もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤日輪田 - 山廃 純米 雄町 生原酒 28BY ── dಠಠb「やや足腰弱めなので2日で飲み切るべし」#Fruity 



hiwata_omachi_nama28by1.jpg
hiwata_omachi_nama28by3.jpg 忙しない世の中、ぼちぼち「ひやおろし」が出始めてると言うのに、ようやく今季初エントリーの日輪田 (ひわた) です。ご存知「萩の鶴」を醸す萩野酒造の「非速醸ライン」のブランドです──今のところ「山廃」のみで「生酛」はナシ──なにげにリーダー蔵として手掛けた「DATE 7」は「生酛」だけど。

 同じ酒の27BYにはウッカリ☆5を付けてますが、つくづく出なくなったなあ、☆5 (笑) 。正直、☆4.5のゾーンが広まった感じで、単に旨い酒、なくなるのが早い酒、我々夫婦の食卓に快活な雰囲気をもたらしてくれるだけじゃ☆5は付かなくなっちゃった。旨いだけでなく、そこに〝プラスの驚き〟を求めてるのかなあ。その代わり☆1☆2も出なくなったと思わない?

 雄町65の協会7号酵母です。数値は「日本酒度:+3、酸度:2.0」と去年と同じかな。最近じゃ、7号酵母と聞いただけで最初のハードルを越えたという安心感すらあるよ。日本酒を飲みたての頃はあまり好きな酵母じゃなかったんだけど、人は変わるもんだ (笑) 。




hiwata_omachi_nama28by1.jpg

hiwata_omachi_nama28by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【427】日輪田 -ひわた- 山廃 純米 雄町 生原酒 28BY <宮城>

萩野酒造株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:




hiwata_omachi_nama28by4.jpg
 ▲『徒然チルドレン』の恋愛マスターこと香取先輩、ウケる。


 
 ▲だいぶ端折ってますが (笑) 。






※シャンパーニュ前の軽い味見のつもりが・・・。


hiwata_omachi_nama28by5.jpg 立ち香──最初は「ややニュウ?」と思ったけど、注ぐとキレイな乳酸が出てきた。結構なキャンディー感。少し濁ったような、くぐもったような甘やかさ。ちゃんとフルーティーだね。雄町らしい赤や紫のイメージも簡単に探せる。リリースから半年ほど経ってるけど、露骨な熟香はない。

 軽くね、軽く──。

 ♡☺♡「旨い! これはいい! もうやっぱ山廃でいいよ、おじさんとおばさんは。速醸は疲れるしハズレが多いし。しっかりと、この酒ならではの乳酸とブドウ感もあるよ。ガスは少し感じる

 確かにこれはいい。去年より甘やかな膨らみもあるけど、ジューシイさは今年の方が上。ペターンとした山廃らしい骨格もありつつ、余韻には少しシュガーな甘さも。やや足腰がフラつく感じもあるけど──ポヨむエキス感というか (笑) 。明日以降はどうかな。もうちょっと酸っぱくてもいいけどね。クリスタル感、カロリーオフ感、プレス感も十分にあるけど、今季の日輪田はジューシイ寄りかな。それでも速醸よりは圧倒的に軽い。透明だけど濁りなテクスチャーを感じさせる液性。ヨーグルト味の千歳飴というか。


hiwata_omachi_nama28by6.jpg ♡☺♡「なんかスルスル飲んじゃう。もうこれで3杯目なんですけど・・・。クイクイ系です!」──早いよ!

 疲れ知らずにクイクイ飲めちゃう危険な山廃。実は「ひまわり」みたいに、エネルギッシュな味や香りの発散はないんだけど、なんか口の中が気持ちイイんだよな。そういう意味ではピチャっとジューシイ系ですかね。あんま7号酵母的な暴力は感じないかな。逆にもっと「Let's セメダイーン!」でもいいのだけれど。

 今日はこれからシャンを飲むから味見程度で。これは大当たりと言っていいでしょう。いつもの鋭いキレ上がりがないのはスムースな嚥下を約束するけど、やや甘みが流れる面も。

 とはイエイ、ほぼ完璧な☆4.5。「米鶴 山廃純大」の青い鳥が横切る瞬間もあるが、どっちか言うと「米鶴 純米 亀の尾」寄りかな。720mlが売り切れたから仕方なく1800mlを手配したけど、結果的に大正解。軽い味見と言いつつ、結構、呑んじゃったな。

 フレッシュ・コンディションで飲んでないから何とも言えないけど、たぶんもうちょいパキっと辛かったんじゃない? 今は結構ホニョっとしてますよ。





 ◤三幸製菓『チーズアーモンドチップス 濃厚ピザ味
2017_8_23Pierre _Callot1964

hiwata_omachi_nama28by7.jpg
 ▲シャンパーニュを1本開けて、再度ここに戻ってきた──このあとmoukan1973♀はミイラ化。



 スーパーなんかでは見たことない──というより、これを買って以降、一度も再会してない。アーモンドはパウダーで表現。moukan1973♀が♡☺♡「ピザの味がする!」とパッケージを見ないで言ったので、そこはそれなりにリアルな味わいであるんでしょう (笑) 。やや煎餅Bodyが粉っぽいような気もするけど、まあ、☆4を付けておきます。ただし、これならオレは『濃厚チーズ気分』の方を支持する





── 2日目。

hiwata_omachi_nama28by8.jpg

hiwata_omachi_nama28by9.jpg
 ▲moukan1973♀推しの亀田製菓『つまみ種 ソルトMIX』がコンビニサイズではなく小包装タイプ (6個入り) で売ってたので再確認したが、これは全く魅せられない。とにかく煎餅としてのBody感が緩い。「軽い」んじゃなくて「緩い」から腑抜けてる。☆3.5です。二度と買わない。






 立ち香──まずはジュポンっ♪と威勢のいい開栓ボイス。本日も甘やかなヨーグルト・キャンディーのようなニュアンスは、寄りで言えばフェミニン。

hiwata_omachi_nama28by10.jpg うっすら幻レベルのガス。旨いな。たぶん3月のフレッシュ・コンディションより旨いんじゃないかな。舌に乗っかる甘みの伸びは〝育ちの成果〟だろうね。あと、まったり日本酒道さんが「米鶴 山廃純大」を飲んだときに「日輪田 純米しぼりたて」に味わいが似てると言ったことを、オレも今、完全に理解した──これは「雄町」だが。むしろ「純米 亀の尾 生原酒」を山廃にしたニュアンスに近いような気もするが、これは青い鶴が今も目の前を何度も横切ってますよ。ただ、透明度、甘酸の輝き、ここは勝てない。あとは少し味覚の着地エリア内で雑味 (アクセンテッドなアミノ酸パート) を感じるかな。それでも退けにかけての辛みや跳ね返りは少ないし、そこそこジューシイだと思うな。もうちょい酸っぱくてもいいけど、これは飲んじゃう。


hiwata_omachi_nama28by11.jpg それでも正直、この優しく波打つようなジューシネスと引き替えに骨格の強さを生贄として差し出してる感じはするかなー。液性の揺らめき (ポヨみ) が、ともすれば足腰の弱さにつながるケースもあるでしょう。ただ、山廃ではあるので、2日目の崩れはほとんど感じない。これが「町田酒造」や「而今」なら目も当てられないが。

 遅ればせながらの認識で申し訳ないけど、今季の「日輪田」は、やや速醸ライクなジューシネスに舵を切った酒質なんだとは思う。☆5を付けるために何が足りないかの話をしてるだけで、この酒そのものは大満足の1本。うちだと3日 (2日半) でなくなるパターンね。そして「買ってよかった」というよりも「買わないのはまずい」タイプの酒でした。

 ワイングラスは少しアルコール成分が飛ぶかな。やや跳ね返りが増す感じ。とはイエイ、やっぱ少し水っぽいかなー。口の中が終始ケモテえ (気持ちイイ) から☆4.5は維持するけど、杯を重ねるほどにどんどん淡麗な清楚系甘口酒としてのキャラが立ってくる。もっと乳酸を感じたい。





 突然ですが、ここで味クラーヴェ。
hiwata_omachi_nama28by12.jpg



 輪子──うん、瑞々しくジューシイだけど、やや濁りなテクスチャー。生熟陽子──もはや輪子よりクリスタル。MJK! まさに消える魔球系だな。バニラアイスの塗り絵、未だ色が入らずの状態。残りが1合を切ってるし、化学的には抜け殻状態なんだろうけど、このシルキータッチは高貴で美しいな。いいですねえ。しの先生──うん、トロピカルなマーマレード (笑) 。あまりに異質だ・・・。なんか笑っちゃうな。一つだけフルーツのカードを切るなら、マンゴーだろうね。「亀甲花菱 雄町50」をクリスタルなアンドロイドにしたニュアンスというか、ここでフェイヴァリット銘柄同士がつながる感じがまた興味深いというね。

 2nd Round──。

hiwata_omachi_nama28by13.jpg 輪子──この3本の中では一番ジューシイというか、豊満。まあ、チャーミングですね。やはりカジュアルというよりはキャッチー。陽子──負けてないなあ。これはこれでモダン淡麗ジューシイ。生熟という属性はもはやどうでもいいけど。変な話、今この瞬間が一番旨いとさえ言える。おかしいなあ。もう残りカスなんだけどな。麗しのミネラル。しの先生──クリスタル・マンゴーの置物。アート指数が桁違い (笑) 。

 この比較だと「アミノ酸」を最も感じるのは輪子。入りは軽いけど、退けにかけてはピールな苦みもある。陽子は滑らかバニラ酒、しの先生は南国パラダイス。





── 3日目。

hiwata_omachi_nama28by14.jpg
 ▲亀田製菓『ハッピーターン えだ豆味」は完全に「ずんだ餅」やん。ずんだ餅自体は嫌いじゃないけど、勝手に「塩っぱい系」を想定していたので、このハッピーターンは「甘い系」で完全にオレの守備範囲外。苦手です。☆3






hiwata_omachi_nama28by15.jpg だいぶ渋くなったけど、むしろ甘さの質が「砂糖」から「蜜」に昇格したニュアンスにアクセスできるところは評価ポイントではある。でもなあ、やっぱ濁ってんなあ、液性が。佐藤曜平氏が「モダン山廃」の造り手であることを標榜していることを思えば、もう少しクリスタル感が欲しい気もするし、若干アミノ酸の育ちにノイジーな輪郭もあるかな。ややダダ下がりな面は否めないかなー。なんか今日はやたら辛いしな。残りが2合を切ってるので、生酒として息も絶え絶えなのかもしれないけど。


hiwata_omachi_nama28by16.jpg うーん、なんか一連の☆3.5の粉っぽい生酛みたいなニュアンスも出てきたかなー。正直、今は☆3.5。これじゃリトマス酒にもならないし、実は呑む前に少し頭で考えていた「篠峯 山廃雄町66生」にぶつける意味もあまりないかな。やはり、足腰の弱さが原因か。

 新酒時代はむしろ透明度の高いキリっとした辛口だったのかね。720mlであれ、1800mlであれ、2日目で飲み切ることが前提の酒。8合分は美味しく飲めたので評価はステイさせるけど、残り1合、明日はどうなるかな。逆に水っぽくさせた方がアタックは減るのか。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 雄町 日輪田 萩の鶴

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

浅野温子ですね。主に音しか聴いてなかったので、撮影してから気づきました。うちのTVは地上波8chを8時-28時で全録してるので、その場で瞬時に戻せるんですよ (笑) 。早い話が、8基のチューナーを内部で同期させてるようなテレビなんです。同時に8chを表示させつつ、それぞれをリアルタイムに録画してるので、見たい箇所をその場で戻せるんです。あ、台所のチビTVは普通のヤツですよ (笑) 。


──日本一厳しいテースティングをしていると自負なさる御仁が、〝feminineな香り〟とか〝feminineな甘み〟とか連発されておられるのですが、このfeminineというのがどういうことなのかさっぱりわからず、逃げている様に思えてなりません。

なんとなくは伝わりますけどね (笑) 。僕は他人の文章はまず読みませんね。いちいち推敲したくなるんですよ。それでロクに読まずに買って後から文句を言うという、最悪の飲み手です。ていうか、飲んでみないと何も分からないんですよね。


──というわけで、僕はmoukanさんの比喩が分かり易い上に、斬新なので大好きなんですよ。(と、告ってみる。)

ありがとうございます。最近は僕の官能を刺激する酒が限られて来てますので、必然、言葉の発明に割く機会は減ってますが、大事なのはナボコフの言う「コンビネーション」ですね。「比喩」は「AをBに置き換える」という言語の運動ですが、「コンビネーション」は「AとBを恣意的に縁組みさせる」という、新たな磁場を創造するワンランク上の言語遊戯ですね。これを瞬時に行うことが最高にスリリングです。

2018.04.16 Mon 18:09
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 瞬間芸

moukanさん

毎度です。

リンクの写真を観て、昼飯の担々麺を吹き出しました。ワイシャツに染みが出来て恥ずかしい。(笑)

左上の写真ですよ!無意識に写真を切り出しておられると思いますが、神業ですよね。この人にとって、最もブサイクな表情では?

さて、日輪田は初飲みですので、経過観測的な見地や先入観は何も無いわけですが、この雄町に関してはベタベタと甘くてゴリゴリと苦くて余韻が渋いので、〝まぁあるよねこんな酒。そういえば、大典白菊は料理酒送りにしたっけな?〟というのが感想です。

キャップ周りのベタつきが凄いです。


殺伐とした虚無。いい表現ですね。

そう、表現でふと思ったのですが、色んな酒屋のツイとかFB追っているなかで、日本一厳しいテースティングをしていると自負なさる御仁が、〝feminineな香り〟とか〝feminineな甘み〟とか連発されておられるのですが、このfeminineというのがどういうことなのかさっぱりわからず、逃げている様に思えてなりません。

比喩を使うにしても、身近なもので、ある程度の範囲内にイメージを収められるものじゃ無いと、???ですよね。

〝中程度の旨味の塊〟という表現も然り。
何をもって中程度なのか。

テレビにおけるレポーターは、分かり易く伝える生業な訳なので、〝水みたーい❤️〟はそろそろ勘弁して欲しいですね。

滝沢カレンの四字熟語的なアプローチの方がよっぽど伝わるし。(笑)

というわけで、僕はmoukanさんの比喩が分かり易い上に、斬新なので大好きなんですよ。(と、告ってみる。)
2018.04.16 Mon 13:44
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

もう黄昏ですかね、この蔵元も。少なくとも兄貴の方は周囲からチヤホヤされて調子に乗るようなタイプじゃないと信じてますが、人気があって売れてる以上、現状を内側から否定する理由もないわけですしね。僕らの意見なんか少数派でしょうし、吹けば飛ぶホコリみたいなもんですよ (笑) 。

今も「ヒルナンデス」で日本酒蔵の見学ツアーやってるんですが、

香りがものすごい華やかですね〜!
飲みやっすぅ〜い!


を連発してますよ。しかも「香りが華やかですね〜!」に対して「いい表現しますね」とか、ブログの記事を書くことに殺伐とした虚無を投げつけて来ますね (笑) 。

https://blog-imgs-117.fc2.com/m/o/u/moukan1972/20180416122209f63.jpg


「日輪田」は27BYの「雄町45」がまだ買えるので、むしろこっちですね。27BYの「無加圧直汲み 山田錦55」もまだ買えますしね。


2018.04.16 Mon 12:25
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 既視感

moukanさん

日輪田山廃純米雄町生原酒29BYについてのご報告です。
帰宅し、野菜室で5時間ほど冷やしてから飲み始めました。

ラベルに記載はありませんが、調べると例年通り
日本酒度+3
酸度2.0
の様です。

ガス無し。瓶からの立ち香はヨーグリーナ。
含むと、苦味を伴う甘みが前面に出ており、砂塵の様なざらつきを経て余韻短めに切れます。山廃由来の削げ感はありますが、明らかに酸が足りていません。
フィニッシュしてから舌に渋味が残り不快です。大典白菊純米吟醸雄町に似た曲線を感じます。

ファーストインプレッションに過ぎませんが、僕的には飲んでいて上がる酒ではありませんでした。
2018.04.15 Sun 23:09
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度毎度です。わざわざ2度書き、お手数をかけました〜。


直接的 (露骨) な熟香や熟味は探せないんですが、たぶん新酒時代の方が液性に張りがあったような気はします。やや甘みの出方に筋肉を感じないというか、酸もそこまでパキーンとしてるわけでもなく、28BYの「ひまわり」もそうでしたが、今季の「日輪田」はジューシイ路線なのかなという印象です。

それでも乳酸フレイヴァーはしっかりあって、時折見せるブドウな感じ、山廃的なクリスタルネス、このへんが組み合わさると不意に「青い鶴」が空を駆け巡るという (笑) 。「日輪田」の純米は27BYで飲んでるので、その印象だと、正直、まったり日本酒道さんのコメントを最初に読んだ時は「マジか!?」と思いましたが (笑) 、確かに28BYの「雄町」には幾ばくかの共通性はありますね。この雄町の方がボヤっと甘いんですが、口の中で感じる気持ち良さの質が同じというか。軽いっちゃ軽いですしね──飲むスピードがついつい上がってしまうというか。


──「日輪田 純米しぼりたて」の方も少し熟成を経てどうなってるか気になるところですが、こちらも記事楽しみにしています。

27BYは結構カァーっとした辛みというか酒感があったんですよね。「日高見」や「愛宕の松」にも共通の、ある種の宮城流儀なキレ上がりというか。たぶん、彼らの飲み方って早いんでしょうね。キュっとクイっとガンガン杯を重ねる感じというか (笑) 。

その点、今のところ「雄町」も「ひまわり」も、共通するのは喉越しの柔らかさと──多少の酒感はあるけど宮城酒にしては抑えめ──、甘みの出方における速醸ライクな豊満さ、ですかね。個人的にはもっとソリッドなBody感と力強いプレス感をモダン山廃には求めるんですが、なんかイイ意味でキャッチーですね、今季の「日輪田」は。

「萩の鶴」がどれも結構な「牛乳@お花畑」なので、山廃的な防波堤がなんとか我々夫婦の嗜好域を守ってくれてる感じです。それでも酸の出方は去年より全体に柔らかいですね。ここはもっと鋭くていいカナート。「萩の鶴 別撰」とか、数値上も27BYより全然酸が出てなかったですしね。

純米も近々開けてます。ちょっと楽しみになってきました。

2017.08.27 Sun 13:33
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 毎度、毎度〜(笑)

こちらでも毎度です。

「米鶴 山廃純大」を一口飲んで出た感想が、『「日輪田 純米しぼりたて」と一緒じゃん』ですからね(笑)。もはや青い鳥の域を超えていました(笑)。その後、しっかり飲むと「米鶴 山廃純大」のが良いということは「米鶴 山廃純大」のコメント欄に書いた通りです。

まさか「日輪田 山廃雄町」で理解してもらえるとは(笑)。雄町は「米鶴 亀の尾 生」の方に近いんですね。それから「青い鳥」が「青い鶴」になってるあたりがさすがです(笑)。

「日輪田 純米しぼりたて」の方も少し熟成を経てどうなってるか気になるところですが、こちらも記事楽しみにしています。
2017.08.27 Sun 02:34
Edit | Reply |  

Add your comment