◤秀鳳 - 純米大吟醸 出羽燦々 磨き三割三分 生原酒 27BY ── ♡☺♡「まるで桜のようにパっと咲いてサっと散る、華やかながらも口どけの良い、王道純米大吟醸」#Fruity, Sweet, Women 




 先ずはオレのターンdಠಠb。

 26BYは何度か買おうとしたことがあったものの、冷蔵庫とのタイミングが合わず、仕方なく見送った1本。山田錦47生は呑んだけど、やっぱ秀鳳と言ったら最近じゃこの出羽燦々33がなにかと話題。同じ山形のくどき上手も同じ時期に出羽燦々33を出してるけど、なにかの共闘でもあるのだろうか。いずれにせよ、我が国のダジャレ文化の恩恵をこうした形で享受できるのは嬉しい限り。

 そんなわけで、一升瓶3,333円 (税抜) の純米大吟醸33の破壊力を心して堪能しようじゃないか。収穫したブドウの67%を選別破棄して造ったワインはこの値段じゃ絶対に呑めないしな。

 一応書いておくと、日本酒における「磨き三割三分」とは、酒米の一粒一粒を33%の小ささになるまで削って磨くという意味。つまり、米一粒の67%は酒造りに使わないという、なんとも贅沢な原料処理を施しているわけだ。もしもこれが出羽燦々じゃなくて特Aレベルの山田錦33だったら、普通は10,000円を超える価格帯になる。

 当ブログからリンクを貼っている両巨頭たちも紹介済みのお酒なので、是非読み比べてみてくださーい。

酔いどれオタクの日本酒感想記 (2014/10/29)
http://marumechi.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

日本酒感想日誌 (2015/7/11)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-893.html




shuhou_dewa33_1.jpg

shuhou_dewa33_4.jpg
 bottle size:720ml




【097】秀鳳 -しゅうほう- 純米大吟醸 出羽燦々 磨き三割三分 生原酒 27BY <山形>

秀鳳酒造場:http://www.shuhosyuzo.com


Moukan's tag:




 ♡☺♡本編はわたしが書きまーす。なんだかんだ、くどき上手とか秀鳳とか、甘くてフルーティーな分かりやすい山形酒の大吟醸スペック、好きなんですよね〜。毎日は飲みたいとは思いませんけど、たまに呑むとアガれるんですよね。この手の甘くて華やかなお酒は食事に合う合わないという話もありますが、

 ナニ小せえことでウダウダ言ってるんだよ!

ていうか、たとえば濃いめの赤ワイン、あれ、食事に合うとかの話じゃなくて、

 単に食事を打ち消すだけの強さがある──

というだけのことで、分かるんですよ、話としては。甘いケーキにブラックのコーヒーが合うとか、そういう味のコントラストの強さに対して「合う・合わない」の話をするという、その方向性。

 ですが、もっと話を広げちゃえば、どうでしょう、こう考えるのはナシですか?


shuhou_dewa33_3.jpg つまり、食卓にいろんな料理がバァーーーっと並んでるわけですよ。野菜だの魚だの肉だの、生ものだの焼きものだの煮ものだの、甘いものだの塩辛いものだの酸っぱいものだの。で、それらをちょこちょこ食べて、いろんな味や食感があって、あれこれ食べていろんな味がして、

 それって楽しくないですか?

ていう話が先ずあって、人は盲目的に酒やコーヒーやお茶なんかを、食との対極の存在として捉えたがる傾向にあって、確かにドリンクなんですけど、食卓に並ぶいろんな料理の一部として仲間に入れてあげること、できませんかね?

 何が言いたいかというと、華やかで甘いお酒を「食事に合わない」と言う論法は一つの正論だとは思うんですけど、別に煮物だって栗きんとんだって煮豆だって甘いわけじゃないですか。これらが塩辛い料理と同じテーブルに並んでいたからって、そこまで仲間ハズレ扱いされますか?

 だったら、酒もドリンクとしてじゃなく、単に食卓に並ぶ対等な料理の一員として仲間に迎え入れてくれませんかね? しょっぱい焼き魚を食べた直後に甘い煮豆を食べるように、そこに甘い華やかな日本酒が分け入ったとしても、そこまで「食事の邪魔になる」という話になりますかね? 要は、

 旨い酒を呑んで酔っ払って楽しい気分になれば食卓も華やぐ──

ということだと思うんです。マリアージュマリアージュ言うのもCOOLでカッコいいですけど、なんか窮屈な縛りに感じること、あるんですよね、特に甘くて美味しい日本酒を呑んでる時には。なにもそこまで酒を料理の対極に位置づける必要、ないと思うんですよね。
 
 肝和休題──。


shuhou_dewa33_2.jpg 立ち香は花の蜜のような、膨らみのある甘やかさ。少しツンとした優しめの酸に溶け込んだミネラリーなタッチも。最近呑んだ中だと、花邑/純吟生とか花陽浴/純大/山田錦生なんかに近いニュアンスで、かなりキャッチーに華やかです。

 含みまーす。

 ワオ、The 純米大吟醸な、王道の華やかさです。やっぱ花邑とか花陽浴に近いニュアンスありますね。ただ、口どけは一番いいかも。甘くて華やかなファーストタッチに比して、意外に味の店仕舞いは手早いですね。キレがいいという表現もありますが、少し違って、まるで桜のように、パっと咲いて、サっと散るというか、味の開きの大きさと閉じの早さのコントラストが何とも流麗というか。

 秀鳳の山田錦47生はフルーティーに振り切れてる味構成でしたが、出羽燦々はフローラルに振り切れてますかね。言うならば、果樹園と花園の違いというか。どちらもイチゴ系という共通項、ありますけど。

 あー、ホントに口どけいいなー。これは現役女子、そしてわたしのような元女子、共に大好きな味わいですね。最後は割としっかり苦みも感じますが、流れの中で感じる自然な苦みなので、ベチャっと水っぽく感じる、一連のハズレ吟醸特有の苦みとは別物ですね。

 飲み過ぎ注意です




── 2日目。


 香りはたいぶ落ち着きましたー。初日に感じた花邑や花陽浴のような、花の蜜様のトゥワンとした甘やかな丸みはパっとほどけて、酸による締まりが出てきました。含むと、濃醇さではなく、むしろその透明度に意識を持って行かれます。相変わらずの口どけの良さですね。

 今日の方がアフターに辛みを感じますが、ファーストタッチにはぷっくりとしたミルキー&クリーミイなジュワっと感もあります。うちのビンテージ (ロット) には初日ですらガス感は全くありませんでしたが、このジュワっとしたファーストタッチに程良い凝縮感があって、ここにジューシーさが宿っています。

 これ、一回火入れの生詰でもギュギュっと旨みの詰まったイイお酒になりそうな予感がします。山田錦47生も基本的なニュアンスは同じですが、フルーツ感は山田錦の方が分かりやすく出てます。出羽燦々は33%磨きならではの透明感や口どけの良さを楽しむ感じでしょうか。


moukan1973






秀鳳 日本酒

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──確かに求めるものが違いますね。

ま、そもそもサンジュリアンさんはコレクター気質が強いですしね。集めるだけ集めた酒を飲まずにいられるとか、僕には全く理解できませんし。ワイン (酒) は Zippoやフィギュア (置き物) ではないので、たまたま「買った後の楽しみがオマケで付いてくる」という感じでしょうか──つまり、開けてからの楽しみもあるという。


──最近すっかりワインに復帰したせいか、モーカンさんとは酒に求めるモノの違いがあります。

アプローチの違いでしょうね。そもそも僕は自分が口にしてない酒を人に薦めることなんかしませんし。「集める」という意識がまるでないんですよ。意外でしょうけど、レコードも同じです。集まったのは結果であって目的ではないです。


──釣りがフナに始まりフナに帰る。

うちの両親が釣り好きで実家も海の近くなので子供の頃から旨い魚はたらふく食べて来ましたが、これ、はじめて聞きました (笑) 。ブラックバスの唐揚げは意外とイケますけど、わざわざ食べるために釣ることはないですね。フナを釣りに行くなら西荻の魚屋に「金目鯛」を買いに行きますよ。


──日本酒自体には興味が無くなりました。もう、コメントも辞めときますね。

そりゃなんとも淋しい限りで。。僕からすると、サンジュリアンさんは「不幸な脱落者」ですね。結果的に奄美旅行が決定的な契機になってしまいましたが、「米鶴 山廃純大」や「黒澤Type7」を知らずに卒業とは、それこそ「ボルドー」を飲まずに「赤」を卒業するようなものじゃないでしょうか。残念です。

でも仕方ないですね。映画の「予告編」が面白くないのに、わざわざ「本篇」を観に行く人はいませんから。ま、味もそうでしょうけど、おそらく「集めることへのモチベーション」がワインに比べて足りてないんでしょうね。

また何かあれば好き勝手に書き込んでくれて構いません。僕は僕で「NVの求道者」として、週末のルーティンでシャンは飲んで行きます。息抜きにはもって来いですね──日本酒の3倍近くしますが。。

2017.07.26 Wed 20:39
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 確かに求めるものが違いますね

そうですね。

最近すっかりワインに復帰したせいか、モーカンさんとは酒に求めるモノの違いがあります。

釣りがフナに始まりフナに帰る。と同じ意味でワイン飲みの世界にはボルドーに始まりボルドーに帰る と言うらしいですが、二年間のワインスランプから復帰したらボルドーに惚れ直しました。手持ちのワインをじっくり飲むのに専念します。日本酒自体には興味が無くなりました。

もう、コメントも辞めときますね。

では、
2017.07.26 Wed 19:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──RMだとヴィルマール、あとロベール モンキュイが2008年からリリースしたBBのシュティヨン(メニルの畑の一画 でペテルス(マロあり)と同じ区画)くらいですね

僕が飲んだ中だと、ブリュン・セルヴネイ、ペウ・シモネもマロ無しです。ミシェル・チュルジーはキュヴェによってはマロ無しですね。次に買ったシャンにも確かマロ無しありましたね。


──ヴィルマールは数本飲みましたが、マロ無しの違いには特に気がつかなかったです。ランソンのNVはいつ飲んでもシャープで細身な味で分かりますけど、

「わかる・わからない」は大したことじゃないですね。飲んで「旨いか」どうかが一番大事です。チュルジーはマロ有りでも透明度のある液性でしたし。カロは露骨にマロですが、僕は美味しく飲めましたよ。ただ、ブリュン・セルヴネイの方が我々夫婦はアガれたというだけの話です。


──ところで、マロマチック醗酵なしのシャンは凄くシャープな味で細身が多いですよ。

モノによりますね。逆に言えばマロ有りでスカスカな酒も多いですしね。なんでもそうですが、今「口の中に入ってるモノ」がどうなのかだけが重要ですね。


──モーカン夫人、シャンのBrutですら甘いのに日本酒は平気なのですか?

そりゃあ、ケーキの甘さと鰻のタレの甘さは意味が違うのと同じですよ (笑) 。「甘いの苦手」という人でも糖度のない野菜や果物はマズイと感じるでしょうし。

そんな杓子定規な話ではないですね。シャンに求める「甘酸」と日本酒に求めるそれとは意味が違いますよ。だったら「お酢」を飲むか「レモン」を齧ってりゃいいという話になりますしね (笑) 。

僕は「甘さそのもの」をどうのこうのと言った覚えはないですね──少なくともここ数ヶ月は。記事の中では「甘みの出方」や「酸との関わり合い」について言及しているつもりですが、そもそもサンジュリアンさんは速醸の酒しか知らないので、徐々に日本酒についての共有感覚が持てなくなりつつあるんだと思います。

もうだいぶ、離れた地点まで進んでしまってますよ、僕ら夫婦は・・・。

2017.07.26 Wed 16:11
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 奥さん篠峯路線ですか?

確かに、甘さが気になりだすと段々辛口志向に向かいますよね。
秀鳳をリピすることはもうないと思いますが、手持ちの中ではベターな方だと再認識しました。

モーカン夫人、シャンのBrutですら甘いのに日本酒は平気なのですか?
此処に登場してる酒って八海山の本醸造 よりも全て甘いですよね。
ミルクぽさってアレは乳酸やアミノ酸から来るんでしょうかね。
クドさを感じます。その点では秀鳳は合格ですが甘い〜のが、、、

ところで、マロマチック醗酵なしのシャンは凄くシャープな味で細身が多いですよ。
甘さはドサージュ次第ですが、、、
ボルドーもブルもボジョレーヌーヴォー以外ほぼ全部にワインはマロ有りですしね。ボルドー赤マロ無しだと殆どの人が吐き出す様な強烈な酸っぱさ、渋さとエグミだそうです。だからプロのテスター以外に試飲させないと聞きました。

マロ無しシャン、大手で有名どころならゴッセ、ランソン、BBの大物サロンでしょう。
マロなしだと瓶熟期間が長くなる様(ゴッセのStdNVで48ヶ月/規制15月に対し)でRMはキャッシュフローの点で厳しいようです。
RMだとヴィルマール、あとロベール モンキュイが2008年からリリースしたBBのシュティヨン(メニルの畑の一画 でペテルス(マロあり)と同じ区画)くらいですね、
ヴィルマールは数本飲みましたが、マロ無しの違いには特に気がつかなかったです。ランソンのNVはいつ飲んでもシャープで細身な味で分かりますけど、
2017.07.26 Wed 14:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

僕もしばらく飲んでないですね、秀鳳。そこらの「牛乳@お花畑」とは格の違いを見せてくれるんでしょうけど、まあ、だったら27BYの「篠峯」を買い直しますね。もしくは非速醸の酒を順番に物色していくか。


──又ミネラルのコアに仙介純米大吟醸に通じるところが有りますが、しかしミネラル感は遙かに弱いのでこの酒が軟水で作られてるのが分かります。山形酵母、小川酵母の特徴でしょうか?

あと、ここの酒は「酸度低め」なんですよね。だいたい1.0〜1.2程度。アミノ酸度もそこまで高くはないでしょうね。いわゆる僕の言うところの「ツルピカ吟醸」です。酵母は「綿あめ」っぽい部分に作用してると思いますよ。典型的な山形酵母 (小川酵母/明利系) 的な液性ですね。蜜っぽいヌメリというか、最近の記事の中では冗談めかして「唾香」などと形容してますが (笑) 。

まあ、秀鳳は「口どけの良さ」と「退けにかけての適度な辛み」で甘さのベタつきをギリギリ回避しているんでしょうね。ひとまず飲めて良かったじゃないですか。

うちはmoukan1973♀の「甘口嫌悪」が日増しに酷くなってるので──シャンのBBですらマロ有りは甘いと言う始末 (笑) ──、秀鳳を買う機会は今のところないですね。720mlを買って自分一人で飲みたいかと言えば、そこまでして飲みたいとも思わないというか。食前酒にグイ呑みで一杯で十分ですね。食後のデザートに飲むにはALC.度数が高すぎますね (笑) 。かと言ってロック向きでもないという。


2017.07.26 Wed 13:30
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 一年振りに開けました。

毎度です。

洗心が残り500となりペットボトルに入れて野菜室に一升瓶スペースが空きましたので、一年前に買った出羽燦々33生を開けてみました。

一年前の記憶が明確ではないですが、今回もほぼ同じだと思います。綿あめの様な淡いしかし確実に甘さが口溶けの良い栗落雁の様に残ります。粘性は高くないので飲んで居てもクドさは感じません。アルコール臭も全くないです。昔タイで実から飲んだココナッツジュースの様な印象です。
ネリネリ感やミルクぽさ、苦手なセメダインは有りませんね。勿論ヒネもなし、これはこれで楽しめます。
又ミネラルのコアに仙介純米大吟醸に通じるところが有りますが、しかしミネラル感は遙かに弱いのでこの酒が軟水で作られてるのが分かります。山形酵母、小川酵母の特徴でしょうか?

ギンギンに冷やして甘めのドイツのアウスレーゼワインの様に楽しめばいいかな、ただし度数が二倍あるので確実に飲み過ぎると酔うので飲み過ぎ注意ですね〜
2017.07.26 Wed 12:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

はじめまして!
コメントありがとうございます!
(※当ブログの記事はすべてmoukan1972♂が書いてます。)

確かに秀鳳の出羽燦々はダジャレとは言え、とんでもないサービス価格ですよね。
それにしても一升瓶4本とは凄い!
しかもこれで目覚めたとなると、いろいろハードルが上がりそうですね (笑) 。
火入れもあったんですか。火入れの方が旨みの粒がまとまるケース、
他のお酒でも結構ありますしね、確かに有りかも。

同じ秀鳳の純大生酒シリーズだと、山田錦47なんかも良かったですよ。
愛山45も良かったけど、ちょっとスッキリしすぎのような気も。

いろいろオススメのお酒などあったら是非教えてください。
今後とも宜しくお願い致します。

moukan1972♂

2016.08.18 Thu 14:03
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - これ飲んで日本酒に目覚めました

確かにこれスムーズで美味しいですね。最初一升瓶4本買って余りの旨さに追加で4本買い増し注文したら、火入れ品でした。生は貴方の評価そのままですが、口開け直後はの火入れ品は微かな老ね香がありましたが、数日経ったらこの香も消え、より熟成したふっくらした印象になりました。
生も火入れ品も素晴らしいですね。このスペックで¥3600は凄い企業努力だと思います。これを買った山形の酒屋さんオススメ品を順次飲んでいきたいと思ってます。
2016.08.18 Thu 12:46
Edit | Reply |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒
  •  昨晩は山形県の有限会社秀鳳酒造場さんが醸す、秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒をいただきました。  この秀鳳と言う銘柄は、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017や、純米酒大賞2016などで知り、いつか飲んでみたいと思っていました。縁あって我が家にやってきました。  出羽燦々の33%精米、一升瓶価格3,333円と言えば、自分的にはくどき上手が思い浮かぶわけですが...
  • 2017.03.05 (Sun) 13:51 | 日本酒ブログ(由紀の酒)