もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【REGGAE DISCO】Risco Connection - Ain't No Stopping Us Now (1979) #カヴァー集のオマケ付き 

genre tag:DANCE CLASSICS
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎これまたド定番の〝Reggae Meets Disco〟モノです。オリジナルはご存知「McFadden & Whitehead - Ain't No Stoppin' Us Now」です。当代のDiscoヒット曲をひたすらレゲエ調にカヴァーするだけの簡易バンドながら、そのB級カルトなテイストがマニア心をくすぐるという結果に。ボーカルはジャマイカのレゲエ・シンガーOtis Gayle。Houseサイドからの要請は主にInstヴァージョンゆえ、YouTubeにもVocalヴァージョンはほとんどUPされておらず、たまたまメドレー形式で両方をUPしてる音源があったので、そちらでどうぞ。ついでに諸々のカヴァーもまとめて。











 ▶︎〝味〟勝負な面もありますが昔から人気です。
 

 ▶︎Inst──主に使われるのはこっち。
 

 ▶︎Charanga 76 - No Nos Pararan (1979)──Latinカヴァー。
 

 ▶︎Jocko - Rhythm Talk (1979) ──Rapカヴァー。B面のInst (カラオケ) が逆に貴重。
 

 ▶︎Biz Markie - Let Me Turn You On (1993) ──そのB面のInstを使った学芸会カヴァー。オレは認めん (笑) 。
 

 ▶︎Wayman Tisdale - Ain't No Stoppin' Us Now (2004) ──Fusionカヴァー。元NBA選手のベーシスト。
 

 ▶︎Luther Vandross - Ain't No Stoppin' Us Now (2004) ──流石。歌上手すぎ。
 

 ▶︎Original──永遠のクラシックス。
 

 ▶︎Otis Gayle
music_Risco_Connections1.jpg


DANCE_CLASSICS

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──しかしハウス方面からの需要もあったというのは知らなかったのでちょっと驚きです。

Coverモノそれ自体の需要はもちろんないです。Risco ConnectionやDisco Dub Bandなど、Larry LevanやTee ScottやWalter GibbonsやDavid Mancusoが使うのは、それらの中の極一部です。

このRisco Connectionの場合で言うと、箱鳴りの良い (大音量で生える) 、この硬めのエンジニアリングが肝になります。硬質なパーカッション処理はHouse的なサウンド意匠のルーツになります。ChicagoやDetroit Houseの現役DJなんかが好きな処理ですね。メロディーやハーモニーよりもエフェクティヴな要素こそが重要なので、Dub的な空間性のあるサウンドだけが彼らのDJ BAGにON-LISTします。

僕にとっても、この「Risco Connection - Ain't No Stopping Us Now」のVocalヴァージョンにはほとんど価値はないですね。まさに「式は同じだが出てくる答えは違う」ということになると思います。


2017.11.26 Sun 16:41
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
実はレゲエも好きでわりと掘ってきたんですが、70sソウル/ディスコのカバーってかなり多いんですよね。こういうハイブリッドもの好きなので昔はよく聞いてました。しかしハウス方面からの需要もあったというのは知らなかったのでちょっと驚きです。
2017.11.26 Sun 14:06
Edit | Reply |  

Add your comment