◤松の司 - 純米吟醸 山田錦55 あらばしり生 28BY ── dಠಠb「ちょっと個人的にはすぐに旨さに出会えない酒」#三幸製菓『充実 じゃこ気分』 




matsunotukasa_arabashiri28by3.jpg というわけDE、初めて呑みます、頂き物の松の司 (まつのつかさ) です。こちらは2月出荷分ですが、ロット違いがあるかは未確認。採るのが面倒な部位である「あらばしり生」のために2種類も (2つのタンクで) 仕込んだりするだろうか。何度も言うけど、ラベルの印字は基本「出荷日」なので、たとえ「1月搾り」でも売れ残りのバックオーダーが4月に入れば「2017.04」になります──ただし、都道府県によってガイドラインは異なる──特に「長野県」は主に「詰め日」の記載を義務化。

 恥ずかしながら「松の司」と言うと、蔵の娘が海外の金持ちと国際結婚したくらいの情報しか知らないので (笑) 、ともあれ楽しみではあります。




matsunotukasa_arabashiri28by1.jpg
 ▲近い将来、必ずや日本の女優界を背負って立つ逸材である浜辺美波ちゃんの正面アングルを使わないとか、ディレクターは心の病に冒されてるとしか言いようがない。断固抗議する! シツコイようだが、八重歯は早く治しなさい。そうしないと『君の八重歯をぬきたい』という小説を書くぞ!

 ▼木村佳乃は決して嫌いな女優ではないが、この場合は、頼むからどいてくれ・・・。
 

浜辺美波1

matsunotukasa_arabashiri28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【447】松の司 -まつのつかさ- 純米吟醸 山田錦55 あらばしり生 28BY <滋賀>

松瀬酒造 株式会社:http://www.matsunotsukasa.com


Moukan's tag:



※初日は「米鶴 山廃純大」→「松の司 純大 陶酔 生」→「松の司 純吟 あらばしり生」の順番で呑んでますが、あえて2日目は逆にしてます──要するにオレの好みじゃない順番です。


2017_10_4味クラ5






── 1日目。

 立ち香──穏やか。やや薬品チックなアルコール感も。実は下書きすらしてないので、今も想ひ出すのが面倒なので、まずは飲んでみる、と書いてみる。

 こりゃ硬いな。硬いっつうか、なんか窮屈というか、ストレッチの足りない真冬の中年の朝のカラダみたいだ。これ、新酒の時はどんだけキビキビしてたんだ (笑) ? やや乳酸ライクな甘酸の輪郭にもコネクトできる。果たして呑む順番はこれでよかったのか? オレなら逆にするけどな。「結構辛い」と客人が言えば、moukan1973♀も♡☺♡「アタシはさっきの方 (純大 陶酔) が好き」と言うし、あまり大きな声では言えないが、どこが旨いのか、オレにはよくわからん酒で、それは「米鶴返し」をすればたちまち確信へと変わる。いくら酸の出方にある程度のキャラ立ちがある「松の司」とて、山廃のそれに比べれば別にどうということはない。

 まあ、保留ですね。今夜ちゃんと呑みます。





── 2日目。

matsunotukasa_arabashiri28by4.jpg
 ▲ついに近所のスーパーにスポットで入荷したレア煎餅、三幸製菓『充実 じゃこ気分』だが、問題は「じゃこ気分」の有無ではなく、それが「充実するか」である。そういう意味ではそこそこ充実してるので☆4は付けておこう。ただし、パッケージに書いてある「あっさり塩味」は嘘。三幸ライクに鋭く塩っぱいです (笑) 。もしもこれが「イワシのつみれ味」、もしくは「行列のできない魚介系ラーメン味」という商品名なら、もしかしたらネットで話題騒然になっていたのかもしれない。甘いモノ好きの小さな子供にカルシウム目的で食べさせると泣き出しますので注意が必要。






matsunotukasa_arabashiri28by5.jpg 立ち香──やや熟香もあるかな。黒糖や三温糖のような甘さ。昨日より甘やかだな。あんまフルーツは感じないなあ。個人的には「老ね」とは遭遇しない。

 うーん、まあまあかな。昨日より甘いというか緊張感のない液性。ダレてはいないけど、酸の張りはテンション低め。やや跳ね返りに素っ気ない苦み。辛みの鋭さは幾分緩和。旨みのサイズはポヨンとリトル。

 ちょっと個人的にはすぐに旨さに出会えない酒。少しカツンとした7号酵母っぽいテカリのある苦みと辛み。甘酸の球体がなく、なんか「呑む水飴酒」みたい。ハッカみたいなメントール感もある。☆3.5。せっかく買ってきてもらったのにワリーね。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 松の司

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

まあ、この手の「あらばしり生」ジャンルは出た瞬間に飲むのが吉じゃないですかね。客人は様々なBYの「あらばしり生」を飲んできた上で「うーん」という感じだったので、少なくとも我が家の瓶は「それほどでもない酒」でしたね。誰も「旨い!」と言わない (笑) 。同時に呑んだ「陶酔」の方が出来はいいです。

読者のめいさんは今季2本呑んで、最初に呑んだ「1月」印の瓶は美味しく、おかわり分の「4月」印はイマイチという印象だったようです。

もうすぐ29BYも出ますし、そっちで呑んだ方がいいカナートは思います。


2017.10.06 Fri 12:52
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
これ、以前日誌係さんがかなり褒めてたんで気になってたんですが、同じ酒とは思えない感想…
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1612.html
まあコンディションも全然違うでしょうから一概に比較はできないですね。さらに飲んでみたくなりました。
2017.10.06 Fri 12:38
Edit | Reply |  

Add your comment