◤今夜の1曲♪【DISCO RECONSTRUCT】The Black Science Orchestra - Where Were You? (Tedd's Lights Out Groove) 2003 #空耳アリ──「どうよ?」「ハぁ〜ゲ!」 

genre tag:INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE, RETRO DISCO
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎引きつづきThe Black Science Orchestra作品。最初のヒット曲はこっち。ご存知The Trammpsネタです。ついでに昨日の記事の中で少し触れた「Nuyorican Soul - The Nervous Track (1993) 」も一緒に取り上げます。この「Where Were You? 」と「The Nervous Track」との間に直接的な音楽的つながりというモノは存在しないんだけど、少なくともKenny Dope (Nuyorican Soul=Masters At Work) とAshley Beedle (Black Science Orchestra) との間で交わされた時空を超えた文化的遺伝子交換だけはあったと考えることこそがロマンティックだとは思わないか?──誰かが契機を与え、その誰かの知らないところで、それを受け取った別の誰かが別のやり方で別の花を咲かせる、これこそが文化的連続や継承の本質だとは思わないか? 目に見えないところで目に見えること以上の何が起きているのが宇宙という存在の無限性そのものなのだよ。そしてまた「The Nervous Track」からのフィードバックとしてAshley Beedleが「New Jersey Deep」を作り上げるというわけだ。尚、「Tedd's Lights Out Groove」というヴァージョンは「Junior Boy's Own Re-Edit Series」から2003年にリリースされたTedd PattersonによるRe-Edit (再編集) で、オリジナルの持つ混沌とした世界観をそのままに、更なる深遠を目指した意欲作となっている。











 ▶︎Tedd's Lights Out Groove (2003) ──なにげに動画のスライドショーがいい (笑) 。
 

 ▶︎Original Dope Demo (1992) ──当時Kenny Dopeが絶賛した。
 

 ▶︎The Trammps - The Night The Lights Went Out (1977) ──元ネタ。
 

 ▶︎Nuyorican Soul - The Nervous Track (1993)
 

 ▶︎The Black Science Orchestra - New Jersey Deep (1994)
 

 ▶︎Ashley Beedle
Ashley_Beedle2.jpg

 ▶︎Masters At Work (左=Louie Vega、右=Kenny Dope)
music_Masters_At_Work1.jpg

 ▶︎Tedd Patterson



INST_HOUSE DEEP_HOUSE RETRO_DISCO

Comment

Add your comment