もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Friday Nightの酒用BGM♪【ACID/SMOOTH JAZZ】Down To The Boneのそこそこ使える曲まとめ (1998-2014)  

genre tag:ACID JAZZ, FUSION, JAZZY VIBE, JAZZ
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎どれも「ドングリ疑惑」のあるDown To The Boneですが (笑) 、マトモに網羅的に聴くのは実は初めてかも。まあ、徐々に〝あちら側=Smooth Jazz〟の方にサウンドスタイルは移行しちゃってますね。「A Little Touch Of Soul」はIntro部分だけが最高 (笑) 。ここだけLoopさせれば素敵なDeep Houseが作れるだけに惜しい。結局Jazzも本質的には (生活上は) ほとんど「Ambient Mucic (環境音楽) 」なので、このクラスの曲であっても、カジュアルに生演奏でも聴きながらクラフトビールやグラスシャンパンでも気軽に飲めれば言うことはない。新宿の高級ホテルとかで週末の夜だけラウンジを解放してチャージ無し (ドレスコード有り) の生演奏LIVEをやればいいのに。酒で儲けりゃいいんだよ。一番難しいのは音楽ディレクションとミュージシャンの斡旋か (笑) 。つうか、Down To The Boneくらいなら、ジャパンマネー積んで呼び寄せりゃいいんだよ。











 ▶︎Dropping Knowledge (2014/収録Album)
 

 ▶︎The Brighter Side (2009/収録Album)
 

 ▶︎A Little Touch Of Soul (1998/収録Album)
 

 ▶︎The Sweetness (2014/収録Album)
 

 ▶︎South Side Overdrive (2011/収録Album)
 

 ▶︎「サンシャイン60」の展望室から見た新宿の超高層ビル群の夜景。
music_新宿高層ビル1
 photo: 超高層マンション・超高層ビル

 ▶︎Down To The Bone
music_Down_To_The Bone1
 photo: B.B. King Blues Club & Grill


FUSION UK_SOUL JAZZY_VIBE JAZZ

Comment

Add your comment