もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤雪景色に合う1曲♪【MODERN JAZZ】Duke Jordan Trio - No Problem (1974)  

genre tag:JAZZ
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎1973年にデンマークのSteepleChaseというレーベルと契約して、気に入っちゃったのかね、本人も1978年にコペンハーゲンに移住したそうです。オレは寒いの嫌いだから住むなら温暖なエリアがいいけど (笑) 。バブル前夜の'80年代に日本で少し流行ったらしい生温い系のオサレJAZZの伝道師Kenny Drewも1961年にコペンハーゲンに移住してるのな。あんま詳しくないけど、なにかあるのかね。DE、Duke Jordanだけど、実はオヤジの友人が中国の古い判子を集めるから「Jazzのレコードはもういらない」ということで、中学2年の時にまとめて50枚くらいもらったんだよね。これはその中の1枚で当時から結構好きだったけど、今聴いてもやっぱいいね。音楽的にはクワナリ軽いけどね (笑) 。











 ▶︎この編成のトラッドな作品でラテンパーカッションは少し珍しいです。
 

 ▶︎『Flight To Denmark』(Full Album)
 
music_Duke_Jordan1.jpg
 ▶︎Duke Jordan





 ▶︎Kenny Drew Trio - Lullaby of Birdland (1986)
 

 もはやこのへんをJazzとは呼びたくないけどな──〝Jazz〟ではなく〝Jazzy〟というか、オレの中ではリチャード・クレイダーマンなんかと同じ (笑) 。ま、女子供はみんな大好きでしょう。日本企画。


 ▶︎Richard Clayderman - 愛のコンチェルト
 

 サスペンスドラマの終盤で犯人の女が殺人の動機を刑事に語ってるシーンで、まだ彼 (住み込み先の旦那様) を愛していた頃の自分を泣き笑いながら回想中。(←庭先からチチクリ合ってるところを本妻に見られてます。) ←個人の回想シーンに第三者的な〝神の視点〟が介在するという、実は文芸的には高度なシーン。


JAZZ

Comment

Add your comment