もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 QSN (急に・涼しく・なったので) 勝手に「八海山」が活躍してる。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤月不見の池 - 純米 おりがらみ 中取り 直汲み 無濾過生原酒 29BY <新潟> #浜辺美波 Lotte『Ghanaミルクチョコレート』新CMキャラクター就任式 




tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by1.jpg
 ▲
 この姉妹がこう見えるのはメイクのせいではなく、メイクの背後に潜む何かがメイクによって逆説的に暗示されるから。簡単に言うと「化け物メイク」が「化け物の形成」に何ら寄与していない──むしろ「素顔の強化と補完」でしかないという、この惨状 (笑) 。人としての「育ちの良さ」や「エレガンス」だけは、酒同様、外皮の香りや味だけじゃ誤魔化しきれないものですね。NHKは大丈夫なのか? なんかもう、不良に乗っ取られた伝統のお嬢様学校という感じですね、今の芸能界は──救世主はもうそこまで来てますが!←つうか設定が『北斗の拳』の世界観と同じじゃねえか (笑) 。
 ▼

tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by2.jpg
 bottle size:720ml



 浜辺美波はケンシロウである!!!

 ▲今年からキャストを総入れ替えです。本日2018年4月5日に制作発表イベント。


「ガーナミルクチョコレート」新CMキャラクター就任式
 
 ▲ノーカット版[][][][][][全篇動画



 ▲見よ、この圧倒的なセンター感! 下の御三方はお疲れ様でした〜。

 ▼4/27公開の土屋太鳳主演の『となりの怪物くん』で脇役 (メガネの学級委員長) をやるんだけど、舞台挨拶で主役より目立つリスクあるで。もはや比べることそれ自体が陰湿なイジメ。オレの予想: 土屋太鳳は確実に露出度をアゲて筋肉勝負でキマス!
浜辺美波_ロッテ_ガーナ_lotte_ghana
 photo: TOKYO POP LINE



 





【574】月不見の池 -つきみずのいけ- 純米 おりがらみ 中取り 直汲み 無濾過生原酒 29BY <新潟>

猪又酒造 株式会社:https://www.tsukimizunoike.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:新潟県上越市吉川区産 たかね錦/60%
▪︎酵母:非公開
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※±0/1.7のイメージ。)
▪︎ALC:17%
▪︎処理:中取り直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2017年12月
▪︎管理状況:2018/3/23に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年4月3日 (火) /1本目に開栓。
▪︎備考:実際には「excellentマイナス」程度のレベルだが、純吟よりは上なので甘めの評価です。
▪︎JudgementOn My List / Not My On List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot My On Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by3.jpg



 ま、気楽な気持ちで。ダメなら次に行くから (笑) 。

 立ち香──「純吟」同様、またもや瓶口周りがベトベトしてんな。こりゃ「純吟」より甘そうだな。そして鼻から抜ける、不快ではないが、結構なアル臭。今のところ、特に果実的な酸も青臭さも輝けるセメダインもないな。どっちか言うと、長陽福娘の「八反錦」系の、和菓子な甘みと、草なミネラル香がほんわかとそよぐニュアンス。麹はそれほど強くなさそう。最近苦手の「お餅の酸」は特に感じない (笑) 。

 とりあえず飲んでみる──。


tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by4.jpg 少しストラクチャーが緩いけど「純吟」より明度のあるフルーティネス。まあまあかな。ガスは気持ち程度。少し軋むような渋みもあるけど、これがないとユルユルになっちゃうし、あって良い。

 オレには田舎臭い酒だけど、ちょっと不思議な軽さというか、ペタンとした旨みの立体がある。立ち香で感じたアル臭は、この透き通った味筋からの木漏れ日だったのかな。今はそれほど感じない。なんだか和風テイストの飴色のラムネという感じ。結構疲れ知らずにクイクイ飲んじゃう。オレにとってはサンタリーナだけど (酸、足りてないけど) 、それでも確実に「純吟」よりいいな。それに、このレベルの地酒もそう多くはないと感じれるし、あとは嗜好の問題ですね。

 攪拌する?



tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by5.jpg


 ちょっと乳酸の輪郭あるね。瓶内二次発酵系の、あの甘酸っぱいアロマ。あああ、こっちの方が甘酸っぱくて愛嬌のある味わいになるけど、ますます普通になっちゃうな (笑) 。個性を失って雑なジャンル酒に成り下がる印象。しかしこの独特の薄さというか軽さはなんなんだろうな。(必ずしも造り手が計算したわけではないという意味では) マグレと考えるのが最も自然だけど。

 終始、やや粉っぽい腑抜けたミネラル感と出会うものの、節度あるレベルなので程良いアクセントです。基本的にはイイ酒だと思います。甘酸っぱいキャッチーなジューシイ地酒。飲み手がオレじゃなけりゃ大絶賛する人がいてもおかしくないし、むしろそれが自然。今日という日を難しくない表情で乗り切るのに相応しい、モダンとオールドの狭間でジューシイを叫んだジザケ

 ここから無駄を一切削ぎ落とすと「萩の鶴 別撰 27BY」になるし、極限までモダンに研ぎ澄まされると26BYの「篠峯 純吟 八反」や「ろくまる八反」になる。

 それでもオレには少し甘いかな。そして、もう飽きた。そしてPart2──結局、書いてる (笑) 。





 1973チャレンジ!!!
tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by7.jpg



 ♡☺♡「スッキリしてるね。シャープ。今日は歯医者で半分麻酔で感覚が麻痺してるけど、味が薄くて飲めちゃう感じです。あくまでもアベレージの出来栄えだけど、案外クイクイ飲めちゃう感じ?





── 2日目。

tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by8.jpg



 甘酸っぱい味の広間の奥に少し和菓子のような焦げた甘みと旨み。実際にはそんな味も香りもしないけどまるで「イチゴ大福」における「イチゴ (甘酸っぱさ) 」と「あんこ (焦げた甘み) 」のような関係性を想起させる。もう一つモダンの庭園に侵入して来ないけど、基本的にはイイ酒ですね──「よくできた酒」というよりは「いい酒」──「完璧な美人」というよりは「笑うと愛嬌のある素朴てカワイイ子」。結果的に旨けりゃそれでいいんだろうけど、それでもこの削げた不思議な軽さと薄さはマグレだろうな。

 そして、おりがらみは雑な味わいになるので、あまりこの酒の良さが出てるとは思えない。正直、オリは要らない。終始オレの中では「物足りない萩の鶴 別撰27BY&篠峯/ろくまる八反26BY」という感じだけど、あっちは☆6☆7だから仕方ない。もしくは「節度のある菊鷹 菊花雪」という感じ。



tsukimizunoike_junmai_jikagumi29by9.jpg



 なんだこれ。随分とカロリーオフだな。まるで永谷園のお茶漬けの素に入ってる、あの腑抜けた煎餅 (あられ) みたいな旨みの骨格。「柿」ではなく「話」の種にはなります。


moukan1972♂






日本酒 月不見の池 not_on_list_excellent 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

求めてる要素は何もないですが、何かを否定するわけでもなく、まあ、上質にキャッチーなイイ酒だとは思います。単に、翌日に朝起きても昨日までとは違う自分になっていない、というだけです (笑) 。


──冷めたいまま開けて、甘味を感じにくい状態だったからか、すいすい吞んでしまいました。

なんか不思議な軽さ&薄さのある酒ですね。それでも甘みはそこそこ食らいついて来ますが。追加で買ったようなので、是非「井筒長 純吟 直汲み」あたりと飲み比べてもらえれば、僕の言い分もわかってくれるとは思います。


──それにしても、純米吟醸より純米酒の方が安くて美味いというのは困りますねえ。

まあ、現状、酒の価格は「酒米」と「精米歩合」に──つまり原価に左右されるので、越淡麗50の方が高くなるのは仕方ないですね。

今、長陽福娘の直汲み雄町を飲んでますが、イマイチですね。ま、露骨に新酒的なギスギス感が出てるだけなので、この先の伸びしろは「山田錦50」よりもあるとは思いますが。

現時点では、29BYの長陽福娘に関しては「辛口純米 直汲み」だけが我が家の台所を大いに盛り上げる酒ですね。他はどれもイマイチですね。「西都の雫」はそこそこですかね。


2018.04.05 Thu 21:25
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

とりあえず料理酒行きにならずやれやれです。

「節度のある菊鷹 菊花雪」は思わず膝を打つ表現(笑)

冷めたいまま開けて、甘味を感じにくい状態だったからか、すいすい吞んでしまいました。
一晩で吞んでしまったので、先日カートで買えるお店の在庫を全部買ってしまいました。

それにしても、純米吟醸より純米酒の方が安くて美味いというのは困りますねえ。どこぞの1st ClassよりStandard Classの方が席が広くて足も伸ばせるみたいな…あっ、ちょっと違うか(笑)

2018.04.05 Thu 19:59
Edit | Reply |  

Add your comment