◤上喜元 - 生もと 純米吟醸 八反 (35号) 無濾過生原酒 28BY 4本目!<山形> ── dಠಠb「4本開けた中では一番キュートな仕上がり」 



検索ワード:


joukigen_kimoto_hattan28by4_1.jpg



 飲み頃の酒のストックが──貴重な酒を除いて──意外と少ないので、ラスト1本ですが、上喜元 (じょうきげん) を開けます。なんだかんだで4本目です。28BYです。

 瓶のサイズや出荷時期や管理温度など、すべて異なる条件で飲みましたが、面白い事に、4本ともそれぞれ違った表情に仕上がってましたね。

 同じ店で同じ日に買った同じロットの2本目を1ヶ月弱ほど11℃前後で管理してたらそこそこ熟しちゃったんだけど、単にそれだけかなー。細かい話、酒屋の冷蔵庫の手前と奥とでも、入荷から数ヶ月も過ぎれば同じ熟成ヒストリーにはならないからね。特にイケセイ (池袋西武) みたいなドア無しの冷蔵ケースの場合はその影響は顕著だろうし。

 でもまあ、結果的に、1本目を除いてこれが一番フレッシュな輪郭を残してました。3本目の1800mlほどの解像度 (懐の深さ) はないにしても、4本飲んだ中では最もキュートな仕上がり。ブッちゃけ、2本目がアレだったんで、思ってより綾瀬はるかに旨かったです。ガスは残ってなかったけどね。



joukigen_kimoto_hattan28by4_2.jpg
 bottle size:720ml





【560】上喜元 -じょうきげん- 生酛 純米吟醸 八反35号 無濾過生原酒 28BY 2本目 <山形>

酒田酒造 株式会社 (by 木川屋商店) :http://www.kigawaya.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:八反35号/50%
▪︎酵母:熊本酵母
▪︎日本酒度/酸度:+4/1.2
▪︎ALC:16以上17%未満
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H28BY/2017年9月
▪︎管理状況:2017/12/8に着、3℃で保管。
▪︎試飲日時:2018年3月18日 (日) /1本目に開栓。
▪︎備考2本目と全く同じ店で同じ日に購入。違いは管理温度だけ。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




joukigen_kimoto_hattan28by4_3.jpg



 今日は軽い毒味だけです──飲めるかどうかの確認。

 おっと。また違うな──2本目とも3本目とも。そもそもガスないし。思ってたよりキビキビと甘酸っぱい。バニラリーなヨーグルト・キャンディー。少し甘いけど、お餅までは育ってない感じ。こういうタイミングでカジュアル飲みするには問題ないし、普通に旨い。

♡☺♡「問題ない、問題ない





── 2日目。

joukigen_kimoto_hattan28by4_4.jpg

 

 
 ▲♡☺♡「美波ちゃん、腕が短いのが惜しい (笑) !」←オレの洗脳により今ではすっかり大ファン (笑) 。



 4本の中で一番キュートだなあ。清く正しく甘酸っぱいよ。そうね、オレにとっては「ソガ・ペール・エ・フィス」の〝コチラガワRemix〟という感じ (笑) 。

 退けにかけての粉ミネラルもあるけど優しくフワっと。やっぱ1800mlの方が味の解像度は高いけど、餅もカカオもなく、正しい場所に正しい筋肉が正しく育った感じ。ブチャっとファットな肉付きじゃなく、アスリートな低脂肪の筋肉ですね。透明感も残しつつ、程良く硬めに仕上がった旨みの弾力感が半ナマの干物のようで絶妙。旨いっす。



joukigen_kimoto_hattan28by4_5.jpg
 ひざつき製菓『極濃チーズ揚げ』は暴力的なまでにサラミとチーズが攻め込んで来るので、ビールや酎ハイをガブガブ飲む人じゃないと塩っぱ過ぎて面食らう (笑) 。むしろ砕いてサラダのクルトンにした方がいいかも。濃いのが好きな人はトライ。うまい棒の「サラミ味」がダークサイドに堕ちて凶悪なラスボスになった感じ。ここの『えびせんべい』はタマに買う。



 ワイングラスもいいですね。明治チェルシーのバタースカッチとヨーグルトスカッチのダブル食いな香り。赤い果実は喪失してるけど、ちょっとアロエのような青臭いアロマも。なによりジューシイですね。淡麗な味筋に程良くチャーミングなオーナメントが熟味としてエレガントに掛かる感じ。このレベルの酒が日常的に呑めれば幸せMAXですね。

 29BYにも期待したい。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 上喜元 on_list_excellent 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

今季はややユルめの骨格なんでしょうか。味としては〝こちら側〟ということで、疲れたヲトナの晩酌酒としてはそれなりに上質であるようですね。ちょっと巡回サイクルの中で目に入らないのでまだ買ってないですが、秋山はコレ入れないんですよね。今日時間あったら行くつもりなので店主がいたら入れ知恵しときます (笑) 。

ぼちぼち「三光天賦」の「山廃雄町65」が出てる頃ですかね。これは拾えたら拾っていいと思いますよ。「生酛」はゴツゴツしてましたが、相対的に「山廃」はスリムです。「上喜元」よりシャープ&地酒的秘境感指数タカーメですが。

あとは「長陽福娘 八反錦」はどうなんですかねえ。28BYはイマイチ「お餅」だったですが、27BYは最高でしたね。今季の他の仕上がりを見るにあまり期待はできないですが、タイミングが合えばWTNBで拾ってみます。


2018.05.10 Thu 08:50
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 上喜元生もと八反29BY

moukanさん

毎度です。寒いですね。
週末はまた暑くなりそうなので、寒い今夜は手持ちの風邪の守りTYPE5V1を燗につけたいところですが、昨夜から上喜元純米吟醸生もと八反無濾過生原酒29BYを飲んでいるので、インプレをば。

28BYと比べて、ガスは弱く、またコアへの収斂は無いです。
立ち香はバニラ・セメダイン・草。
含んでからの液性はゴアゴアしていますが基本的にはクリア。
赤い果実あり。
引けの苦味がアクセントとなって、面のストラクチャを構成しており、するする楽しく飲めます。

セメ(ダイン)酒飲みてぇなぁとここのところ思っていたので、満足しています。

上喜元の中でも、この生もと八反は、毎年拾っても良いかなぁと思いました。

moukanさんの言うところの〝こちら側〟の酒です。
2018.05.09 Wed 21:11
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

同じ店で同時に買った720mlがそこそこ想定外に熟してたのであまり引っ張れないと思って開けたんですが、今回の瓶はなかなかのイイ塩梅でした。

それでもそこまで強い酒という印象はないですね。近寄りがたい系美人ライクな壮麗さは若い状態の方があるので、今から思えば、あの状態の1800mlを飲んでおくべきだと思いました。


──moukanさん、ストック酒大活躍ですが、次は何を行かれますか?

「菊花雪」「一歩己」「ろくまる山田錦」はオリ落ち待ちです (笑) 。実はフレッシュ状態の「菊鷹」そのものを飲んだことがないので、この中なら最優先すると思います。

「篠峯」とて常温が20℃を超えたら変化は早いので注意したいです。気温そのものより重要なファクターは「温度変化」です。特に春は最低気温と最高気温の差が激しいので、簡単に言うと「超ぬる燗」←→「燗冷まし」の繰り返しによって酒にダメージが出ます。ワイン (シャンパン) のセラーは温度そのものではなく「一定」であることこそが重要なので、気温/室温そのものは実は大したことではありません──温度差のある平均15℃より一定の15℃の方が重要。

今日は寒いですが、ここから一気に20℃を超えると、まさに「お燗」状態になります (笑) 。室温で管理するなら、北向きの日陰──温度差の少ない場所の確保が必須になります。

僕は温度計を買って納戸の室温を冬場にずっと観察してましたが、日当たりが悪いので、常に14-16℃の範囲内でウロウロしてました。3月に入って18℃を超えたので常温管理酒はすべてセラー&冷蔵庫に移動しました。

2018.03.21 Wed 11:02
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - ニヤリ

moukanさん

毎度です。

時空を超えて、保存状態が異なるけれども同じ銘柄の酒を飲み、この様にタイムリーに記事になることは何とも贅沢ですね。ニヤリしながら記事を拝読しました。

moukanさん、ストック酒大活躍ですが、次は何を行かれますか?

そういえば今日、日本酒津々浦々で 菊鷹 菊花雪 が記事になりましたね。

私は、上喜元純吟生もと八反無濾過生を空けたら、篠峯純大愛山45無濾過生に行こうと思っていますが、そろそろ今期の菊鷹を確認して、ハミングバードを含め更に拾うか否かの判断材料にしたい気もしております。
もし菊花雪行かれるのであれば順番を入れ替えて追随させていただきます!
(って、どんなチャレンジだ??)

篠ちゃんは明利系酵母じゃなければ、常温放置したところでへたらない強靭なストラクチャを持っていると思うので、もっと放置しても平気平気などと勝手に思っています。

ではまた。

kappa1970♂
2018.03.20 Tue 20:56
Edit | Reply |  

Add your comment