もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤亀甲花菱 - 純米吟醸 雄町 無濾過中取り 生原酒 28BY ── dಠಠb「言うならスッカン・ファイヤーですかね (笑) 」#Fruity/Clear 




hanabishi_omachi50_28by3.jpg 実は「美山錦50 無濾過中取り生原酒」と同時に開栓してます、亀甲花菱 (きっこうはなびし) です。去年も同じモノを飲んで☆5を付けてます。個人的に28BYの「美山錦50」には用はなくて、僅かな違いですが──もはやそれが大きな違いではあるのだけれど──、オレは断然「雄町50」の方が好きです。「好き」と言うのも少し違うな。もはや「美山錦50」はジャンル違いですね。この銘柄に求める酸が出てないので、オレには〝やや失敗作〟に感じるけど、甘口のシロップ酒としてはそこそこ可憐で清楚なので、決して悪い酒ではないとは思う。

 この「雄町50」は27BYより更に淡麗パステルなので、薄いっちゃ薄いけど──銘柄特有のカカオ香はある──、やはり、酸による明確は縁取り感があるので、歴然とフルーティー。出来は去年の方がいいけど、むしろ28BYは28BYでクリスタルなニュアンスは増してるとも言えるので、☆4.5でフィニッシュしておきます。木曜に開けたので、今も5日目の状態で1合ちょい残ってるけど、今日はこれから劣化ワインの判定を依頼しにフィッチまで出向くので、帰ってから飲めるかな (笑) 。




hanabishi_omachi50_28by1.jpg
 ▲長澤まさみとは随分と差がついてしまったようだ。深キョンの方が5つ年上だもの。


hanabishi_omachi50_28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【490】亀甲花菱 -きっこうはなびし- 純純米吟醸 雄町 中取り 無濾過生原酒 27BY <埼玉>

清水酒造 株式会社 (by 彩の地酒) :http://www.sainojizake.com


Moukan's tag:



hanabishi_omachi50_28by4.jpg
 ▲木曜に本日6種類目の酒として飲んでます。写真+くろさわ特純。



 さすがにもう多くは飲めないので、味見程度で。。。

 立ち香──27BYほどじゃないけど「美山錦50」よりは歴然とフルーティー (酸、足りてる) 。ややトゥワンな花の蜜の香りもあるが、明利系や18号系フィールド全開のそれに比べればパステルな透明感がある。27BYと同じ「黄桃/マンゴー/パイナップル系」の黄色い果実の香り。

 うん、こっちの方がイイかな。やはり酸の輪郭があるので、味わいも「美山錦50」よりフルーティー。でも少し甘いかなー。これまた余韻は長めなんだけど、いくらなんでも長すぎる (笑) 。moukan1973♀がなんて言うかなー。明日、彼女に持たせるヤツはアッサンブラージュするか──実際に「雄町:70%、美山錦:20%、黒澤Type7:10%」くらいの比率でブレンド (笑) ──♡☺♡「もちろん内容はわからんが複雑でオモロイ」。

 明らかに27BYの方が出来は良いが、ただ、ここまで甘いくせにスリムで透明な酒も珍しいので、言うならスッカン・ファイヤーですかね (笑) 。たとえば「村祐 常盤」なんかの蜜甘とも違うので、甘口派が引き出しを増やすにはイイ酒じゃないですかね。

「美山錦50」より圧倒的にサンタリーテですね。問題なく飲めるし、実際、スイスイ呑んでる。甘みの奥に硬めに炊いた米のような旨みの量感もあるしね。それでも明日以降の圧倒的な酸化キボンヌですね。





── 2日目。

hanabishi_omachi50_28by5.jpg



 立ち香──「美山錦50」より清楚な出力加減。ツツジの蜜 (=唾香w) もあるけど、糸のような細い酸が輪郭線をしっかり際立たせてる流れはある。 


hanabishi_omachi50_28by6.jpg 結構な「美味しい水」だけど (笑) 、こっちの方が旨い。酸化によりBodyに締まりが出てきた。それでいてクリアだし、小さいけど可憐な果実味がある。27BYより更にクリアで淡麗。27BYほどのトロピカルな量感はないんだけど、まるで黄桃の天然水ライクな味わいもあって、疲れずに飲める。熟味もこっちの方が少ないし、うちのレストランでは「雄町50」はOn Listしますね。なかなかの砂糖水クリスタル (笑) 。

hanabishi_omachi50_28by8.jpg なんだろうなあ。たとえば同じ「水組の赤武」と比べて何が違うんだろうなあ。やはり快感指数タカーメの、この柔らかエロいテクスチャーだろうなあ。渋酸にすら可憐さが宿るというかさ。コアの米の旨みを優しく感じさせながら、好ましい節度の芳香を放ちながら美しくフィニッシュ。たとえば最近飲んだ「上喜元 千本錦40」よりは細部のアタックは強めなんだけど、全体のバランスは程良くてメリハリもある。

 続けて「美山錦50」を飲むと、やっぱベタ甘いね。跳ね返りも強め。「雄町50」は美しいよ。わずかな違いだが、オレの中では完全に別物で、この違いを明確に振り分ける2018年になる。



hanabishi_omachi50_28by7.jpg



 そして「黒澤 Type7」は異次元の旨さ。100人にこの3本を同時にブラインドで飲ませて「黒澤」が負けるイメージは1%もない。美味しい水の「雄町50」より更に淡麗だが、味と香りは複雑で、より荘厳。力強いミネラルも全体のバランスの中では素晴らしいアクセントになっている。なによりジューシイで、口の中がいつまでも美味しい。もう今日は「亀甲花菱」には戻れない。

 帰宅したmoukan1973♀に「裸の雄町」を飲ませたら、♡☺♡「まあ、飲める。たしかにクリア」と言い、続けて「Type7」を飲ませたら、♡☺♡「これはマジで旨い、傑作だよ!」と言った。日に日にアクが抜けて最後は相当なクリスタルネスを獲得。720mlでチマチマ飲むような酒じゃないが、720mlなら極上の普段使いとして、常に5〜6本は持っていたい。





── 5日目。

 今、出掛け前に少しだけ舐めてるけど、そこそこの熟味はあるものの、悪くはない。「美山錦50」よりジューシイな量感がある。もはやフルーティネスを象る糸のような酸はほどけて、甘みの出方も人懐こくなってしまったが。やはり2日で飲み切るのが吉。今はオレの求める以上の量の味が出てしまっているし、熟味も2〜3割増してる。


moukan1972♂






Comment

Add your comment