もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 QSN (急に・涼しく・なったので) 勝手に「八海山」が活躍してる。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Michel Rocourt / ミッシェル・ロクール グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン ブリュット NV 




2018_4_7Michel_Rocourt5742.jpg

 ▼30秒CM / WEB限定プレミアム動画 / CM NOW 2018年5月号 (4/10発売)

浜辺美波JA共済cm1浜辺美波JA共済web1浜辺美波cm_now2018_4



 さらに!!!
anがあんじゃん浜辺美波1


 
 [15秒CM][メイキング][Movie1][Movie2][Movie3][Movie4



anがあんじゃん浜辺美波_蕎麦屋 しかも歌って踊ってるじゃんかよ (笑) 。この流れが多方面に派生すれば、向こう10年 (5年?) で多くのアイドルたちが職を失うな──かつて隆盛を極めたクラドルという人種が今のアイドルたちに仕事を奪われたように。大人ってヤツは金を生むモノにしか興味ないから、変わり身だけは早いのよ。

 次は大作アニメの声優あたりか。もはやNHKの朝ドラは完全に手中。密かに広瀬すずがスキャンダル──元カレとの飲酒写真あたりは可能性タカシ君──で『夏空』をクランクイン前に降板、からの、美波ちゃんが代役、というのを期待してるんだけど (笑) 。






 毎度アクセスありがとうございます。


 自分たちが一体何年前に高校生だったかについて想ひを寄せることだけは避けつつ、こちとらヲトナだから酒飲めるんじゃいっ!──という、やがて失効する超期間限定の優越感だけを心の拠り所にして今日も頑張って参ります。

 ミッシェル・ロクールは世界屈指の酸とミネラルを兼ね備える無敵のシャルドネが育つコート・デ・ブランのル・メニル=シュール=オジェ/Le Mesnil-sur-Oger (グラン・クリュ) のRM (1975年設立) で、現当主のミッシェル・ロクール (写真右) は、かつて老舗の超名門メゾン「アンリオ」のコート・デ・ブラン地区栽培長を10年間にわたって務めたというシャルドネ栽培の達人。

 ちなみにアンリオのNV (スーヴェランブラン・ド・ブランの2種) は、タイプは真逆なものの、フィリポナと並び、現時点でオレが自信を持って薦めることのできる数少ない老舗NM系のスタンダード・キュヴェである──ボランジェに5,000円を出すなら、オレはアンリオを4,000円で買って残りの1,000円で焼き鳥を買う。




Cote_des_Blancs_Le-Mesnil-sur-Oger.jpg



 スタンダード・クラスのNV (ブラン・ド・ブラン) だと少し安価なヴェルテュス産 (プルミエ・クリュ) もあるけれど、これはメニル100%で、しかも平均樹齢50年のブドウを使ってるわけだけだから、実は5,356円 (税込) という値段もそこまで法外でもないのか。ステンレスタンクでの醸造、マロラクティック発酵を行い、ドサージュは7g/1L。瓶熟は2年くらいはやってそう。

 あとベースワインは直近2年分のヴィンテージ──現行品は2013年と2014年──のアッサンブラージュだから、秘伝のタレをドバドバ入れるとかはないみたい。それだからかな、味筋はやや淡麗でした。



2018_4_7Michel_Rocourt5746.jpg





◤Michel Rocourt / ミッシェル・ロクール グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン ブリュット NV




2018_4_7Michel_Rocourt5758.jpg



 立ち香──透明感のあるリンゴとハチミツ。そこまでマロ由来の乳酸フレイヴァーはない。この段階でイイ感じのトースティーな焦げたアロマ。アップルパイ指数タカーメ。

 これは久々に大当たりのブラン・ド・ブランなのか!?──。



2018_4_7Michel_Rocourt5760.jpg



 ♡☺♡「果実がスゴい。酸がスゴい。美味しい。甘みより酸が強い
 dಠಠb「塩気の強いミネラル感。酸はそれほどでもないよ

 ♡☺♡「イマイチ酸とミネラルの違いが・・・
 dಠಠb「コート・デ・ブランのシャルドネの場合──特にオジェやメニルは──味のしないラムネ菓子をガリガリやってる感じがミネラルだよ。ヤギがダムの壁を舐めるみたいな (笑)



2018_4_7Michel_Rocourt5766.jpg



 まあまあかな。なんか「淡麗なアンリオ」という感じ──って、そうそう、この人、アンリオでシャルドネを栽培してた人じゃねえか (笑) 。

 香りに比して味筋はスリム。余韻は長めながら、やや甘いか。ふくよかなホクっとした旨みの輪郭。それなりに熟していて、グラスの内側にはスライムの泪。熟したシャルドネ特有の焙煎コーヒーのようなアロマの隙間から〝らしい酸〟もピーンと伸びては来るが、メニルにしては少し穏やかなレベルで、梅ライクな酸っぱみは感じない。

 ミネラルの迸りも重戦車ではなくエアリーで軽やか。このバランスだと少しマロラクティック発酵の出方が弱いのと、そうかと言ってノンマロ的なシャープで素っ気ないリンゴ酸も厳しくないので、温度が上がると、やや薄く感じる時間帯も。

 ♡☺♡「スッキリしてて刺身に合って美味しいです
 dಠಠb「軽いのはいいけど、だったらオレは、刺身や鮨に合わせるのにR&L ルグラを推すかな。毎度ブリュン・セルヴネイでもいいけど (笑)


moukan1972♂moukan1973






浜辺美波

Comment

Add your comment