もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Petitjean Pienne / プチジャン・ピエンヌ エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV 




2017_9_2Petitjean Pienne2377
 ▲おいっ、サイズサイズぅっ! しかもこのコ (よく知らない) 、たぶん元々少し寄り目気味だと思うからデカイ眼鏡は御法度も御法度。誰か注意してやれ。



 毎度アクセスありがとうございます。9/10 (日) 〜9/14 (木) まで旅行に出ますので、準備やら何やらで慌ただしく、前説も本編も今日こそ省略気味で参ります。まさに「自分用の備忘録」です。







2017_9_2Petitjean Pienne2411 シャルドネの聖地「コート・デ・ブラン地区」のクラマン (グラン・クリュ) を拠点とするメゾンで、これまで日本はおろかフランス国外にも輸出されたことがないというマニアックな銘柄。「クラマン」に畑を所有するメゾンは数あれど、それこそブリュン・セルヴネイなんかもここのシャルドネをブレンドしてるわけだけど、実は「クラマン100%」のブラン・ド・ブランを飲む機会はそう多くはないので、それで買ったんだと思う──あまり悩まずに矢継ぎ早に買うからその理由なんかいちいち覚えてない (笑) 。

 ところが少し早まって開けてしまったことに、飲んでる最中に気がついた。「エクストラ・ブリュット (ドサージュ6g/1L以下) 」だから、そこそこ酸っぱいんだろうとは思ってたんだけど、実際に飲むと目の覚めるほどの酸っぱさで、それでちゃんと販売ページを見たら「ノン・ドサージュ (糖類添加ゼロ) 」でした (笑) 。もうちょい落ち着かせてから飲むべきだったけど、マイナーな銘柄なので、あんま売ってないし、フィッチも在庫切れ。うーん、なかなか良かっただけに少し残念。



2017_9_2Petitjean Pienne2385



 ちなみにマロラクティック発酵は、毎年のジュースの酸度に応じて、その都度その必要性を見極めてから行うらしい。NVながら瓶内熟成は3年とミレジメ (ヴィンテージ) 並です。





◤Petitjean Pienne / プチジャン・ピエンヌ エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV

Tag Link



2017_9_2Petitjean Pienne2387
 ▲おやつカンパニー『宅バル 海老のアヒージョ味』は☆3.5。アンチョビ風味がリアル過ぎてスナックとしては少し臭い (笑) 。全体のバランスとしては、もっとハーブを効かせた方がいいでしょう。






2017_9_2Petitjean Pienne2400 立ち香──おっと、シャルドネ100%にしては珍しい、なんとも柔らかクリーミイなバニラ。塩気のあるミネラルの先読み。酸に鋭さは感じないが、果実感が生々しいので、そこそこ酸っぱそうだ。

 ♡☺♡「ジューシイ。スリムでタイト

 おうっ、結構しっかり酸っぱい。シャープなミネラル感。塩気はあまり感じない。ブリュン・セルヴネイなんかと似通った骨格を感じるけど、テクスチャーにはマロラティック発酵ライクな「すりおろしリンゴ」なニュアンスもあって、スリムながらも舌にまとわりつく力強いフルーティネス。透明ではないリアルな質量感のあるジューシイさ。これはなかなかイイね。



2017_9_2Petitjean Pienne2397



 ♡☺♡「結構これ好き。今回の3本の中では一番好きかも。ジューシーさと酸っぱさが相まってバランスがいい

 へえ、そうかいハニー。オレはブリュン・セルヴネイの方がスタイリッシュなクリアネスがあって好きだけどな。まあ、このプチジャン・ピエンヌの方が舌に乗っかる果実の実体感はあるとは思うが。それにしても酸っぱいな。

 ああああああ、あらためて販売ページを見たらノンドゼ (ドサージュZERO) だよ (笑) 。少し早まって開けてしまったか。この銘柄は覚えておきます。


moukan1972♂moukan1973






メガネと酒 コート・デ・ブラン

Comment

Add your comment