もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤屋守 - 純米おりがらみ生 ── d▄▄b「目隠しをすれば誰も屋守とは気づかないであろう味幅の狭い水っぽい苦みに思わず〝大丈夫か?〟というオレの声」 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。



okunokami_origarami1.jpg

okunokami_origarami2.jpg
 bottle size:1800ml



【010】屋守 -おくのかみ- 純米おりがらみ生 27BY <東京>

豊島屋酒造:http://www.toshimayasyuzou.co.jp


Moukan's tag:




 わたしが書きます♡☺♡。東京の東村山市にある酒蔵で、ここ数年は日本酒ファンの間でも全国区の人気を誇ります。この「 純米おりがらみ生」は、毎年恒例の年度一発目 (仕込み一号) の新酒になります。

 屋守と言えば、モダン甘旨酒の最右翼ですが、この純米おりがらみ、う〜ん、ちょっと屋守にしてはボリューム感のある甘みが前に出てないですね。良く言えば「ジュースみたいに軽くて飲みやすい」、悪く言えば「味幅が狭く水っぽい」。。。

 ま、不味くはないのですが、これを屋守と思ってくれちゃあ、困ります。本来は、もっともっと分かりやすく「旨い!」酒です。それこそ、日本酒初心者が、屋守を通じて日本酒にハマってしまうような、そんなお酒を醸すのが本当の屋守だと思います。

 友人宅の忘年会用に4合瓶も仕入れておいたんですが、我が家の一升瓶がこんな感じなので、4合瓶は、あえて空気に触れさせて味を膨らませるために、さっき同時に開けちゃいました。飲み比べると、4合瓶の方が酸味と渋味が強いので、おそらくは最後の方の搾りなんだと思います。ロットによって味わいが異なるのも、また日本酒の楽しみ方ではあります。

 明日会う友人は、普段はワインを飲んでるような人たちなので、逆にこの酸味と渋味があった方が馴染みのある味わいに感じてくれるかも (笑) 。他のお酒を用意する策も考えましたが、もったいないし、別にマズいわけでもないので、明日はこの4合瓶を持って行きまーす。





── 2日目。


 普段、割といいワインなんかを飲んでる人たちなんですが、意外にも「美味しい美味しい」言って飲んでくれました。ちょっと複雑な気分です (笑) 。

944663_1085556844810618_9170009169494344523_n.jpg



moukan1973



Moukan1972♂'s Additional Notes 💬
dಠಠb「これダメだろ。なんだこのグレープフルーツジュースの出来損ないは。これでも26BYの屋守は仕込み違いも含めて8種類も飲んだんだから (全部家呑みでそれぞれ最低2合以上は未開栓の状態から飲んだんだから) 言わせてもらうぞ。一番旨かったのは──というより、完璧に旨かったのは〝2月の純米中取り無調整生〟これだけ。たまたま而今の千本錦生と同時に開けて飲んだんだけど、ブラインドなら個人的に屋守の方が僅差で上だった。その後は雄町がまあまあだった以外、全部ふ〜んという感じ。年末に飲んだ純米中取り無調整生もあれ?ていう感じで、そういう流れの中でコレだよ。鍋島同様、ちょっと今後が心配な人気銘柄。いろいろマイナーチェンジしたり新しいことにチャレンジする気持ちは分かるが、こうまでどうでもいい酒を造るくらいなら今すぐ考え直してくれ。死ぬまでにもう一度、あの旨すぎた純米中取り無調整生を飲めるのだろうか。」






屋守

Comment

Add your comment