◤Baron Dauvergne / バロン・ドーヴェルニュ「フィーヌ・フルール・ド・ブジー」グラン・クリュ 




2-18_4_21Baron_Dauvergne6440.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 先週の土曜、ちょっと実家──「浜辺美波」とほとんど同じ字ヅラの「美浜区磯辺」に顔を出したので、事前に送料無料の白ワインと一緒に送っておきました。

 バロン・ドーヴェルニュは所有する約7haの畑が全てブージー/Bouzy (グラン・クリュ) のドメーヌ。登記上は相続の関係で「NM (ネゴシアン・マニピュラン) 」ですが、実質的には家族経営の小規模RMで、今回のキュヴェも自社畑のブドウ100%で造られてます。前回はノンドゼの「キュヴェ・サフィール」を飲んでなかなか良かったので、改めて定番のスタンダード・キュヴェを試すことにした。



2018_2_3Baron_Dauvergne0.jpg
 ▲「私たちのシャンパンは、いつも贔屓にしてくれるヨーロッパのシャンパン愛好家からのリピート注文だけでほとんど完売します。ワインガイドなどに出展したりして新しい顧客を増やそうとするよりも、今のお客さんを満足し続けられるような堅実な仕事をしたいのです」と当主。


Montagne_de_Reims_Bouzy.jpg



 キュヴェ名「Fine-Fleur de Bouzy」の「フィーヌ・フルール」は「可憐な花」という意味。表記はないものの、ブドウの出来の良い年にのみ造られるミレジメで、使用するブドウは、所有するブージーの中の、わずか0.8haの単一区画から獲れる平均樹齢30年以上のピノ・ノワール100% 。つまり、今回のキュヴェは、半ば〝鬼門〟とも言える──大当たりを引くのが極めて難しい──ブラン・ド・ノワール (黒ブドウ=ピノ・ノワール100%) です。36ヶ月間以上ビン熟成。ドザージュは7g/1L。



2-18_4_21Baron_Dauvergne6446.jpg





◤Baron Dauvergne / バロン・ドーヴェルニュ「フィーヌ・フルール・ド・ブジー」グラン・クリュ




2-18_4_21Baron_Dauvergne6438.jpg



 それにしても、この土日は暖かかったですねえ。いつものように「海浜幕張」のアウトレットに立ち寄って、moukan1973♀が買い物をしている間、オレはここ最近の恒例行事「中国式マッサージ」をしつつ、酒記事の清書などをしつつ、それなりに優雅に過ごして──出掛けないと逆にゆっくりできない──、そんでもって、夕方の4時前に実家に着いちゃったので、特にやることもねえし、天気も良かったし喉乾いたしで、ちょっと縁側でシャンパンでも洒落込んだというわけさ。



2-18_4_21Baron_Dauvergne6449.jpg



 ところがですよ!

 はい、ブショネ〜 ──オッケー、失格


 開けたての瓶口からはヨサーゲなイチゴジャムのアロマが芳醇に咲き乱れてくれたんだけど、グラスに注いだらイヤな予感。まあ、飲めないレベルではないけど、レストランやワインバーで出て来たら迷わずチェンジですね。うーん、どうして外飲みに限っていつもこうなるんでしょう (笑) 。

 それでもまあ、ストラクチャーそのものはなかなかに筋肉質で、ミネラルも豊かで、酸の集中力も逞しいのは分かったので、ちゃんとしたコンディションなら旨いんダローナァ〜。





 



 しかしまあ、ブショネのシャンパンは全部「同じ味と香り」がするよね。磯臭いというか、ドブ川というか、泡盛というか、エグいくて苦いミキプルーンというか。

 これまでには吐き出すレベルのブショネもあったけど、今回はギリギリ飲めるレベルだったので、春の陽気な気分に誘われて全部飲んじゃいました。それでも一応は販売店に報告しておいたけど。他に被害者を出したくないしね。





 夕食時はこちらの2本を飲みました。
2-18_4_21Baron_Dauvergne6456.jpg
 ▲左がシャンパーニュ、右がボルドーの白ワイン。




David Coutelas / ダヴィド・クートラ「プレスティージュ」ブラン・ド・ブラン 2012

2-18_4_21Baron_Dauvergne6459.jpg


 合流したhonshibori1977♀ (弟の幼馴染み) が密かにウメムラで手に入れていたブラン・ド・ブランを手土産に持って来た。まあまあですかね──値段を見なきゃ (笑) 。だったら、これより2〜3,000円安いNVで他にも旨いヤツはいくらでもある。ノンマロなので、フレッシュ&スリムで肉には合うけど。




Chateau de Cruzeau / シャトー・ド・クリュゾー ブラン 2015

2-18_4_21Baron_Dauvergne6452.jpg


 送料無料だったので適当に選んだだけなんだけど、なかなかイイですね。マトモなスティルワインは経験ZEROに近いので比較はできないけど、そこそこ味と香りの出てる、日本酒で言ったら、ドッカン寄りの明利系や18号酵母の純米60無濾過生原酒みたいな立ち位置なのかな。もちろん、それでも日本酒なんかよりは綾瀬はるかに軽いんだけど、ALC.が13.5%なので、それなりのBodyサイズではあるのかな。

 トロピカル&フローラル&フルーティー。champagneライクな甘焦げたトースト香も、ほんのりだけど、奥である。酒単体でもそこそこ楽しいだろうね。とはイエイ、平行してシャンパンと飲み比べると、まあ薄いです (笑)


moukan1972♂moukan1973






Comment

Add your comment