◤巖 - 特別純米 701号 〜authentic〜 直汲み 無濾過生原酒 28BY 2本目!<群馬>── d++b「いろいろスゴイ事が起こり過ぎてる・・・」#Fresh/Fruity/Clear 



検索ワード:


authentic【形】1. 本物の、正真正銘の、真正の、真の、れっきとした~ ◆何かが偽物や複製されたものでないことを意味する。つまり、それまで誰も考え付かなかったようなものがoriginalで、その後似たような製品が競って作られる中で、本物の製品として君臨しているものをauthenticで表現する。[出典

 ♡☺♡「オーセンティック、かたち?
 dಠಠb「形容詞!



iwao_authentic28by2_1.jpg



 覚えてますか、 (いわお) の、俺称「カタチ」です。2本目です。結論から先に言うと、とても旨いです (笑) 。ちょっと特殊な温度 (11℃) で約5か月ほど瓶を寝かせて放置していたので、たとえば2〜5℃や氷温で保管して──5ヶ月以上の時間が掛かったとしても──、最終的に今回と同じような変化が起きるのかはオレにはわかりません。さらにもう一つ、この酒にはオレ固有の特殊な条件が加わるんだけど、それについては本篇をご覧下さい。いろいろ楽しい事が起きてました。

 それにしても、あのゴワゴワした嚥下ハードなドッカン酒 (写真右) がここまで軽やかジューシイになるとはマジでわからんものだな。これを薦めてくれた読者さんは少なくとも今のこの状態を指して絶賛していたわけじゃないだろうけど、結果的に2本買っておいて良かったし、もっと言うなら、素早い現金収入が必要だからと言って、蔵元はあんな若い状態で出荷しちゃダメだろ。

 日本酒がもう一段階〝高み〟へ駆け上がるためには、造り手も売り手も買い手も「その酒を最高に美味しく飲むためにはどうするべきか」ということを真剣に考える必要があるだろう──もちろん、中にはそういうことを常に考えている蔵元も酒屋も商品も飲食店もエンドユーザーも少ないながらも存在する。いつも言ってるけど、最大の問題点は、造った本人があまりにも〝自分の酒のその後〟を知らなすぎる点にこそある。酒造りばかりに全精力を傾け過ぎて、出荷したら「はい、オシマイ」と来たもんだ。オレに言わせれば、よくそれで平気でいられると思う。気にならないのかね、自分の酒が時間と共にどう変化して行くか。それくらい、全く別の酒に変化してます。

 まあ、商売だから仕方ないわけだけど、そういう手間を値段に添加できる時代がオレが生きてる間に訪れてくれるといいんだけど、間違いなく無理でしょうね。この酒は1,458円 (税込) だけど、もしも今のこの仕上がり状態で出荷してくれるなら2,000円でもいい。シャンパンだってそういう手間が掛かってるから高いわけだし──毎年のブドウの出来が異なるから同じ商品であっても2006と2009が同時発売されたりする──、日本酒も造り手が我が子を最高の状態で世に送り出すという意識を最優先させることが肝心じゃないだろうか。

 そうかと思えば、ろくに旨くもない「ひやおろし」なんかはバカ正直に決まり通りに熟成させてみたりする。しかもその相応しい熟成期間も酒質やスペックやBYごとにまるで異なるのに、単に出荷時期に合わせてやってるだけ──桜だって全国一斉に咲かないのに。もっと言えば「旨くするための熟成」ではなく「熟成のための熟成」に過ぎない酒が多過ぎる──熟成させないと季節商品として成立しないからやってるだけ。中には「東洋美人 特吟 27BY」みたいに明らかに想定外に過熟してしまった高級商品を平気で出荷する信じられない蔵元もいる──単に年末商戦用に囲っていただけ。今から思えば、これ、ほとんど老ねレベル (大手食品メーカーなら苦情殺到で回収レベル) だよ。

 結局のところ、今の「日本酒人気=生酒人気」という点が最大のネック。もちろん買ってすぐに旨い生酒や直汲みもあるけれど、先ずは造った本人がそれを判断してから出荷して欲しいんだよな。ところが問題は──さっきの話に戻ると──、とにかく蔵元が自分で造った生酒の本当の飲み頃コンディションを体験として経験として実験DATAとしてまるで知らなすぎるという点にあるわけだ。本当のピークを知らないから、出来立ての酒を味見してもそれが本当にポテンシャルMAXからどれくらい離れて旨いかどうかがわからない。

 オレにしたってそうだ。今目の前にある酒を飲んで評価したって、中には今回の「巖」のような酒もあるわけだから、何が旨くて何が旨くないのか、真実がどこにあるのか、もはや誰にもわからないというミステリー状態っていう。自分の好きな銘柄や得意の銘柄なら同じ酒でいろいろ試せるが、全部でやるのは無理。

 このままでいいはずはないけれど、どうにもできない部分もある。結構本気で萎えるくらい旨いよ、これ──中学時代に振ったブスが同窓会で会ったら超美人になってて激しく動揺するレベルに (笑) 。




iwao_authentic701_28by2.jpg
 bottle size:720ml





【553】巖 -いわお- 特別純米 701号 〜authentic〜 直汲み 無濾過生原酒 28BY <群馬>

高井 株式会社 (by 佐野屋) :http://sanoya.jizake.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:美山錦81% (酒母/麹/掛) 五百万石18% (掛) /55%
▪︎備考:↑足して「100%」にならない (笑) 。
▪︎酵母:協会701号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/1.8/─
▪︎ALC:17-18%
▪︎処理:直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/詰め日/出荷日:H28BY/2017年2月/6月
▪︎管理状況:2017/9/29に着、11℃で瓶を寝かせて管理。
▪︎試飲日時:2018年3月9日 (木) /1本目に開栓。
▪︎特記事項:湿度70〜80%のワインセラー (11℃) の中で瓶を寝かせて約5ヶ月ほど保管していたらスクリューキャップと瓶口の隙間にそれなりの量のカビが付着していた (笑) 。それでも味や香りに全く問題ナシゴレン。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み






 🚨トラブル発生!!!
iwao_authentic28by2_2.jpg
 ▲キャップが・・・ ((((;゚Д゚))))。。。



 MJK (マジか) !?──ちょっとトラブル。スクリューキャップ内がカビてます (笑) 。これはスゴイ。初めて見た。さすがは多湿 (70〜80%) を維持するワインセラー。外への液漏れ (瓶口周辺のベトベト) はないものの、口の渦巻きロードにカビが入り込んで固まってるじゃねえのさ。たぶんこれ、紫外線避けのビニールを付けたまま入れてたから、ますます多湿になって、加えてキャップの密閉性の脆弱さも手伝って、それで呼吸不全に陥ってカビたんだな。他にも何本か寝かせてストックしてるけど、こういうパターンは初めてだ。

 消毒用エタノールでキレイに拭いて、いざ──。

 立ち香──おっ? カビ臭いどころか、むしろ前回よりも香りの出力がイイ感じに萎んでるんだけど。ややミルキー (カルアミルク) な甘み、香りのカラーに白濁したニュアンスがあるけど、全体には「しっとり&はんなり」してますよ。ドッカンもゴワゴワもゴリゴリもギシギシもビビッドな油絵タッチのフルーツもない。まるで透き通ったタイプの可憐な旨口風情。

 もしかして旨いの?──つうか「カビ問題」は大丈夫なの!?──。



iwao_authentic28by2_5.jpg


 これが本当の炭鉱のカナリヤだぜ!──。

 バカヤロウ、旨いじゃないか (笑) 。ところで、酒の中にカビが混入してんのかな。特に不快な味も香りも老ねのニュアンスもないんだけど、明日、腹下したら巖の呪いということでブログは2〜3日休みます。

 まずね、味幅が細い。酸の出方が瑞々しくフルーティー。むしろ5ヶ月前に飲んだ時より若々しくなってる。まるでムサいオヤジと可憐な少女くらい違うんだけど。マジか。こりゃ土下座もんだな (笑) 。

iwao_authentic28by2_3.jpg カビだけが気になるが、疲れ知らずにクイクイ飲める。ガスも少し残ってます。なんつうか、オレの好きなタイプの、エキス感に酸が反射してキラキラと瑞々しくジューシイな、まるで26BYの「篠峯 ろくまる」みたいなテクスチャー。ただ、どうだろう、これ。ある意味、5ヶ月前の状態を「オリジナル」だとすると、味が抜けてる感じではあるんだよね。だが、それがいい──という。

 ごめん、普通に旨いとしか言えない。旧評価システムで普通に☆4.5はある感じ。なんだろうな。スリムになったというよりは、イイ感じに萎んだ感じ。しかしこれ、カビ問題、大丈夫なのか? もしも混入してたら、さっきから、そこそこの量のカビを体内に入れてるんだけど、酒だし、チーズにもカビあるし、大丈夫か (笑) ?



iwao_authentic28by2_4.jpg

 
 味クラーヴェ──。

 むしろ熟香は「三光天賦」の方があるという。もはや水彩画と油絵ですね。なんか「」はイイ意味でスッゲえ軟水クリアなテクスチャー。やや足腰の筋肉が緩いけど、元々がウルサイ酒なので、これくらい抜けた方が口への収まりがいい。しかし、あのゴツい粉っぽさと大仰な味の大見得はどこに消えたんだ!?

 それでも「三光天賦」は、やはり秘境酒ではある。実は残りの「生酛」とブレンドしたので、今日の残りは「草増しの山廃」です。そして足腰の強さは桁違い。味として随分と育ってしまったけど、筋肉質な骨格はそのまま。


iwao_authentic28by2_6.jpg やっぱねえ、甘みの出方と消え方における速醸と非速醸の違いはあるね。「巖」は柔らかい甘みが苦みとクロスフェードしながらジワ〜ンと減衰。「三光天賦」は酸の暴力的な干渉によって一気に絞られ、余韻の中で甘みが苦みと共にリフレイン。とはイエイ、互いに共鳴し合うというか、なんか「三光天賦」は「巖」につられて熟味をあまり感じないし──味よりも骨格の違いが最初に飛び込んで来る──、一方の「巖」は「三光天賦」につられて複雑みが削がれたクリアネスが浮き立つという。

 いいですね。問題はオレの胃腸。カビをそこそこ食らってるので、数時間後が心配。でもまあ、老ね香も異臭もないので、たぶん大丈夫でしょう。ピチャっと水面に雫が弾けるような麗しのジューシネス。コアに宿る可憐で小さな点の酸。甘みの捌けも良く、とにかく軽やかにクイクイ飲める。もしかするとカビのアシストもあるのかもしれない (笑) 。





 1973チャレンジ!!!
iwao_authentic28by2_7.jpg
 ▲当然「カビ問題」は伝えてない。moukan1973♀は今これを読んで真実を知る (笑) 。



 ♡☺♡「ナニコレ!? 超ウマいんですけど (笑)
 dಠಠb「イワヲだよ

 ♡☺♡「マジか (笑) !!! 篠ちゃん以外では最近飲んだ中で一番ウマいかもしれない (笑)
 dಠಠb「軽いだろ?

 ♡☺♡「超クリア。クイクイ系です!
 dಠಠb「だけどな、こっちを飲むと・・・



iwao_authentic28by2_8.jpg
 ▲『おにいさまへ… COMPLETE Blu-ray BOX』は定価「42,120円」だけど、楽天で22%OFF、5の倍数日ポイント+5倍、楽天スーパーSALE中20,000円以上で楽天BOOKSポイント+7倍、ポイント15%還元対象商品で、一体いくらの値引きかわからんレベルで無事に購入 (笑) 。『あしたのジョー2』と並び、出崎統による度肝を抜く名作です。たった二巻の中編少女漫画 (池田理代子:原作) を39話まで広げるとか尋常じゃないです。是非、実写ドラマ化して欲しい。



 ♡☺♡「アハハ、更にクリア (笑)
 dಠಠb「巖は巖でジューシイだけど、やはり非速醸の削げたシャープさは別次元





── 2日目。

iwao_authentic28by2_10.jpg


 まさかのスピンオフドラマ『ボキャブライダー ~選ばれし者~』を放映 (笑) !!
iwao_authentic28by2_浜辺美波ボボキャブライダーnhkスピンオフ



「美少女×弓道」の黄金コンビネーチャンは'80年代アイドル映画へのオマージュか、それとも広瀬すずへの挑戦状か。もう面倒臭いから10代20代の人気女優全員集めて弓道部のドラマ作れよ──嫉妬・イジメ・百合要素をゴリゴリに盛り込んだ大映ドラマばりのクドい演出でさ (笑) 。もちろん部の顧問役は原田知世な。もしくは冨田靖子で。『カイジ』の逆で男は一切出さなくていいから。監督は庵野秀明がいいかな。

 いや、同じNHKなら、それこそ出崎ベースのプロットで『おにいさまへ…』なんかを完璧に実写化したら間違いなくネット騒然やで。でっかい飛び切りの社会現象が一つ出来上がる。ウソじゃねえぜ?

 特に『おにいさまへ…』はプロのアニメ作家や業界関係者の間では超レジェンド級の大傑作だから──知らないキミがモグリでガキなだけ──、いつかきっとこれに影響を受けた誰かがリメイクするはず。若手女優/アイドル全盛の今こそ全ての環境は整ったと思うな。

 信夫マリ子 (しのぶまりこ) については今なら適当にこなせる女優もたくさんいそうだが、問題は薫の君 (おりはらかおる) とサンジュスト様 (あさかれい) と宮さま (いちのみやふきこ) とおにいさま (へんみたけひこ) を誰がやるか──イメージ的に「薫の君=天海祐希」が完璧なんだけど、流石に女子高生の役は無理 (笑) 。もちろん、主人公の御苑生奈々子 (みそのおななこ) 役は浜辺美波ちゃんで決まりです!



 
 ▲これに比べれば今のアニメなんか全て乳の搾りカスですよ。ちなみに貴方が「男」だと思っているアルフィーの高見沢俊彦みたいな麗人 (朝霞れい) は「女」です (笑) 。





iwao_authentic28by2_9.jpg



 さて、2日目のイワヲです。


 完全に味幅が元の量感に膨らんじゃいましたね (笑) 。初日はexcellent、今日はgoodという感じ。ちょっと甘みにゴリゴリした苦渋が纏わりつくテクスチャーがあって、初日のような透明感は消えちゃったけど、5ヶ月前に飲んだ状態よりは綾瀬はるかに旨いです。そして今日はそこそこ甘いけど、ギリギリのところで酸が甘みをキレイに縁取りしてるゆえ、決してダレることはない。

 約5ヶ月の中低温 (11℃) での追熟、キャップの隙間にホラー並みのカビと──実は写真を撮る前にはもっと付いてた (笑) ──、なかなか珍しい条件が揃ってのこの仕上がりなので、普通に氷温〜5℃くらいでこの28BYをKeepしてる人がオレと同じ体験ができる可能性は低いが、逆に言えば、低温管理なら真の飲み頃はまだ先ではあるだろう。



iwao_authentic28by2_11.jpg



 篠ちゃんは超シルキー。三光天賦はソリッドで酸の握力がプロレスラー並み。巖は足腰弱いが普通に飲める。


moukan1972♂






日本酒 on_list_good

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

今回は紫外線除けのカヴァーを付けたまま入れたのが更にマズかったみたいです (笑) 。瓶を立ててれば問題ないと思いますが、元から少しベトついてる瓶もよくあるので、瓶詰めの段階で少し付着してる場合は微妙ですかね。


──しかし、熟成でスリムになるってのは面白いですね。勉強になります。熟成酒自体はたくさん飲んできてますが、熟成前の味もちゃんと知ってる酒は多くないので、このへんの知見ってのは非常に得難いものがあります。

「スリム」というのは「感じ方の問題」もあるので、世間で言う「角が取れる」「柔らかくなる」も同じ意味で使われてる可能性はありますが、それでも幾つかの酒が確実にスリム (しなやか) になるケースはそこそこあります。最近だと「篠峯 純米大吟醸 雄町 クラシック9 27BY」や「長陽福娘 純吟 直汲み 18号/熊本酵母 28BY」などがそうですが、今回の「巖」も含めこれらに共通するのは、新酒時代にゴワゴワして嚥下がハードという点ですね。

なので、イメージとしては「スリム化=無駄な肉が落ちる」という感じで、この場合の「肉」は「閉じた旨み」なので、開くことで総体として軽やかになり、量感もしなやかになり、結果、スリムで透き通った酒質に感じるというわけです。ただ、これもそれぞれの酒質やポテンシャルによるので、もちろん、元からアミノ酸ゴリゴリの磨き65〜70の純米なら、話は少し違って来るんじゃないですかね。

なんというか、まるで「食べる部分が少ない皮の多い果実」のようなニュアンスで、熟成により、ようやく肝心の部分に辿り着くイメージです。新酒時代は外皮に余計なモノがたくさん付いてるので、コアに到達する前に嚥下が終了してしまうというか。

いずれにせよ、この「巖」は信じられないくらい軽やかジューシイに変化してましたね。新酒で飲んで「旨くない・・・」と感じた人には申し訳ないほどに (笑) 。

あと、火入れと生酒とでは、そもそもの「熟成式」が違うと思いますね。「火入れ」は「干物」や「乾物」のイメージなので、旨みの純度が内側に向かって力強く育って行くイメージです。一方の「生酒」は、ある種の「抜け感」というか「カサブタが剥がれ落ちる感」というか、外側に向かって1枚1枚皮がめくれて行くイメージです。

ま、モノによりますが。


2018.03.11 Sun 12:16
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
日本酒のキャップがカビる問題、たまに聞く話ですね。
昨年も回収になったのがありましたし。
https://www.excite.co.jp/News/recall/20171006/Recall_33521.html

先日、行きつけの店で自家熟成の話をしたら、押し入れは湿気が多くてカビるから気を付けたほうがいいよと言われました。実際に遭遇したことはないですが、湿気対策したほうがいいかもですね…。

しかし、熟成でスリムになるってのは面白いですね。勉強になります。熟成酒自体はたくさん飲んできてますが、熟成前の味もちゃんと知ってる酒は多くないので、このへんの知見ってのは非常に得難いものがあります。
2018.03.11 Sun 10:07
Edit | Reply |  

Add your comment