もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 せっかくなので「SHUHARI 2014」と「篠峯 参年熟成 26BY」を味クラーヴェしてみる。サイズのハンデあるけどな。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤六十餘洲 - 純米吟醸 山田錦 生酒 29BY <長崎> 




 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた
rokujuyoshu_jungin_nama29by1.jpg
 ▲10年後に「伝説の糞カルトドラマ」として語り継がれるために、どうか最後まで過激に暴走してくれ。迷作の予感、漂う。


rokujuyoshu_jungin_nama29by2.jpg
 bottle size:720ml





【515】六十餘洲 -ろくじゅうよしゅう- 純米吟醸 山田錦 生酒 29BY <長崎>

今里酒造 株式会社:http://www.64sake.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:糸島産山田錦/50%
▪︎酵母:9号系? (そういう記述を見たことあるだけ)
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開
▪︎ALC:16%
▪︎処理:生酒 (たぶん加水)
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2017年12月
▪︎管理状況:2018/1/16に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年1月17日 (水) /豊盃黒澤の次に3本目として開栓。
▪︎JudgementOn List / Not On List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/unsufficient/faulty/undeterminable

※On Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On Listの「good」とNot On Listの「good」は同じではない。On Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「undeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokujuyoshu_jungin_nama29by3.jpg



 立ち香──うーん、やや焦げたような熟香を感じるのは気のせい森の精だろうか。まあでも可憐かつ清楚で控えめに囁くようなフルーツ・セメダインの輪郭はそこそこ好ましいサイズ感ではあるが、この銘柄としては明らかにサンタリーナの (酸、足りてない) 印象で、しかも今季は少し甘みが乗ってそう。甘みそのものが増量されたのか、酸が足りてないから前に出てきたのか。

 あまり期待はできない感じだが──。

rokujuyoshu_jungin_nama29by4.jpg あああ・・・。28BYになくて29BYにあるもの──それは、木香様臭。逆に28BYにあって29BYにないもの──それはオレの素敵で不気味な笑顔。リアルな木香なのか化学上のアセトアルデヒドによる木香なのかは分からんが、28BYのひやおろしにも少しあったので、おそらく後者かな。

 そして、立ち香で感じたままに、やはり今季はベタっと砂糖甘く、ヒデキ、感激できない。勢い余って2本も買っちゃったけど (笑) 、まあいいや。スタートが悪いと、むしろその後の変化を追いやすいし。

 しかしまあ、新酒の愕然アタックは厳しいなあ。

 オレの中でのこの銘柄最大のチャームポイントである〝酸〟だけど、こうなると、渋みだけに寄与するので、美しい流れや働き方の中で顕在化しない。飲んでて旨いと感じる瞬間がまるでない。



rokujuyoshu_jungin_nama29by5.jpg



「豊盃」は青森の渋酸っぱい香る水。「六十餘洲」は砂糖甘いオガクズ水。最後の最後に戻ったら出来そこないの三男坊の「黒澤」がミラクルにクリスタルで圧倒的に旨い。まさに地元じゃそこそこ「俺はお前らとは違う!」と自惚れてたヤツが東京に出て来て自分がただの田舎者だと知るのと逆!──もしくは子供の頃からエースで四番だった田舎の勘違い野郎ライクな自称天才が何とかドラフトに引っ掛かってプロになって退職金の前払いに過ぎない契約金1,500万円をもらって浮かれてたら二軍キャンプの初日にプロ野球選手として顔も名前も全く知らないような連中のほとんどが自分がアマチュア時代には見たこともなかったような信じられないほどに天才的な動きをしているのを目の当たりにして<つうかウォーミングアップの軽いキャッチボールなのに全員が俺の渾身のストレートよりも球の回転が鋭いっ・・・つうかなんでこの天才たちが全員二軍なのっ!?・・・全員俺の代わりに今すぐピッチャーやれるじゃんっ!!!>と愕然として練習開始30分でいきなり引退したくなってたらまんまと凡ミスしてコーチから「オイオイ、どこに目つけてんだ〜? 明日田舎帰るか〜?」と全然ゲキになってない洒落にならん野次を飛ばされてそれを見てた周りの天才たちも下向いて笑ってて<そんなこと言うと本当に明日田舎に帰っちゃうぞっ!!!!!>と人知れず心の中でマジベソかくのと逆!──ま、そこに気づけるだけマシなんだけど、ほとんどが今でもワケもなく自惚れてるんだよな (笑) 。

 この直汲みブルーは、まるでエリート一家のダメ三男を修行のために都落ちさせたら、まんまと田舎で天才になっちゃったみたいな感じ──つまり1年に3回くらいしかオレが褒めるほどの面白い事を言わないmoukan1973♀が職場の飲み会だと何を言っても周囲から簡単に笑いを取れるのと同じ!──♡☺♡「みんな、アタシが何言っても爆笑。別にウケを狙ってるわけでもないのに (笑) 」。





── 2日目。

rokujuyoshu_jungin_nama29by7.jpg



 立ち香──今日はこの段階で木香あるね。なんか「手取川/吉田蔵」みたいだなあ。少し青臭いメロンやバナーナもありつつ、とにかく酸の輝きがまるでない。くぐもってる。まるで出来の悪い静岡吟醸みたいだ。

 ダメ、じぇんじぇん旨くない。辛いくせに砂糖甘いし、木香もバッチリ。もう飲みたくない。苦い。残りは捨てました。28BYはあんなに旨かったのに。もう1本あるから蔵元に送り返すこともできるけど、もうそこまでの気力はない。どうせ謝られるだけだし、あまり面白い事にはならない。はい、次っ・・・・・!


moukan1972♂






日本酒 六十餘洲 not_on_list_faulty

Comment

Add your comment