もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 珍しくシャン無しの週末になりそうです。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤開運 - 無濾過純米 山田錦 生原酒 29BY 2本目!<静岡> 






kaiun_murokajunmai29by2_1.jpg
 ▲よくやった! 中村倫也 (なかむらともや) はイイ仕事をした。美波ちゃん:「ヤバイ・・・ダメなんですよアタシ、アタシ、ウフフフ、ダメなんですよねえ・・・失礼しましたー」。中村倫也:「アザース」。[美波ちゃんの居眠り盗撮動画][共演者の証言1][共演者の証言2][PON! 出演後のアフタートーク

 ▼dಠಠb「声質と話し方のGroove構造がクドカンに少し似てる」♡☺♡「顔も似てるじゃん」dಠಠb「言われてみりゃ確かに。OriginalとRemixか (笑) 」。
kaiun_murokajunmai29by2_6.jpg
 bottle size:720ml





【582】開運 -かいうん- 無濾過純米 生原酒 29BY <静岡>

株式会社 土井酒造場:http://kaiunsake.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:兵庫県産山田錦/55%
▪︎酵母:静岡酵母NO-2
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+5/1.4/0.9
▪︎ALC:17.8%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年1月 (※1本目は2017年11月)
▪︎管理状況:2018/2/4着、11℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年4月12日 (木) /信号三兄弟の次に開栓。
▪︎備考:出荷時期が異なるが、1本目と同じ仕込みなのかは不明。高めの温度で管理していたとはいえ、どのみちこの程度の環境で味が崩れるような酒に興味はない。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kaiun_murokajunmai29by2_3.jpg



 まだまだ「黒澤」が飲み頃ではないので──。

 立ち香──匂いは特に問題ないけど、イイ意味での青臭さ、シャキっとした清涼感がまるで消えてるんだけど (笑) 。いきなり仕上がったとか?

 ♡☺♡「別に問題ない。飲めるよ

 こうなるか。割りと飴っぽい甘みになるのな。もう全く青臭い感じはないな。たぶんロット違いだな。基本的な味の流れが全く違う。なんかイマイチ。ややクドいニュアンスの甘み。

 moukan1973♀には「開運」に「信号各種」をブレンドしたモノを持たせたら、翌日♡☺♡「別に普通に飲めたよ (笑) 」だと。





── 2日目。

kaiun_murokajunmai29by2_4.jpg



 立ち香──改めて。ようやく青臭いアロマも伸びてきた。少し渋めの白桃というか。これならフレッシュ・コンディションの想ひ出にコネクトできる。蜜っぽい甘みもテロっと浮いて来るけど、特にイヤな感じはない。

 けど?──。

 あああ。うーん。ややクドく甘い。しかも全体にガチガチ気味のアタック感もありつつの甘さなので、たとえば「長陽福娘 辛口純米 直汲み」みたいな〝抜け感〟はないんだよな。ややドヨ〜んと鈍重。余韻はモコモコした粉っぽい苦みと辛み。本当に同じロットなのか? 正直、まるで旨くない (笑) 。



kaiun_murokajunmai29by2_5.jpg



 つうか、温度が上がるとスっげえ甘いな──しかも野暮ったく。特に老ねや過熟なニュアンスはなくて、とにかくクドくて鈍重で、苦みや辛みなどのアタック成分だけが筋肉隆々になった感じ。エキスに反射する酸も消失。オレの管理に問題があったかもしれないけど、どのみちこの程度の環境に堪えられない軟弱な酒に興味はないです。なので、今夜「赤磐雄町 生原酒」を早々に開けてしまうわ。直近の2週間くらい10℃で管理してたけど、4〜5日前に引き上げた。

 料理酒行きですね。これに比べれば「大観 特別純米 美山錦 しぼりたて生」は銘酒 (笑) 。どっかの酒屋が「秋まで寝かせても美味しいんです!」とポップに書いていたけど、オレには甚だ疑問。つうか、元々こういう人懐こく甘い酒なのか?──硬い新酒の状態がたまたまオレの領域に侵入しただけで。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 開運 浜辺美波 not_on_list_unsufficient

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

いやあ、これ、本当に同じ醪 (仕込み/タンク) なんですかね。もちろん11月出荷の瓶との「通奏低音」も感じますが、僅かな期間でここまでバランスが崩れるとは (笑) 。まあでも、キリっと爽やかなサイダーから炭酸が抜けて温度が常温に戻ったらこんな感じの味の変化幅にはなるんでしょうね。

何人かの読者さんが「開運=酸足りてない、甘い、熟すの早い」という見解を示していたことが、これでようやく理解できました。しかし、この崩れ方は罪ですね (笑) 。


──逆にひやおろしはそこそこ面白いので、中途半端に引っ張るならがっつり寝かせたほうがまだマシなのかも。

昨日「開運 赤磐雄町」を開けましたが、まあ、似たような感じに甘いですね (笑) 。たしかに他の静岡吟醸とは異なるセンスが発揮されてる銘柄ということはわかりましたが、今の僕の嗜好を満たすことはないですね。生酒を秋まで引っ張ったらシロップになりますよ (笑) 。

ただ、フレッシュ・コンディションの山田錦55生は確かにイイ酒でした。ピークを過ぎると、右派の保守酒になりますけど (笑) 。


2018.04.16 Mon 10:53
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
これは納得。やっぱりなという感じです。開運のこのスペック、飲み頃を逃すとあからさまにダレて締まりのない甘い酒に成り下がります。今年は3月に飲んだんですがまさにmoukanさんの感想そのまんまでした。やっぱりリリースしたばかりの12月か1月に飲むべきでしたねえ。逆にひやおろしはそこそこ面白いので、中途半端に引っ張るならがっつり寝かせたほうがまだマシなのかも。
2018.04.15 Sun 14:23
Edit | Reply |  

Add your comment