もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤今夜の1曲♪【QUIET STORM】Quincy Jones feat.Babyface, Tamia, Barry White, SWV & Portrait - Slow Jam (1995)  

genre tag:MELLOW, SLOW JAM/BALLAD, QUIET STORM, R&B/MODERN SOUL
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎なんか昼夜が逆転してますが (笑) 、寒くなると選曲も夜な気分が高まるというもの。BLACK MUSIC界のゴッドファーザーQuincy Jonesが立ち上げたQwest Recordsから、家元に御登場願いましょう。これ、オレはアナログ盤でしか聴いたことないんだけど、YouTubeにUPされてるほとんどのヴァージョンはボトムの処理が違うし、ベースラインも違う。これ、CD収録のリミックスなの? なんかキックのアタックが強いヴァージョンがあるんだけど、これ、ダメだろ。さっきようやくオレの伝えたいヴァージョンの音源を見つけたよ。素人が聴き比べても違いはそれほど大きくないだろうけど、この差は我々のような人間にはあまりにデカい。ボトム強調型のヴァージョンは全く感情移入できない。作曲は「Michael Jackson - Rock With You (1979) 」でお馴染みRod Temperton。この人も天才ですね。どうやったらこんなメロディーが頭に浮かぶんだ。信じられない。[ Rock With Youの三段活用











 ▶︎これが非の打ち所がない完璧なヴァージョン。キャリアの後期に62歳でこの傑作を発表できるとかアリエナイ。若いクリエイターに全く勝ち目がない。ま、集結してるメンツが気合い入りまくりなんだけど。ゴッドとの仕事で下手なもん作ると周囲から無能者の烙印を押され、末代までの恥になるという恐怖とプレッシャー (笑) 。'90年代以降のUS産R&Bでこれを超える傑作が他にあるとは思えないんだけど、他に何かあれば是非教えて。
 

 ▶︎ナニコレ!? PVもこのミックスだからこれがデフォ? 聴けたもんじゃない。
 

 ▶︎Quincy Jones──ドンが本気出すと手に負えない。
music_quincy_jones1.jpg


MELLOW QUIET SLOW_JAM R&B

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To バルデラマさん



こんにちはー。


──私は日本酒は詳しくないですが父親が純米酒をよく飲んでいた影響で日本酒は普通に好きです。勉強させていただきます!

人の嗜好というのはジャンルが変わっても意味合いまでは変わらないもので、日本酒における僕の嗜好も音楽同様、少し斜めな方向なので、そこそこマニアック (少数派) な視点はあると思います。数は少ないですが、中にはワールドクラスの素晴らしい酒もあるので、是非この機会にお手に取って御賞味ください。「On List - marvelous」に振り分ける酒は今僕が紹介できるモノの中では「極上」の部類になります。


──とにかくモウカンさんのレコメンドする一曲一曲が私のツボを突き過ぎていてもうたまらんのです!独自の趣味嗜好が確立されていてそれがバンバン私の胸に突き刺さるのなんの

バルデラマさんも御自身の「軸」はしっかりあるようなので、そこからの「派生」や「展開」として楽しめる曲も多いと思います。'90s初期の歌モノHouseは得意ジャンルなので、今後もいろいろ紹介できると思います。


──あと、モウカンさんの曲者感(失礼)も味を出していて好きです笑

ありがとうございます (笑) 。適当に楽しんで下さい。音楽記事はその日の思い付きで──特に長いモノ以外は──20〜30分で仕上げてますので、その日その日のクオリティはあまり気にしていません。


──これなんかは有名ですが原曲の何百倍も良いです
https://www.youtube.com/watch?v=s-yYGvDvhvk


残念 (笑) !
僕はAlbum Versionの方が何百倍も好きですね。

◤本日のREMIX講座♪【BALLAD HOUSE篇】Janet Jackson - Any Time, Any Place (D&D House Mix) 1993
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1253.html


Album Versionは「Modern Fusion」という枠組みでこそ聴くべきもので、このRemixは僕には極めて凡庸なR&Bに聴こえますね。信じられないでしょうが、3秒で飽きます。すべてが丸わかりなので、4秒目は必要ないです。簡素なDemo Trackにしか聴こえません。そもそも「R. Kelly Remix」には〝音の隙間がもたらす緊張感〟が全くないんですよ。一方「Album Version」は音が鳴ってない隙間にこそ音があるんです。

さらに言えば、この「R. Kelly Remix」の方がむしろJam&Lewisへのオマージュに満ちていて逆にJam&Lewisっぽく、だったら本家の、

◤お疲れ様の1曲♪【SLOW JAM】The S.O.S. Band - Tell Me If You Still Care (1983)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1419.html



The S.O.S. Band - Weekend Girl (1984)
https://youtu.be/8BvuSzxcE5o

を聴いてりゃそれで済むという話です。「Any Time, Any Place - Album Version」は、Jam&Lewisとしては実は野心的かつ刺激的で、僕の中では天と地くらいにレベルが異なります。R. Kellyは子供ですね。全く心が動きません。

アコギ使いのFusionライクなMellow Soulだと、誰も見向きもしませんが、このへんは僕のネタです。

Gwen Guthrie - Oh Donny No (1985)
https://youtu.be/pTJRpe8HTPU


まあ、Blazeも含め、ボチボチ行きましょう (笑) 。


──モウカンさんの当時の交友関係を察するにソウル系のインカレとかの流れに身を置かれたりして?

うちの奥さん (moukan1973♀) も同じサークルにいましたよ (笑) 。僕は音楽的には異端でしたが、'80sのFUNKやDANCE CLASSICSで狂ったように盛り上がれた経験があったからこそ、音楽におけるBlacknessに関する審美眼だけは強化されたと思ってます。

今も昔も出不精で他人の影響をあまり受けないタチなので、下北のソウルバーのマスターは知りませんが、下北のDisk Unionと今はなきイエローポップという中古レコード屋はよく行きましたよ (笑) 。

bmrだけでなく、音楽雑誌やガイド本の類いは全くと言っていいほど (買っても) 読まないので、細田さんの連載もあまり記憶にないです。当時はYouTubeがなかったので、音の聴けない情報に価値はなかったんですよ。そういう意味じゃ、今は最高ですね。実際の音を通じて情報交換したり価値の相違を確認できることは素晴らしいことです。


2018.01.29 Mon 01:03
Edit | Reply |  

Name - バルデラマ  

Title - 

日本酒ブログですよね!笑
私は日本酒は詳しくないですが父親が純米酒をよく飲んでいた影響で日本酒は普通に好きです。勉強させていただきます!

とにかくモウカンさんのレコメンドする一曲一曲が私のツボを突き過ぎていてもうたまらんのです!独自の趣味嗜好が確立されていてそれがバンバン私の胸に突き刺さるのなんの
あと、モウカンさんの曲者感(失礼)も味を出していて好きです笑

Ashanti曲知らなかったです。普通にカッコよくてビビりました。R.kellyも活動的で結構プロデュースとか曲提供していて追うのが大変です

その中でもRemixはかなりいい仕事してますよ!それはもう別曲だろ笑
みたいなのもありますし

これなんかは有名ですが原曲の何百倍も良いです
https://www.youtube.com/watch?v=s-yYGvDvhvk

ご紹介いただいた二曲とも素晴らしいですが特に「Hunter Hayes - It's Not Over」初聴でしたが衝撃的すぎます。しかもプロデューサーがBlaze一派なんですね恐ろしい世界ですね。
Blazeは私も大好きですが、KoolのRaindropsのclub remixがかなり好きですかね
Chuckii bookerの曲にBlazeって悪いはずがないですもん

ここからはもしかしたら個人が特定できてしまう内容になってしまうかもしれませんのであれですが、私はアラサーなので恐らくモウカンさんの2回りくらい下の世代になると思います。モウカンさんの当時の交友関係を察するにソウル系のインカレとかの流れに身を置かれたりして?

私は下北の某ソウルバーなんかはたまに行くのですがマスターをご存知だったりするのでしょうか?

因みにJAM氏の本は過去にbmrで定期連載されていたものをまとめたものになりますので悪しからず。

長文駄文失礼しやした。
2018.01.28 Sun 21:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To バルデラマさん



こちらこそ初めまして、moukan1972♂です。

実は音楽経由のガチなコメントは初めてじゃないですかね。日本酒関連の読者さんでたまたまBlack MusicやHouseを聴く人は何人かいますけど (笑) 。

僕もそうですが、DJ的なハント (Dig) でCDやレコードを集める人間というのは、一度エンジンが掛かれば自力でどこまでも突っ走れるので、ブログという情報媒体にあまり価値はないんですよね──つまり、自力で勝手に世界を広げられるジャンルというか (笑) 。

なので、基本的にはYouTubeとDiscogsを使った「青春のつづき」というニュアンスで音楽記事は書いてます。たとえば僕が死ぬと頭の中のアーカイブやセンスの体系も失われるので、moukan1973♀への置き土産の意味も強いです。ある種の「電脳移転」ですね。

どうやらバルデラマさんはSOUL/R&B経由でFUNK/DISCO/BOOGIE/DANCE CLASSICSに遡り、HOUSEもSOULのファクターで聴けるモノは毛嫌いせずに何でも聴くという印象を持ってますが、僕の基本はあくまでも「NY HOUSE」なので、そこに掛からないモノは一切聴きません──ただし、その「掛かり方」は微細で独自のモノなので、結果的にジャンルは多岐に渡ります。そういう意味では「何でも」は聴かないので、昔から他人と「世界」を共有できずに困ることも多いんですが、忌憚なく言うと、


R.Kelly: You Are Not Alone / I Can't Sleep Baby (Live 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=XdMR2_LhUI8

これは曲全体のハーモニーとアレンジが僕の言う「白階段系」なので、興味の範囲外です (笑) 。「白階段系」というのは僕の造語で、SOULというよりは僕の中でのPOPSに近いコード進行やハーモニー構造で、まるで照明ピカピカの白階段をゆっくり降りながら歌うようなイメージの曲ですね。ある意味、宝塚っぽいというか、ストリップショーのBGMっぽいというかディスニーアニメの感動シーン系というか (笑) 。JAZZ理論で説明すると、モーダルじゃないコード進行なので、僕にはドラマ (感動) の強制があります。

ちなみに白階段系でも、

◤本日の1曲♪【AFTER HOURS】Ms. Sharon Ridley - Changin' (1978)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-750.html

は大好きです。


R.Kelly is sorry (Live 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=pNiqqHlkm2c

前半の雰囲気は凄ぉ〜くいいですね。ただ、後半は明らかにピアノ叩きすぎです (笑) 。しかも表拍からダンダン叩くアレンジはこの曲のエレガンス構築にとっては少し邪魔です。ボーカルもメロディーも素晴らしいだけに残念です。

とまあ、酒同様、細部にうるさいので、気を悪くされたらスミマセン。ですが、そもそもがそういうブログなので、適度な距離を置いて読んでくれると嬉しいです。読者が心の中で僕に反論することで自らの嗜好をますます強固にしてくれれば──そうした足場固めのアシストになればという意味合いで断定的な物言いをしている面も実はあります。


──当時の勢いからこのQuincyのアルバムに作曲と歌唱で参加してますしね。それだけQuincyもR.kellyの才能を買っていたのかと思われます。

R.kellyとマトモに向き合ったことがないので、紹介してくれたアルバムは拾って聴いてみます。当時レコード屋で毎日のように「R.kelly Remix!」というポップを見てはいましたが (笑) 。作曲のみのクレジットですが、今のところ僕が彼の曲であることを意識してマトモに聴くのはコレだけです。

◤本日の1曲♪【SLOW JAM】Ashanti - U Know I Will (1994)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

これに匹敵するクリスタルエレガントな曲があれば是非教えて下さい。


──あと、Leroy BurgessとDarryl Payneの特集最高でした!

記事をちゃんと整理していないにも関わらず見つけて下さりありがとうございます。最初は音楽記事にもINDEXを付けようと思ってたんですが、もう後戻りできないところまで増えてしまったので、放置です。最新記事5つを残して「アーカイブ2000年」の墓場に放り込んでます。そうしないと酒より音楽の記事が多く目につくことになるので、あえてそうしてます。

イメージとしては、ダンボールが雑然と並べられてる怪しい中古レコード屋でヤバイ皿がそこかしこにゴロゴロしてるという雰囲気で押し切ろうかと──あとは勝手に探して聴いて、と (笑) 。


──つい最近JAM氏のChasin' the 80s Classicsという本(所謂ディスクガイド系)も購入したのでモウカンさんの特集と合わせて良い音楽と巡り会わせてもらったなぁという印象です。

実は細田さん (JAM) は僕の一回り上の先輩で学生時代は何度か彼の家に遊びに行ってました (笑) 。もう何年も会ってませんが、'80sのFUNKやDANCE CLASSICSはもちろん、


◤知らないでは済まされない本日の1曲♪【GARAGE HOUSE】Hunter Hayes - It's Not Over (Universal Mix) 1991
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】The Juice - We've Got Love (1991)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1113.html


このへんの歌モノHOUSEも当時彼に教わった曲です。

ちなみにライムスターのDJ JINとジェーン・スー (文筆家/ラジオパーソナリティ) は同期です。Mummy-Dと宇多丸は3つ4つ上の先輩で1〜2年ほど被ってましたが、僕は当時からUK SOULやHOUSEばかり聴いてたので、彼らにはいつもバカにされてましたよ。Mummy-Dなんか「スクラッチしずらいからUK盤 (45回転) は買わない!」とかメチャクチャなこと言ってましたよ (笑) 。

「Chasin' the 80s Classics」は知りませんでした〜。これは買わないとバチが当たりますので、近いうちに──楽天ポイントが5倍の月初に──買います (笑) 。

とまあ、長くなりましたが、選曲は気分や前日までの流れからの展開で縦横無尽に飛散しますので、バルデラマさんにとっての「新しい扉」になれる曲が出てくるといいですね。

今後もよろしくお願い致します。
2018.01.28 Sun 13:13
Edit | Reply |  

Name - バルデラマ  

Title - 

連投すいません。
あと、Leroy BurgessとDarryl Payneの特集最高でした!
つい最近JAM氏のChasin' the 80s Classicsという本(所謂ディスクガイド系)も購入したのでモウカンさんの特集と合わせて良い音楽と巡り会わせてもらったなぁという印象です。
プロデューサー、コンポーザー、ミュージシャン等の裏方目線でかなりおもろく一般的なガイド本とは一線を画す内容です。Leroy BurgessとDarryl Payneの項目ももちろんあります。
2018.01.28 Sun 11:07
Edit | Reply |  

Name - バルデラマ  

Title - 

初めまして。ひょんなことでこちらのブログ発見させていただいて読み耽っております。
Disco,Boogie,House等の素晴らしい楽曲の数々でたまりません
古いエントリーへのコメントですいません

R.Kellyの12play(2nd)〜セルフタイトル(3rd)期のスロージャム系の曲は本当に傑作だと個人的には思います。
特に以下のライブ版のソウルフルな展開は素晴らしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=XdMR2_LhUI8
https://www.youtube.com/watch?v=pNiqqHlkm2c

当時の勢いからこのQuincyのアルバムに作曲と歌唱で参加してますしね。それだけQuincyもR.kellyの才能を買っていたのかと思われます。
2018.01.28 Sun 10:46
Edit | Reply |  

Add your comment