◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 中取り 一火原酒 26BY 2本目! ── dಠಠb「しかし☆3からよくぞここまで育ってくれたもんだ」#Clear 




shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_3.jpg ひとまず篠峯26BY最終決戦です──何度目のラストコールだ (笑) !? さすがにもう我が家に26BYのストックはない──いいもんネ!黒澤の26BYが4本もあるもんネ!あと黙ってたけど赤トンボも実は隠し持ってるもんネ! しかしまあ、一回火入れとはいえ、よく秋山に残ってたもんだ。来年の3月にはこれの「参年熟成」が出るはずだけど、そっちは2回火入れなのかな。明後日のマチダヤ試飲会で堺杜氏に訊いてみよう──忘れなければ。

 さて、この火入れの純大雄町ですが、実は去年も全く同じモノ (写真右下) を全く同じ店で買って飲んでます。☆3だってさ──我ながら厳しい (笑) 。26BYまでの「純米大吟醸 雄町 中取り生酒」と言えば、オレの中では別格も別格の酒。この生酒は1800mlを2本ほど間隔を空けて呑んだけど、どちらも堂々の☆7。ま、こういう酒を知ってるから何を呑んでもあまり驚かないわけだけど、これもオレなりの〝引き〟だったんだなと今では思う──そもそも「篠峯」を初めて手に取った理由はすごく適当だったし。 (※2014年の7月にマチダヤで超適当に地酒CUPを15本くらい買ってクーラーBOXに入れてチャリで帰宅する→1本だけ液漏れしてた←それが「篠峯 凛々CUP生 25BY」→仕方なく最初に飲む→結果的にこれが一番旨かった→知識が全くないので25BYの「篠峯」を漁る→26BYで買いまくる→その後、これを超える日本酒になかなか出会えない→27BYの「篠峯」がイマイチ→「想ひ出は美化される」の法則なのかを確かめるために26BYを集め直す→やっぱり旨い→酸、足りてない芸人としての覚醒→アンチ・ドッカンファイアリストを宣言→28BY的木香問題勃発→27BYを集め直す→他の凡庸クソ酒に比べれば綾瀬はるかに飲める→特に高精白の9号酵母系はキレイに熟成することが判明←堺杜氏の狙いは正しい→日曜に会ったら報告せねば←今ココ)

 ラベルの印字は「2015.10」だけど、醪は3月にリリースされる「中取り生酒」と同じなので、3月に搾って瓶燗火入れしたモノを蔵で寝かせて秋以降に出す酒。実質的には「篠峯」における「隠れひやおろし」的な酒なんだよね。というわけで、去年は1年3ヶ月熟成状態、今回は2年6ヶ月熟成状態での再飲です。前回はまだまだ硬くて渋くて苦くてモノトーン&ハードボイルドだったけど、あれから1年3ヶ月、どこまで変化してるんでしょう。他人と好みが甚だしく異なると売れ残りのバックヴィンテージを気軽に買えるから、ホント助かるわ。これもオレなりの〝引き〟か。




shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_1.jpg

shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【439】篠峯 -しのみね- 純米大吟醸 雄町 一火原酒 26BY 2本目!<奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:



shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_6.jpg



shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_4.jpg 立ち香──まだほとんどないレベル。前回とあまり変わらない印象。ややギスギスした渋みの先読み。ただ、露骨な熟香というものは全くない。

 とりあえず飲んでみる──。

 ひとまず熟香・熟味はゼロ。いいじゃないか。うん、旨みの隙間から滑らかな甘みがヌルヌルと流れ出る美しいテクスチャー。ガスはゴーストレベル。あるなしで意見が分かれるかもしれないが、オレは感じるな。申し訳ないけど、少なくとも我が家のLabo (台所) においてはmonochrome+の出番は残念ながら一生やって来ない。これが美酒。旨い。続けざまに呑めば誰でもわかる。そもそもの格 (ステージ/ジャンル) がまるで違う。


shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_5.jpg ドえりゃあ軽やかですなあ。最高ですね。こうして26BYを呑むと27BYの歪さというか、デコボコした五味のダイヤグラフが際立つな。今の香りはライチですね。熟香は全くない。つうか、このまま「参年熟成 26BY」が出るまで寝かせれば良かった・・・。

温度が上がってくると、少しミネラルパートのトゲが出てくるけど、滑らかな甘みの球体の輪郭に筆を入れるニュアンスだから許せるな。去年飲んだ時にはこの甘みのビロードがなかったんだよな。そして25BYより柔らかい。

 おおお、さらに温度が上がると、さすがに出て来た、舌で感じるビジブルな (目に見える) 米の旨み。でも個人的には、少なくとも初日のこのタイミングに関してはRS (冷酒) がいいですね──微かなガスを感じながらシャキっとシルキーな滑走を優雅に駆け抜けて行く流れが。





 1973チャレンジ!!!
shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_7.jpg



 ♡☺♡「あああ、ねえ? 超シルキーじゃない? スーパーシルキー。なにこのキレイな酒。クリスタル。旨いな。てか、洗練されてんね。(←これ、書いといて!) 全然熟感ないし、クイクイ飲んじゃうね

 一連の生酒に現れる26BY的豊満 (グラマラス) はないので、生酒ヴァージョンとは別物と考えた方がいい。どっちが好きかで言ったら圧倒的に生酒ではあるものの、この透明感は火入れの成せる業ではあるのだろう。最初の一杯目は☆5という印象だけど、徐々にややリキュール的な構造の液性を感じてしまい、そうなると、やや後半のアタックと跳ね返りは気になると言えば気になる。それでも他の凡酒との圧倒的な格の違いは歴然。





── 2日目。

shinomine_jundai_omachi_hiire26by2_8.jpg
 ▲これは「パクチーちくわサラダ」です。「ちくわ」と「パクチー」の奇跡のマリアージュはハンパない (笑) 。ドレッシングが肝だけど、センスに自信のない人は「ポン酢+胡麻油+砂糖」で和えれば完成。ただし、その際は必ず「千切り生姜」を多めに。方向性としては「冷やし中華」のタレを目指せば間違いない。






 実は昨晩は来客があり、トンデモ酒「長陽福娘 限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 山口9E酵母 27BY 3本目!」なんかと一緒にダラダラ呑んだので、そっちで書こうかな。

 そうね、備忘録としては「クラシック9 (27BY) 」との比較に少し触れておこうか。なんだかんだで生酒なので、液性における立体感は「クラシック9」の方がある。ただし、一糸乱れぬ美しい一体感はこの火入れの方が上。同じ目線で飲むことにあまり意味はないと思うけど、26BYの生酒よりは、むしろ27BYの生酒と兄弟かな。ちなみに27BYの「一火原酒」はこの26BY (ダブル酵母仕込み) とはレシピが全く異なるので注意が必要──別々の酵母 (明利系&9号) で仕込んだ酒同士のブレンド。28BYは9号単独なのかType-M (ダブル酵母) を使うのか、そこは知らない。

 香りに柔らかクリーミイなメロンやバナナが出てきた。これはダブル酵母における明利系パートが担っている部分だとは思うけど、そこまで華やかな印象はないので、極めて穏やかなレベルではある。ツルんとしたシルキーなテクスチャーは今日も健在。退けにかけてのややリキュール的な苦味が気になるけど、それでも☆4.5は付けておきたい。こういう言い方もどうかと思うけど、普通に美酒です (笑) 。しかし☆3からよくぞここまで育ってくれたもんだ。とにかく柔らかシルキー&クリスタル。あのギスギスした渋みは一体何処へ・・・。

 これでこのブラックラベル (雄町50) は24BYの参年熟成×1、25BYの参年熟成×1、25BYの生酒×1、26BYの生酒×2、26BYの火入れ×2、27BYの明利系×1、クラシック9×2、28BYのダブル酵母×1と11本を空けてきたわけだが、やはり25BYと26BYの生酒は至高。あとは追加で買った3本目のクラシック9の1800mlがどこまで育ってくれるか楽しみだ。先日呑んだ感じだと、2年超えは余裕。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 雄町

Comment

Add your comment