もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 QSN (急に・涼しく・なったので) 勝手に「八海山」が活躍してる。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Mathieu-Princet / マチュー・プランセ ブリュット 1er CRU (プルミエ・クリュ) ブラン・ド・シャルドネ NV 




2018_4_6Mathieu-Princet5698.jpg
 ▲上の3人は──特に両端は──ちょっとカワイイ幼稚園の先生レベル。もはやどっちが真正のアイドルなのかわからん。下の3人もCDがバカスカ売れる時代ならデビュー曲を同時お披露目してたわ。別に聴きたかないけど (笑) 、キャンディーズの「春一番」あたりのカヴァーで。それと言っとくけど、ピンクレディーはともかく、さすがにキャンディーズはリアルタイムじゃねえぞ (笑) 。[時事通信芸能動画ニュース


 
 ▲オレが3才、moukan1973♀が2才の時に発売 (1976年3月) 。




 毎度アクセスありがとうございます。


 なんだかんだで、ここ最近、若干ハズし気味ですが、ここらで一発ホームランをカっ飛ばしたいところではあります──大谷くんだって3連発。ま、シャンパンはブショネ (老ね) が酷くない限りはそこそこ飲めてはしまうんだけど、値段が素敵なので、素晴らしい、楽しい、優雅な週末のひと時を約束するものでなければならないのであります。



Cote_des_Blancs_Grauves.jpg



 輸入元の資料によると、マチュー・プランセは「マレイユ・シュル・アイ (格付け99%のプルミエ・クリュ) の東隣村、ビスイユ (格付け95%のプルミエ・クリュ) 出身のミッシェル・マチューと、「アヴィーズ」の西隣村で同じく格付け95%のグローヴ出身のフランソワーズ・プランセの結婚によって1969年に誕生したRM」です。(※「格付け制度」=グラン・クリュのブドウ買取価格を100%とした場合の評価額。今は「格付け制度」そのものは廃止されているが、比較参考になるので、たびたび引用される。

 今回のブラン・ド・ブランは、グローヴとビスイユ産のシャルドネ100%、マロラクティック発酵有り、3年半~5年間のビン熟成、平均樹齢30年、ドザージュは7g/1Lというレシピ。ちなみに、ボトルにエッチングされた、この印象的な女性の絵は1979年に個人客がミッシェル氏にプレゼントしたもので、以来、これを大いに気に入ってエチケット (ラベル) 代わりに採用したらしい。♡☺♡「カワイイー!」←可愛くなくてもいいから旨くあって欲しいのが男的な感覚。



2018_4_6Mathieu-Princet5704.jpg
 ▲ホテルのハウスキーパーと宿泊中の女優。





◤Mathieu-Princet / マチュー・プランセ ブリュット 1er CRU ブラン・ド・シャルドネ NV




2018_4_6Mathieu-Princet5728.jpg



 立ち香──あああ、これ絶対に旨いヤツじゃん。リンゴとハチミツとブリオッシュの黄金トライアングル。

 ♡☺♡「旨い。ちゃんと酸っぱい。旨い。ジューシージューシー。嬉しいよ、海藻類 (やや老ね) がないのがいいわ



2018_4_6Mathieu-Princet5730.jpg


 いや、飲むと別に (笑) 。ナニイッテンダー、ラブミーテンダー、全然、酸っぱくない。むしろ甘いよ。味わいがすぐにほどけて、甘みが外に向かって広がる流れ。内側に向かって収斂する集中力も力強い果実味も別にない。それに「リンゴ」というよりは「砂糖ドバドバのグレープフルーツの皮」という感じ。実際にそこそこ苦いし。

 ♡☺♡「言われるとわかるんだけど、今の気分がそれを邪魔するというか (笑) 」←珍しく金曜に飲めてることへの幸福感MAX情熱大陸 (こうふくかんまっくすじょうたい) 。



2018_4_6Mathieu-Princet5732.jpg
 ▲偶然にも西荻時代によく買っていた若鶏専門店「鳥一」がこっちにもある。焼き鳥は西荻の方がデカいし少し安い。「阿波尾鶏」「名古屋コーチン」などの精肉はデパートよりも安くて旨いです。ちなみにネギとトマトは自前で用意して一緒にレンジで加熱。



 こういうスカスカ気味の砂糖甘いキュヴェ、たまにあるよなあ。余韻の中のホワホワした苦みの広がり以外に、特にミネラルもそこまで感じない。まさにグレープフルーツの皮の砂糖漬け系ですね。甘い。値段もそれほど変わるわけでもないので、コート・デ・ブランのブラン・ド・ブランなら、やはり素直にグラン・クリュを使用したキュヴェから手を付けた方が無難。オレはル・メニル・シュール・オジェよりも、NVクラスならアヴィーズクラマン主体の方が旨く感じる (アタリだと思う) ことが多いかな。







 このブラン・ド・ブランにはヴァレ・ド・ラ・マルヌ (ビスイユ) のシャルドネも使われてるからなのか、なーんか、安い甘めのイタリアワインみたいなフレイヴァーにブツかることがあるんだよな。それこそ「サイゼリヤの想ひ出」にコネクトするというか (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






Comment

Add your comment