◤花巴 - 池袋西武限定 速醸 純米大吟醸 雄町50 無加圧直汲み 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「老化の進んだ今こそ花見のデザート酒にどうぞ (笑) 」#Well-Cured/Clear/High Grade 




 西武池袋本店限定・蔵付き酵母使用の速醸純米大吟醸!
hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by1.jpg

hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by2.jpg

花巴_橋本晃明
 ▲優れた反射神経と瞬時に枝葉を伸ばす連結した思考回路で訊いたことに三倍の濃度で回答してくれる橋本晃明氏の口癖は「やっぱ『旨み』やと思うんです」だ。






ikesei2017_9_20.jpg 去る「9月20日 (水) 〜26日 (火) 」に池袋西武で行われた試飲イベントで軽く蔵元さんと話してきた花巴 (はなともえ) 、イケセイ限定です。その時の速報や「山廃純米大吟醸」の裏話はコチラをご覧いただくとして、この春酒ライクなラベルの純米大吟醸は、実際その通り3月頃にリリースされ、今回はバックオーダー分の5月印の酒を買ってきた。

 実は蔵元としてもチャレンジ酒 (試験醸造酒) ということで、ご存知「花巴」には「速醸」「山廃」「水酛 (菩提酛) 」の三本柱があるわけだけど──今のところ「生酛」の計画はない──、今回の「速醸」は「山廃/水酛」同様に「蔵付き酵母」を取り込んでいるというのが最大の挑戦。橋下杜氏も手応えを掴んだようで「29BYの速醸は全部これでイケるんやないかと思おてます」言うてましたわ。

hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by5.jpg 使用米は「雄町」で精米歩合は50。なにかのタイミングで何度か口にしていた彼特有の言い振り「お客さんならこっちが好みやと思います」に従ったわけでもないけど (笑) 、やっぱ「うすにごり」ではなく透明な方がオレの嗜好には合ってると考え、通常ヴァージョンをチョイスした。「速醸」だけど「花巴」らしい酸もしっかり出てたのと、なにより軽くて滑らかだったのと、話のネタにもなるしで、少し高いけど、値段を気にせずに買ってきたオレは、心だけは貴族でありたい、といつも思っている。

 ちなみ全然関係ないけど、昨日イケセイの酒売り場に電話したら、今年は「五橋 黒糀/白糀シリーズ」は一切注文していないとのこと。基本的に「五橋」の限定品は試飲イベントの際に蔵元さんがスポット的に持ってくるのみらしいので、普段は基本ラインの商品しか置いてない模様。





hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by3.jpg

hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by4.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:★判定不能★ (※リリース直後の推定Gradeは☆4.5)

【444】花巴 -はなともえ- イケセイ限定 速醸 純米大吟醸 雄町50 無加圧直汲み 無濾過生原酒 28BY <奈良>

美吉野醸造 株式会社:http://www.hanatomoe.com


Moukan's tag:



hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by6.jpg



 立ち香──おう。んんん??? レレレのレ??? 米の旨みの強さなのか、イケセイ的な冷蔵温度問題なのか、そこそこ育ってそうな気配 (笑) 。ややネリ&ややチョコ? そして色もイエロウっ! つうか、グラスに注ぐと完全に麦チョコ来た。おかしいなあ。試飲した際には全くなかったんだけどなあ。直汲みは個体差あるしなあ。

 とりあえず呑んでみる──。

hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by7.jpg おばあちゃーん!──※アルプスの少女ハイジが「おじいさーん!」と呼ぶ時と同じイントネーションで。とはイエイ、速醸らしからぬ軽さですね。案外スイスイ呑めちゃうな。ガスは「あるなし」で意見が分かれるほどのゴーストレベル。ちょっと残念なコンディションですが、味曲線そのものは極めて流麗。いいですねえ。「酸」と「熟味の焦げ」と「米の旨み」のトライアングルが醸し出すフレイヴァーはmoukan1973♀が苦手な「桜餅系」ではあるが、いいんじゃないかな、これはこれで。それこそ今のこのコンディションこそ「花見」には合うのではないだろうか。

 うん、桜まんじゅう (笑) 。イケセイの酒売り場の主任には、実は超初心者時代 (本格的日本酒歴3ヶ月くらい?) にメールで一発ダメ出しして、それで冷蔵温度をMAXまで下げさせたんだけど、彼が言うには「8℃が限界・・・」なんだよね (笑) 。頑張って設備投資しろよとは言ったけど──「氷温冷蔵庫で生酒を寝かせればマニアも集まるでえ〜」とか。しかしそれでも、そこは大企業、いろいろと大人の事情があるようで。

 ワイングラス──。


hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by8.jpg 今度はボンタン飴キタ━(゚∀゚)━!

 全くノーストレスで清らかな味曲線なので、単にジュース (液性) だけが老化したこの状態は非常に残念。まあ、呑めますけど──しかし温度が上がると徐々にこの膨らんだ甘みを速醸レベルの酸では支えきれなくなってきて、うん、今は「飲むレーズン」だし「梅風味の塩あんこ」だし「梅こぶ茶」だし (笑) 。お燗はどうかなあ。なんかますますツルんと甘ったるくなりそうな予感もするが、明日以降に試す機会があれば。

 ひとまず評価は★判定不能★でお願いします。





 1973チャレンジ!!!
hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by9.jpg



 ♡☺♡「まあ、あのう、最後は面白い。そこそこ甘いな。ま、米の旨みは出てるよ、確かに。香ばしい。飲める。☆4。桜餅わかるぅ〜。道明寺。あれ苦手〜、あの葉っぱの感じ。あのコラボ苦手なんだよねえ。とはイエイ、あんたが言うように、ストレスなく呑める。桜餅か。春ですよねえ。匂いほど重くない。意外に呑める。ペターンとしてるからか?

 小梅ちゃんに砂糖入りカカオパウダーをまぶした感じとも (笑) 。





── 2日目。

hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by10.jpg



hanatomoe_sokujou_jundai_omachi28by11.jpg 今日はこれから記事を仕上げるから軽くだけ。

 昨日より熟味は気にならんな。全くノイズがないね。これでフレッシュで透明なら☆4.5は余裕だけど、ちょっと老化が進んでますねえ (笑) 。なんか少し水っぽくなった2日目の方がこのコンディションにおいては好きだな。淡麗カラフルな要素もあるし。軽く一杯のつもりが予定外に二杯目に突入してるから、きっと旨いんだろうね──なんだそれ!?

 まあ、温度が上がるとグングンと桜餅になるけど (笑) 。


moukan1972♂






日本酒 花巴

Comment

Add your comment