NO.6 S-Type Essence 28BY」を飲んでたんだけど、この流れで「ろくまる」を飲むと目が覚めるし、つくづく「新政は水!」だと感じる。しかも芳香剤みたいなアロマなので、そのままアロマオイルを飲んでるみたいな錯覚にさえ陥る。誰も旨いと言わないよ (笑) 。

 そこへ来ると、この「ろくまる」程度の──言ってしまえば千代酒造における「カジュアル組の酒」でさえ、その、明度鮮明の存立性には、カチっとした揺るぎない骨格を感じる。別にこれ自体は「篠峯」の中ではそこまでスゲえ酒 (フルスロットル酒) というわけでもないんだけど、それでも比べちゃうと、もうダメね。所詮「新政」は田舎者の粋がりの域を出ない。つくづくオレにとって「新政」は面倒臭い酒ですね。飲むのも書くのも面倒。ま、肌に合わないんだろうね。別に味も合わないんだけど、それ以上に感性の部分で何もかもが合わな過ぎる。

 さて、ろくまる──初日と違い、ややアタックも増すけど、酒という建物内部を隅々まで照らす酸ライトのワット数は逆に増量されるという印象。まだまだ若いので、もう1本買って秋以降に再飲してもいいかな。

 というわけDE、オレが買う分が売り切れるので、ドライでスリムでシャープで派手さはないので、鷹揚な旨口が好きな人は無理に買わなくていいから。「good」はオマケ。いずれ「山田錦」が抜くけど、今はこれくらいでいい。最初から無駄に味が出てる方が伸びしろが少ないし。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 on_list_good 浜辺美波

Comment

Add your comment