◤菊鷹 〜菊花雪 キッカユキ〜 純米 若水 無濾過生酒 29BY <愛知> 




kikutaka_wakamizu29by1.jpg
 ▲2018年3月24日 (土) に撮影。


kikutaka_wakamizu29by2.jpg
 bottle size:1800ml





【563】菊鷹 -きくたか- 〜菊花雪 キッカユキ〜 純米 若水 無濾過生酒 29BY <愛知>

藤市酒造 (by 日本酒専門店 Sake芯) :http://sake-sin.blog.so-net.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:愛知県産 若水/65%
▪︎酵母:協会7号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※上澄みのイメージは−2/1.7/1.0)
▪︎ALC:16% (加水)
▪︎処理:無濾過生酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2017年12月
▪︎管理状況:2018/3/19に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年3月22日 (木) /1本目に開栓
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kikutaka_wakamizu29by3.jpg




 立ち香──バナナ寄りのセメダイン的な酸もありつつ、シロップ様の蜜っぽい甘みには少しミルキーな膨らみと乳酸系の甘酸っぱさもある。7号酵母らしい青臭さにはラムネや青リンゴにコネクトする瞬間も。ややミネラルに硬さも感じるが、まあ、飲んでみましょう。




kikutaka_wakamizu29by5.jpg
 ▲ガスはそこそこしっかり。



 やや雑にポップだけど、ジュースとしてはまあまあ。すでにそこそこだらしない蜜様の甘みがグイグイ出てます。完全に早飲みタイプのイマドキなジューシイ酒。三杯目に飽きる感じはあるけど、ウキウキした酒なので、パーリイ向けですね。ガスはそれなりにあるので、キンキンに冷やしてガブガブ飲めば快活に楽しいお酒ではあるものの、なぜか今のオレは全然楽しくない (笑) 。




kikutaka_wakamizu29by4.jpg




 余韻が結構リアルに繊維質にバナナ。味も甘みも十分に出てるけど、まだまだ酒本体とエキス感の間にはスカスカした乖離があるので、フレッシュネスは失われるだろうけど、3ヶ月後に飲んだ方が一体感のある液性にはなってるはず。なんか26BYや27BYの「残草蓬莱 Queeen」の出来損ないみたいだな (笑) 。

 まあまあですね。ちょっと細部が雑。低アルとは違うけど、なんか存在感が軽い。人で言えば楽しいけど軽薄なヤツ。もしくは表情豊かに話すけど心に響かない言葉の数々みたいな。なんだろうなあ。別に普通に旨いんだけど、金もないのに原宿や代官山を歩いてる若い田舎者のダサい重ね着みたいなニュアンスの味と香りの層。




kikutaka_wakamizu29by6.jpg
 ▲オレが親なら反対する。「夢」は叶った瞬間から「現実」になるからな (笑) 。「この仕事が自分に向いていると思ったことはまったくないのです。(浜辺美波) 」──今はそれくらいでいい。[参考


kikutaka_wakamizu29by7.jpg
 ▲サツマイモとサファイア。




 これは720mlで出すべき酒だなあ。今の日本酒メインストリームなジューシイ酒で女子供が大好きな味だろうけど、同じ「菊鷹」でも山廃なんかと比べると、まるでアートや才気を感じないよ。よくできたポップな工業製品。これ以上、何かを知りたいという気持ちに一切ならない。

 決して期待ハズレの酒ではないけど、単に期待を斜め上に裏切ってくれなかっただけ。いちいち何かを語るような酒じゃないし、日々の中で黙って通り過ぎて行くだけの苦しゅうないイマドキ地酒。ま、ここの酒は開栓後の伸びに期待できるので、今日は軽い味見程度で。文句言いながらそれなりにスイスイ飲めてるけど、官能に訴えるものは何もないし、特に笑顔にもならない。




kikutaka_wakamizu29by8.jpg




 ワイングラスは麹 (お餅) の味が強く出るのでオススメしない。キンキンに冷やしてグイ呑みで思考停止気味にガブガブ呑むのが吉。





── 2日目。

kikutaka_wakamizu29by9.jpg
 ▲仲良しのお手伝いさんと、お転婆のお嬢様、という設定。



 上澄みはそこそこ甘いな。ややクドい。なんだろうなあ、これ。簡単に言うと、何の深みもないというか。おりがらみの方が渋みが増してマシかな。どのみち飽きるけど。乾杯の一杯で十分。




kikutaka_wakamizu29by10.jpg
 ▲上質なコットンと透ける新素材。



 やっぱ全体に雑。大味というか、フードコートや屋台のお好み焼きみたいというか。もはやオレにとってはドッカンファイヤー寄りの味の出力。

 たとえば「篠峯 ろくまる」なんかと比べても随分と野暮ったい酒ですね。こういうのをワイン用語で「鈍重」って言うんじゃないの? 徐々に「おりがらみ」はますますクドい。だったらシロップみたいに人懐こく甘い上澄みの方がツルツルしてるので誤魔化しが利く──冷えてる状態で素早く飲み込めば何とかなる。



kikutaka_wakamizu29by11.jpg
 ▲地方シンデレラと東宝シンデレラ。もしくは錦糸町と日比谷。



 なんか胸やけして来た (笑) 。悪い酒でも不味い酒でもないけど、オレにはジャンル違い。オレとは別の時空で飲んでいたmoukan1973♀は♡☺♡「菊鷹、旨いわ〜」と言っていたので、疲れた身体にこの甘さはアリの模様。あらためて家で一杯飲んだら♡☺♡「結構甘い (笑) 」と言ってたけど。

 ま、イマドキジューシイ生酒のスタミナ系ミックスフライ定食ご飯大盛りみたいな酒なので、オレの意見は少数派だろうな。





── 3日目の夕食前に軽く。

kikutaka_wakamizu29by12.jpg
 ▲新大久保「ジョンノホットク1号店 」でロケ。一応「大久保通り」は避けたのか。それでもうちからチャリで5分だな。そして伊野尾くんがファン目線で美波ちゃんのコマい情報をいちいち知ってる (笑) 。



 DE、菊鷹。うーん、クドい。やっぱ全盛期 (26BY/27BY) の「残草蓬莱」の出来損ないにしか感じられない。ゴテゴテといろんな要素を盛り込み過ぎ。

 一応、夜も改めてmoukan1973♀と一緒に飲む。





── 3日目の夜。

kikutaka_wakamizu29by13.jpg



 ♡☺♡「すんごい味出てる。ま、そんな長いことは飲み続けられないかな。飽きるというか。昨日は超疲れてたから『なんだこれ超旨い』と思ったけど、今こうして改めて飲むと、オカワリは要らない感じ。だいぶ甘い

 初心者向けのポップなジャンル酒。とにかくクドい。こういう酒はもう要らない。勝手にやってて。


moukan1972♂






日本酒 菊鷹 not_on_list_good 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──去年のやつもクドさと味出すぎ感がありすぎたので今期の菊鷹は実はまだ何も買ってません・・・。ジューシー過ぎるのは飲み続けられないので日持ちしても敬遠したいなーと思ってます。

実は去年おみずさんが「味出てる」と書いていてことはキッチリ頭にあったんですが、水色の「雄飛」は香りがクドそうだし、速醸の「菊鷹」をフレッシュな状態で飲んだことなかったので、半ば当たりに行った感じではあるんですが、まあ、完全に初心者&パーリイ向けの酒ですね。僕も3年前に飲んでたら感動してたかもしれませんが、もうダメです。雑さばかりが鼻についちゃって。全然のめり込めないんですよ。初対面からズケズケ攻め込んで来るクドい奴みたいな──ま、そういうヤツも決して嫌いじゃないですけどね (笑) 。

速醸は8号酵母の方が面白そうですが、やっぱ「菊鷹」は「山廃」のような気はしてますね。「速醸」とは全然ノリが違いますよね。もうホント、J-POPと洋楽くらい違いますよ (笑) 。


──今のところ面白そうな酒には当たってませんがとりあえず篠峯の愛山、type9、vert、Azur29byは確保しているのでのんびり飲みたいと思います(笑)

まーた味の開きの遅そうなモノを絶妙にピックしてる (笑) 。今季の「ろくまる」なんかは比較的早飲みできる感じなので、ぼちぼち御三家シフトに移行しますわ。いろいろ飲んでますけど、結局どれもダメですね。

ダメっつうか、変な言い方ですが、昨日もmoukan1973♀と少し話したんですが、御三家のイマイチ酒の方が、よくできたドングリ酒より、得るもの、感じれるものがあるんですよ。「菊花雪」なんかはガブガブ飲めるんですが、もうそれだけっていう。同じガブガブ飲むなら、今の僕には「煮え切らない屋守」の方がマシですね (笑) 。


2018.03.27 Tue 12:33
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

お疲れ様です。
去年のやつもクドさと味出すぎ感がありすぎたので今期の菊鷹は実はまだ何も買ってません・・・。
ジューシー過ぎるのは飲み続けられないので日持ちしても敬遠したいなーと思ってます。
あと、うすにごりVerの問題もありそうなので澄酒が何かリリースしたら買おうと思いますが水色ラベルはスルーの予定です。
買っても山廃からでしょうかねぇ。

今のところ面白そうな酒には当たってませんがとりあえず篠峯の愛山、type9、vert、Azur29byは確保しているのでのんびり飲みたいと思います(笑)
2018.03.27 Tue 09:09
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 富牟谷欠さん



毎度。

ていうか、スゲえタイミング。というのも、さっきまで「大観 特別純米 美山錦 しぼりたて 無濾過生原酒 29BY」を飲んでたので (笑) 。


──酒評の表現が“風の森”のこと書いてるようです。僕も菊鷹に潜むその要素を感じていたので、好みは違えど、同じものを感じるナニかがあるんですかね。

正直、それでも今の「風邪の森」よりはマシ。ただ、26BYの「風の森」には到底敵わない。まずもって酸による凝縮感が桁違い。

続きは明日、大観の記事の中で (笑) 。


2018.03.26 Mon 22:41
Edit | Reply |  

Name - 富牟谷欠  

Title - 風の森?

毎度です。
自分も新酒しぼりたてな菊鷹は飲んでいないので、買おうか悩んでました。
・・・・無いな、ありがとうございます。

酒評の表現が“風の森”のこと書いてるようです。
僕も菊鷹に潜むその要素を感じていたので、好みは違えど、同じものを感じるナニかがあるんですかね。

僕は低血糖やグリコーゲンが枯渇した状態が続くことが多いので、グルコースに対する感受性や嗜好は割と強いんですが、この系統の重さはちょっと苦手です。
何なんだろうなぁ、有機酸組成でしょうか。

生酛系も原酒かそれに近い酒でうまいの出して欲しいですね。
天野酒のときのような。
2018.03.26 Mon 22:08
Edit | Reply |  

Add your comment