もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤山本 - 純米吟醸 生原酒 6号酵母 29BY <秋田> ── dಠಠb「新政イクスペリエンスに乏しいオレには意外に楽しめました (笑) 」#Fresh 




yamamoto_6gou29by1.jpg
 


 なんだかんだでタイミングさえ合えば買ってしまうこともある山本です。すでに飲んだ友人の話では7号酵母ヴァージョンとは全くの別物という話で、日頃から「新政」をよく飲んでる彼からすると、この6号酵母ヴァージョンは「なんか甘くて新政みたい」ということらしいです (笑) ──つまり、イマイチ新鮮味と存在理由が見たらないという印象のようだ。

 7号酵母ヴァージョとは違い、すでにそこそこ味は出てるらしいので、軽い気持ちで開けてみた。原酒で「ALC:15.9%」なので、やや低アルな方向性もあるのかな。



yamamoto_6gou29by2.jpg
 bottle size:720ml





【568】白瀑 -しらたき- 山本 純米吟醸 生原酒 7号酵母 29BY <秋田>

白瀑・山本合名会社:http://www.shirataki.net


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:秋田酒こまち/55%
▪︎酵母:協会6号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/1.4/─
▪︎ALC:15.9%
▪︎処理:生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年1月
▪︎管理状況:2018/2/4着、ベランダで管理後、3月からセラーに移動。
▪︎試飲日時:2018年3月28日 (水) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




yamamoto_6gou29by3.jpg
 ▲彼女の「女優は全くなりたくなかった」という発言に対して、一部では「頑張って努力してもなれない人もいるのに・・・」とかのウザい反応もあるけど、なったらなったで大変なんだぜ? 高校時代にたまたま練習試合で全盛期の江川からホームランを打ったというだけで社会人野球への内定が決まってたのに広島からドラフト7位で指名されてその後の人生を翻弄されてしまった選手だっているんだよ──最近の芸能界なら、彼女がそれを望んでいたというのもあるけど「登美丘高校ダンス部」の元主将「伊原六花」だって、大人たちの損得勘定によって大きく人生を曲げられてしまった可能性もあるよ。浜辺美波にしたって、なんの特技もないのに──上手く自己アピールできない、歌えない、踊れない (笑) ──、ただ顔が可愛いというだけで (実際にはそれだけじゃないけど) いろんな大人が大勢いきなり集まって来て大企業が金を出して物になるのかの保証もないのに自覚も自信もないまま子供が仕事させられて、それは辿った道程と、努力の質とモチベーションの違いだろう。それこそ最大級の愛を彼氏に捧げても浮気されるヤツもいれば「古風な両家同士のお見合い結婚」から「真実の愛」が生まれるケースだってあるんだよ (笑) 。街でスカウトされない、コンテストにもオーディションにも引っ掛からない、それでも女優やモデルやタレントになりたいのなら、そりゃ「容姿」以外で自分をアピールするための努力をするしかねえだろ。野球選手だって身体が小さくてボールを遠くまで飛ばせないのなら守備と犠打と走塁の練習をするしかないんだよ。それに今はブスでも人気アイドルになれる幸せな時代じゃないか──もうすぐ浜辺美波が終わりにさせるけど──正義の基準が変われば芸能事務所の審査基準も平気で変わる。彼女も子役時代はなかなか芽が出なくて中学時代にはこの先どうするか悩んでいたわけで、実際、高校や大学進学を機に芸能界を引退する子役は多い──『ニコニコ日記』で奇跡の名演を果たした永井杏ちゃんとか。人も才能もチャンスも平等じゃないですよ。必ず「努力」が報われると思ってるとしたら、それはあまりにナイーブに過ぎるし、ある種の〝近代的dream-come-true思考〟の悲しき犠牲者ですな。「夢」は叶わないとネタにならないという残酷な属性があるので、あまり「夢の実現失敗」の話は表に出て来ないけど──「挫折」は常に「成功者 (夢の実現者) 」の視座から語られる──、実際には「夢」なんかそうそうには叶いませんよ。「夢は必ず叶う」は叶ったから言えること──ある種の〝究極の上から目線〟っていう (笑) 。オレも酒の記事を3行で片付けるのが最近の「夢」だけど、これがなかなか叶わなくて困ってるんだよ。ま、あまりそのための努力もしてないんだけどね。〝認識における遠視〟とでも言うべき、この〝書ける不幸〟をキミは知らないだろう。



yamamoto_6gou29by8.jpg
 ▲「東宝シンデレラ」オーディションで最終選考まで残った人間を集めて行われた公開ダンスレッスンで全く踊れず泣いていた彼女だって、今では自分のポンコツぶりを笑えるまでに成長したんだよ。それにしても、さすがは生まれながらのヒロイン。結果的にここでも一番目立ってるという (笑) 。


 ──あれからダンスはどうですか?
yamamoto_6gou29by11.jpg

yamamoto_6gou29by4.jpg
 ▲苦手な (そもそもこれ) ダンス?をバラエティで披露。衝撃のポンコツGroove (笑) 。アイドル&小器用ブス&ブッちゃけることでしか自己表現できない下品オンナ全盛の今の時代、いくら可愛いからって、ここまで踊れない (ことが許される) のは逆に奇跡。ブスのアイドルどもへ──美は才能!



 立ち香──ちょいキャラメルっぽい焦げみのある甘やかさと、キャンディーのようなキュートで小ぶりな乳酸アロマ。少し草っぽいザラついたミネラル香もあるけど、さてどうでしょう。サイズ感は良さそうけど、そこそこ甘そうな気も。

 ここ最近のどんぐり三兄弟 (大観・月不水の池・山本) の中では一番いいかな。やや粉っぽい感じもするけど、基本的には透明感のあるジューシネス。ガスも直汲みレベルにちゃんとあるし、この粒子感があればこそ甘みも流れずに済むというもの──明日には消えてるだろうけど。

 個人的にはもうちょい味として酸っぱければ最高なんだけど、この味設計のまま山廃になればそこそこナイスな酒になりそうな予感。



yamamoto_6gou29by5.jpg



 まあ、総体としては普通なんだけど、音楽で言うと、やっぱオレの中では「山本」って「洋楽」なんだよね。「新政」は「洋楽かぶれの邦楽」なんだけど (笑) 。

 ここ最近の「どんぐりシリーズ」の中では最も黙って飲める。メガネ同様、やっぱサイズ感が大事だよなあ。ある種「みむろ杉 露葉風60」なんにも通じる小ぶりにビチャっとジューシイなストラクチャー。足腰の弱さも少し感じるけど、Bodyサイズが小さいので何とか踏ん張れる。味や香りそのもので言えば「菊鷹 菊花雪」や「月不見の池」の方が好みというか、慣れ親しんだ輪郭ではあるんだけど、この「山本」はサイズ感だけでクイクイ飲んじゃう感じ──もしかして今のオレって「新政」向き (笑) ?

菊鷹」を含め、この4本の中なら、オレはデイリーな晩酌酒に、この「山本」を選ぶ。



yamamoto_6gou29by6.jpg



 そこそこ甘いけど、酸が面で効いてるんだよね。ワンテンポ遅れて粉っぽいミネラル感がモコモコ沸いて来る流れも、この甘さにイイ塩梅の陰影を与えるには絶妙なアシスト感がある。

 低アル的な薄さ、水っぽさを確実に感じるから、それで「No.6」っぽいと友人は言ったんだろうけど、オレは人生で2回しか「No.6」飲んでないから、あまりそっちに意識が振れることもなく、普通に受け入れることができる (笑) 。



yamamoto_6gou29by7.jpg
 ▲有田哲平の指導を受けての二回目のダンス・・・。[衝撃のポンコツダンス動画



 そこそこカルアミルクな甘旨な焦げみもあるので、そこまで長命な酒だとは思わないけど、甘党の人は夏頃まで引っ張っても面白いかも。オレはこの段階で十分だわ。少なくとも720mlなら、たぶん初日で飲み切った方がいいタイプの酒。





── 2日目。

yamamoto_6gou29by9.jpg

yamamoto_6gou29by10.jpg
 ▲小学生の遠足かよ (笑) !



 というわけDE、突然ではありますが、おっさんトリオで軽く花見。珍しくmoukan1973♀は不参加。まずは残り1合強の「山本」で乾杯。外で深く考えずに飲むには程良く旨すぎない感じがいいんだけど、それでも少し甘い。あとは、やはり、初日の開けたてが一番旨い酒。ガスも消え、昨日よりも粉っぽい渋みが軋しむタッチもあり、これが「味としての酸」ではなく、やや「タンニン的なブレーキの酸」で、このサイズ感の酒には少し重い。

 それでも悪い酒ではないし、オレにとっては「大観」や「月不見の池」よりはモダンに感じられるし、この〝あと一歩〟な面も含め──いや、その〝一歩〟を求めるがゆえに〝コチラ側の酒〟と言えるのだろう。「大観」──他人様の子供──にはもはや何も求めない。

 そういや、この日の夜、秋田の友人 (練習の達人) から「新政 NO.6 S-type Essence」の自家1年熟成が届いたよ。遂にオレへの「新政包囲網」──ここに極まれり (笑) 。

 ありがとうございます。たぶん、今なら、前向きに、楽しめる、予感、が、して、ま、すぅ。



 Additional Notes 💬

dಠಠb
「初日に飲み切るなら7号酵母の方が好みだけど、あっちは劣化の幅がさらにデカいから扱いに困る。6号酵母はすでにそこそこ味は出てるので、両方買ってKeepしてる人がこの中にいるのなら、同時に飲んでもあまり面白くないし、別モノとして先に6号酵母を開けることを薦める。7号酵母かなりシャープでドライなので、初日の印象としては、さすがのオレでも、もうちょい甘みは欲しい感じだ。つまり、7号酵母は追熟させて飲みたい。」




moukan1972♂






日本酒 山本 on_list_unsufficient 浜辺美波

Comment

Add your comment