もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤今夜の1曲♪【SLOW JAM】Jeffrey Osborne - That's For Sure (2000)  

genre tag:SLOW JAM/BALLAD, R&B/MODERN SOUL, LIVE
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎季節柄、気分限定で夕方以降の更新にしてます。Jeffrey Osborneは元L.T.D.のリードボーカルで、ソロになってからも'80年代に濃ゆい王道ブラコン (ブラック・コンテンポラリー) の傑作を連発してましたが、2000年にマイナーなレーベルからこんな名曲を残していたとは。これ、LIVEもいいんだよね。もはや声に若い頃のような濃醇な凝縮感はないけど (笑) 、優しく枯れた感じもまたいい。大人と秋夜と酒のお供に。











 ▶︎今時期にバシっとハマる小さな名曲。
 

 ▶︎LIVE──CDより聴かせるとか流石っすなあ。
 

 ▶︎Jeffrey Osborne (2000)
music_jeffrey_osborne1.jpg

 ▶︎Jeffrey Osborne (1983) ──若い頃は当然のモテ顔。
 Embed from Getty Images


SLOW_JAM R&B LIVE

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To ひとしさん



To Hitoshi


すっかり御無沙汰だな、オイ。
IPアドレスがLondonなので、おそらくオレのよぉ〜く知ってる「ひとし」だと思って書くぞ (笑) ──人違いなら失礼。

これ、たまたま

Soul Connexion
http://www.soulconnexion.com

という、それこそUKのラジオから流れて来たんだけど、'90sに入ってもメジャー契約の切れた大物が地味にインディーズからCDを連発してるんだよなあ。例えば

Kashif『Who Loves You?』 (1998)
https://www.discogs.com/ja/Kashif-Who-Loves-You/release/1870002

なんかも当時新宿のDisk Union「ソウル館」で流れててハっとしたもの。

ま、そのうちまた会える日も来るのかな。にしてもオマエ、酒呑めねえからなあ (笑) 。


2017.11.07 Tue 22:42
Edit | Reply |  

Name - ひとし  

Title - なつかしい

ジェフリーオズボーン、懐かしい!
2017.11.07 Tue 22:09
Edit | Reply |  

Add your comment