◤古伊万里 前 - 純米大吟醸 雄町 monochrome+ (モノクローム プラス) 28BY ── dಠಠb「もはや香りだけ試嗅して買わないレベル」 




koimarisaki_monochrome3.jpg コイマリサキと読みます「古伊万里 前」です。話の流れで買うことになったけど、結論から言うと今の我々夫婦にとっては全く無用の酒です。これなら飲むまでもないです。残念ながら香りだけ嗅いでパスします。

 いろんなウワサのある酒のようですが、確かに例の銘柄の香りにソックリ。あと個人的に想ひ出したのは、2年くらい前にイケセイで試飲した「天吹 純米吟醸 雄町 生」ですかね。香りだけなら「黒澤 Type-9」や「黒澤 直汲み赤ラベル」にも似たようなフローラルさはありますが、オレの中では決して同一レベルではないです──特に「Type-9」とはそもそものクオリティが比較にならん。

 あとは安物の泡モノ (980円) なんかにもよくある香りです。当然グラン・クリュのピノ種が放つ麗しきフローラルさには到底勝てません。「日本酒 (原料:米) なのに」から〝なのに〟を取ったら、一体この酒に何が残るのか、残念ながら今のオレには全く理解できませんでした。




koimarisaki_monochrome1.jpg


 ▼かつてhonshibori1977♀が土産に持参したたむらやの『モッツァレラチーズ みそ漬』は新宿タカシマヤの味百選エリアで購入。しっかりした硬さもあるものの、味わいは軽やかで淡白なので、味噌ジュースに絡めてどうぞ。☆4.5です。小ぶりなサイズ感なので大人2人なら一回で食べ切れます。
koimarisaki_monochrome2.jpg
 bottle size:720ml



SAKE GRADE:☆☆☆½

【438】古伊万里 前 -こいまりさき- 純米大吟醸 雄町 monochrome+ (モノクローム プラス) 28BY <佐賀>

古伊万里酒造 有限会社:http://sake-koimari.jp


Moukan's tag:



※シャンパーニュ前に軽く飲んでます。

koimarisaki_monochrome4.jpg
 ▲ホンダ製菓『ソフトせん コーンポタージュ』は☆4。ここは基本的に揚げ餅系に強いので、逆にサラせん系はマイノリティー。下手に亀田や三幸や岩塚と張り合おうとせず、まさかのコンポタ味でニッチなラインを攻める姿勢には一定の評価を与えられる──まさに弱者ならではの工夫ファイヤー。事実、このコンポタ煎餅はこれで7〜8回目の購入です。サイズ感も程良いので、アテとしても食後の〆にも最適。なんだかんだで本日も4枚をペロリ。






 立ち香──これ系か。甘やか。ややトゥワン。フルーツというよりは紫のお花系かね。ラベンダー。白檀。アジアン・ハーブティー。フランボワーズ系のスイーツ。♡☺♡「ニュウはない。でもアタシからするとややクドいかな?

 もはや香りだけでパスするレベルの酒ではあるが──。

 ♡☺♡「ああ。わりとスッキリ。ちょっと木香っぽさがあるような。キレイなお酒ですね。もはや旨いとか不味いとかじゃない感じ。たぶん呑めばアンタも言ってる意味がわかると思うよ

koimarisaki_monochrome5.jpg 一言で今の気持ちを端的かつ素直かつ正直に表すなら、もはや飲む理由が全く見あたらない酒っていう。少しガスあるかな。

 うーん、たとえばキムチ。これ自体は嫌いじゃないし、別に昔はよく買って食べてたけど、日本酒を飲むようになってから買う理由がなくなったので──舌が辛みに支配されると日本酒の繊細な香りや味わいが検知できなくなるので──全く食べなくなった、まさにそんな感じの酒

 これを試飲して買うことは1%もあり得ないですね。要するに我が家の食卓シーンにおいて、登場する理由/状況が全く想像できない。食中はありえないし、食前でこれを飲んで酔いたくないし、食後には重いしクドいみたいな。この酒自体が悪い酒だとは思わないけど──♡☺♡「それはアタシもそう思う!」──、正直、これなら飲まずとも、もはや香りだけ試嗅して買わないレベルです。要するに、飲むまでもない、ていう。

 ♡☺♡「クドいな。全然進まないね

 まるでアロマオイルをそのまま呑んでる感じ。なんというか、塩ラーメン好きを公言してるのにドロ系とんこつラーメンを薦められた気分というか、ジャスミン茶が苦手なのにお花フレイヴァーな紅茶を飲まされた気分というか、まあ、我々にとっては甚だしく〝お門違い〟の酒です。


 ごめんね。香りだけならシャンパーニュのピノ主導のモノでこれより遥かに美しく麗しくフローラルな酒がゴロゴロあるので、もはやこのレベルの香りを鼻の前にしたところで「だから?」ってな感じです。音楽で言えば、NYのクラブ・ミュージック好きの我々に対して「ミスチル、いいでしょ?」と諭される気分。ミスチル自体は全く興味ないけど、頭ごなしに否定するほど悪い音楽とも思わない、それでも我々には無用という、それと同じ。なんかこんな話、確か以前にも「自然酒の生しぼり」の中でしたな (笑) 。

 moukan1973♀はグイ呑み1.5杯でギブ。オレはシャン後にも呑んだけど、特にシャン後は10分経っても舌に香りがいつまでも残る感じ。液性そのものは別に普通だけど、完全に嗜好の問題ですね。今夜、2日目を呑みますが、正直、気が重いです。うちのブログで☆4は付けられないです。オレが誰かに薦めることは1%もない酒です

 ちなみに例の銘柄の「雄町」の方が──少なくともオレが呑んだロットにおいては──口どけの美しさも、キレの潔さも、綾瀬はるかに上でした。あと、これが美味しく飲めるなら今の「風の森」も別に普通に楽しめると思います。うちらは無理。

 2日目の大逆転を一番期待しているのはオレ





── 2日目。

koimarisaki_monochrome6.jpg



koimarisaki_monochrome7.jpg 立ち香──少しは落ち着いたかな。そのぶんミルキー度は上がってるわけだが、少し奥で草っぽい渋み (花びら汁のような渋みのヒント) があるな。ま、これに関しては好きな部類ではあるけど。

 まあ、期待はできないですが──。

 うーん、味も香りも決して好きな部類ではないし、酒そのものの出来もそこまでイイとは思えない。火入れ的なイヤな渋みがあるし、全体にはよくあるっちゃよくある味と香り。しかもオレが気にも留めなかったような凡酒によくあるそれなので今すぐにそれがどの酒なのかは想ひ出せないけど、それらとこれとの決定的な違いは、少なくとも今のオレには見えないな。初日の芳香剤のような香りのクドさ指数 (飲み手によっては麗しさ指数) は他と一線を違えるかもしれないけど、オレの求める香りの組に所属するそれではない。


koimarisaki_monochrome8.jpg 少し温度が上がった方が渋みが緩和されて柔らかい液性になるけど、今度は甘さがクドくなるなあ。昨日よりも細部に雑さが見え隠れするので、もはや初日に感じた「決して酒そのものの出来は悪くない」という印象すら気化してしまったようだ。

 ダメですね、こんな酒は呑めません。言ってしまえば、辛いのと酸っぱいのと甲殻類が苦手な人にトムヤムクンを呑ませるようなものだし、この酒にとっては今日本で最も呑ませちゃダメな飲み手がモウカン夫婦でしょう (笑) 。

koimarisaki_monochrome9.jpg 最後にこの味と香りの感じをこれまでに家呑みした約700本の中から首尾よく捜し当てたいんだけど、もはやその脳内検索エンジンすら無気力という。輪郭線クッキリのキレイめな米の旨みにアクセスできるタッチはイイんだけど、どうにも香りが邪魔。もはや我々にとってはトイレの芳香剤レベル。オレには非常に安っぽい香りに感じる。これなら呑む前のモエシャンの方が遙かに美しく芳しいよ。

 ☆の増減はないです。二度と呑みたくないです。一方「篠峯」は断然「飲めます」ね





 ピーマン嫌いの全国の子供たちへ


 たとえ「ピーマン」が食べれなくても栄養失調になることはないから安心しろ──うちらに苦手な酒があっても日々の生活の幸せが壊されることがないのと同様に。好きなモノを好きなように食べればいい。もしも常軌を逸して何かの偏りがあるのなら、そのうち勝手に倒れるから、そのときに反省すればいい。ただし、親より先に死ぬなよ。





── 3日目。

koimarisaki_monochrome10.jpg



 立ち香──徐々にフローラルな芳香剤のような香りは抜けて、今はどこにでもある日本酒的な華やか風情。程度の差はあれ、それこそ「長陽福娘 夏吟醸」や「澤屋まつもと Tojyo」や「福寿千歳 長者盛 純米吟醸 黒ラベル」なんかと成分的には同じ。

 ますます渋いな。華やか火入れ吟醸酒にありがちな、それこそ花びらエキスのような舌に滲む渋み。今日に関しては香りよりも味がダメ。多少のコンディションの違いがあるにせよ、もうこの手の日本酒は二度と手に取りたくない。我が家にとっては単なる地雷ですね。〝香りという属性〟一点勝負なら、そもそも米 (穀物) が葡萄 (果実) に勝つことは不可能。だから今の我々はますます日本酒に香りは求めない──ただし、歴然と好きな香りというものは存在する。

 最近だとそれが一部の「黒澤」であり、過去の幾つかの「篠峯」であり、一部の熟成状態の (ミネラル成分が美しく粉雪化した) 「長陽福娘」だ。ちなみに先日の「長陽福娘 辛口純米 直汲み 28BY」にも「monochrome+」と同種のグレープ香はあるが、あっちは果実的で、こっちは擬似果実的 (芳香剤的/紫の花的) なので、オレの中では「写真」と「イラスト」ほどに質は違う。

 そして驚くべきことに、この720mlには4日目がある。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 古伊万里 古伊万里前

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。

初日の香りの出力は、まあ、かつての例の銘柄レベルではありました (笑) 。でもやっぱ、そっちの雄町の方が断然イイ酒だと思いましたね。今それを飲んでどう感じるかは怖いですが、それでもスイスイとノーストレスに飲めるとは思います。口どけがマジカルですからね。

──こうなったら「グラン・クリュのピノ種」を飲んでみたいところですが、うっかりワインにはまると大変なので、やめておきます。。

moukan1973♀も冗談めかして ♡☺♡「だったら (そんなに香りを求めるなら) シャンを飲めばいいのに」と言ってましたが (笑) 、まったり日本酒道さんが恍惚とする香りのシャンパーニュが腐るほどあることだけは事実です。僕が飲んだ50本くらいの中にも日本酒じゃ絶対に勝てない美しい香りの酒は余裕でゴロゴロありました。ま、慣れないうちは含むと鮮烈に酸っぱいわけですが (笑) 。

シャンパーニュは高級ワインなので安いモノが存在しませんが (基本3,000円〜) 、他のスパークリングなら日本酒の720mlより安いモノはたくさんあるので、デパートなんかで試飲すればタダで飲めますよ (笑) 。むしろシャンパーニュなんかより派手に香るし甘いので、そっちの方が好きという人もいるでしょうね。ビールで言えばプレモルやヱビスよりスーパードライの方が軽くて好きという人もいますし。あ、伊勢角屋ペールエールの香りもクラフトビールの中では極上クラスで、これは本当に旨いです。新宿の伊勢丹にまだありますね。是非一度ご賞味あれ。


──まあ、僕的に収穫があるとすれば、モウカンさんがディスってる酒があったとしても、僕は気にせず飲めばいいということくらいです(笑)。

その通り!
僕が☆7を付けた「仙禽 赤とんぼ」も「養命酒」だの「紹興酒」だの言われて一部で不評を買ってますので (笑) 。

あと、記事にする以上、メッセージは外に向くので、まったり日本酒道さん個人の感覚や感想はあまり視野には入らなくなります。自分がどう感じたかだけですね。そこは「文通」にはなりません。

最近の「風の森」は僕にとっては過剰なまでにフローラルですね。酒そのものは軽いっちゃ軽いので、まるでシャンパーニュからスパークリングに格下げされたようなカジュアルさはあると思います。僕の好きだった「風の森」は力強い凝縮感こそが魅力だったので。


2017.09.23 Sat 02:18
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - すみません。。

毎度です。

僕は好みだったんですが、お口に合わなかったようですみません。香りが好みかどうかは読めなかったですが、液性ではいけるかなと思っていたのですが、両方ダメだったようですね。コンディション問題もあるかもしれませんが、確かなことは同じ酒を飲んでみないと分からないですね。。

こうなったら「グラン・クリュのピノ種」を飲んでみたいところですが、うっかりワインにはまると大変なので、やめておきます。。

まあ、僕的に収穫があるとすれば、モウカンさんがディスってる酒があったとしても、僕は気にせず飲めばいいということくらいです(笑)。高いお酒を買ってもらっておいて、大変微妙な収穫で、申し訳ないですが。。風の森も試してみよう(笑)。
2017.09.22 Fri 23:21
Edit | Reply |  

Add your comment