もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤三千櫻 - 純米 さくらにごり 愛山 ── ♡☺♡「我が家のニゴリ基準、今季は甘さ増量です」#Nigori, Shuwa-Shuwa, Sweet 




michizakura_sakura1.jpg 三千櫻です。池袋西武の試飲イベントで買ってきました。先日のにごりは苦すぎて飲めたものじゃなかったですが、今回のにごりは愛山を使用した春限定の人気商品です。瓶に貼ってあるサクラ模様は山田社長自らが手掛けています。曰く、

微妙なバランスとかあるから、人には任せられない

みたいです。

 このサクラにごり、ズバリ山田社長の創作テーマは「あまりお酒の呑めないオネエちゃんのために造った」ということらしいです (そのわりに調子に乗ってガブガブ飲んでると普通に酔いますけど) 。


michizakura_sakura3.jpg 去年は一升瓶で買いましたが、最後まで美味しく飲めました。なんだかんだ我が家では、すべての発泡にごりについて、この26BYの愛山にごりが基準になっていたりします。100%愛山米を使用、麹米40、掛米60という、なかなかの良スペックなので、少し素敵な価格設定ですが、社長曰く、

原酒でアルコール度数8%だと加水して量を増やせないから、あまり儲からない

ということみたいです。以前ひやおろしの季節に池袋西武に来ていた社長の奥様は、「高いお米 (愛山) ばかり使わないで、もっと安いお米でたくさん造ってもらわないと儲けが出ない」とグチをこぼしてましたが、そのことを社長に伝えると「愛山で造ったお酒が好きなんです」と笑い、「もうすぐメヒコ (メキシコ) に出張だから、これでしばらくはグチを聞かなくて済む」と全く気にしていませんでした (笑) 。




michizakura_sakura2.jpg
 bottle size:720ml



【089】三千櫻 -みちざくら- 純米 さくらにごり 愛山 27BY <岐阜>

三千櫻酒造 株式会社:http://michizakura.jp


Moukan's tag:




三千櫻_山田社長 そうそう、山田社長ですが、なんでもメキシコで日本酒を造ろうとしているメキシコ人がいるそうで、そのための技術指導で、去年の秋に引き続き、二度目のメキシコ出張に行くそうです。4月から行くと言っていたので、今頃はメキシコでしょうか。

 なにかと食事には不便するそうで、美味しい刺身などは全く食べれないようです。食事は牛→豚→鶏の肉ローテーションだとか。とはいえ、意外に暇な時間も多いらしく、前回の出張では、「余った時間で散歩ばかりしていたら5kgも痩ちゃった」と言ってました。お身体に気をつけて御指導頑張ってください!

 それではいただきます。いつものように先ずは上澄みから。


michizakura_sakura4.jpg 立ち香は三千櫻らしい柔らかで上品なリンゴ様。カプロン酸エチル全開というほどでもなく、食事の邪魔にならない清楚な香りレベルです。

 含みます──。

 ガスは強めです。抜栓時には瓶底からオートマティックに泡が沸き上がるレベルです。とはいえ、ガス特有の苦みは全くなく、透明度の高いクリアなガス感です。萩の鶴/別撰でも似たようなタッチがありました。

 ワオ。シュガーな甘さですね。おぼろげな記憶ですが、26BYより甘みは出てると思います。愛山らしいキュートな酸は、比較的、大人しめです。シュワシュワを感じつつ、舌触りはツルツルなので滑りのよいお酒です。とっても美味しいです。それにしても、これ、本当にアルコール度数8%なんでしょうか。最初の一杯をグイっと飲んだだけで普通に酔うんですけど (笑) 。先日の試飲イベントで、山田社長に改めて訊いたんですよ。

♡☺♡「あれ、本当にアルコール度数8%なんですか? 普通に酔うんですけど」
山田社長「うん、8%。でも、それが (普通に酔えるのが) 狙い」

 おかわりはオリを混ぜて──。


michizakura_sakura5.jpg 27BYは酸が柔らかいので、去年よりカルピス感は後退してますね。上澄みの方が甘く感じます。オリ絡みの方がボディ感があって、全体にまろやかな印象が増します。こっちの方がいいです。苦みはまるでナシ。

 アルコール度数8%ですが、たとえばKIRIN/氷結STRONG (9%) を飲むみたいにガブガブやっていると、普通にガクっと酔います。その意味で、飲み口は決して軽くはありません。逆に言うと、8%でこの飲みごたえは得難いですね。残草蓬莱/QUEEENの12%より濃く感じるほどです。

 麹由来のニュワっとした酸も奥でほのかに感じますが、甘やかさの中に溶け込んでいるので、むしろ香しいタッチで、酒感はほとんどありません。

 やっぱり三千櫻のサクラにごりは美味しいですね。日本酒うんぬんの前に、単にジュースとして激ウマです。27BYは甘めの出来栄えですが、食前酒として、先ずはコレでグイっとヤルのが大人流です




── 2日目。


 今日は最初からオリを絡めて。ガスは割と残ってます。そこらの直汲みよりはまだまだシュワシュワです。あまり酸っぱくならないので、今日もシュガーな甘さが心地良いです。相変わらず苦みはまるでなし。

 最近飲んだ中ではたかちよ/桃Kasumiあたりにタッチが似てますが、やはり、こちらの方が高級感というか、造りの緻密さを感じます。もう少し酸っぱいと、よりフルーティーなニュアンスも増すとは思いますが、27BYはサラっと口どけの良い甘さが売りのようです。


moukan1973





日本酒 三千櫻 愛山

Comment

Add your comment