もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤裏篠峯 - ろくまる 雄町 無濾過生原酒 29BY <奈良> #Fresh/Fruity 




rokumaru_omachi29by1.jpg
 ▲この3本を日曜に開けてます。



 ろくまる (60) です。「篠峯」の別ラインですね。明利系酵母を使った、ちょっとポップでキュートでキャッチーな味と香りが「ろくまる」の表向きの属性だけど、もう26BYのような「而今ナニソレwww」の炸裂ジューシイな酒は造られないので──少なくとも堺杜氏によって意図されては──、今季はその文脈で語ることは止めます。

 あくまでも、いろいろとNGの酒が増えて来た今の我々夫婦にとっての視界に入り得る酒なのか──つまり、on list されるかだけが重要なので、今の「篠峯」が我々にとってどういう意味を持つのかということを重視して記事を書きたい、とは、思って、いる、けど。

 ちなみに今週の金曜に27BYの「櫛羅 生」が720mlで6本 (純米×2、純吟×4) ほど届くけど、もちろん、そっちは26BYとの比較は避けて通れないので、これには準じません。



 ▼クイズはすべて適当に回答 (笑) 。[動画
rokumaru_omachi29by2.jpg
 bottle size:720ml





【586】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 雄町 無濾過生原酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:赤磐雄町/60%
▪︎酵母:明利系
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/2.0/0.8
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年3月
▪︎管理状況:2018/4/19に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年4月22日 (日) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokumaru_omachi29by3.jpg



 立ち香──まあ、メロン? ややイチゴミルク的なクリーミイさも感じるけど、パキっとした張りもある。「ろくまる」の中では「一番甘い」という認識なんだけど、そこそこ華やか。香りのタイプ的には、最近の中では「一歩己」なんかに近いっちゃ近い。それでも〝酒としての表現スタイル〟は同じじゃないけどね。「式は同じでも出てくる答えが違う」という、あれ。木香はあまり感じない。

 さて?──。

 ♡☺♡「すごいスッキリしてんだけど。超平易な言い方すると薄い (笑) ? スッと消えますね。アッサリしてる。飛び上がるほど旨いとかはないけど、まあまあか? でも、つくづく、クドくないって素晴らしい。飲めます!



rokumaru_omachi29by4.jpg
 ▲坂上忍だけとは飲みに行きたくない。いつも適当な酒をお任せで飲まされる (笑) 。



 ちょっと木香あるけど、moukan1973♀の言う通り、かなりスリムでクリアなので、ライトな木香があることで、逆に内側へのテンションが高まる感じ。悪くないです。ガスは普通レベル。甘いは甘いけど、淡麗ながらも、細部には味気なさを回避するための小さくてたおやかな麗しさと可憐さがある。まるで品の良い小さなアクセサリーのような酒ですね。

 ただ、あまり「篠峯」としての「才気」は感じない。イマドキ地酒が体現するあからさまなフルーティネスやジューシネスに対する一定の距離感があって、そこが我々にとっての「飲めるポイント」ではあるけれど、そういう相対的な価値にはあまり興味がないというか。

 特に文句もないけど、取り憑かれるほどの魅惑も興奮もない。品の良い、スリムで清楚な華やか雄町。





── 2日目。

浜辺美波崖っぷちホテル
 ▲絶望的とまでは言わないが、そこそこ虚無に面白くない『崖っぷちホテル』は、案の定、第2話で視聴率が「10.6%→6.1%」に急落。ある意味、スゲえ落ち方 (笑) 。もう完全に我々夫婦にとっては「美波アンビエントなドラマ」ですね。とにかく主演の二人の絵が弱いので──美波ちゃんがグラン・クリュ100%のシャンパーニュなら、戸田恵梨香は1,000円のスプマンテ、岩田剛典は氷結レモンSTRONG500ml──、こうなりゃ美波ちゃんの出番を増やすしかない。未成年は22時までしか仕事ができないのでシビアな問題もあるにはあるが。もしくは岩田剛典が踊れよ (笑) 。4%を割ったら打ち切りも視野ですね。「『崖っぷちホテル』崖っぷち」と呼ばれるのも時間の問題。

浜辺美波最強論2018_4_22_崖っぷちホテル
 photo: www.ntv.co.jp/gakehote (インタビュー)


浜辺美波2018_4_22twitter中村倫也2018_4_22twitter

岩田剛典2018_4_22twitter戸田恵梨香2018_4_22twitter

 ▲中村倫也って、意外に人気あんのな。直接の絡みはないけど、実は厨房コンビの二人、去年『スーパーサラリーマン左江内氏・第3話』で共演してます。huluで観れます。まだまだ仕上がってないけど。





 さて、お酒の話──。


 立ち香──そこそこ香るけどね。トゥワンよりミルキーなニュアンスの方が少しだけ強い。

 残り1合ちょいしかないけど、昨日よりいいな。ここで簡単に味が崩れないのが「篠峯」の強さか。ガスまで残ってるよ。木香はあるっちゃあるけど、タンニン的なブレーキ感にも作用するので、味よりも流れの中で浮き立つ感じかね。つまり、時間に対して関数的に木香が演算されるというか。

 同じ夜空を違う時と場所で眺めているであろうmoukan1973♀も、♡☺♡「なんか普通に旨いんだけど (笑) 。昨日より旨い気がする」と言ってたよ──彼女は写真の3本を試飲して「ろくまる雄町」を選択。



rokumaru_omachi29by6.jpg
 ▲高級ポテチとして「旨すぎる!」と話題の商品。獣臭い。絶対にCalbeeの『堅あげポテト』の方が旨い。



 薄くて水っぽい表情もあるけど、デイリーな日常酒としてはありかな。オレは7酵母がブレンドされた「雄山錦うすにごり生」の方がエキスのキラキラ感がビビッドで好きだけど、この「雄町」が特に際立って華やかというわけでもない。昨日も書いたけど、小さくて可愛いアクセサリーみたいな酒。

やまとしずく 純米吟醸 直詰生原酒 28BY」あたりと味や香りが被るけど、それでもスタイリッシュですね。「町田酒造 直汲み 雄町」なんかとも被る部分はあるけど、ストラクチャーのサイズ感と味と香りの出力が違うので、篠峯が町田酒造の代わりになることはないし、その逆も然りで、町田酒造が篠峯の代わりになることもない。

 そして、イマドキ地酒が体現するガス有りジューシイな生酒全体を見渡した時、このサイズ感だけは比類なきものである、とは断言できる。続きは「ろくまる山田錦」の記事で。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 雄町 not_on_list_good 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──ろくまる 山田錦 透明ver.よりもしんどい感じですね。

たぶん、全ての「千代酒造」の中で、これが一番〝普通〟なんですよ──良くも悪くも (笑) 。さすがに26BYは「今の而今」を無価値にするくらいには旨かったわけですが、29BYはスリム性で他銘柄から際立ってるだけで、香りと味は、まあ、こんな感じです。呑めますけどね──そこそこ前向きに。

その点、ポップはポップでも「八反」はちゃんと千代ってるので、飲んでる最中の充実感はあります。


──まあ、満足できるボーダーラインが絶対評価で出来上がってしまうと、趣味と呼ぶには難儀な明日が待ってますねえ(笑)

結局、ほとんどの酒は標準マトリクスの中に無理なくマッピングされてしまうんですが、そこからハズれた酒だけに喜びを見い出すようになると、さあ大変、というわけですね (笑) 。実人生や芸術と同様、真に価値のあるものは極々一握りというわけです。


──どうでも良いんですが、昨日日本酒バルで、十四代 純米 中取り 無濾過 生詰を吞みました。吞んだ歓びは全然無くて、困った領域に入り込んでしまったのを感じました…

実はマチダヤの日本酒スタンプで「十四代を買う権利」を得てるんですが──2,160円で1つ貰えるスタンプが50コ溜まってる状態──、ここ最近は個人客に回せる分は全くない状況で、権利そのものを行使できません (笑) 。今さら当たりに行くのも面倒だし、居酒屋でわざわざ800円1000円1200円を出して飲むのもアホらしいし、もういいカナートという感じです。

今季の「Blanc」は台風の目になりそうですね。今、moukan1973♀からも「😵😵😵今日の酒やたらマスカット!旨い❤️❤️❤️香り=味」というメールが (笑) 。


2018.05.25 Fri 21:51
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜はこのお酒を開けました。

ろくまる 山田錦 透明ver.よりもしんどい感じですね。

軽いっちゃあ軽いんですが、ガスもあるしポップなんですが、が、温度が上がってくるとちょっと味が出過ぎてる感じです。ロックで吞みたいくらいで、冷え冷えの甘味を感じにくい状態が吉ですね。

去年の今ごろを思うと、このレベルのお酒すら見つけるのが大変だったので、すいすい吞んでますが、28BY 恵信 純大生を思い出しました。

一年経って、ずいぶん贅沢を言えるのは良いことなのかなあ(笑)

まあ、満足できるボーダーラインが絶対評価で出来上がってしまうと、趣味と呼ぶには難儀な明日が待ってますねえ(笑)

どうでも良いんですが、昨日日本酒バルで、十四代 純米 中取り 無濾過 中詰を吞みました。吞んだ歓びは全然無くて、困った領域に入り込んでしまったのを感じました…
2018.05.25 Fri 21:28
Edit | Reply |  

Add your comment