もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤芳水 - 特別純米CUP 27BY (29.3) ── dಠಠb「死ぬ前に燗酒でも飲んでおくか」 




 毎度アクセスありがとうございます。9/10 (日) 〜9/14 (木) まで旅行に出ますので今日こそ前説も本編も省略気味で参ります。

housui_cup29_3_3.jpg ちょっと久々の芳水 (ほうすい) ですが、実はこの特純CUPは2度目で、ブログでは「山廃純米生 26BY」なんつうエクストリームな扁平山廃 (最強プレス伝説!) も既に紹介済みです──今年も呑みてえなあ。「芳水」と言えば「克正 山廃純米 雄町65 27BY」を醸した高垣克正氏がかつて杜氏を務めていた蔵元でもあります。

 この特純CUPは日本酒歴4〜5ヶ月くらいの時に呑んでるけど、当時の印象としては「神亀」系なので、今宵もお燗で参ります。火入れして、ある程度「熟成」させてから出荷される酒です。経験上、CUP酒の密閉性はクワナリ低いので、更なる熟成が進んでる可能性も大いにあり。兵庫産の山田錦60で酵母は協会9号です。ちなみにこのCUPはマチダヤでいつでも買えます。




housui_cup29_3_1.jpg

housui_cup29_3_2.jpg
 ▲「不倫」よりマスコミの「イケメン判定」の方に大いなる疑惑。

 ▼誰?
housui_cup29_3_4.jpg
 bottle size:180ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【436】芳水 -ほうすい- 特別純米CUP 27BY (29.3) <徳島>

芳水酒造 有限会社:http://www.housui.com


Moukan's tag:



housui_cup29_3_5.jpg
 ▲奇跡のツーショット (笑) 。並べると安藤キャスターの方がババアだけど、色は彼女の方が白いぜ? そしてプレモルは相変わらず「水」です。しかも「どこが<香る>んじゃいっ!」的な問題も。








housui_cup29_3_6.jpg



 立ち香──あんま匂わんな。もっとドスコイな熟成火入れ純米な香りを期待していたのだけれど。

 まずは常温で──。

 CUP酒による密閉性の低さゆえの酸化なのか、元から軽いのかは分からんが、25BYで呑んだ時より全然大人しいなあ。結構酸っぱい。熟香&熟味はそれほどでもないなあ。こりゃお燗一択だわ。

 お燗──。



housui_cup29_3_7.jpg

housui_cup29_3_8.jpg
 ▲茶飲みです。



 来ました、この香り。それでも含むとまだまだ薄いなあ。滑らか酸っぱいけど、これは味が出てない。やはり27BY的な酒米問題か。もっと旨みの爆発が欲しい。

 ワー燗 (お燗をワイングラス) で──。



housui_cup29_3_9.jpg



 最初、アルコールの気化バーストを食らって目が滲みた (笑) 。でもいいかも。最近お気に入りのオイリーなバターっぽさにコネクトしやすい。ワイングラスでお燗を呑む人は少ないと思うけど、なかなかオモロイです。茶飲みの燗冷ましは細くて酸っぱいなあ。これならワイングラスの方がいい。こうなったら残り90mlくらいの「くろさわ 2014」も行くぜ。

 落花生バーストに期待──。



housui_cup29_3_10.jpg



 ああ、むしろ果実的な酸がパワフルに。落花生は余韻の中でフワっと柔らかく広がる感じ。むしろ折り目正しくフルーティーに甘酸っぱいです。なかなかいいわ。つうか、あんま常温付近と味の出方が変わらんな。でもドライフルーツな輪郭線がブっとくなるので「赤とんぼ」ならぬ「黒とんぼ」ではある。

 こうして温めてみて分かるのは、やっぱ落花生パートはミネラル成分なんだなということ。お燗にするとこれが和らいで、燗冷ましでもはんなりしてるわ。


※旅行前の酒記事はこれで最後です。


moukan1972♂






日本酒 芳水

Comment

Add your comment