もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Esther Williams - I'll Be Your Pleasure (Larry Levan Remix) 1981 

genre tag:DANCE CLASSICS, SOUL/FUNK
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日に続き、Willie Lester&Rodney Brownモノを御紹介。そういやコレもそうかという感じ。正直、1981年にしては少し汗臭さの残るDiscoチューンという感じではあるが、'70s的な〝いなたさ〟から抜け出したエレガントなファンクネスもある。リミックスはLarry Levanが担当。そもそもOriginal Versionが存在しないので比較のしようはないけれど、4つ打ちを意識させる、ボトムラインを硬めのイコライジングで仕上げてるニュアンスが極めてDJ的なミキシングではあるだろう。パーツの定位にも空間的な広がりがあり、音一つ一つの抜けの良さもありつつ、コアにはタイトな骨格がある──簡単に言うと大音量で生えるバランス。実は以前に紹介した同アルバム収録の「Ready For Love」も併せてどうぞ。











 ▶︎強調文
 

 ▶︎Ready For Love──サンプリングしてくれと言わんばかりの極上LOOP。
 

 ▶︎Esther Williams
music_esther_williams.jpg

 ▶︎Larry Levan
music_larry_levan1.jpg


DANCE_CLASSICS FUNK

Comment

Add your comment