◤篠峯 - 純米 伊勢錦 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「久々にマトモな日本酒を飲んだけど、すぐに慣れるな (笑) 」#Wine Oriented 




shinomine_isenishiki27by3.jpg あれ? 前説を書いてから旅行に出た気でいたのに書いてないや (笑) 。25BYに新発売されたスペックですが、初呑みです。去年の今頃にはまだ26BYが残ってたのにモッタイナイことしたな。というわけで、27BYの篠峯です。「2016. 01」リリースなので、なんだかんだで結構寝てるけど、案の定、老ねや熟味ファイヤーはありませんでした。さすがに多少の熟れ感はあったけど、別に「他の銘柄ならリリース直後でもこういうタッチ、あったりするよね」レベルです。

 使用米は三重県の元坂酒造 (酒屋八兵衛←マチダヤ試飲会で同じ〝オヤジの逆襲フロア〟仲間) から苗を分けてもらって地元奈良の契約農家に栽培を依頼した「伊勢錦」で、いわゆる「幻の酒米」系みたいね (参考) 。磨きは65、使用酵母は6号です。数値は「日本酒度:+6、酸度:2.3、アミノ酸度:0.8」なので、篠峯的には〝やや酸度しっかりめ〟程度の範囲。




shinomine_isenishiki27by1.jpg

shinomine_isenishiki27by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【437】篠峯 -しのみね- 純米 伊勢錦 無濾過生原酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:



shinomine_isenishiki27by4.jpg
 ▲地上に戻ると、さっそく下世話なニュースで賑わってる (笑) 。テレビが映らないエリアにいたもので・・・。



shinomine_isenishiki27by5.jpg 立ち香──少しだけ熟れ茶けた果実のニュアンス。ほんのり草っぽさもありつつ、ギシっとした酸やミネラルの先読み。やや甘やかなブドウ様の香りも。もちろん「牛乳」や「お花畑」はないし、ストラクチャーの豊満を感じさせない、まさにドッカンZERO地帯です。なんかスッキリしてそうだな。

 久々にマトモな日本酒を飲みます──。

 ♡☺♡「うまあい・・。久々だからかなあ。ガスあるねえ。呑んだ感じは熟感はない。クリア、キリリ

 飲み口は一瞬だけ26BYっぽさもある。クリスタルなエキス感にフルーツ模様が重なる感じとか特に。でもまあ、27BY的な薄さ、軽さ、細さはある。なんか山廃みたいなペタンとした旨みの立体感。ほんのりカカオライクな熟香──やんわり「チョコ&レーズン」なんかにコネクトするニュアンス──もあって、熟した雄町酒みたいなルックもあるっちゃあるが、別にこのくらいのタッチは、他の銘柄であれば、リリース直後の酒でもたまに出会う程度の範囲なので、別にこれがあるからドーノコーノはない。



shinomine_isenishiki27by6.jpg
 ▲旅行中、部屋の冷蔵庫には「4本の一番搾り」が常備してあって、日に2回ほど補充されるので、当然、残りは持って帰ってきたという (笑) 。そして仙台駅構内のお土産エリアで、なぜか山形の酒田米菓『ソース旨煎』を喜んで買うオレ──だって、売り場の市毛良枝にシワの感じが似てる姐さんがガンガン試食させるんだもの。これ旨いです。☆4.5。スーパーで見たことないし、お土産プライス (432円) だからコスパは良くないけど、味のラインは完全に「うまい棒 ソース味」と全く同じ (笑) 。煎餅Bodyも10円玉みたいに薄いので軽いです。






 とにかく分かりやすく楽しく「篠峯」を感じれるあたりが我々的には最高。♡☺♡「久々の日本酒だから最初の一口目は異常に旨く感じたけど、今はだいぶ落ち着いた (笑) 。でも、別にこれはこれで旨い」──そうねえ、明利系や9号系とは少し違った方向性の熟成アプローチだと思うけど、ちょうどそれらの中間ゾーンかな。ミネラルパートに若干の〝剥離感〟があって、なかなかフワっと美しい粉雪として舞ってくれないというか。

 moukan1973♀は♡☺♡「最後が薄い」と言うが、むしろ退けにかけては速醸らしいズシリとした渋酸の滑走路が待ち構えてる。前半に旨みや甘みの豊満がないので、言うなら、そんなもん、最初から「薄い」という話ではあるだろう (笑) 。

 ☆4.5という気分で呑んではいるが、明日はさて。今日はこのあとにシャンを飲むので軽い味見程度です。





── 2日目 (金曜日) 。

 ヤッタあ! 今宵は独りダゼイっ!
shinomine_isenishiki27by7.jpg

 
 ▲クララが「人気読モ」という設定 (笑) 。



shinomine_isenishiki27by8.jpg 立ち香──まあ、熟れてるっちゃあ、熟れてるけど、1年8ヶ月だからね。それを思えば「別に」ってなもん。元からこういう酒がないわけじゃないし。

 なかなかのミネラル感だ (笑) 。ミネラルパートに〝ややピークアウト系の剥離感〟もあるが、6号酵母のポテンシャルなのかな、酸の鋭さ&それによる凝縮感はそこそこ凄まじい。なんだろうなあ、これ。シュガーレスのキシリトール系ガムのシトラス味みたいなキリキリ感 (笑) ? 少なくとも果汁感はないなあ。

shinomine_isenishiki27by9.jpg ワイングラスで──。

 なんか舌が慣れてくると時間軸に比例するように淡麗なニュアンスになっていく感じ。ちょっと不思議な日本酒だけど、27BY的な篠峯としての通奏低音はあるな。毎度の言説で申し訳ないけど、まあ、呑める (笑)☆4.5はないな。やっぱ「愛山45」や「雄町50 クラシック9」の方がポテンシャルは圧倒的に上──そりゃそうか





 味クラーヴェ!!!
shinomine_isenishiki27by10.jpg
 ▲「菊鷹」は720mlに採って、少し足りない分 (30mlくらい?) は「くろさわ 純吟 2014」をドサージュ (添加) して、それで1週間くらい家庭用冷蔵庫内 (2℃) で放置した状態です。




 菊鷹──いいですねえ。実はボーっとしてて──旅行ボケか?──全く気にせず目の前のグラスを口にして「なんだ、篠峯、旨いじゃんかよ!」と思ったら「菊鷹」だったという (笑) 。まだまだリハビリは続くな。うん、ようやくクリスタル感が出て来た。イイ感じにアク抜きされてるな。いいです。これは☆4.5はある。むしろ口開けから数日経った残5合とかの状態で外呑みした方が生える酒じゃねえか? いいです!

shinomine_isenishiki27by14.jpg 篠峯──まあ、似てるっちゃ似てるんだよな、ストラクチャーだけでなく、味や香りのニュアンスも。こうして並べると悪くないな。つうか、露骨に負けてる感じはしない。ただ、ここへ来て「山廃」と「速醸」の差が歴然と──特に一体感のある力強い透明な液性において──存在しはじめた感じ。

 菊鷹の方が圧倒的にフルーティーだし、味に関する〝ややToo Much〟な情報量に対する手仕舞いが素早く、そして一切の無駄がない。一方、篠峯はこの相対の川の流れの中では明白に重く感じる。ミネラル成分の軋みが液性に少しゴリゴリしたテクスチャーを与えるというか。「菊鷹」は流れ (味曲線) に無駄がないし美しい。なんか開けたての「うるさい感じ」がなくなって非常にオレ好みの質量感になった。黒澤ドサージュもイイ仕事してるのかな (笑) 。濃いけど軽いという。





── 3日目 (土曜日) 。

shinomine_isenishiki27by11.jpg
 ▲デブロクワイ



 今宵はシャン前酒として──。

shinomine_isenishiki27by12.jpg こうして並べて呑むと、やっぱ「篠峯」は少し重い。まあ、呑めるけどさ。27BY的な細さをすごく感じる。キリっと酸っぱいけど、せっかくこれだけ酸が出てるんだから、どうしても前半に果実的な甘酸の豊満は欲しい。山廃ライクなペターンとした立体感もあるんだけど、それでも「菊鷹」と比べると重いし、それは単に27BY的な細さから生じた結果論に過ぎないかな。

 ♡☺♡「あああ、菊鷹、旨いなあ! ゆっていい? 大人酒、このミネラル感と、濃さと、でも軽い。まさに大人の酒です!

「菊鷹」の方がビビッドな明るさがあるかな。それでいて複雑味も──27BYの熟成コンディションほどではないにせよ。明白に☆4.5ですね。「篠峯」はどうでしょう。気分としては☆4だけど、篠峯としては☆3.5みたいな感じかね。別にこれはこれで呑めるけど、☆7や☆6の極上レベルを知ってる我々としてはねっていう。





── 4日目 (日曜) の昼間。

shinomine_isenishiki27by13.jpg



 オレは一口だけ味見。瓶口からテカリ系の (リキュールっぽい) ピーチ香も出てきたけど、含むと完全にシトラス系のピール感。結構ズシリと酸っぱい。まあ、これはこれか。確かに「肉には合う」感じではある。この味と香りで「山廃」なら最高という感じ。まだ半分くらいあるけど、崩れる様子は微塵もないので、☆4でフィニッシュしておきます。しかし「菊鷹」はイイ感じに化けたな。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To pukuichi1965さん



毎度です。

その後も伊勢錦と雌伏はちょいちょい飲んでます。同時に飲むと「菊鷹」の方が酒としての完成度/魅力は上ですが、意外に「篠峯」も飲めますね。ただ、これは僕らにとって「上物の篠峯」ではありません。


──日本酒に精通した、店のオブザーバーが「これ(菊鷹雌伏28BY)、何日かしたら化けそうだな~」と言ってたのをmoukanさんのコメをみて思い出しました。

27BYの熟成コンディションは文字通り〝化けた〟という感じでしたが、720mlに移した28BYは〝殻 (蕾) の中から実が出てきた〟感じですかね (笑) 。余計な要素が剥がれ落ちて透明度が増しました。開けたては少しクドいですね。汗臭いというか、自己主張が強いというか、味のかまってちゃんというか (笑) 。


──肉の場合、洗い流す酸というか発泡気味の微炭酸というかその類が好まれますね。トロっとした酒よりチリシュワ系の方が目に見えて減りが早いです。

お客さんも同じ酒をついついオカワリしちゃんでしょうね。だったら「花巴 山廃 純米大吟醸」なんかもオススメですよ。もう売ってないと思いますが、「山本イエローサンシャイン」なんかも異常に軽いのでオカワリ率は高いと思いますね。少しエレガントにウマ過ぎますが──すでに酔ってる人に細かい部分が感じれるかは微妙ですが (笑) ──、「上喜元 生もと 八反錦 生」もイイですよ。大本命は (たぶん) 1月に出る「米鶴 山廃 純米大吟醸 生 29BY」ですかね。28BY並みの完成度なら、他のほとんどの山廃生を〝無意味の沼〟に叩き落とす危険な酒ですが・・・。


──篠峯伊勢錦27BY、愛山純大吟27BY、ろくまる八反27BY、こいつらは追熟中。冷蔵保管の温度を少し上げて(2℃くらい)どうなるのか??ちと試してます。

愛山45は3本あるので、1本は逆に冬場は冷蔵庫の外に出しちゃいます。マンションなので真冬でも12〜3℃くらいまでしか下がりませんが、これで早めに熟れさせます。


2017.09.19 Tue 11:43
Edit | Reply |  

Name - pukuichi1965  

Title - 

おつかれさまです
菊鷹雌伏28BYに篠峯山廃純米雄町、店出ししましたが素晴らしくハケ良しでした
日本酒に精通した、店のオブザーバーが
「これ(菊鷹雌伏28BY)、何日かしたら化けそうだな~」
と言ってたのをmoukanさんのコメをみて思い出しました
菊鷹ハミングバード28BYも同時開栓、味ノリはイマイチだけどこれも評判ヨシ
あっという間にカラなもんで、開栓後の変化は確認できませんでした

肉の場合、洗い流す酸というか発泡気味の微炭酸というかその類が好まれますね
トロっとした酒よりチリシュワ系の方が目に見えて減りが早いです
篠峯伊勢錦27BY、愛山純大吟27BY、ろくまる八反27BY、こいつらは追熟中
冷蔵保管の温度を少し上げて(2℃くらい)どうなるのか??ちと試してます
2017.09.18 Mon 17:11
Edit | Reply |  

Add your comment