もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤十六代 九郎右衛門 - 純米吟醸 ひとごこち 無濾過生原酒 (仕込9号) 28BY ── dಠಠb「野球のピッチャー換算で言うと、正直、味も香りも我々にはボール2つ3つ分ハズれてる」#Sweet 




 えーと、九郎右衛門 (くろえもん) です。新酒じゃないです。去年の12月に瓶詰めされた28BYですので、約1年ほど寝てます。読者さんオススメですが、たまたま追加で買った「長陽福娘 純吟直汲み 山口9E 28BY」を売ってる店で扱いがあったので同梱しました。

kuroemon_hitogokochi28by3.jpg 毎年「新酒第一弾」としてドロップされる商品なので、ある意味で「蔵の顔」としての役割もありそうな〝The 長野なスペック〟になってます。信州産「ひとごこち55」で酵母は「長野酵母」なのかな。蔵元のHPを見るに「毎年12月上旬に十六代九郎右衛門の新米新酒スタートダッシュとして発売されるのがこのお酒。ひとごこちの味幅をうまく活かし、カプロン酸エチルの華やかな立ち香と伸びのいい甘味、品のいい酸味でバランスを取り、気持ちよく抜けていく味わいに醸しています。火入れは香り系の定番酒になるべく、安定出荷を目指しています」と不安なワードが並んでますが、まずは飲んでみます。

 ところで、いつも思うんだけど、「酢酸イソアミル=バナナ、メロン」「酢酸エチル=セメダイン、除光液」というのは分かるとして、何度嗅いでも「カプロン酸エチル=リンゴ、洋梨」は理解できない──「腐りかけのリンゴ=酔っ払いオヤジの体臭」というのは理解できるのだけれど。




kuroemon_hitogokochi28by1.jpg

kuroemon_hitogokochi28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【473】十六代 九郎右衛門 -くろえもん- 純米吟醸 ひとごこち 無濾過生原酒 (仕込9号) 28BY <長野>

株式会社 湯川酒造店:http://www.sake-kisoji.com


Moukan's tag:



kuroemon_hitogokochi28by4.jpg




 立ち香──やや乳酸フレイヴァーのある華やかさ。ややケバいフローラル感。最近の酒だと「車坂 山廃純大」なんかでも感じた、ちょっとムチっとした旨みの豊満。グラスに注ぐと結構香るなオイ。露骨な熟香はないけど、甘やかさの中に僅かな焦げみがあるかな。白い砂糖と三温糖の距離感を思わせるというか。正直、もはや香りだけ嗅いで飲まずに弾くレベルだけど、さて。

 ♡☺♡「ややニュウ来たな。不安です

 行け! 毒味部隊!──。

 ♡☺♡「お花全開なんだけど・・・


kuroemon_hitogokochi28by5.jpg なるほど、ストラクチャーや味曲線はオレ好み。ただし、もうこの味と香りの酒は要らない。二度と飲みたくはない。それでも読者さんがオレに薦めた──必ずしも薦めたわけではないが自身が旨いと感じた全ての要素をおそらく寸分狂いなく理解したので、彼を責めたりはしない (笑) 。これがフレッシュ・コンディションで酒がキビキビしてりゃ、もう少し前向きに楽しめたかもしれないけど、なにせこの香りはホントに要らない。

 ガスは僅かに残存。たしかに28BYの「生酛金紋錦」や「山廃雄町」よりも酸によるプレス感が力強い。旨みと甘みがペターンと潰される流れはあるし、潰されることで漏れ溢れるエキスの中にジューシネスが宿るニュアンスもわかるけど、いかんせん、もうこの味と香りの酒は要らない。この少し乳酸っぽい甘酸のバランスとムッチリ・パッツン・ネリネリな液性がなんか寒天みたい (海藻類的なヌメり) なんだよな。もうちょい粘度が下がれば、爽やかにアロエやナタデココになるんだけど。熟してることもあるが、エキスに反射する酸のプリズムはなく、やはり液の質量は重たい。

 イヤな熟味はないけど、甘みのニュアンスが黒蜜っぽく育ってて、そこに熟成要素が効いてるのカナートいう感じ。その甘みの伸びと一緒に走り抜ける酸による力強いプレス、潰された甘みと旨みからミネラルの塊がズシリとした余韻を残して去り行く流れ。なんかサイダーみたいな余韻なんだよな。黒糖サイダーというか。つうか、この味の輪郭、知ってるな。なんだっけな、これ。ちょっと今は想ひ出せないな。



kuroemon_hitogokochi28by6.jpg
 ▲UHA味覚糖『Sozaiのまんま ごぼうのまんま ピリ辛醤油味』はニンジンを加えて「きんぴらごぼうのまんま」にした方がインパトはあるが、味は別に問題ない。量の割りに高いから☆3.5だけど。ま、宇宙食にはいいんじゃないの? ──破片が飛び散りそうだけど (笑) 。♡☺♡「そのへんで拾ってきた木クズかよ (笑) 。でも味は悪くない。ごぼうチップス」──それより新商品が飛ばし気味だな。






 徐々に夕暮れカラーなタッチも出てくるけど、やはり、どこまでも追いかけてくる酸だけが魅力の酒だな。温度が上がって花畑から離れて若干のトロピカルなフレイヴァーにコネクトする瞬間には、同じ長野の「北安大國 純米 無濾過生原酒 27BY」なんかも想ひ出すけど、あっちはもっと酸の効きが強いし、酵母も701号だしな。熟れたブドウのコンポートなんかもあるかな。色で言うと、ブラウン寄りの赤紫。なんかこの手の速醸酒は懐かしい感じだなあ (笑) 。

 ♡☺♡「最初の印象ほどイヤじゃない。たしかにキレの良さは感じる。味と香りは好みじゃないけど、飲めなくはない。最近そんなんばっかり (笑)

kuroemon_hitogokochi28by7.jpg まあ、一杯か二杯で十分の酒ですね。家でじっくり呑むには少しクドい。そして、我々にとっては、垢抜けないニュアンスが最後まで付きまとう。ただし、酒としての出来は悪くないし、先日の「巌かたち」や「古伊万里前」のように、特定の誰かを歓喜させる酒だとは思うかな。☆4ですね。問題は飲み頃の温度帯が狭いこと。冷たいと華やか過ぎるし、温度が上がると甘みがもたつく──酸のポテンシャルは所詮そんなもん。

 ♡☺♡「甘さが出てきた。結局、甘い。そんなにたくさんは飲めないし、飲みたくない



 



 野球のピッチャー換算で言うと、正直、味も香りも我々にはボール2つ3つ分ハズれてる。球筋や変化のキレはいいが、結果的に味覚のミットに収まった際には、それは単なる糞ボールのフォークやスライダーでしかないというか。すみません、我々はこの球には手を出しません、見送ってフォアボールを選びます





── 3日目。

kuroemon_hitogokochi28by8.jpg
 ▲貴乃花と同様、旭鷲山もオレとタメ。



 昨日 (金曜) は伊勢丹新宿のChampagneイベントで4時間ほど飲みつづけた&喋りつづけたので、さすがに日本酒は飲まなかった。基本的にイケ好かない連中ばかりだけど、同じ目線で接してくれるインポーターも中にはいて、そういう人たちは、大抵マイナーなRMを取り合ってる会社。一人なんだか話が盛り上がった人がいて、最後は「長陽福娘」を薦める流れに (笑) 。もしかしたらココに辿り着いてしまうかもしれない。

 立ち香──さて、3日目の九郎右衛門。やや熟味を感じやすくなったかな。

 ♡☺♡「そんなに嫌いじゃないけど、軽いか重いかで言ったら、重い
 dಠಠb「それでも好んでは飲まないでしょ?
 ♡☺♡「まあ、そう言われればそうなんだけど (笑)


 さらに黒砂糖っぽさが出てきたかな。今はまるでレーズンかりんとう。そしてヤヤドツ (ややドッカンファイヤー) 。今日は少し粉っぽいかな。オレの言う〝ミネラルの剥離感〟がある。カサブタぽろぽろというか (笑) 。

 そこそこミルキーだけど、ドッカンがファイヤーしないので何とか飲めるものの、好んで飲むような酒でもないし、一つ言えることは、これを使えば旨い角煮ができそう──ということだ。

 これはこういう酒なんでしょうね、きっと。熟成はしてるけど、そのバイアスを除去したとしても、オレが湯川杜氏の──少なくとも生酒を買うことはもうなさそう。もっと凄い酒を造れるのにもったいない。消費者に寄り添うことも経営者としては大事だけど、なんかこれまた、思考停止気味のイデアの追求にしか感じないんだな。甘くて香る酒が売れることを田舎の蔵元はみんな理解してるけど、そのことが今の日本酒ブームの要になってしまってる部分があることは、少し淋しいような、安易なような。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 九郎右衛門

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん、マイルドさん



あらまさん


毎度です。

なんだかんだで28BYは4種類 (速醸愛山、生酛金紋錦、山廃雄町、コレ) を飲みましたが、たしかに酸の効き具合はコレが一番明瞭ではありました。味わいの輪郭線が太く、目鼻立ちのハッキリした酒質です──GA!──いかんせん、香りが (笑) 。まあ、むしろコンセプトは香りの方にある酒だと思うので、この酸にしても、杜氏としては主眼ではないんでしょうね。

今年飲んだ「九郎右衛門」の中では27BYの山廃金紋錦の火入れが一番Well-Madeでシックでしたね。あとは少しうるさい酒ばかりです。


──この間、ほとんど水みたいな味のない酒は飲みました。こうじゃないよな~と思いつつ、何かの役に立つかもしれないので銘柄は残しておきます。

この発想は意外と大事ですね──自分にとっての非Bestが他人とってのBestである可能性の重要性というか (笑) 。味覚は個人の宇宙なので認識の彼岸を超える必要があり、なかなかに同じ世界を共有するのは難しいですね。

僕からあらまさん向けにカスタマイズした情報を何か届けるとしたら──

【425】若波 -わかなみ- Wakanami Sparkling 生酒 28BY <福岡>
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1141.html

あたりは特別な何かではないですが、外飲みで口開けを軽く一杯に飲めたらそこそこ幸せだとは思います。噂の「巌」はどうでしょう。少しケレン味ありすぎですかね。ドッカンというより、ハンマーで後頭部をドカン系です (笑) 。「手取川」ですが、これなら「鳳凰美田」の方が素直にキャラ立ちしてますかね──ちゃんとそれを飲む意義があるという意味で。

でもまあ、ドッカン派のあらまさんでも、長陽福娘の直汲み山口9Eの27BYを飲めばひっくり返るでしょうね──うちにまだ1本あります。あと、ファイナルアンサーで除外された酒も、案外イケる口だと思います (笑) 。「鯵ヶ澤」や「众」も少し風変わりなので、外飲み派の小さな冒険にはピッタリの酒です。でもまあ、なんだかんだで「自然酒」の別誂えでしょうね (笑) 。あとは、外で飲むには少しレアですが「米鶴 亀ノ尾65生&生酛 中取り生」「六十餘洲 雄町生」──このへんは確実に好きでしょうね。「百春 直汲み五百万石」あたりも。

なんか思わず今年を振り返ってますが、これに懲りず、なにかアガれた酒があればいつでもどうぞ。いつか僕に☆6酒を差し出してレジェンド読者になって下さい (笑) 。



────────────────────────────

マイルドさん


毎度です。


──九郎右衛門 - 山廃特別純米 雄町 無濾過生原酒 仕込58号 27BYでのハイチュウ感がいまだ忘れられずにいます。ハイチュウ山廃、どっかにないですかね。。

28BYは舌を疑うほどの「高千代」なネリネリ具合でしたよ (笑) ──なんか28BYの高ちYOは素直に飲める酒も多かったようですが。

28BYを4本飲んだ結果思うのは、27BYの山廃雄町は偶然の傑作というより、おそらくは何かの間違いでしょうね。なにせ酒屋も造った本人もその意味を正しく理解してませんから。基本的にここの杜氏は味と香りを出すのは得意で──そんなもん、ある程度は誰にでもできることだけど──、なぜか去年の山廃雄町では酸がイイ感じに暴走したんですよね。いつもの出過ぎの味と旨みを想定外に潰してしまい、我々にとっては逆にそれが面白かったし、旨かったというか。

おそらくこれ、酒を造る側とすれば、旨みが潰れる──旨みが膨らまないというのは、従来的な純米マナーからは外れるんでしょうね。とても窮屈なストラクチャーに感じてしまうというか。ですが、それは酸と甘と旨の緊張感なんですよね。未だに「山廃=旨みの大爆発」と思い込んでるから、あの傑作の意味を素直に理解できない。知識や経験が新奇への認識の邪魔になる典型ですね。

こういう偶然の産物が予期せず出来上がってしまった時は酒屋がちゃんと褒めてあげないといけないわけですが、まあ、彼らは他にも面倒を見ないといけない酒が多いですし、やはり我々のような狂気のエンドユーザーこそが真実の覇者ですね (笑) 。

ハイチュウ酒──これは前提としてある程度のドッカン定数が必要なのかもしれません。それこそ「高千代」の山廃とか、意外とイケたりして (笑) 。


2017.11.29 Wed 01:17
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。

これではないですけど
九郎右衛門 - 山廃特別純米 雄町 無濾過生原酒 仕込58号 27BYでの
ハイチュウ感がいまだ忘れられずにいます。
ハイチュウ山廃、どっかにないですかね。。



2017.11.29 Wed 00:09
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - 残念な結果になってしまいましたね

九郎右衛門も卒業でしょうか。

そうですね、絶対うまいから飲め!と勧めたわけではないですが、機会があれば、くらいは言いましたね確かに。すみません。でも金紋錦の山廃と生酛よりはいいと思ったんですよね。この2つは酸も足らなくてモニョモニョした感じで・・・。

まあそんなわけで、事あるごとにオススメはありません!と宣っております。飲んでる酒、基本的にドッカン寄りですが、この間、ほとんど水みたいな味のない酒は飲みました。こうじゃないよな~と思いつつ、何かの役に立つかもしれないので銘柄は残しておきます。

美濃菊 純米大吟醸 「多佳田」 1回火入れ
"熟成により柔らかな旨味がはぐくまれ、冷やよし燗よし、上質な味わいをお届けします"

ヘッドライン気にになりますね。
ファイナルアンサーのことでしょうかw

もう1本の別の酒・・・黒澤青でファイナルアンサー。
2017.11.28 Tue 21:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

毎度です。

お手数をお掛けしました。ありがとうございます。

「知多繁」は知ってます。でもここ、だいぶ前から楽天SHOPでは売り切れたんですよ。複数のSHOPをネットに出店してる酒屋ではよくあることなので、これから問い合わせてみます。


──こう言われた後にそれでも吞んでもらって☆が4つ付く確率は1/10未満ですね…今晩は残業で帰りが遅く、明日から出張…帰って来たら米鶴吞んでみますね。

いやいや、すみません、イヤな言い方してしまって (笑) 。ちょうど「長珍 しんぶんし雄町50」と同梱 (最高の組み合わせ) できそうな店があって狙ってたんですが、ポイントUP期間を待ってたらまんまと売り切れちゃったんですよ。「菊鷹」は☆4〜4.5は硬いから安心は安心なんですが、27BYの「雌伏」越えはイメージできない部分がありまして。

僕が今年飲んだ乳酸系フルーティー酒の筆頭が「米鶴 生酛」なので──ほとんど☆5でもいいっかなあ──、これより旨ければ欲しいという感じです。あとは、めいさん同様「黒澤」に備えようという感じですね。

でも、一応問い合わせてみます。あとは「伊勢五」にまだ残ってたような話もチラっとあるんですが、ちょっとうちからアクセス良くないんですよね。

「黒澤」の一発目は「純米80 うすにごり生」かもしれませんね。これは唯一☆4に届かなかった酒ですが (笑) 、今年はどうですかね。

【373】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米80 うすにごり生 963 80 (クロサワハマル) 28BY <長野>
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-949.html

2017.11.28 Tue 11:12
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

「正直、もうあまりモチベーションはないんですが、「米鶴 生酛 中取り生 仕込み22号 28BY」より旨ければ買いますよ。」

こう言われた後にそれでも吞んでもらって☆が4つ付く確率は1/10未満ですね…今晩は残業で帰りが遅く、明日から出張…帰って来たら米鶴吞んでみますね。

ちなみに売ってるのはここですね。火入れもありますが吞んだのは生の方です。
知多繁
http://chitashige.co.jp/products/detail/9123

来月は8泊の出張があるので黒澤のリリースを見張る環境作りから…
2017.11.28 Tue 07:09
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

うちは徐々にストック (熟成中) の1800mlばかりになり、意外に飲める酒が少ないという変な状況に (笑) 。720mlをチョロチョロ買ってますが、「別に」な内容なのは記事の通り。


──28BYの最後は田酒の純大山廃が買えたらこれになりそうです。

これ、高いヤツですよね? 文字がブルーの。飲んだことないです──ていうか店に並んでるところを1度しか見たことない。

さすがに旨くないと困るわけですが、基本的に日本酒は単一ヴィンテージ仕込みなので、特に高級品の場合、米の出来が悪くても手の施しようがない面は怖いです。つまり、酒の出来が悪くても平気で出荷するわけですが、よく考えれば、シャンパーニュより値段が安い理由はここにあるのかとか、妙に納得はしてますが──商品がすぐに現金化される──、飲み頃ではない生酒も気にせずバンバン出荷しますしね (造った本人ですら、その酒の真のポテンシャルを知ることはない) 。


──菊鷹Hummingbird生はまだ売ってますねえ。是非レビューを書いてくださいね。冷酒で良し、燗で良しだと思います

ちょっとマークしてた楽天の店で売り切れてしまったんですが、どこで買えますか? そこまで言うなら買いますけど (笑) 。「菊鷹」は27BYで☆5を引いたので、正直、もうあまりモチベーションはないんですが、「米鶴 生酛 中取り生 仕込み22号 28BY」より旨ければ買いますよ。

「篠峯 愛山45生 26BY」──まだ720ml分が残ってたんですね。これはウラヤマスィー。ボチボチ「紅茶全開」になってるかもです。


2017.11.27 Mon 12:32
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

私の29BYの初手は菊鷹の菊花雪になりそうです。年末発売みたいです。
速醸なんですけどね。
その前に黒澤が出たら全力買いしたいのでそれまではレマコムのスペースを空けるべく溜まっている28BYの美酒をコツコツと吞んでいく楽しい日々(笑)

28BYの最後は田酒の純大山廃が買えたらこれになりそうです。

菊鷹Hummingbird生はまだ売ってますねえ。日本酒好きに勧められるお酒がこの時期まで残っているのは気が楽というか、なんだか淋しいというか、複雑な気分になりますね。
是非レビューを書いてくださいね。冷酒で良し、燗で良しだと思います。

五橋の96黒が残っていたので吞んだんですが、あのチグハグ感が嫌になって流しちゃいました。煮物の料理酒には良さげではあったんですが、良い所を探している内に一合半くらいになっちゃいまして…

昨日今日は上喜元 生酛 八反(二本目)を楽しんでます。一本目と同じように感じられたので、鼻も舌も風邪から回復したんだな、と(笑)

この流れで篠峯 純大愛山 生 26BYの最後の四合も吞んじゃおうと思っています。
2017.11.26 Sun 23:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

今年も秋をすっ飛ばしてスッカリ冬ですねえ。今日から復活ということで、また何かあればレポよろしくです。

新酒RUSHが徐々に全開になってますが、今のところ29BYは「米鶴」しか買ってないです。年内は「黒澤」が目玉ですかね。「New Moon」は近所にまだ入ってなく、2度もフラれたので、もう買わないと思います。


──まあ、もちろん蔵元自身の気概や利き酒能力にも拠るとは思いますが、取引先の酒屋からの雑音も気になるんでしょうねえ。

篠峯の「ろくまる」ですら、酒屋に「香る酒を」と言われて造ったとかの話があるくらいなので、そういう話は普通でしょうね。あとはここ数年は「甘い酒は売れる」というのが手っ取り早い商売の方程式になってるので、やらなきゃ損というのはあると思います──実際、売れてますしね。


──絶対音感を持っていれば軸はぶれないでしょうが、少ないでしょうねえ。

個性を売りにしてる個性にはあまり興味ないんですよね。「長陽福娘」の岩崎社長なんかはこちらが熱く語っても終始「はあ・・・」という感じですし (笑) 、それは「結果」であって「前提」ではないです。「個性的」は所詮「的」の範囲に止まりますが、本当の「個性」に「的」は付かないんですよ。


2017.11.26 Sun 16:26
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

風邪っぽいなあと思ったら全快するまで一週間以上かかりました。
皆様もどうぞご自愛ください。
今日からやっと日本酒の味や香りが分かるようになったので吞み再開です。

まあ、もちろん蔵元自身の気概や利き酒能力にも拠るとは思いますが、取引先の酒屋からの雑音も気になるんでしょうねえ。

売りやすい酒ばっかり要求されたり、頒布会用に指定された酒が蔵元の評価と食い違ってたり…

絶対音感を持っていれば軸はぶれないでしょうが、少ないでしょうねえ。
2017.11.26 Sun 12:09
Edit | Reply |  

Add your comment