もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「ひとまずこれで年内は買い納め」#ベランダサイズの地球冷蔵庫使用 




2017_12_27転入生1




 毎度アクセスありがとうござます。


 理解に苦しむバカや少しアタマのオカシイ人間というのはアナタの身の回りにも少なからず必ずいて、たまたまそれがオレだったというだけ。別にこんなもん大したことねえよ。冬場は「ベランダサイズの地球冷蔵庫」が使えるから気にせずバンバン買える。

 それにうちの場合、2〜3週間ですぐに「家庭サイズの冷蔵庫」に空きができるから、今も地球の世話になってるのは1800mlが4本と720mlが1本だけ。口に合わない不味い酒はバンバン捨てるし──もしくは料理酒やブレンド用のリザーヴ酒にするし、外で軽く一杯飲んだって90mlが500〜800円するわけだし、むしろそっちの方がよっぽど貴族だろ (笑) 。




2017_12_27転入生2





ტ 本日までの転入生


◤播州一献 純米吟醸 播州愛山 生 28BY <兵庫>
◤播州一献 純米 北錦 生原酒 28BY <兵庫>
◤長陽福娘 限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 吟醸酵母 28BY <山口>
◤長陽福娘 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY <山口>
◤長陽福娘 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY <山口>
◤米鶴 山廃純米大吟醸 中取り生 29BY <山形>
◤櫛羅 (篠峯) 純米 無濾過生原酒 29BY <奈良>
◤来福 純米 五百万石 初しぼり生 29BY <茨城>
◤木戸泉 Afruge Macherie 2012 (24BY) 純米酒 シェリー樽熟成 <千葉>
◤木戸泉 Afruge No.1 2014 (26BY) 純米酒 赤ワイン樽熟成 <千葉>
◤井筒長 (黒澤) 純米吟醸 自社栽培米ひとごこち 新酒しぼりたて生酒 29BY <長野>
◤上喜元 特別純米 仕込み一号 生酒 29BY <山形>



2017_12_27転入生3 播州一献 (ばんしゅういっこん) は初呑み。たしか去年の「若手の夜明け」というイベントにも参加してて、当時チョロっと純吟の山田錦あたりを試飲した記憶もあるけど、特に味は覚えてない。相変わらず何も調べてないんだけど、そこそこ酸度をギュインとアゲる銘柄みたいなので、臆せず当たりに行きます。「愛山」は「29.3.」の出荷なので、麦チョコになってなけりゃいいけど。ちょうど12/31で失効する楽天ポイントが約2,000円分あったから、ハズしても気は楽。楽天カードにしたらポイントが貯まる貯まる。ちなみに余裕のダイヤモンド会員 (笑) 。

 長陽福娘 (ちょうようふくむすめ) は今さら特に言うことはないかな。黙ってオレが「旨い!」と言ったヤツを買ってりゃいいんだよ。ただ、ピンクラベルのフレッシュ・コンディションは実は初めて飲みます。赤と桃の違いはコチラをどうぞ。

2017_12_27転入生4 米鶴 (よねつる) は昨日発売。去年と同じレベルであることを願う。今年も1800mlしかリリースされないけど、それが足枷になって買う勇気の持てない人は、よーく考えろ。ロクでもない720mlを2本飲むのと、本当に旨い1800mlを1本飲むのと、一体どっちが幸せですか? DE、そういう大して旨くもない720mlをちょろちょろ摘み食いして、何か大きな成果を得ましたか? えっ? 別に大きな成果を求めて酒を買ってるわけじゃない? あっ、そう。まあ、そんなもんか、普通は。


 櫛羅 (くじら) は毎年この時期だったっけ? たぶん、この時期はどれを飲んでも似たような渋みと軋みとシャープネスしか感じないとは思うけど、一応エントリーしてみた。木香、あるのかな。

 来福 (らいふく) は酒屋の店主が絶賛してたから乗ってみた。買うの初めてだし、ちょうどいいカナート思って。店主が言うには、今までの来福にはない洗練された香りの出力加減で、スッキリ仕上がってるとのこと。蔵元 (藤村俊文社長) の体型は日に日にアンチスリム化してるけどな (笑) 。

2017_12_27転入生5 木戸泉 (きどいずみ) のAfrugeは念願叶ってという感じ──絶好の同梱チャンスが訪れた。最近は舶来物の高い酒をガブガブ飲んでるから、ちょっと今さらなエントリーな気がしなくもないが、瓶が細いので、セラーにできた無駄な隙間を埋めるのに丁度いいかなって (笑) 。詳しい商品コンセプトは調べてません。やってくれそうなイイ面構えしてるので、それなりには期待してます。お気に召さなくてもブレンド用のタレとして第二の人生を歩めそうだし。




2017_12_27転入生6




 今週の日曜、moukan1973♀と「千駄木」に降り立つ用事があったんだけど、目的地に向かう途中、彼女が♡☺♡「この通りに上喜元を売ってる酒屋があったよ」と言うもんだから、あまり期待もせずに歩いてたら「ワインセラー ESPOA のむら」という店に着きました。すると、




2017_12_27転入生7




 黒澤酒造のお酒が売っているではありませんか。

 ▲ちなみに「黒澤」は逆に未扱いだし、この「井筒長」も純吟の新酒のみ。基本的に日本酒の扱いはオマケもオマケだが、なぜか隣に「木戸泉」が──「Afruge」は売ってない。店主は間違いなく変態 (笑) 。



 井筒長 (いづつちょう) は「黒澤」の地元銘柄です。そもそも「黒澤」は輸出用のネーミングとして採用されたみたいね。「世界のクロサワ」が有名だから (笑) 。たしかに海外商品に「KUROSAWA」と書いてあったら、多くの外国人が「おっ!?」となるもの。「黒澤」の純吟は「美山錦55」だけど、これは「自社栽培米ひとごこち55」です。旅行で蔵の販売所に行った時、唯一普段飲んでる「黒澤」に近い味わいの酒がこれの特純だったので、この純吟も「黒澤」系であることを期待してます。まだ飲んでません。

 飲んだのは上喜元 (じょうきげん) の方ね。すでに清書は上がってるので、木曜中にはUPします──気が向けば今夜。

 それでは皆さま、最後の力を振り絞って、酔い年末年始をお過ごし下さい。


moukan1972♂






播州一献 長陽福娘 篠峯 米鶴 黒澤 木戸泉 来福 上喜元 日本酒

Comment

Add your comment