もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Philipponnat (フィリポナ) AOC Champagne「Royale Réserve Brut 」NV (2012ベース - Dégorgement:2016/3)  




2017_9_17Philipponnat3115.jpg

 ▲16代目当主シャルル・フィリポナ氏。




 毎度アクセスありがとうございます。


 昨晩のモエ・エ・シャンドンが余りにもクソだったので、今夜こそはハズしたくないフィリポナです。ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区マルイユ・シュール・アイ (プルミエ・クリュ) に拠点を置く老舗メゾンで、年間生産量は50万本クラスと、そこらのRMモノに比べれば歴然と大規模です──年間3,000万本のモエ・エ・シャンドンに比べれば零細企業ではあるが。

 マルイユ・シュール・アイ村はピノ・ノワールの名産地「アイ村 (グラン・クリュ) 」のすぐ東隣に位置しており、この地方には昔から「アイには名前があり、マルイユには葡萄がある」という格言──「香り松茸、味しめじ」的な (笑) ──が定着しているそうで、中でも偉大なる単独畑「クロ・デ・ゴワセ」はフィリポナが独占 (5.5ha) しており、ここで獲れるピノ・ノワールはグラン・クリュであるアイ産にも劣らぬ品質であるという。



2017_9_17Philipponnat3160.jpg
 ▲〝ややウザ〟なスタンドシャン食 -Tokyo 新橋虎ノ門- Champagne & GYOZA BAR



 セパージュは「ピノ・ノワール65%、シャルドネ30%、ピノ・ムニエ5%」で、使用ブドウは2012年ベース、基本的に木樽にて約80%をマロラクティック発酵、残りの20%をステンレス発酵させた果汁をブレンド。リザーヴ・ワインはソレラ・システム (タレの継ぎ足しみたいなもん) により熟成、ドサージュは8g/1L、12℃に保たれた地下カーヴで3年間の熟成を経てデゴルジュマン (2016.5) される。ちなみにこのNVのピノ・ノワールにはモンターニュ・ド・ランスの南向き斜面のモノは使われているようだ。





◤フィリポナ AOCシャンパーニュ「ロワイヤル・レゼルヴ・ブリュット」NV

Tag Link



2017_9_17Philipponnat3119.jpg



 立ち香──なんかブラン・ド・ブランみたいな明るいトーン。こりゃ期待がタカマール。フローラルというよりは明白にフルーティー。

 ♡☺♡「あああ、ブドウの味がする。昨日のモエシャンより全然美味しい。久々に酸を感じる。進むわ〜



2017_9_17Philipponnat3122.jpg


 これはアタリ。なんかRMモノのブラン・ド・ブランみたいだな。少なくともシャルドネ・パートはコート・デ・ブランばりの力強さがある。立体感のあるミネラリティに凝縮感のある果実味。端的に言って、完全に我々の好きなテイスト。樽パートも隠し味レベルでクドくなく、静かに果汁に寄り添う感じで極めて好ましい節度と距離感。気配として影として味わいに適度な輪郭線を与える気品に満ちたタンニン。

 これまでに飲んだ大手のNVスタンダード・キュヴェの中では間違いなく一番好きだ。ルイ・ロデレールボランジェも悪くはないが、夜中にTVでやってる往年の名画を漫然と眺めてる感じで、さほど気分がアガるわけでもないし、少なくともオレがシャンパーニュ・バージンの飲み手にこれらを薦めることはない。

 だったらこのフィリポナだ。そこそこ酸っぱいし、シャンパーニュとしての派手さもケレン味もないけれど、純粋な果実酒としてのバランス、力強さ、輝きにおいては、むしろスティルワイン (泡ナシの普通のワイン) 的なフィールドで楽しめるタイプ──それゆえにRMモノとの通奏低音が感じられるのかもしれない。ブレンドの魔術やリッチ感よりも、畑 (テロワール) やブドウをダイレクトに感じられるという意味で。



2017_9_17Philipponnat3132.jpg


 温度が上がってくると徐々にピノらしいクリーミイな香りの豊満も顔を出す。それでも水っぽく薄く感じる時間帯が少ないし、ミネラルの暴走もない。

 ♡☺♡「旨い旨い、久々に旨いの飲んだわ〜。モエと違ってペースが上がるわ〜

 このNVにはノンドゼ (ドサージュ無し) もあって、どうやら──特に日本では──そっちの方が売れてるらしいので、近いうちに必ず買います。このNVもまた飲みたいと素直に思える。まあ、結局は自分の舌しか信用できないので、一つ一つ潰して行くしかないんだな。これで並行品が3,980円 (税抜) は安い。特に品質に問題はないと思うよ。





 ちょっと酒が足りないので・・・。
2017_9_17Philipponnat3138.jpg



ヨーグルトスカッチ この流れで「篠峯」を飲んでも全くもって「酸不足」を感じないんだから、よほど酸は足りてるんだと思う。それでもやっぱ日本酒は甘くて濃い酒だなあ。「飲み物」っつうか、むしろ「食べ物」みたいだよ (笑) 。

菊鷹」はますますいい。ここへ来て、ようやく乳酸を露骨に感じるようになってきた。まさに「明治CHELSEA ヨーグルトスカッチ」様のキャンディー的な乳酸フレイヴァー。

 ♡☺♡「菊鷹ウマい! 今日飲んだ3本の中で一番ウマい!

 まさかのフィリポナ超え (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






Philipponnat シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment