◤米鶴 - 山廃純米大吟醸 中取り生 28BY 2本目!── dಠಠb「もう1本あるけど、とりあえず途中経過を確認」#Calbee『かっぱえびせん チーズグラタン味』 




yonetsuru_yamahaijundai28by2_3.jpg ファンサービスも兼ねて、わざと鼻に付く言い方をすると、オレが今年一番売った酒、米鶴です (笑) ──冗談抜きで3〜40本くらいは売ったんじゃねえか? 当然、蔵元からは金券の入った付け届けが送られて来てます──そんなわけねえだろ。まあ、旨くない酒についてはボロカス書いて一部で不快に思われてますが、旨い時はちゃんと「旨い!」と言いますので、たまにはオレも人の役に立ってるということで大目に見てよ。

 もう1本うちの冷蔵庫で寝てますが、たまたま運良くタレコミをもらって買えましたので、ちょっと「途中経過」を知りたくて取り寄せました。火曜に店に電話して水曜に届いて水曜と木曜に呑んでます。まあ、フレッシュ・コンディションのようなクリスタルの窓は曇ってしまったけれど、キャンディーな甘みと旨みの膨らみは増してるので、新酒当時のピーキーに淡麗に過ぎるタッチがイマイチと感じた飲み手にとってはむしろ今の方がチャーミングな酒に変化してるんじゃないでしょうか。オレにとっては凄みがなくなっちゃったけど、まあ、別に美味しくは飲めてます。




yonetsuru_yamahaijundai28by2_1.jpg


 ▼誰でもいいから今すぐ彼女を抱きしめてやれ。完全に「泣き顔」ですやん。見てられん。いつも言ってる通り、たしかに彼女は町のパン屋にいたら超カワイイけど、今の人気と期待は明白にスペックオーバー。このままだと確実に病みますよ。あとは地元の先輩と早く結婚するしかない。
yonetsuru_yamahaijundai28by2_2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【445】米鶴 -よねつる- 山廃純米大吟醸 中取り生 28BY <山形>

米鶴酒造 株式会社:http://yonetsuru.com


Moukan's tag:



※初日は「米鶴 山廃純大」→「松の司 純大 陶酔 生」→「松の司 純吟 あらばしり生」の順番で呑んでますが、あえて2日目は逆にしてます──要するにオレの好みじゃない順番です。だって、最初に旨い酒を飲んだら後の酒が不利じゃん。これはオレなりの優しさ。


2017_10_4味クラ3
 ▲客人の手土産、Table Oginoの「鹿とイチジクのテリーヌ」と「レバームース」は旨い。☆4.5。「ひよこ豆のフムス」はこれ単体でどうのというよりはちゃんと味の付いた肉料理へのワンポイント・メイクとしての方が活躍指数は上がる。






── 1日目。

「小山商店」から代引きで取り寄せました。さすがにもうないかも。しかしいつまでストックを隠し持ってるんだ (笑) 。うちにもう1本あるので、まずは「小山ヴァージョン」で途中経過を確認──本当は1週間くらいは休ませたかったんだけど。

 立ち香──変化はしっかり感じる。なんつうか、フルーツというよりはキャンディーだな。ほんのりローストされたようなニュアンスも探せるけど、熟れ茶のカラーまでは育ってない感じ。透明感よりも存在感が前に出てますね。

 ほう。これは少し予想外。甘みの伸びもあるけど、全体にはタイトな仕上がりで、新人時代のような透明感からは少し離れた味マップ。まるでヨーグリーナみたいなカロリーオフネスからも離れて、今はキャンディー的な豊満な甘みの体重を兼ね備えはじめてる感じ。まあ、旨いけどね。

 シャープとまではいかないが、味わい全体がコアに向かって集結してるイメージ。酸だけでなく味の濃さも増してるかな。ま、2日目にちゃんと飲みます──やや二日酔いだが (笑) 。moukan1973♀も客人にも概ね好評。シャンパーニュ経由でもしっかり酸を感じるので、そこは流石。





── 2日目。

 立ち香──キャンディー、フゥ〜♪ (←元ネタが通じない人は下の動画の11分09秒〜をご覧ください。)



 
 ▲実はテンション・ノートを含む不協和音だったのか (笑) 。ちなみに日々オレから様々なネタやフリを仕込まれているmoukan1973♀くらいになると、オレが「キャンディー?」と振れば即座に「フゥ〜♪」と応えます。



yonetsuru_yamahaijundai28by2_4.jpg この3本の中では圧倒的に旨い。これだけは真実。そうか、こうなるか。ホント味の濃いヨーグルト・キャンディー。当時より細部は雑になってるけど、逆にソリッドで逞しくなったかな (笑) 。着地における渋酸の強さは「松の司」と同じレベルだけど、こっちは「甘酸」からのビッグ・クランチ (凝縮) なので、そこに〝味わい〟があるんだよなあ。別に贔屓目は否定しないけど、この3本を並べてブラインドして飲み比べて──少なくとも今のコンディションであれば、ここで「米鶴」が負けるイメージは1%も思い描けない。

 今もワイングラスの「あらばしり生」と同時に呑んでるけど、少なくともこの並びであれば、オレには「松の司」を飲む理由が全く見つからない。ブレンドはいいけどね (笑) 。そしてそのブレンドよりも「米鶴」の方がいい。だけど、この状態で☆6はない

 ワイングラスで──。

yonetsuru_yamahaijundai28by2_5.jpg いいですね。香りには上質な「日本酒的蜜」の甘み。やっぱ旨い。ワイングラスだと「甘酸バトル」で「甘」が勝つ流れ。ただし、少し粉っぽい苦みにもコネクトしやすくなるかなあ。それでも普通以上には旨いけどね。

 今は「あら探し」だけに御執心なのでこんな感じのレビューだけど、ここから☆7への格上げはイメージできない。露骨な熟味はないけれど、近寄りがたいオーラは成りを潜め、なんか甘ポチャい愛らしいモダン山廃というルックですね。そして、やや「酸がソリッドになった」という印象──「魚」で言うと「生」が「干物」になったニュアンス。たとえばこれを2年以上寝かせても「くろさわ2014」みたいな特殊な存在感と個性を発揮する酒に成長するとは思えない。やや「篠峯 27BY」における「明利系酵母」の酒の熟成に見られる「ミネラル成分の剥離感」もある。冷たいままだと、結構、旨みの表面から剥がれ落ちたような粉っぽい渋みのコアにアクセスしてしまう。今チラっと検索したら「701号」という記述もあるけど。

 少なくとも「松の司」の2種よりは旨いとは思うけど、正直な話をすれば、この熟成コンディションは☆4.5。残念だけど悔いはない。この魚の干物のようなギュっと閉じこもったような渋酸が、ここから再度ほどけて柔らかくなるなんてこと、ないよなあ・・・。干物を焼くみたいに燗にするか (笑)





── 3日目。

 基本「お燗」で味クラーヴェ!!!
yonetsuru_yamahaijundai28by2_6.jpg
 ▲Calbee『かっぱえびせん チーズグラタン味』は理解に苦しむというよりは、理解そのものが全くこちらに向かって歩いて来てくれない超難解なスナック菓子。☆3です。なんなら捨ててもいい。なんかソフトクリームのチョコレートみたいな味がするんだけど・・・。たぶんクリーム&チーズの風味と海老せんの焦げ感が予期せぬケミストリーを引き起こしてそうなったんだと思うけど、なんか安っすいチョコレート系ソフトアイスに塩をかけて食べてるみたいで全く旨くないです。また海老せんBodyそのもののカリっと感がソフトクリームのコーンパートの再現性を結果的に担ってしまったというか。地雷です。というより、海老せんという時点でグラタン表現におけるアドバンテージはあるんだから、これで失敗するとか、つくづくカルビーは人材不足の企業ですね。






yonetsuru_yamahaijundai28by2_7.jpg



ヨーグルトスカッチ まずはRS (れいしゅ) で──。

 香りは完全に「明治CHELSEA ヨーグルトスカッチ」で、バターミルクなまろやかさが含まれるところもソックリ。この熟成状態は同じ「米鶴」の「生酛 純米 中取り生 仕込み22号 28BY」の香りにどんどん似てきた。しかし含むとしっかり酸っぱい。ソリッドな酸っぱさなので、27BYの熟成「篠峯」なんかに通じるビシっとさ。新酒当時の透明感はないなあ。ま、呑めるんだけどね、全然。タンニンみたいな渋み。甘やかでキュートなニュアンスもあるけど、着地は鋭くシャープ。寒くて縮こまってるような感じ。少し粉っぽさもあり、そのへんに〝ミネラル成分の剥離〟を感じる。ここからの〝もう一段階〟の変化はあるのだろうか。もう1本を開けるのはもっと先にしようかな──年内に開けるつもりだったけど。この状態でも十分に旨いけど、☆6のような凄みや美しさはない





 松の司 - 純米大吟醸 山田錦45「陶酔」生 28BY
yonetsuru_yamahaijundai28by2_8.jpg



 小さな氷で少し薄めて「お燗」に──。

 ちょっと甘いけど悪くないっかな。やっぱキュっと舌の表面の細胞が縮こまるくらいの酸によるレバレッジ (てこの作用) はあるんだよね。ま、それがあるからダレないわけだけど。このお燗がクソ旨いということはないけど、冷酒でブクツク言いながら飲むよりは静かで楽しい時間が流れる。メロンっぽい大吟フレイヴァーもしとやかに感じれるしね。そりゃあ、辛口の普通酒や本醸造のお燗とは違うよ。まあ甘いけど、生酒をお燗にしてるタッチ──旨みの切面がギザギザするようなテクスチャーはほとんど感じない。しかし「かっぱえびせん チーズグラタン味」はますますチョコムースみたいな味だなあ。

あらばしり生」は2合くらい残ってるので、そのまま少し放置します。





 花巴 純米大吟醸 直汲み 無濾過生 28BY
yonetsuru_yamahaijundai28by2_9.jpg



 小さな氷で少し薄めて「お燗」に──。

 あんま変わんねえな (笑) 。桜まんじゅうをレンジで暖めたみたい。そして、お燗するとますます軽くてツルツル。客人は「旨くない」と言ったが、オレはそこそこ呑めちゃうな。味も香りも熟々だけど、イヤな苦みとか辛みとかはないからな。ペタっと平面的に酸っぱい感じも好きなニュアンスではある。これには「生酒燗」特有のテクスチャーはある。






yonetsuru_yamahaijundai28by2_10.jpg



 お燗はダメ (笑) !──そこは好みだとは思うけど、ますます鋭く酸っぱい。RS返しすると、やっぱ普通に旨いなあ。ま、買って損したとは思わないかな。オレが普段付けてる☆4.5の酒よりも見所はあるかもしれない。ま、最高値を知ってるので、バイアスは高めです。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 米鶴

Comment

Add your comment