ტ 家呑み5点セット ── ♡☺♡「錫製のチロリは高価ですが、日割りすればすぐに元は取れます」 




 今日は我が家の「家呑み5点セット」を紹介します。本格的な日本酒家呑み生活に一番必要なのは専用冷蔵庫ですが、冷蔵庫レポートは結露が酷くなる梅雨期にやります。



ienomi5set1.jpg



ტ 家呑み5点セットについて ──

▪︎錫チロリ・温度計・ミルクポット・アイスペール・ワイン保存器具の5点です。





【1】錫 (すず) チロリ

 お酒をまろやかに変貌させる──と言われている──魔法の器です。冷酒でもお燗でも、日本酒に関しては、すべてこのチロリにデカンタージュしてからグラスに注ぎます。もちろん、ワインやビールにも効力を発揮します。

 たまたま新宿伊勢丹の和食器フェアに出展されていて一目惚れ買いしました。27,000円くらいしましたが、毎日使いますし、もう元は取りました。一合サイズもありますが、絶対に二合サイズがオススメです。都内デパートでの正規取り扱いはないと思いますが、なぜか東京ミッドタウン (六本木) の某SHOPで売ってました。

 ◎ 二合チロリ (製作者:角居康宏)
 http://www.yasuhiro-sumii.com

 ◎ SAKE SHOP 福光屋
 http://www.fukumitsuya.co.jp/sake-shop/midtown/



【2】TANITA 料理用温度計 5496B

 燗につける時には絶対に必需品です。特に錫チロリは熱伝導率がいいので、油断しているとすぐに60℃を突破します (笑) 。こちらは普通にAmazonなんかで買えます。

 ◎ TANITA 料理用温度計 5496B
 http://www.amazon.co.jp



【3】WMF ProfiSelect series ミルクポット14cm

 チロリが立てて入ります。ここにお湯を沸かして燗にします。ステンレス製のミルクポットで、調理などにも使えますが、我が家ではお燗専用ポットになってます。なかなか高さのある小ぶりのポットがなくて、いろいろ画像検索してやっと見つけた一品です。

 こちらの「ProfiSelect series」は企画商品なので、いつでもどこかで買えるものではありません。よくスーパーなんかでシールを集めて応募するとブランド調理器具が格安で買えるやつ、ありますよね? あれです。それを個人がAmazonに出品していたものを買いました。なので、正規品 (通常版) は高いです。あ、今見たら、2016年4月21日現在で同じものがAmazonで買えますね。

 ◎ WMF ProfiSelect series ミルクポット14cm
 http://www.amazon.co.jp

 ◎ ちなみにコチラが正規品の「グルメ プラス ミルクパン14cm」
 http://www.wmf-onlineshop.jp



【4】ツバメテック ステンレス 二重アイスペール

 冷酒のKEEPではなく、我が家では主に燗冷まし (お燗にしたお酒を冷ますこと) に使います。本来はBarなどで氷入れに使います。冬場は水が冷たいので氷は必要ありませんが、夏場は氷水を用意する必要があります。最近はあまり使ってませんが、すぐに燗冷ましが作れるので、ちょいマニア向けのアイテムです。

 ◎ ツバメテック ステンレス 二重アイスペール
 http://www.amazon.co.jp



ienomi5set2.jpg



【5】VACUVIN ワイン保存器具

 お酒の酸化を防ぎます──実際には完全には防げませんが。自転車の空気入れのように使います。元々はワイン用の器具ですが、うちでは日本酒用に使っています。一升瓶・四合瓶の両方に問題なく使えます。ただし、一升瓶の残りが3合を切ったあたりから、空気を抜くのがかなりの重労働になります。瓶内が真空になると「ペチっ♪」という音が小さく鳴るんですが、これが妙に愛くるしいです (笑) 。

 ◎ VACUVIN ワイン保存器具
 http://www.amazon.co.jp



ienomi5set3.jpg
ienomi5set4.jpg



 以上です。割と本来的でない使い方をしているアイテムもありますが、なにかの参考になればと思い、紹介させていただきました。


moukan1973








Comment

Name - moukan1972♂  

Title - ◎ 片口の問題点、錫、チロリ雑感

※今後のことも考えて、先日BBSで回答した内容を一部編集して転載します。

オリジナルの質問
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#comment2523


──────────────────────────────


──錫のちろりについて伺います。<中略>くだらない質問かもしれませんがよろしくお願い致します。


えーと、まずその魔法の不完全ランプは「片口」と言われるヤツですね。

能作 片口 - 大
http://www.shopnousaku.com/shopdetail/000000000427/table_01/page1/recommend/

これの問題点というか弱点を書きます。

▪︎お燗に向かない (お燗ができない) 。
▪︎「オレ燗」ができない (しにくい) 。
▪︎移動中にこぼすリスクが高い (移動の際の手の収まりが悪い&面が広い) 。
▪︎空気に触れる面が大きすぎる (酸化が早い) 。※ただし場合によっては長所にもなる。


逆に長所は──

▪︎見た目がオサレ (飲食店向け) 。


せっかく錫チロリを買うのだから、やはり今後の事も考えて「お燗」にも対応している形状がベターです。「オレ燗」というのは、うちでもたまに写真に撮ってますが、

オレ燗 (アタシ燗) の画像
http://blog-imgs-87.fc2.com/m/o/u/moukan1972/daijiro_hanamicup3.jpg

冷たすぎる場合、これですぐに温度が上がります。とにかく錫は熱伝導率が高いので、外部からの温度の影響を素早く受けます。片口はこれがやりにくいです。

だったらこっちの方がいいかもです。

錫徳利
http://www.shopnousaku.com/shopdetail/000000000589/table_01/page1/recommend/

ただしこれ、お燗だと口部分が熱いかもです。ま、45℃前後なら触れなくはないですが、錫の場合、表面温度はそれ以上になります──つまり中身は後から熱くなります (なにせ表面温度は70〜80℃なので) 。温度計が35℃くらいで引き上げると、その数秒後に40℃近辺に上昇していきます。

あと、サイズですが、小さいのはNGです。最低でも300mlは欲しいです。理想は2合サイズです。


──遠くにある冷蔵庫から酒を出す→ちろりに2合注いで瓶を冷蔵庫に戻す

季節や冬場/夏場のエアコン設定温度にもよりますが、1800mlなら温度変化も少ないです。あとは、多くの氷温組はたぶんそうだと思いますが、720mlであれば、飲む前に家庭用冷蔵庫に移動してるはずです。まあ、そうなると「アンタ何のために日本酒用の冷蔵庫を買ったの!!!」と家族に怒鳴られるケースもありますので、センシティブな問題が加算される可能性も出てきます──いちいち説明するのが面倒臭い。

まずは買わずに生活してみて、必要性の意味と内容が明確になってから買えばいいと思いますよ。


──ところで、moukanさんはすべての酒で錫のちろりを使っていない様です。ダイレクト or ちろり経由で飲むことに対して、何か規則的なものは有るのでしょうか?

特にないですが、直汲み等のガスを含む酒は「家庭内直汲み」と称して、まずはダイレクトで飲みます。ワイングラスに移行する時はチロリ経由が多いですが気分です。あと、科学的には解明されていませんが、錫は「水をまろやかにする」という効果があると言われているので、これを経由すると五味のアタックが緩和するケースはよくありますが、錫が理由か、デキャンタージュ (チロリタージュ) が理由かはわかりません。


──錫のちろりを使わなければよかったと思うことが此れまでにおありでしたら、それがどんな局面であったのかをご教示いただければ幸甚です。

そういう杓子定規な考え方から解放されるために錫チロリはあるのです。つまり、逆説的な言い方になりますが、何より〝法則性のなさ〟〝偶発性の連続〟〝神秘のヴェールはがし〟に出会うために条件を変えて飲むわけで、そもそも「錫のちろりを使わなければよかった」という結果に法則はありません。良くなる酒もあれば、そのままダイレクトに注いだ方がいい酒もある。それを知るための条件チェンジであって、何かの真理 (決まりごと/文法) から演繹してどう注ぐかを決めるわけではありません。

確かに僕なりの「これはチロリ経由の方が旨そうだ」という何となくの法則めいたものもありますが、それは自分の感じ方次第なので、言うなら、それを知るための錫だと思います。そんなことを言ったら、これは身も蓋もない言い方になりますが、僕からすると飲む酒のすべてを片口やチロリ経由で飲むこと自体がNGの極みです (笑) 。


最後に──。

銅なら錫より安く済むので、まずはここからエントリーするのもありですよ。特にこの商品がオススメというわけではありません。ビジュアルとしての引用です。

アサヒ 食楽工房 純銅製ちろり 酒タンポ CNE41
https://item.rakuten.co.jp/auc-honesty/132556/


錫は高価なので、中途半端なモノを買うくらいなら他のマテリアルで安くあげるのも手です。ただし、アルミはやめた方がいいです。ガラスもなんだかんだで割れます。

うちのは27,000円ですが、気に入ったモノは大事にしますし、日で割ったら大したことないですね。これまでに買って全然着なかった服や使わなかったアイテムを頭に浮かべてその総額を計算すれば、毎日使って壊れない物が27,000円は決して高くはないです。かく言う僕も、今年に入って捨てたクソ酒の総額なんか、とっくにこの値段を超えてるんじゃないでしょうか (笑) 。



2017.08.18 Fri 11:10
Edit | Reply |  

Add your comment