もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤木戸泉 - Afruge/アフス No.1 2014 (26BY) 純米酒 赤ワイン樽熟成 <千葉> #Wine Oriented/Well-Cured 




kidoizumi_Afruge26by1.jpg

kidoizumi_Afruge26by2.jpg
 bottle size:500ml





【511】木戸泉 -きどいずみ- Afruge No.1 2014 (26BY) 純米酒 赤ワイン樽熟成 <千葉>

木戸泉酒造 株式会社:http://kidoizumi.jpn.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:千葉県産米/65%
▪︎酵母:非公開
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開
▪︎ALC:15%
▪︎処理:火入れ?
▪︎酒造年度/出荷日:H26BY/2017年5月
▪︎管理状況:2017/12/25に着、11℃で管理
▪︎試飲日時:2018年1月13日 (土) /この日7本目に開栓
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kidoizumi_Afruge26by3.jpg



 悪くはないが「赤とんぼ 26BY」の前では〝そこそこ水〟です。白ワインと比べると当然果実味は足りてないし、シャンパーニュなんかと比べてしまうと薄いも薄い。日本酒としての飛び道具性はあるものの、若干〝出落ち〟な印象は拭えない。こましゃくれた焦げみのあるお酢。この程度の酒で驚き、感動できることは幸せだと思うので、それならそれでいい。果実ではないから仕方ないとは思うが、とにかく薄いし、酸もコート・デ・ブランのシャルドネに比べればZEROに等しい。「くろさわ 純米吟醸 無濾過生原酒 2014」の方が何もかもが上。ただし、出来そのものは悪くないです。その場がそれなりに盛り上がるので、気の利いた手土産には最適です。露骨な樽香 (木香) は特に感じない。案外フツーの酒です。

 ♡☺♡「お酢です! (笑)





── 3日目。

kidoizumi_Afruge26by4.jpg



 別に特筆すべき変化があったわけでもないですが、一応。

 真面目に向き合うと、瓶口からの香りそのものは一切の手加減ナシに「 (果実ではなく) 米!」という感じではあるけれど、ワイングラスに注いで温度がこなれてくると、ナビスコOREOに酸っぱいジャムを塗ったようなニュアンスもある (笑) ──オイリーなヌメった香りに重なる焼き菓子ライクなアロマにはシャンパーニュ的な輪郭もあるっちゃある。

 ところが含むと、やや一発ギャグ的に〝出落ちな酸〟が飛び出すので、相対的にあまり熟味が前に出ないのと、皮肉にもそのことがこの酒のキャラを少し漂白してしまうんだよな。だったら「神亀」の火入れの方がインパクトあるみたいな (笑) 。そして結局、薄い、この一言に尽きる。下手に味わいをワインに寄せると不幸にもそことの比較になるから、当然、分が悪くなる。つうか単純に、さして旨くない梅酒みたいだよ (笑) 。

 裏のラベルにある「新しい日本酒のかたち。」に嘘はないけど、日本酒として新しいことにそこまでの価値はあるのか? オレには味の薄い白ワインにしか感じられないし、だったらラタフィアの方がインパクトあるかなあ。「新政」同様、結局どこに「日本酒」の軸を置くかなんだよな。そりゃあ、そこらの紙パック酒や華やかメロン吟醸に比べれば過激にストレンジだけど、そうした〝都合のいい相対化という媚薬〟を捨てても尚、それでも十二分に際立つ存立性がこの酒にあるかという話になれば、オレには甚だ疑問だな。それこそ、似合ってもいないのに少し変わったデザインの服やメガネを身につけた程度で「オレって個性的」と勘違いしてるウブい高校生と心理構造は同じだわ (笑) 。日本酒の中で多少際立った程度で粋がるなよ。だったら世界を目指せ。

 イイ意味で薄いので──グラン・クリュのブドウに比べて──、寝酒にはいいんじゃないでしょうか。頑張ってね。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 木戸泉 not_on_list_good

Comment

Add your comment