もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤笑四季 - マニアックラヴ #2 いとしのキャサリン生 27BY ── ♡☺♡「バニラを越えてキャラメル行っちゃおうよ」#Women 




 はじめて飲む銘柄です。杜氏の竹島充修 (たけしまあつのり) さんは一般家庭出身の方なんですね。日本酒が造りたくて東京農大を卒業して、新潟県の大手酒造会社に杜氏候補生として就職、その後、大学時代のサークル仲間だった笑四季酒造の娘さんと再会、縁あって結婚と、まさに新時代の杜氏誕生物語です。

 ところで、「マニアックラヴ」というと、我々世代のCLUB MUSICフォロワーはかつて青山にあった同名のCLUBを真っ先に思い出すんですが、元々熟語として一般的な言葉ではありませんし、もしかしたら若い頃の思い出があるのかもしれません。HPやラベルのデザインとか、彼自身のパーソナリティが反映されたと思われるものの中に流れるGrooveが、なんとなくCLUB MUSICライクなエッセンスに満ちてるんですよね〜。

 笑四季と言えば「モンスーン」や「Sensation」が定番ですが、今回は試験醸造的な位置づけの「マニアックラヴ」で初体験です。「星空シネマパラダイス」と「いとしのキャサリン」の2種類が出てるんですが、今回はより甘めの後者を選んでみました。滋賀県産吟吹雪を全量使用、酵母は母校の東京農大花酵母さくらを使用してます。




emishiki_catherine1.jpg

emishiki_catherine2.jpg
 bottle size:720ml





【105】笑四季 -えみしき- マニアックラヴ #2 いとしのキャサリン生 27BY <滋賀>

笑四季酒造 株式会社:http://www.emishiki.com


Moukan's tag:




 実は昨日開けたので、2日分まとめて書きまーす。

 立ち香は、ややセメダイン寄りのバナナ様です。ブドウ様の酸もありますがッ、そこはどこをどう感じるかですね。「セメダイン+バナナ=ブドウ」なのか、「ブドウ÷甘酸=セメダイン系バナナ」なのか──って、別に算数じゃないんだから (笑) 、これはあくまでもシャレですよ!

 杜氏自ら「笑四季は甘口至上主義を標榜する」と公言していますが、香りから甘さが溢れ出るほどじゃありません。時折かすかにナッツ系の穀物的なニュアンスも顔を出します。チロリに注ぐとクリーミイなバニラ香がはっきりと浮き上がってきます。風の森なんかと比べると、フルーツ感のない、完全なバニラです。まるでアイスクリームみたいですねえ 。

 ところが含むと、想像してたよりは普通というか、そこまで尖ったオシャレ感はないかも。含んだ瞬間はミルキーでパウダリーなバニラ感ありますが、アフター以降は、渋酸経由のカァーっとしたアルコール感もしっかり攻めてきます。

 温度が上がってくると途端にミルキーな柔らかさが出てきますヨ。甘酸のコントラストがいい塩梅で、去年呑んだ「新政ラピス」なんかを真っ先に思い出しますが、ガスのない浮遊感のある風の森というニュアンスも感じます。まあ、女子ウケしそうな味わいではありますね。



2日目──。

 冷たいままだと、甘さは昨日より前に出ませんね。ちょっと苦いかな。ガス感のない酒質なので、立体感のない、粉系の苦みです。初日はあまり苦みは感じなかったんですけどね。

 やっぱ温度が上がってくるとクリーミイ&ミルクアイスなバニラ感、出てきますね。香りはですね、別にそれほどでもないです。だから、見た目やコンセプトに比して、割とフツーのお酒です──今様の日本酒を知らない人にとっては衝撃的にオシャレなお酒かもしれませんけど・・・。

 実はそこまでキャッチーでもないですし、意外にお行儀のいいモダン酒といった感じです。新政の方が生意気なオシャレ感、あるような気がします──それでもわたしたち夫婦は、まだ新政のお酒で感動したことはないんですが。

 割と常温に戻りかけたエリアの温度帯がいいかも。おかわりは脚無しリーデルで飲んでますが、ワイングラスと日本酒のマッチングの利点って、香りうんぬんより、デカンタージュ的な酸化促進と、時間的な温度変化の早さにあると思うんですよ。なにせ口にお酒が届くまでの距離が遠いので、そうした液体の動きが自然とデカンタージュ的な意味合いを持つというか、なので、香るお酒より、むしろ味の開きの遅いお酒こそ、ワイングラスで飲むことをオススメしたいわけです。

 う〜ん、課題は酸かなあ。旨みで味わいを膨らませるような酒質じゃないので、酸にどこまで魅力を持たせるかがカギだと思うんです。クリア感やスッキリ感を甘さの中で浮き上がらせるのに必要なものって、やっぱり酸の効き方なんですよね。ちょっと酸より苦みとか辛みの方に意識が行っちゃいますかね。

 ただ、時折気まぐれに立ち現れるナッツな穀物感というかミネラル感、これは面白いんですよ。だからもう、次の段階として、「バニラを越えてキャラメル行っちゃおうよ」みたいな (笑) 。

 初日の方が旨いタイプのお酒です。


moukan1973




💻 参照サイト

【日本酒専門店Sake芯】笑四季酒造さんへ行ってきました (2011/9/6)


笑四季 日本酒

Comment

Add your comment