もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤くろさわ (黒澤) - 生酛 特別純米 ひとごこち 無濾過生原酒 26BY/Vintage 2014 ── dಠಠb「まるで息ができなくなるほどの数の落花生を口の中に頬張ってるみたいな強烈な穀物的余韻 (笑) 」#Well-Cured/Unique 




kurosawa_tokujun26by1.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 一応、☆4を付けてますが、10人呑んだら1名が吐き出し、2名がオカワリを拒否、飲めと言われれば飲める人が3名、面白いと感じる人が3名、旨い!と絶賛する人が1名の酒ですので、あまり参考になるグレーディングではありません (笑) 。オレ自身は〝面白いと感じる3名〟なので、あくまでも評価は「くろさわ 純米吟醸 2014」の方が上です。それでも☆4を付けたのは、黒澤として黒澤らしく熟成していて──まるで落花生の余韻!──、これは元々こういう酒なんだろうと思えるから。




kurosawa_tokujun26by2.jpg
 bottle size:720ml




 この平仮名くろさわについての詳細は知りません。蔵熟なのか、売れ残りなのか──ただ、出荷日の印字はないので (長野の地酒は基本的には瓶詰め時期を記載) 、おそらくは素直に26BYの売れ残りなんだと思います。平仮名表記ということに関しても、単なる旧ラベルなのか、コンセプト在りきの平仮名表記なのか、ちょっと分かりません。「純吟」との一番の違いは酒米。「純吟=美山錦55」で「特純=ひとごこち59」です。酵母は両方とも901号かな。





SAKE GRADE:☆☆☆☆

【486】くろさわ -黒澤- 生酛 特別純米 ひとごこち 無濾過生原酒 26BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:



日本酒会_くろさわ
 ▲吉田・・・。



 ちょっと不気味カラーの藻のような (クロレラ風?) オリが瓶底でユラユラしてたので心配してたけど (笑) 、特に不快な老ねもなく──落花生の余韻はこの酒にも存在──、熟成アプローチは同じ「ひらがな組の純吟」と全く同じ。先に走るサケペディアに毒味させたら「こっちの方が旨いと思います」と来たもんだ (笑) 。純吟よりも酸の出方が柔和なのと、複雑味 (カオス指数) が豊かなのは特純の方だとは思うが、やはりオレは純吟の方が垢抜けてると思う。参加者全員に大いなるインパクトを残す酒となったが──「ひらがなのくろさわは何か澱んでいるのが恐怖ではあったものの、香ばしさ・ややトロッとした感じ、複雑な構成で私は面白いと思いました」──、このクラスの変態酒は滅多に遭遇できるわけではないので、もはや「旨い!」の一言で素通りすることはできない。走るサケペディアによれば「黒澤の酒は最終的にはどれもこんな感じになるはず」ということなので、29BYは余計に買って1年/2年/3年モノの比較でもするか。





── 3日目。

 どうだ! オレは同時にこれだけの酒を喰らう怪人!
kurosawa_tokujun26by3.jpg
 ※「篠峯」は写真だけです。



 まるで息ができなくなるほどの数の落花生を口の中に頬張ってるみたいな強烈な穀物的余韻 (笑) 。まあ、面白いっちゃ面白いけど「純吟」の方が暴れは少ないし、作品としての一体感はある。






── 4日目。

kurosawa_tokujun26by4.jpg



 もう笑っちゃうんだよね、あまりに落花生で。やっぱ「純吟」より澱みを感じるんだよねえ。これを福雑味と捉えるにはオレが都会人に過ぎるというか (笑) 。「純吟」だと、この時点でピノ・ノワールみたいなフルーティネスの芳香があるんだよね。それに比べると「特純」はお酢だなあ。

 含むと、実は日本酒っぽいのは「特純」なんだけどね。なんだかんだで米パウダーなテクスチャーにも出会えるし。でもオレは純吟派ですね。やっぱあの抜け感と、情報量の少なさ故の酸の透明感は純吟の方が上。端的に言って、オサレでモダンなのは「純吟」の方。

 ♡☺♡「アタシはもうコレは飲まなくていいや」──さすがは生まれも育ちも東京都杉並区 (笑) !

 ま、これをどう評価するのか、そのためのリニューアルでもあるんだけど、ひとまず☆4.0でフィニッシュしておきます。とにかく笑っちゃう酒。





── 5日目。

kurosawa_tokujun26by5_b.jpg
 ▲このグラデでメガネを作りたいんだよね。そのための資料として保管してる。



「●●」の後だと、これがやたら旨く感じるのはオレの味覚がオカシイからなのか。やはり凡人酒はつまらんな。ギクシャクしたバランスの「黒澤」の方が全然「笑顔」になれる。実際、今も一人で笑ってるよ。

 それでもオレは「平仮名の26BY」なら純吟派。


kurosawa_tokujun26by6.jpg お燗──。

 悪くはない (笑) ──また笑ってる。冷酒の方がクセがある。お燗の方が渋みも増すけど、なんかハチミツみたいな甘みも前に出る。なんだかんだで飲んじゃう感じ。燗冷ましの方が自然な味わいかな──ピーキーな個性は成りを潜めるが。

 この流れで飲んでも「●●」はハっとしないな。凡人酒。更に「Type-7」召還で公開処刑。しかし軽いな、Type-7は。まるで加水されたALC.15%の淡麗酒みたいだ──しかし味わいはカラフルで複雑味がある。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 黒澤

Comment

Add your comment