もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤若波 - Wakanami Sparkling 生酒 28BY ── dಠಠb「女子会向けの地味イイ泡モノです」#Shuwa-Shuwa, #Nigori 



検索ワード:


wakanami_sparkling28by3.jpg ちょいちょい25BYからネットでも売り場でも見てますが、やや遅きに失した感があるのは否めないか──今さら飲んで何か深い洞察を得ることもないという意味で──、若波 (わかなみ) です。岩波文庫 (いわなみぶんこ) ではありません。若波文庫 (わかなみぶんこ) です──ますますわかりにくい。

 初めて飲むには少し番外篇に過ぎる季節商品──しかもスパークリングなんぞを選んでしまったので、あまり銘柄うんぬんの属性を探る旅には出ず、虚心をもって目の前の酒を味わってみようと思ってました──GA!──同時に開けた酒が相手として悪過ぎた。もちろんそれと比較する野暮もまたしないのだけれど──たまたま似たようなドライ感はあるものの──、なんというか、台所 (食卓=夫婦) の話題が全部そっちに持って行かれてしまった (笑) 。庇うわけじゃないけど、これは「若波」のせいじゃないです。

wakanami_sparkling28by4.jpg というわけDE、もはや心ここにあらずですが、決して悪い酒じゃないです。☆4です。特に文句も感動も驚き (意外に呑めるという驚きは別にして) もなく、そこそこ美味しくいただきました。『日本酒ドラマチック (山道敦子 著) 』の中でも軽く取り上げられてたので、さっきチラっと読んだけど、まだまだこれからの銘柄みたいね。蔵の跡取り娘 (今村友香氏=杜氏ではない) は1977年生まれなので、今年40か。

 さて、壽限無 (じゅげむ) ──肩ラベルに書かれた文字の並びを見たときは何の呪文 (つうか商品名) かと思ったけど、なんとこれ、福岡県が開発した酒造好適米 (山田錦×夢一献)なんだって。スペックは「壽限無55」の「日本酒度:−5、酸度:2.0、ALC:13、酵母:ふくおか夢酵母2号」みたい。なんとなーく「若波」って勝手なイメージで人懐こく甘い酒かと思ってたけど (先入観万歳) 、上澄みに関しては割りとシャキっとドライで、我々夫婦が恐れていたような地雷感が全くなかったことは僥倖だった。捨てずに最後まで飲めそうなので安心したよ。




wakanami_sparkling28by1.jpg
 ▲あきらかに酒よりもこっちの方が地雷 (笑) 。謎メーカーのエビせん。薬局で98円 (税抜) 。


wakanami_sparkling28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【425】若波 -わかなみ- Wakanami Sparkling 生酒 28BY <福岡>

若波酒造 合名会社:https://wakanami.jimdo.com


Moukan's tag:




wakanami_sparkling28by5.jpg
 ▲今週はずっと夜もいるんだって。



 立ち香──穏やかな柑橘系? イヤな牛乳もお花畑もない。ひとまずは安心。特に甘そうな感じもないな。少なくとも開けてすぐはドライなタッチです。露骨にフルーティーな感じもないし。まあ、シュワシュワ酒由来の乳酸感というか、ブドウっぽさはほんのりあるけど。キビキビした硬い液性の先読みあり。

wakanami_sparkling28by6.jpg ちなみに開栓は全く問題ナシ。プシュっと軽く天使が一回だけ囁いて、特にオリベーション (オリの上昇) もなし。無事に上澄みハントできるので、ここは高ポイント。ただし、一つだけ文句というか要望を書いておこうかな。瓶の透明度を上げて下さい。特に夏はすぐに結露するし、上澄みの分離が外から判断しにくいのと、開けた後も中身の混ざり具合がよくわからん。というわけDE、たった今、蔵元に丁寧に論理を積み上げてメールしましたので、29BYのデザインに御注目ください (笑) 。

 もちろん上澄みから──。

 ♡☺♡「あああ。うん。ああでもこれ、なんだろ、ほんのり熟したような感じもするよ。一瞬、何かの雄町酒のフレイヴァーが口の中で広がる。結構、酸効いてるな。意外にいいな

 まさに意外にいい (笑) 。ガスはしっかり。味わいというか、旨みのサイズ感としては、低アル酒というよりはドライな飲み口の酒にコネクトするイメージに近い。それこそシードルとか、炭酸系のリキュール酒というか。味も香りも「長陽福娘 夏吟醸 28BY」よりはいいっかな。上澄みには果実的な甘酸は感じないけど、なんか味薄め&甘さ控えめのファンタグレープみたい (笑) 。

wakanami_sparkling28by7.jpg ガス由来のギザギザしたテクスチャーの余韻の中にほんのり、リンゴを皮ごと煮詰めたような熟れ茶け感があって、そこにコネクトするとやや洋酒っぽいスモーキーさが残るということだろうね。moukan1973♀が感じた熟味の正体はおそらくこれ。要するに甘みと渋み (酸) の間にガスが強めに介在すると、甘酸に一体感が生じずにドライな飲み口だけが強要されて、そこに裏から甘酸がしがみ付くとそういうテイストに遭遇する。でも、これはこれでいいけどな──ツルんと人懐こく甘いよりは。「酸度:2.0」は着地の渋みとして効いてる感じだ。甘みの質感は蜜には届かず、やや砂糖水ライクで、温度が上がると缶詰のシロップっぽさも。

 ♡☺♡「今のアタシ的には好みな感じ。低アルだけど、物足りなさは感じない

 撹拌して──。

 ♡☺♡「撹拌しても甘ったるくないから、よりいっそう飲みやすくなっちゃった。まさに無難酒。これを不味いと言う人はあまりいないと思う。☆4です!

 乳酸フレイヴァー増し増し。さらに渋みが浮き出て、フルーツとしての明度は上がる (輪郭線が太くなる) 。こっちの方が描かれるフルーツとしてはカラフルで人目に触れやすいかな。どうだろう。オサレな白黒写真か、カレンダーに使われるカラフルな写真か。上澄みのドライなタッチの方がより芯や骨格は感じれる。まあ、両方ともそれぞれいいですよ。☆4ですね。この手のシュワシュワ酒に関しては、我が家では常に「萩の鶴 別撰 27BY」が基準になるので、なかなか☆4.5以上は付きません──というか、そう簡単には満足しない。

  2日目もあります。





 関係ないけど!!!
 



 まず、海外での日本酒の価格。製造技術が向上し、品質も良くなっているのに、同じ醸造酒であるワインと比較して、安すぎると私は考えています。市場を拡大させていくためには、ワインのように価格帯の幅を広げていく必要があると思いました。

 そして世界で日本酒が売れていくためには、人にきちんと伝わるブランディングをしていかなくてはなりません。つまり、名前を覚えてもらい、価値を知ってもらうことが必要です。

 日本酒は伝統産業なので、日本国内で値上げをすることが難しい。だから、海外で先にブランディングをして、高級市場を作っていく方が良いのではないかと考えました。





「十四代」の高木酒造の協力を得て「N」という酒を造ってシンガポールで約17万 (2200シンガポール$) で売ってるんだって。国内発売はせず、海外市場で注目を集めることで間接的に日本酒への関心を向けさせるという、なんだか異常なまでに回りくどいブランディングだが、一つだけナイスなアイディアが内在していて、その値段ならオレのような底意地の悪い当たり屋が買うこともないから、批判や酷評に晒される危険性は限りなくZEROに抑えられるという (笑) 。

 ホント、頭がいいんだか馬鹿なんだか。黙って旨い酒を造れよ





── 2日目。

wakanami_sparkling28by8.jpg



 立ち香──まあ、この手のシュワシュワ酒によくある乳酸フレイヴァーだよね。それに加えて、オレの中の分類だと「メロン系」「ラムネ系」「ブドウ系」「柑橘系」「子供用の風邪薬シロップ」の香りがどう配分されるかだけど、この泡モノにはひとまず「メロン」はあまり感じない。基本的には穏やかなレベルだと思うけど、強いて言うなら「ファンタグレープ (ブドウ系) 」を軸に「柑橘系」と「子供用の風邪薬シロップ」が少々 (笑) 。甘みの出方は砂糖やシロップのような質量で、蜜のような球体感や粘性はない。フルーティーというには何かが足りなく、ドライと言い切るにはチャーミングなニュアンスもある。

 いるんだよ、今日も──。

wakanami_sparkling28by9.jpg ♡☺♡「まあまあか。最後に残るグレープ系の余韻は嫌いじゃない

 昨日より甘酸っぱくていいな。ガスはまだ残ってる。なんというか、地味イイ酒 (笑) 。まさに女子会向けですね。もうちょい明度高めのフルーティネスが欲しい気もするけど、この〝地味イイ感じ〟が若波ライクな節度ではあるんだろうね。

 なんか〝眠たげな萩の鶴〟という気がしなくもないけど、まあ、典型的な☆4ですね。個性の張り出しがないのが個性というか。どうかなー。29BYは純吟の生酒くらいはエントリーしてもいいけど、なんか当たりに行くようでイヤだな (笑) 。火入れ技術を極めようといろいろ試行錯誤してるみたいだから、むしろ火入れの方がキリっとクイっとやれるのか。同梱チャンスがあれば。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 若波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



毎度です。


──濃淳で個性的な酒と比べると、おとなしいかもしれませんが、逆にそこのところが個性的かなと個人的には感じています。

それは感じますね。まさに地味にイイという感じです (笑) 。今回は少し変則的な酒質の商品をチョイスしてしまいましたが──同梱時にこれしか生酒がなかった──、生の純米/純吟あたりも飲んでみたい気がしてきました。とはいえ、なんとなく火入れをクイっとやるのが良さげな印象ではあります。

もうあっと言う間に新酒時期が到来しますので──1年が早い!!!──、少し先の話になりますが、29BYの生酒を飲んだら、またご報告いただければと思います。


2017.08.25 Fri 17:15
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 若波

ご無沙汰してます。

若波は、ここ3年ほど、毎季、純米の生あたりのスペックを呑んでますが(今季は蜻蛉というやつを買おうとして売り切れでした)、テイストは一貫していて、とても穏やかで滑らかな飲み口ながら、ジューシーさがにじみ出てくる感じです。なので、一発大HRはないですが、外れということはないかなと。 濃淳で個性的な酒と比べると、おとなしいかもしれませんが、逆にそこのところが個性的かなと個人的には感じています。
2017.08.25 Fri 15:17
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──個人的にはやや果実味が足らない感じでしたが同時に飲んだ貴よりは美味しかったです。

ご明答。「貴 夏ニゴリ」より旨いという表現は、清書の途中まで頭にあったんですが、☆で格差を出してるのと、リンクを張るのが面倒だったので省きました。フォローありがとうございます (笑) 。


──僕はにごり発泡系は甘さが欲しいタイプなので何を求めてるかで別れそうですね(笑)

だいたい足りないんですよね、甘みが。ここが張り出してても乳酸フレイヴァーが帳尻を合わせてくれるので、ガスさえ強ければ、甘さのあるニゴリは僕も好きですよ。だいたいはギスギスとドライで味がしないという。


──さて、今年ももうすぐ9月でにごり発泡系はそろそろ数が限られますが本命はやはり仙禽のゆきだるまか而今のにごりでしょうか?

仙禽ねえ・・・ 。マチダヤ試飲会で薄井のヤロウに会えたら「なんで酸っぱい酒を造んねえんだよ!」と恫喝しておきますか (笑) 。「たかちよ」が僕に隠れて旨い酒を造っていたら是非ご連絡を。

29BYは「黒澤 Type-7/Type-9」を場合によっては大量に買うかもしれないので、ぼちぼち数量調整しないとマズイですね。あとは「米鶴 山廃純大」は買い逃さないように気をつけないと・・・。

というわけDE、而今のことはもはや頭にないですね。道端に落ちてれば拾いますけど (笑) 。

2017.08.24 Thu 15:49
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

毎度でございます。

若波スパークは僕も飲みました。
個人的にはやや果実味が足らない感じでしたが同時に飲んだ貴よりは美味しかったです。
僕はにごり発泡系は甘さが欲しいタイプなので何を求めてるかで別れそうですね(笑)
FY2に関しては今年は未飲なのですが昨年飲んだ時には風味をワインに近づけた様な味わいでtmtm1991さんと同じような感覚だったと思います。
醸造設備も更新されてるようなので当時より品質は上がってるでしょうねぇ。

さて、今年ももうすぐ9月でにごり発泡系はそろそろ数が限られますが本命はやはり仙禽のゆきだるまか而今のにごりでしょうか?
月末にたかちよ紫が来るので毒見してみます(笑)
それでは~
2017.08.24 Thu 13:45
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To tmtm1991@四国さん



tmtm1991@四国さん


こちらこそはじめまして、moukan1972♂です。いつもアクセスありがとうございます。また、僕の記事を補完するようなレポートもありがとうございます。記事に厚みと広がりが出ますので、大歓迎です。


──ところでこの若波ですが、先日純米吟醸の火入れ(定番の瓶燗一回火入れ)とFY2を飲みました。上手く伝える事が出来るか分かりませんが感想をお伝えします。

結構「火入れ」メインの展開ですよね。生酒は凄い勢いで売れ切れるので、コアなファンも多いんだとは思います。純吟も酵母違いで出てるんですね。あまりちゃんと意識してませんでしたが、僕的にはどうやら「FY2」の方が美味しく飲めそうなので参考にさせていただきます。ありがとうございます。


──DATE SEVENは9月の誕生日に合わせて空けようかなと思ってます!笑

これまでに飲んだ読者さんの感想を聞く限り、なんか来年の誕生日でも良さそうな気もしますけど (笑) 、結構クリアで淡麗のようなので、冷たすぎると味も香りも分かりにくいかもしれませんね。僕は1年体制で挑むことにしました。


──僕がいる県は、県産酒消費がほとんどで全国の地酒を売ってる酒屋、飲食店は少ないですが、僕もお勧め出来るものがあればお伝えしても宜しいでしょうか。

もちろん大歓迎です。逆にこちらでなかなか見かけない地元のマイナー銘柄で面白いヤツがあれば盛り上がるんじゃないですかね。僕が買わなくても参考にしている読者さんも必ずいますので、無駄になることはないと思います。BBSを気軽に御利用ください。

◤BBS (オススメ、最近飲んだ酒の感想、質問、タレコミ、はじめまして、呟き等)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#bbs



──初投稿での長文失礼しました><(中田さんの記事にも思うところはありましたが更に長くなるので…笑)

楽しいコメントありがとうございました。中田酒は中身が高木酒造 (十四代) なので国内で安く出すと転売屋に狙われるという可能性もありますが、さすがに17万はギャグにもならないという (笑) 。それより、彼が開発中の日本酒セラーのデザインと機能と値段が気になりますね。


今後とも宜しくお願い致しまーす。また気軽にどうぞ!


moukan1972♂



2017.08.23 Wed 18:01
Edit | Reply |  

Name - tmtm1991@四国  

Title - 初めまして!

こんにちは!
初めてコメントさせて頂きますtmtm1991@四国と申します。
毎回、個性的な表現と文体での批評を楽しく読ませて頂いてます。

ところでこの若波ですが、先日純米吟醸の火入れ(定番の瓶燗一回火入れ)とFY2を飲みました。上手く伝える事が出来るか分かりませんが感想をお伝えします。
<純吟>
空け立ちは香りも微かにバニラ香を感じる程度で、含むと少しの発泡感と味の硬さを感じました。
少し待って飲み直すとバニラ香はふくよかに広がり、口当たりは程よく柔らかく(ボディ自体が壊れることはなく)、嚥下後は酸を少し残す形で入っていきました。
<FY2>
香りは少し辛めの白ワインにリンゴ風味を足したようなもの。含んでみると果実感や米のうまみより酸味が前に出てき、後味はゆるやかにそれが消えていきました。
昨年飲んだ鳳凰美田のWINE CELLに酸の出方が似てるのかなと感じました。(風味はことなると思いますが…)

家にはDATE SEVEN、月山純米吟醸中汲み生、但馬特選純米吟醸兵庫夢錦生貯蔵があり、大典白菊純米吟醸生原酒雄町55と和心純米生原酒朝日が週末届く予定です。
DATE SEVENは9月の誕生日に合わせて空けようかなと思ってます!笑

僕がいる県は、県産酒消費がほとんどで全国の地酒を売ってる酒屋、飲食店は少ないですが、僕もお勧め出来るものがあればお伝えしても宜しいでしょうか。

初投稿での長文失礼しました><(中田さんの記事にも思うところはありましたが更に長くなるので…笑)
2017.08.23 Wed 15:55
Edit | Reply |  

Add your comment