もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Pierre Gerbais (ピエール・ジェルベ) AOC Champagne Brut「Cuvée de Réserve」NV 




2018_3_11Pierre_Gerbais4122.jpg
 ▲もしも『おにいさまへ…』を実写化するなら、薫の君 (写真右) は天海祐希がピッタリなんだけど、高校生だからなあ (笑) 。



 毎度アクセスありがとうございます。


 Pierre Gerbais / ピエール・ジェルベはシャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のセル=シュル=ウルス / Celles-sur-Ourceの家族経営のドメーヌで、業容登録は「NM=ネゴシアン・マニピュラン=自社畑以外のブドウも使う」ながら、実質的にはRM──しかも新世代のトンガリ蔵 (笑) ──だと思っていいでしょう。以前にノンドゼのブラン・ド・ノワール「ロダス」を飲んでそこそこ気に入ったので、次はスタンダードなNVキュヴェを飲もう飲もうと思ってたんだけど、気づいたら7ヶ月以上も経っちゃった。



Cote_des_Bar_Celles-sur-Ource.jpg



 スタンダードNVとはイエイ、ここのドメーヌの特徴 (武器) である「ピノ・ブラン」が積極的に使われてるあたりに光る個性がある。2000年の記念にシャンパーニュとしては史上初めて「ピノ・ブラン100%」のキュヴェ「ロリジナル」を造ったことがキッカケで多くのメディアに取り上げられ、加えて現在は若き跡取り息子オーレリアン・ジェルベが中心となり様々な改革を大胆に進めてる真っ最中ということで、前回の「ロダス」も彼が手掛けた新作である。

 今回のNVはピノ・ノワール50%、シャルドネ25%、ピノ・ブラン25%。ドザージュ7-8g/1L。30ヶ月間の瓶熟成。醸造はステンレスタンクとバリック (225Lの小型の樽) を併用。ちなみにピノ・ブランの畑は4.5ha/全18haもあり、上質なピノ・ノワールが多く栽培されているこのエリアのRMとしては白ブドウの栽培比率が高いことでも有名だ。





◤Pierre Gerbais / ピエール・ジェルベ キュヴェ・ド・レゼルヴ ブリュット NV

Tag Link



2018_3_11Pierre_Gerbais4229.jpg



 立ち香──超絶フルーティーながら、そこそこフローラルなアロマもエレガントに発散してます。赤い果実&輝ける酸。ミネラルもしっかり出てそうだ。グラスの注ぐと先週のスパークリングとは桁違いに繊細で美しい泡がグラスの底から湧いてくる。

 これは間違いなく旨いな──。

 ♡☺♡「あああ。酸もバッチリ。うちらの好き系です! 濃いなあ。旨い。超ジューシー!



2018_3_11Pierre_Gerbais4231.jpg
 ▲値段の価値ナシ。三幸製菓『贅沢かき餅』の方が綾瀬はるかに旨い。



 これは問題なく旨いな。基本的にはフレッシュ系ながら、細かい味や香りのオーナメントには押しつけがましくない出力の熟したフレイヴァーもエレガントに折り重なる。樽のニュアンスは簡単には探せないし特に探す必要もない。ギラギラした明度高めの輝けるフルーティネス、程良いミネラル感、ふくよかな旨み、ジャムのような肉感的な甘酸を携えた余韻。黒ブドウ的な渋みと白ブドウ的なホロ苦いフワっとしたミネラリティが絶妙なバランスで互いに良い緊張感を保ってる。何より、単純に旨い。ドサージュは的確な量ではあるものの、これだけ果実の味が濃いのなら、個人的には4-6g/1Lでも十分だ。

 ♡☺♡「大満足。フレッシュでジューシーな果実感。バランスの取れた味わい。これ、誰が飲んでも旨いって言うでしょ



2018_3_11Pierre_Gerbais4234.jpg



 まあ、フィッチの売値が安いという話ではあるんだけど、先週末に飲んだカリフォルニアのスパークリング「シュラムスバーグ」が3,434円 (税込) であの程度であることを考えれば、この3,909円 (税込) という値段の安さが異常に際立つ。もう何から何まで別次元。国産ワイナリーも含め、1,500円〜3,500円のスパークリングでそこそこ満足してる人は、何とかして4,500円前後のアタリのシャンパーニュを一度飲んでみることを勧める──もう後戻りはできなくなるけど。





── 2日目。

2018_3_11Pierre_Gerbais4243.jpg



 昨日よりスモーキーなナッツ、焙煎コーヒーのような香りが前に出てきた。そして、今日も相変わらず濃い (笑) 。ややネコンジェなミネラル香も膨らんできてるけど、逆にフローラルなアロマが引っ込んで、より無骨で力強いワインになった感じ。あ、なくなっちゃった。これで税込4,000円以下はアツイな。

 ♡☺♡「旨い!

 こりゃ、ピノ・ブラン100%の「ロリジナル」とシャルドネ100%の「ロスモス」も完全に視野だな。


moukan1972♂moukan1973






Pierre_Gerbais コート・デ・バール 古代品種 シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment