もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【16】まで更新。(12/15/15:43)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤手取川 - Tedorigawa neo. 山廃 純米大吟醸 無濾過原酒 28BY ── dಠಠb「ある意味、ラベルの印象通りの酒」#Fruity/Women/田鍋梨々花 




 実は10年くらい前に (西荻窪に住んでいた頃に三ツ矢酒店で) 寝酒代わりによく買っていた「吉田蔵」でもお馴染み手取川 (てどりがわ) です。当時は「手軽に酔える」くらいのノリで一升瓶しか買ってなかったし、冷蔵保管も面倒だったので火入ればかりを買ってたけど、横文字ライクなテドリンはなかったはず。

tedorigawa_neo_yamahai28by3.jpg ここ数年は「東京農大〜出羽桜酒造」帰りの次期社長・吉田泰之氏が中心になって若手がいろいろ仕掛けてるようで、それでこういう──ある意味「無個性 (平凡) 」なナリのデザインが横行する羽目になってます──他の田舎酒から際立つことができてたとしても、それが真にアーバニズムの本質に辿り着くかはまた別の話。

 とはイエイ、若い頃は形から入ることも大事だし──形からしか入れない人間の方が多いわけだし──、それ自体をどうのこうの言うつもりはないが、逆に都会人のオレには無駄なバイアスになることだってある──これと真逆なバイアスがたとえば「菊鷹」で、♡☺♡「ラベルが田舎臭いのに味はモダン!」なんて言葉も景気良く飛び出す事態になる (笑) 。

 このオサレ──だと少なくとも本人たちが思ってるルックが逆説的に田舎者的コンプレックス (粋がり) の証左にならなきゃいいけど。五百万石50、金沢酵母、日本酒度:−3、酸度:2.3の山廃仕込み。見た目が双子並みにクリソツな速醸──「Tedorigawa」の下の曲線が黄色──もあるので注意が必要。




tedorigawa_neo_yamahai28by1.jpg

tedorigawa_neo_yamahai28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【469】手取川 -てどりがわ- Tedorigawa neo. 山廃 純米大吟醸 無濾過原酒 28BY <石川>

株式会社 吉田酒造店:http://www.tedorigawa.com


Moukan's tag:




 立ち香──デドリン、微妙なカホリン。なんか無臭? 奥でオガクズのような、ピザ生地のような香ばしさが (笑) 。

tedorigawa_neo_yamahai28by4.jpg これまた無駄に渋いな。青リンゴ/洋梨な果実味にも出会えるが、この木桶的な渋み、いる? まあ、ちょっとまだ飲み頃の温度帯じゃないけど、本当に旨い酒は何をどうやっても旨いことを考えると、少なくとも特別な酒ではないですね。単に「ダメ島」よりはマシというだけ。 (※2日目の「鍋島」と一緒に飲んでます。)

 まあまあかな。オレの言う「女子会向けの酒」で、ある意味、ラベルの印象通りの酒。なんか小ズルい酒ですね。何が小ズルいかと言うと、批判をかわすために敢えて自己主張を抑えてる感じが男らしくない。まあ、田舎者特有の洗練願望でしょうか。少なくとも都会人のオレがこの程度の酒に騙されることはない。まさに青山のカフェで流れる無難なジャズやボサノヴァやラテンハウスと似たような存在感。たしかに「外ケ濱 TREIZE 蔵人仕込み AY 27BY」よりはマシだけど、向いてる方向も足りてない要素も同じようなもん。☆3.5の模範のような酒。ライムスターの歌詞を借りれば、この酒からは若手蔵人同士が1つに溶け合って「描き出される線」をまるで感じないよ。



 



 能書き豊かな割りには攻め気が足りない。嫌われない努力をする暇があるなら、99人に嫌われてでもたった1人を泣かせてみれば? 味や香りではなく、オレの味覚はさらなる根元へと分け入って行く。そしてあっと言う間に身ぐるみを剥がす。これは他人に打ちのめされた経験のない人間の造るナルシスティックな酒だ。「これくらいやっときゃ、ひとまず問題ないっしょ」と思うことが一番の問題。あと、田舎者に限らず現代人は「更なる進化を」とか「まだまだ進化の途中」などとすぐに言いたがるが、そもそも現生人類 (我々) は下等動物からの進化の証なのか? 逆に生物として退化した (粗悪になった) からこそイジメや殺人や精神疾患が横行するんじゃないのか? 頭が硬いな。退化 (後退) することで見えてくる未来もあるんだぜ? たとえばオレが明日から五行詩で酒記事を書くスタイルを始めたら、結果的にスゴい進化だと思わないか (笑) ?


tedorigawa_neo_yamahai28by5.jpg 唯一の救いは、金沢酵母から受け取るオレにとってのイヤな感じがあまりない点だ。モダン山廃としてはどうかな。なんというか、この人たち、どうせ速醸でもこういう似非アーバンな酒を造るんでしょ? さぞかし中身がある感じに──何となくのイメージの中のハイクオリティを目指すという意味では、あの蔵やその蔵と本質的には変わらん。アーティスト的な創意に憧れる田舎者の背伸び。「好きな言葉」の欄に「無難 (洗練) 」と書けばいいと思うよ。もしくは「挑戦」という言葉に「失敗しない範囲での」という註釈を付けてくれるとありがたいな。

 これはmoukan1973♀が♡☺♡「特筆すべきモノは何もない」というタイプの酒の典型。彼らは一度決定的な挫折を味わった方がいいけど、そういう感性がないからこそ、この程度で何かを達成した気になるとも言えるわけで、田舎者の闇は思ったより深いな。「オレは他のヤツとは違う」という気概は確かに尊いが、それはキミが決めることじゃないし、オレの経験上、そういう心理が少しでもある人間で他とはまるで違うヤツに出会ったことは一度もない。大抵の場合、そういう輩は、泣きたくなるほど凡庸で臆病──まるで映画『アメリカン・ビューティー』に出てくるアンジェラ・ヘイズのように。むしろ普通であることに誇りを持て。茨の道はドラマや映画やドキュメンタリー番組で描かれるほど美しくはない。

 自ら限界値を定めたような退屈極まりない酒──ただ、呑めはする。こうした根拠なきイデア (理想=正しい世界) を知識やセンスとして、自らの努力なしに生来的に兼ね備えてしまってるのが今の若者の不幸だな。だって、こういう味と香りの酒がキレイでオサレって、なんで創る前から知ってる? 学んだつもりのないことを生まれながらに知ってることって本当は恐ろしいし、盲目のイデアこそ創造にとっての最大の敵だということこそ、知識として覚えておくといいだろう





── 2日目。

田鍋梨々花Seventeen
 ▲以下、 2018/6/11追記。さっきタマタマ自分で見つけた。この当時は彼女を誰かは認識してなかったけど、流石オレ、ちゃんと拾ってた。言っとくけど、別にオレは中高生が好きなワケじゃないぞ?──ナボコフの『ロリータ』は好きだけど、それは芸術作品としてだし、なによりオレが一番好きなのは1973年生まれのオバサンだからな (笑) 。単にブスや色黒が堂々と闊歩する今の芸能界を憂いているだけ。取り戻してほしいんだよ、女優の尊厳をさ!

 ▲というわけDE、雑誌『Seventeen』の専属モデル「田鍋梨々花 (たなべ りりか) 」ちゃんです。2003年12月24日生まれの14才・中学3年生。それにしても、近所の大久保通りでホットック買い食いしてる同年代の路上ブスとはエラい違いだな (笑) 。このコは有望。素行さえ悪くなければ、必ず18才までには女優として多くの人々がその存在を知ることになる──すでに端役で女優デビュー済み。つうか、もはや『Seventeen』領域から完全にハミ出してるよ。ガキ臭い格好して──ガキだから仕方ないけど──ガキ相手にキャーキャー言われるより、ちゃんと訓練して一日でも早く女優として舵を切るべき。実際、インスタの写真のほとんどが、漏れなく女優クオリティとしては全然可愛くない。

▲鼻が少しデカいけど、まあ許容。唯一の懸念は両目が少し離れたファニー顔という点。ヲトナになる過程でこれらが相対的にセンターに寄ると途端に可愛くなくなる。スタイルは申し分ないけど、女優として長生きするためには、アクションスターにでもならない限り、デカ過ぎてもダメ。せいぜい170cmくらいで止まって欲しいけど、確実にもっとデカくなりそう。すでに164cmだと。この歳でこのデカさじゃ、もう可憐な少女役すら無理じゃねえか。不思議なモノで、身体がデカいと不幸な役をやっても涙を誘えないんだよ (笑) 。菜々緒で172cm、榮倉奈々で170cm、ガッキーで169cm、米倉涼子/長澤まさみで168cm、綾瀬はるかで165cm、それでもあんなにデカく見えるからなあ。つうか、すでに両目の位置が少し中央に寄り始めてる。あと、これ以上「面長」になると、オレ用語で言うところの「ファルコン顔」になる。酒と同じで熟成の未来 (成長の方向) は誰にもわからんな。スケジュール的に絶対ないだろうけど、もしも今年の「日刊スポーツ映画大賞」で新人賞を獲ればプレゼンターが前年受賞者の美波ちゃんだからスゲえツーショットになるんだけどなあ──有村架純 (笑) 。[公式Instagram][公式Twitter][少女記録 (田鍋梨々花アーカイブ) ]







 立ち香──香りそのものは「山本 純米吟醸 美郷錦 26BY」を想起させる青リンゴや洋梨系で、ここは好きなんだけどっていう。

 含むとやや除光液ライクなエステル香がケバいんだよなあ──セメダインより輝きがキツイ。うーん、やっぱ上っ面なんだよなあ。それと山廃っぽさをあまり感じない。なんか加水した淡麗の速醸酒みたい。それでもこの流れで飲む「鍋島」は油絵だけどな (笑) 。テドリンは少し粉っぽいなあ。そして今日は完全にバナーナですね。もうちょい甘酸がハイコントラストならなあ。

tedorigawa_neo_yamahai28by6.jpg おそらく、この酒を飲んだ日本酒好きの女性で煮え切らない文句を言うのは我が家の酸姫だけ──と書いたら♡☺♡「つうか、今日の酒、いいな。軽いし」というメールが (笑) ←中身は伝えてない。そういう意味ではこの酒はこの酒としてこういう酒なんだとは思えるし、☆4という評価が妥当だとも言えるわけだが、それでもオレはこの酒に対して何かを忖度する気になれない。たとえば夜の酒場で思考停止気味にJazzが流れていても、それに対して不快感を示す人はまずいないだろう。それと同じで、この酒からは直接的な不快感は──少なくとも味と香りについては特にない──それでも嚥下の中盤以降は無駄に渋いし造りも雑ではあるが呑めなくはない。

 結局、この手の酒は、所詮は田舎者によってねじ曲げられた架空のアーバニズムの中で偽装された盲目の洗練美なんだな。


tedorigawa_neo_yamahai28by8.jpg ある意味ではユニヴァーサルな存在ではあるだろう。ただし、珍奇であろうと、風変わりであろうと、それぞれの道で新たなる価値は築ける。それをオレは返す返す地酒的秘境感と言っているし、秘境で固有で特殊でも、そこにアートとしての普遍性が宿れば、抽象的な雰囲気の中で何となく目指されるそれとは別次元の、真に力強いアイデンティティを獲得することができ、そういう酒こそをオレは「ワールドクラス」と言いたい。

 この酒はそれなりの最大公約数に満ちた酒ではあるが、お世辞にも世界を股にかける酒でも作品でもない。もちろん、本人たちだって、さすがにそこまでの意識はないのかもしれない。だったら粛々と田舎ラベルで旨い酒を造ってりゃいいんだよ。企画やデザインを考える暇があるなら旨い酒を造るにはどうすればいいのかを考えてろよ。若手であれば、黙って人知れず中澤のじっちゃんとヤバイ酒を造る黒澤洋平をオレは買う。☆3.5!


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 手取川 田鍋梨々花

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。


──これを飲んでモヤモヤしていたことをモウカンさんが全部書いてくださったので心が晴れました(笑)

むしろこれ、アンチ・テロワール、アンチ・ドメーヌな方向性の味わいだと思うんですよね (笑) 。同じ石川なら「宗玄」の方がむしろ「うわっ、能登ぉ〜」という、飲んですぐわかる土地の個性があります──厳密には杜氏の流派由来ですが。

27BY以降の「仙禽」もそうなんですが、能書き言うわりには出て来る味が完全に「大衆化されたモノ」という自己矛盾、これを本人たちはどう思ってるんですかね。別にそれならそれでいいんですが──そういうポップでライトな味わいが好きな人だっているし──、そうであれば「故郷を捨てる」という、たとえば大学進学で東京に出てきてそのまま居座って東京人の顔して生きてる無数の田舎者たちと同じになるわけですが、なぜか若手の地酒組は完全にカブれてるくせにドメーヌ (地元) がるという不思議 (笑) 。結局「どうするのがカッコイイか」ということしか考えてないように僕には映りますね。そういうモチベーションに突き動かされるのは18歳までで卒業してくれよと。

この酒も、別にそこまで口うるさく文句を言うほど不味くはないですが、そのあまりの無個性ぶりと、そのくせ個性を主張する造り手のお寒い能書きとの温度差に少しイラっと来ます──ま、味そのものも別に大したことはないわけですが。


──こちら福島では「夢の香」がありますが、甘ったるくて、とって付けたような香りで仕上がるものが多くて苦手です。

地元米としてはそこそこ分かりやすい個性が出てる方じゃないですか? ネーミングしかり、僕ですら「夢の香」と聞くと色白のまんじゅう姫を連想しますし、その味わいもネクター寄りの白桃というか──実はネクターやトロピカーナは好きです (笑) 。


──しかしこの「neo」ホントに山廃なんですかね。。。山廃らしくないなあ。

山廃的な乳酸感を (あえてなのか) 抑えてるのと、そこそこ香りは出してるので、まあ速醸のキレイなフルーティー酒みたいではあります。僕はリアルな果実味ではない抽象的なフルーティネスこそ山廃の魅力だと思ってるんですけどね。

造り手も酒屋もみーんな「山廃らしくない=モダン」だと思ってるんですが、そもそも「らしい」と考えてる「かつての山廃」が、単なる技量不足の醸造ミスというか、造りの拙さから来るノイジーなニュアンスが勝手に (「それが山廃」と誤って) 属性化されたと疑う心はないものでしょうか。やってることは「理科」のくせに、みんな科学者目線がないんですよ。そればかりか特に若い連中は「文学」に走る。

こっちは「米鶴」や「黒澤」という最強カードを持ってるので、こういう媚びた「山廃」を飲むと、アンタら、まだそこ!?とは思いますね。

「鯵ヶ澤」はオモロイので近所で見かけたら是非。


2017.11.18 Sat 11:34
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。

これを飲んでモヤモヤしていたことをモウカンさんが全部
書いてくださったので心が晴れました(笑)
ありがとうございます。


テロワール。
聞こえはいいんですけどね。
豊盃とか八反草とか、そんなに個性的でもないですし、
特A山田錦で醸したって言っても高いばかりで旨い酒にならないケースが多いですし。
こちら福島では「夢の香」がありますが、
甘ったるくて、とって付けたような香りで仕上がるものが多くて苦手です。

しかしこの「neo」
ホントに山廃なんですかね。。。
山廃らしくないなあ。


2017.11.18 Sat 01:16
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──neo。はイマイチでしたか~、SPもこの流れでは・・・

「味がイマイチ」というか「心理的に気に食わん」というか。まあ、この手の酒にはいつも厳しいので、バイアス除去すれば☆4じゃないですか (笑) ? それでも、もう少しビビらずにスパっと酸を出してテロワール (?) にこだわらなければイイ酒になるとは思いますけど。経験が少ないので何とも言えませんが、金沢酵母って、そこまで万能ですかね。これも素直に7号系でやればいいと思うですけど。ブレンドでもいいですし。もう一声「シャキっと感」が足りてないですね。


──先代?の造る酒は独特のニュアンスも感じますが若手の酒は地酒的な秘境感は確かに皆無かとも思います。蔵独特の特性を持ちつつ洗練された美味しさの発露はまだまだ先ですかねぇ。

最近はRM (栽培醸造家) のシャンパーニュなんかよく飲んでますけど、彼らの「テロワール」に対する執着と意識の高さは尋常じゃないですからね。日本酒は「原料:米」なので、そこまで味わいが土地そのものに依拠するとも思えないですし、むしろ北海道の米を使って九州の蔵が旨い酒を造れるのが強みだと思うんですよね。

まあ憧れる気持ちはわかりますけど、出てくる味と香りがこれじゃ「テロワール」の前にやることあんじゃねえーの?っていう (笑) 。ハッキリ言って自己矛盾を抱えてますよ。「テロワール=個性 (秘境性) 」なのに、彼らのやってることは「ユニヴァーサリティ=没個性 (普遍性) 」の追求でしょう。しかも「秘境性」の追求から「新しい普遍性」を導き出すのではなく、最初から根拠なき最大公約数的な盲目の洗練を目指すという。これ、テロワールの概念とは真逆の発想ですよ。


──しかし僕は近くの酒屋で手取川冬林檎(一升瓶)を買ってしまいました!(笑)

「Yasu Special」と一緒に「山廃純米 U Yoshidagura 2016 無濾過原酒」も買ったんですが、なんかこれ、ガス凄そうです。ダンボールを開けたら瓶口との間のスペースにスプライトやコカコーラ並みの泡がありましたよ (笑) 。これも低アル (13%) ですが、なんか本命はこっちのような気も。neo.は「手下どものお遊戯会」という理解でいます (笑) 。

そういや、薄井の野郎の「仙禽」もテロワールテロワール言い出した27BYからどんどん個性を失って行きましたよね。これが人生という悪魔が我々に突き付ける皮肉の根源ですよ。

2017.11.17 Fri 10:00
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - ne Oh...

お疲れ様です。
neo。はイマイチでしたか~、SPもこの流れでは・・・
先代?の造る酒は独特のニュアンスも感じますが若手の酒は地酒的な秘境感は確かに皆無かとも思います。
蔵独特の特性を持ちつつ洗練された美味しさの発露はまだまだ先ですかねぇ。

しかし僕は近くの酒屋で手取川冬林檎(一升瓶)を買ってしまいました!(笑)
甲子の林檎ぐらいの吞み口だといいんですけども。
かがたやでは記事にもなってるんですが果たして!
2017.11.17 Fri 09:28
Edit | Reply |  

Add your comment