もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に「黒澤 Type-9」の1800mlを開けました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤日輪田 - 山廃 純米吟醸 山田錦55 無加圧直汲み 28BY ── dಠಠb「ジャンプ、ステップ、ホップ」#伊勢角屋麦酒 社長スペシャル 長期熟成 バーレーワイン 




 たまたま最近26BYを飲んだら旨くて、27BYは想像の範囲内だけどそれでも悪くはない感じで──1800mlの残りが500mlを切ったあたりからグングン旨くなった──、それで味の出過ぎ&ポップ路線の28BYではあるけれど、まあ、話の流れで飲むかという感じ、日輪田 (ひわた) です。


hiwata_mukaatsu28by3.jpg 面倒臭いので先に結論を言うと、まあ、個人的にはまるで興味のない酒です。3つ並べると、やはりこの28BYが一番キャッチーというか、端的に言って最も地酒っぽくない酒質です。これを「普遍化」と言いたいんだろうけど、どう考えても単なる「大衆化」だと思うわな。「大衆化」それ自体は別に悪いことではないけど、問題は、造り手がそれを目指すと、大抵は中身の薄いモノになるという宇宙の法則があるわけで、風変わりなモノがたまたま大ヒットしちゃったならそれでいいんだけど、最近オレの言う〝思考停止気味のイデアの追求〟を辿ったとなると、話は少し変わってくる。

 いちいち造り手が忖度する必要はないし、大企業の大型プロジェクトじゃないんだから、そこまでエンドユーザーになびく必要もない。最近だと「Tedorigawa neo.」なんかまさにそう。意識タカーメに「テロワール」を掲げたいなら、まずはそこそこ気色の悪いモノ (ナニコレ!?な酒) を造ってから言えよ。そういう意味では、先日の26BYはイイ意味でクワナリ気色悪い酒で、そこに魅せられたわけなんだけど。

 勢いに任せて3本も買ってしまったけど、26Yや27BYと違って、これは熟成向きの酒質ではないです。すでに中年オヤジみたいな熟れ方をしてるので──熟香や熟味はないが、酒が弛緩気味──、買ってしまった人は今すぐ飲まないと、別にこの先があるような酒ではないと思います。もしくは原型がなくなるくらいまで熟成させるとか (笑) 。ひとまずオレは夏まで違う温度で引っ張るかな。もはや味じゃない。温度による熟成アプローチの違いが知りたいだけ。この酒がこれ以上旨くなるとか、今は想像できない。

 28BYの「萩の鶴」は敢えて酸度を下げて「日輪田」との違いを明白に打ち出したようだけど、逆に「日輪田」は山廃のくせに「萩の鶴」みたいな味の出方の酒も中にはあった。本人たちは計画通りと胸を張るが、オレに言わせれば、この3ヴィンテージを飲む限り、確実にステップダウンしてると思うけどな。好意的に見て、27BYには何かの蠢きも感じたけれど──不完全ながらも何かの分かれ道を示唆するニュアンスを感じたけれど──、このまま28BY路線を続けるなら、もうオレがこの蔵の酒を買うことはないかもしれない。




hiwata_mukaatsu28by1.jpg

hiwata_mukaatsu28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【474】日輪田 -ひわた- 山廃 純米吟醸 山田錦55 無加圧直汲み 28BY <宮城>

萩野酒造 株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:



hiwata_mukaatsu28by4.jpg




 立ち香──グレープフルーツ。♡☺♡「あああ、柑橘。酸だ酸。期待です!」。ま、どちらかと言うと27BYに近いかな。ちょっとピチャっとユルフワな液性の先読みアリ。厳密に言うと、26BYよりも27BYに近いのではなく、26BYの方角には進まずに、更に人懐こい酒として「28BYの駅」を目指したというか。


 ♡☺♡「あああ。結構、ニュウ強めです。今んとこ、アタシは (川平慈英風に) ムムムっていうか



hiwata_mukaatsu28by6.jpg



 微妙 (笑) 。酸の出力が弱いなあ。こりゃダメだ。やはり28BYの日輪田は味が出てるんだけど、火入れにすることでバランスがますます歪になった印象。雑味が多いし、なんか疲れる酒──山廃の意味がまるでない。これなら九郎右衛門の方がまだ飲めるな。

 ♡☺♡「どう? (3本も買って) やっちまった感、満載 (笑) ? もたつきを感じる

 つうか、味としても、機能としても、酸が全く足りてない。甘みのダダ漏れ感が速醸の生酒みたい。とにかく弛緩した液性で、ブチャブチャと甘苦い。グレープフルーツもあるけど、爽やかさは皆無。ほとんどの人は普通に飲めると思うけど、もはや見えてる味覚の世界が違うので。



hiwata_mukaatsu28by7.jpg



 そしてこの不出来の日輪田の後に飲むと、なぜかネコンジェ (テタンジェ) が旨く感じる不思議 (笑) 。当然、酸は足りてるし、牡蠣鍋によく合う。

 ♡☺♡「ネコンジェ旨い。どんだけ日輪田がまずいんだよ (笑)





 ◤伊勢角屋麦酒 社長スペシャル 長期熟成 バーレーワイン <三重>
hiwata_mukaatsu28by8.jpg
 ▲「九郎右衛門」「日輪田」と連続でアガれぬ酒を引いたので、何の気なしに開けたら・・・。




 ♡☺♡「もはやビールじゃない (笑) 。紅茶? なにこの味。最高級の紅茶を飲んでる気分

 とてつもない官能的な甘み。こりゃ旨い。昨日今日で飲んだ酒の中で一番旨い──つうか、シャンパーニュを含む、今年飲んだ全ての酒の中でも屈指の旨さ。☆6!

hiwata_mukaatsu28by9.jpg まるで上等な黒砂糖を舐めてるニュアンス。苦みの全てを大きな愛で包み込む。これは異次元の旨さ。なんの気なしに開けたから、今スゲえ動揺してる──あまりに旨すぎて。。

 ♡☺♡「ヤバイ。本当に旨い酒を知るとすべてが水になるから・・・

 これ全くアル感ないわ。ヤバい。ALC.9%とか信じられない。甘口の日本酒が好きな人が飲んでもひっくり返る旨さ。もちろんビールだから苦いんだけど、日本酒のクソ酒の苦みとは意味が違うわけで、苦みが美しくて甘みが官能的なんだから、もはや甘口の日本酒程度では太刀打ち不可能。もう売ってないけど、万一どこかで見かけたら黙って買え。864円 (税込) だけど、正直、今すぐ10本欲しいわ。





── 3日目。

hiwata_mukaatsu28by10.jpg
 ▲彼女に似合うメガネをオレが選んであげたい・・・。



 立ち香──なんか火落ちっぽい乳酸感なんだよね。糠 (ぬか) というか生ゴミというか。

 ♡☺♡「クセえっ (笑) ──でも、飲むとそうでもない。柑橘系を感じる。九郎右衛門よりは軽くていいかな。ウッディー。さっきのがいかに甘いか

hiwata_mukaatsu28by5.jpg 桃とマーマレードのジュレに生クリームをかけた感じだけど、そのジュレは不出来という。やっぱこの酒としては望まない甘さに満ちてるが、サロウト (酸の素人) 連中は普通に「旨い旨い」って言うんだろうなあ。なんかブチャっとしてて、溶け始めたアイスというか、茹ですぎた麺というか、歳を取りすぎた愛しの人のお腹というか。「酸、足りてない」というより「酸、効いてない」というか

 ──今夜ずっと飲み続けなきゃいけないとしたらどっち?
 ♡☺♡「ヘワタ。クロエモンは甘い

 オレはどっちも飲みたくはないが、それでも「九郎右衛門」は「こういう酒なのね」とは思える──嗜好からは完全にハズれるけど。一方この「日輪田」は完全に期待ハズレというか「本当にこれでいいの?」と心配になる。たしかに含むと「生ゴミ」は感じないけど (笑) 、正直、これは料理酒にもならないタイプの味わいなので、敗戦処理に少し困る。たぶん残りは捨てる。☆3です。「九郎右衛門」は美味しい角煮作りを好アシストすること間違いなしなので、引退後の活躍は約束されている。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 日輪田 萩の鶴

Comment

Add your comment