もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 昨日1日、うちのパソコン (Safari) から「Discogs」にアクセスできなくなって「死ぬ」かと思ったけど、起きたら復活してました。冗談抜きで「Discogs」は完全に電脳状態 (外付け音楽脳) です。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤本日の1曲♪【BRIT FUNK】The Warriors - Destination (1982) #Incognito/Jean Paul Maunick 

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, UK SOUL/ACID JAZZ, CLUB JAZZ/LATIN
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎YouTubeの宇宙を徘徊してたら適当なBrit Funkの束を見つけて辿ったら結局Joey Negroが編纂した『Backstreet Brit Funk (2010) 』というコンピに行き着いたという (笑) 。The WarriorsIncognitoを率いるJean Paul Maunickが1982年に立ち上げたグループみたいだけど、アルバムは1枚のみ。そもそもIncognitoも1981年に『Jazz Funk』というアルバムを1枚だけ出して1991年の『Inside Life』で復活するまでは表舞台からは消えていたわけで、なんというか、結局Dance Musicの場合、時間と予算と気の合う仲間があればチャチャっと作っちゃう文化なんだよね (笑) 。そもそも〝売れる〟より〝作る〟ことに目的があるし、彼の中では「Incognito」と「The Warriors」との間に大した意味の違いなんかないんだよね。これが例えば秋元康なら上手いことを言って〝どうでもいい違い〟を説明したがるんだろうけど。コンセプトがないと動けない人はオレに言わせれば頭の手足が不自由な人。











 ▶︎結構なIncognitoぶり (笑) 。
 
music_incognito2.jpg
 Embed from Getty Images
 ▲まだまだ現役!!!

 ▶︎Joey Negro
music_joey_negro4.jpg
 photo: slothboogie.com


FUSION CLUB_JAZZ UK_SOUL

Comment

Add your comment