もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Thierry Houry / ティエリー・ウリー ブラン・ド・ブラン アンボネイ グラン・クリュ NV #ギルガメッシュC-HOP IPA/カルビー Jagabee 魔除けのマヨ&ケチャップ味/グリコ PRETZ パクチー味 




2017_9_9Thierry_Houry2674.jpg



 毎度アクセスありがとうございます。


 こちらのシャンパーニュは旅行の前夜 (9/9) に飲んだ酒になります。いろいろと後が詰まってますので、ささっと。

 シャルドネ100%のブラン・ド・ブランですが、少し変わった属性を持っていて、それはピノ・ノワールの聖地として有名なモンターニュ・ド・ランス地区のアンボネイ (グラン・クリュ) のシャルドネを使用しているということ。いつもはコート・デ・ブランのシャルドネを使用したブラン・ド・ブランばかりを口にしてるので、ここらで少し知見を深めたいカナートと思いまして。







2017_9_9Thierry_Houry2678.jpg





◤Thierry Houry / ティエリー・ウリー ブラン・ド・ブラン アンボネイ グラン・クリュ NV




2017_9_9Thierry_Houry2702.jpg
 ▲Calbee『Jagabee 魔除けのマヨ&ケチャップ味 (セブンイレブン限定) 』は☆4。そこそこリアルなマヨケチャ感──つまり、フライドポテトにマヨ&ケチャップを付けて食ってる感の再現性が高い。



◤ギルガメッシュ - C-HOP IPA


 シャン1本じゃ足りないので、まずはビールで乾杯。たしか〝散財の悪魔の棲む館・異常石井 (成城石井) 〟で適当に買ったはずだけど、これ、まあまあいいな。これまでに飲んだIPA/ペールエール系の中では伊勢角屋の次くらいに旨い。甘みもちゃんとあって、アフターには少しハーブなアロマ。これはリピしてもいい。オレには結構な甘口に感じるけど、ビールとしての苦みはそこそこあります。とはイエイ、酸の張り出しはそこまでじゃないので、あまりフルーティーだとは思わない。

 ♡☺♡「意外にいい (笑) 。雑なパッケージはどうなの?と思ったけど






2017_9_9Thierry_Houry2707.jpg
 ▲グリコ『PRETZ パクチー味』は☆3のクソ菓子。まるでヨモギ。つうか、もはや味も見た目も「線香」みたい。パクチーの味や香りを生地に練り込むと意味合いが変わってくる。そこは「ばかうけ」ライクにパウダー (ドレッシー仕上げ) でやれ。パクチーとポッキーじゃ立体性の属性に違いが有りすぎる。葉っぱ (パクチー) は平面、ポッキーは立体。ここの次元交換をスムースに行うにはパウダー至上主義の採用が必須。つまり、裸のポッキーBodyにリアルなパクチーパウダーをまぶす製法こそ正攻法。素人よ、出直して来い。





 ようやくのシャン (笑) 。
2017_9_9Thierry_Houry2717.jpg


 立ち香──明るく甘やかな透明感。リンゴとハチミツ。コート・デ・ブランのような鋭いミネラルは全く感じない。

 グラスに注ぐと泡の粒がややデカい (笑) ──。

 ♡☺♡「香りの割りにちゃんと酸っぱくて良かった。マイルド。いつものブラン・ド・ブランみたいなシャープさがないけど、これはこれで旨い



2017_9_9Thierry_Houry2711.jpg



 随分と可愛らしいブラン・ド・ブランだな (笑) 。とにかく軽い。ミネラルも非常に柔らか&穏やか。ただ、メニルのNVよりは身の丈にあったサイズ感で、好ましさはある。なんか酸っぱいイタリアワインを飲んでる気分。キャラの明るい人みたいな。フランス的な気取りや嫌みがなく、アケスケで野暮ったいいけど、とっても愛らしい。嫌いじゃないですね。スゲえ美味いイタリア産の白ワインに泡を足したニュアンスを想像してもらえれば。



2017_9_9Thierry_Houry2731.jpg
 ▲リアルパクチーでPRETZの借りを返す。


 新宿伊勢丹に再上陸中!!!
 
 ▲9/27~10/2 (横浜 髙島屋) 、9/27~10/3 (大阪 髙島屋/地下味百選 ※イートイン) 、10/4〜10/10 (阪急 うめだ本店 地下2階催事場) にも上陸!





2017_9_9Thierry_Houry2725.jpg



 ♡☺♡「貫禄がない (笑)

 それでもフランソワ・ビリオンよりは好き──というか、相応しいサイズ感で、ちゃんと自分に似合う服をちゃんとしたサイズでちゃんと小綺麗に着こなしてる感じ。高級感の押し付けがないのがいい。それでもグラン・クリュらしく、よく見ると地味ながらもイイ生地のイイ仕立てのシャツだなあ──みたいな (笑) 。

 そして、まるで南国の太陽みたいだ、なんて言ってたら、ミュズレ (王冠) の絵柄が太陽じゃん。明るくトロピカルで愛らしいブラン・ド・ブランです──リピはないけど。


moukan1972♂moukan1973






Comment

Add your comment