もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤鯵ヶ澤 - 番外 山廃純米 生原酒 28BY ── dಠಠb「今年も残り2ヶ月を切ってようやくオモロイ山廃キタっ」#Spicy/Dry/Unique 




ajigasawa_yamahai28by1.jpg

 




ajigasawa_yamahai28by3.jpg 思考を閉ざした同梱山廃アタック、鯵ヶ澤 (あじがさわ) です。見るのも呑むのも買うのもハジーメテ。蔵元である尾崎酒造のHPを開いても何も出てこないので、例によって例の〝 (県外向け) 特約店限定ブランド〟ってヤツなのだろうか。

 使用米は青森の蔵元らしく「華想い」と「まっしぐら」で磨きは60、酵母は701号を使用している模様。数値的には「酸度:2.8」における実際のハッスル具合が気になるところ。火入れもあるようだけど、生酒を扱ってる店はあまりないし──ちなみにオレはココで買った──、それなりにレアなのか!?



ajigasawa_yamahai28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【462】鯵ヶ澤 -あじがさわ- 番外 山廃純米 生原酒 28BY <青森>

尾崎酒造 株式会社:http://www.ozakishuzo.com


Moukan's tag:




ajigasawa_yamahai28by4.jpg 立ち香──これも「川亀 山廃純米」同様、少し熟してるなあ。いわゆるチョコっぽい焦げ感という、例によって例のアレ。こうなると店の問題の可能性大。思えば「小鼓 純米大吟醸 鼓傳」も熟してたし、このぶんだと「遊穂 ゆうほのあか」も危険だな (笑) 。ひとまず、この熟香を掻き分けて奥に進んで行けば、やや草っぽいスパイシーな甘辛いニュアンスと出会う。鋭利な辛みの切面にコネクトするのは7号酵母由来か。ま、邪魔な熟香を鼻毛で掃けば、全体としては好きな部類の香りではある。甘草スパイシー系セメダイン。

 どれどれ──。

 ええやん。少しザラザラした目の粗いテクスチャーに絡む、軋むようなキリキリとしたミネラル感。喉を軽やかにカァっと焼いた後には、やや草っぽい香りも鼻から抜けて、淡麗な液性ながら、味の纏いに関してはなかなかに男臭い無骨な山廃。スパイシーでジンジャーな甘辛いクリスピー感がパンチフルに弾ける──ガスはないけど。


ajigasawa_yamahai28by5.jpg 香りほどに熟味は感じないかな。まるで飲むガラスのような硬質なクリスタルネス。なかなかに得難く、そして我が嗜好においては標準以上に良い。久々にオレの求めるカロリーオスネスを携えた「山廃生」を飲んでるような気がする。これは淡麗クリスタルスパイシーという新たなジャンルの到来か (笑) 。

 余韻の中にはややショコラな熟味もあるんだけど、煙って消えるニュアンスなので、味そのものの中に図々しく鎮座する距離感ではないものの、これはなくてよい。まるで骨組みだけの「百春」のような五味のダイアグラフ。パキっと甘っ辛い。

ajigasawa_yamahai28by6.jpg ワイングラスはますます焦点の定まった、エッジフルで、少し不良っぽくもインテリジェンスのあるモダンな辛口というルック。これはちゃんとしたコンディションで再飲したい。「川亀」の杜氏は「天才肌」で通ってるらしいが、たまたま並んで呑んだ限り、味のビジュアルとして「天才性」をより感じるのは皮肉にも「鰺ヶ澤」の方だ。これは面白いな。魅せられる。

 温度が上がるとミルキーな甘みも膨らむものの、その風船は最後まで膨れることなく、ハーブアロマを切り裂く渋み豊かな酸によって途中でパンと割れる。


ajigasawa_yamahai28by7.jpg いいですね、純粋に気に入りました。「 (ぎん) 」みたいな輪郭もありつつ、それよりも圧倒的に鏡面仕上げな輝く液性。常温付近は幾分チャーミングにスパイシー。〝甘・酸・乳の三角関係〟にスパイシーな辛みがアクセンテッドに割って入る流れは素晴らしくモダン。

 RS返し──。

 淡麗クリスタルスパイシー。これはいいな。モダン辛口の極北。この不本意に熟した状態でも堂々たる☆4.5。しかしこれで日本酒度+2か。体感的には+10くらいある感じ (笑) 。酸度は山椒系のシビれる辛みに効く感じなので、味として酸っぱい酒ではない。ニッキ飴や生姜を甘く煮詰めたような甘辛さに絡む酸。野心的/意識的な飲み手でこの酒を楽しめない人は、おそらくいない。





── 2日目。

ajigasawa_yamahai28by8.jpg
 ▲永遠に垢抜けない男。何を身に付けても結局ユニフォームが一番よく似合う。そういや噂の日本酒セラーの試作品、とっくに完成してたのな。[記事


 





 と、その前に川亀のJO (常温) ──。
ajigasawa_yamahai28by9.jpg
 ▲特定球団への肩入れはないが、やはり弱い方を応援してしまう (笑) 。9回裏サファテ登場の絶望感ハンパない。



 まあ、老ねてますね。JOだと逆によくわかる。まるで〝美しいドブ〟のよう。川から亀ではなくドジョウが出てきそうな勢い。液性のラインはキレイなだけに残念。そして、いよいよやたら辛い──喉ではなく舌が。ビリビリ。温めるとそこそこ呑めるけど、少し立ち止まって考える──「とはイエイ、好んで呑むか?」──いや、呑まない。サヨおなら。






 ここから鯵ヶ澤の2日目──。


 変な話、冷たすぎても旨いな (笑) 。今日はミルキーな膨らみが一層あるけど、基本的には鉄筋ライクなカチっとクリスタルな淡麗辛口で、そこに絡む甘みはニッキ飴のそれや、韓国の焼酎「チャミスル」のようなニュアンス。そういう意味じゃ過激にカロリーオフ。このストラクチャーを表現するには速醸だとアル添にしないと無理でしょう。

ajigasawa_yamahai28by11.jpg だいぶ熟しちゃってるけど、それでも呑める不思議。しかしこの甘っ辛い感じはなかなかに得難いな (笑) 。まさに甘辛いニッキ飴そのもの。このクリスタルなスパイシネスは他に似てる酒を探せないな。やはり「 (ぎん) 」なんかにも似たようなニュアンスはあるけど、あの酒にこの鉄筋性はないんだな。これも軟水だと思うけど、硬質な輝きを感じる。ちょっとアンドロイドでロボットな液性。温度が上がると柔らかい液性になるけど、あまり面白さは感じない──旨さが目減りするわけじゃない、単に面白さが半減するだけ。

 なくなっちゃった。これは非常に面白いし旨い。ひたすらカロリーオフだけに作用するユニークな山廃。決して万人ウケはしないだろうけど、ハマる人はハマる。ちなみに「黒澤」や「菊鷹」なんかとはまるで違うから。「」なんかと相対させるのが王道マトリクスでしょう。29BYは必ず買います。



 



 サーセン。気づきませんでした。いろいろ検索したんだけど、引っ掛からなかったもんで。確かに速醸でもクイクイ飲めそうな気配。


moukan1972♂






日本酒 鯵ヶ澤 生酛 山廃 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まるめちさん



毎度です。


──鰺ヶ澤は2年前にやってましたが、速醸、無濾過生原酒ながら感想に「透明感」「クイクイ」「軽さ」みたいなワードが出ていたので、言われてみるとモウカンさん向けだったのかもしれません…

サーセン、気づきませんでした。今、記事のケツに埋め込みました。誘導ありがとうございます。銘柄属性上、確かに速醸でも山廃でも一定の通奏低音はありそう。まあ、他人の嗜好をジャストに射抜くには、それなりの能力 (知識や体験の量とは無関係のセンスや才能) が必要なので、そう簡単には行かないものよ。


──ちなみに私は人形町の小山酒店で買いましたが、まだ扱っているかどうかは不明です。まあ参考までに。

ありがとうございます。知らなかったです。なにげに近所の「佐々木酒店」「野沢酒店」にも地酒の扱いがある感じ。うちから電車で30分以内なので、まとめて覗くのもアリかもです。

オレの呑んだ「自然酒 純吟 直汲み」はどうだろう。まるめち氏には素直に純米70の怒涛の飲み口の方がしっくり来るのでは? まあ、ここ最近だと間違いなく「巌 authentic701」だろうね (笑) 。そこまで甘くはないけど、一口の中のドラマの質量は多め。「日輪田」の生酒あたりも28BYは味が出てるので、たぶん今時期に春先の生酒を飲んでも満足できると思うよ。

2017.11.01 Wed 22:32
Edit | Reply |  

Name - まるめち  

Title - 

どうもです。
鰺ヶ澤は2年前にやってましたが、速醸、無濾過生原酒ながら感想に「透明感」「クイクイ」「軽さ」みたいなワードが出ていたので、言われてみるとモウカンさん向けだったのかもしれません…
https://marumechi.blog.fc2.com/blog-entry-532.html
ちなみに私は人形町の小山酒店で買いましたが、まだ扱っているかどうかは不明です。まあ参考までに。

また、ちょうど今「仁井田本家 特約店限定酒 きもと 純米大吟醸 26BY熟成酒」なるものを飲んでいますが、私には少々物足りないあたり、やはり良いのかもしれません。
(私は、ググると出てくるお店で買いました)
私にはあまり強くオススメする勇気はありませんが(笑)、これまた参考までに。
2017.11.01 Wed 21:30
Edit | Reply |  

Add your comment