もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 パンダのお酒 (白黒のお酒) が届きました。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤長陽福娘 - 夏吟醸 直汲み 山田錦 28BY ──dಠಠb&♡☺♡「無理」#Fresh 




musume_natsuginjyo28by3.jpg 本醸造も含め、実は初めて口にする長陽福娘アル添──今回は「山田錦50」の「夏吟醸」を話の流れで手配した。

 我々夫婦の場合、長陽福娘を飲んで旨いと感じるときは、基本的に長陽福娘が長陽福娘として旨いときに限られる。個人的には、たとえばコーラもドクターペッパーも嫌いなわけではないが、コーラを飲もうとして缶の中からドクターペッパーが出てきても、逆にドクターペッパーを飲もうとしてコーラが出てきても、決してオレが満足することはないであろう。今回の「夏吟醸」は、控えめに言っても、頼んだモノと出てきたモノが違う酒という困惑によって、その正しい味覚の精査を妨げるような味と香りが含まれている。

 パスタ屋で「ボロネーゼ」を頼んだのに「ボンゴレ」が出てきたとき、まっ先に険悪な表情を浮かべるのは意外にも我々夫婦にあってはmoukan1973♀の方で──伝説の「小諸そば事件」については別の機会に話そう──、オレはと言えば、作り直しを待つのが面倒だから、基本的には間違って出てきたモノでも食べてしまうだろうが、それでも恩着せがましく店員に文句を言って、あわよくばクーポン券などを催促するという極めて面倒臭く厄介なタイプの客である。しかしながら、それが「ボンゴレ」ではなく、絶対に自分では頼まない──どちらかと言うと好きではない「クリームソース系パスタ」だとしたら、間違いなく作り直させる。そして、今回の「夏吟醸」に関する諸々の不満の根本的原因が、この造り直させることができないことへの鬱屈にあることを、まず最初にこの前説の中で告白しておきたい。




musume_natsuginjyo28by1.jpg

musume_natsuginjyo28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【422】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 夏吟醸 直汲み 山田錦 28BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:



※火曜に開けて、いろいろ飲んでます。

musume_natsuginjyo28by4.jpg
 ▲泡のヘタりが少なく、本日もテンションのあるシャルドネ由来の酸とシャープなミネラルの骨格が美しいお値打ちNV。


musume_natsuginjyo28by5.jpg
 ▲5日目──ちょっと不思議な味。洋酒っぽい焦げた甘辛さ。♡☺♡「より複雑味が増して不思議な味になってる。やっぱ他の日本酒と違うねえ」。





 それではイタダキマス。
musume_natsuginjyo28by7.jpg



 立ち香──軽くトゥワンなカワイイ香り。甘いスイーツのような。つうか、やや「お花畑」なんすけど。えーと、だいぶ困惑してます。もしも買う前に香りだけ嗅げるなら、この時点で間違いなくパスしてます──それが「篠峯」だろうと「長陽福娘」だろうと「黒澤」だろうと。露骨なクドさはないけど、そこそこ清楚な発散レベルなあたり、逆に極めて凡庸に感じさせてしまうという皮肉がある。つまり、そこら中に溢れかえってる香りというか。

 たぶん我が家のカナリアはダメだろうね──。

 ♡☺♡「う〜ん、まあまあか? ややニュウ (乳) が気になる。他の銘柄でもよくある味。正直、飲んだ瞬間の『旨い!』は出ない



musume_natsuginjyo28by6.jpg
 ▲斉吉商店『たっぷり生姜 金のさんま』は、まあ想定内の味わい。不味くはないけど、♡☺♡「これならマルハニチロの100円の缶詰でよくね?」は決して間違ってない (笑) 。これで買ったモノはすべて食べたけど、我が家でリピートするのは『〆さんま 檸檬』のみです。






musume_natsuginjyo28by8.jpg ラムネっつうか、オレにはそこまで酸は足りてなくて、どっちかと言うとメロンソーダ系かな。しかしこれ、酵母は明利系なのか? それとも18号系なのか? なんか〝華やかパート〟がスゲえ気になるし邪魔。この銘柄には全く不要な属性だと思うのは我々だけか。

 たぶんだけど、これ、28BYの「限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 協会18号+熊本酵母」なんかと麹菌&酵母のレシピは同じだろうね。これなら先日の「辛口純米 直汲み 山田錦 無濾過生原酒 28BY」の方が綾瀬はるかに旨い。つうか、果実的な酸が皆無。得意のバニラ攻撃も草むらゲリラもないし。そして、これ言っていいのか分からないけど、この手の華やかな香りって、どうにも飲む加齢臭を感じるというか (笑) 。ちなみにオレ自身にそこまでの加齢臭がないからそう感じるんじゃない? もしも自分にあれば気にならない (気づかない) もの。


musume_natsuginjyo28by10.jpg ♡☺♡「ちょっとやめてよ──っ! あああ、一度そこに気づくと、もう無理無理無理無理無理!!! ていうか、らしさが全くないよ! 華やかパートきっついわ〜。もうこれ以上飲みたくない。吐き気がする

 液性やテクスチャー、堅牢な骨格と芯のあるミネラル、適度なガス感、ここはいいとして、とにかく麹菌と酵母がもたらすジュースのカラーが完全に好みから外れる。どう考えても「辛口純米」の方が旨い。端的に言って「違う」という言葉が最も正確で正直な説明に相当する。残念ながら、我々にとってはクワナリどうでもいい酒です。サクっとシャキっと軽いけどね。つうか、これをブラインドで飲んで「長陽福娘」だと当てる自信ないわ。

 ♡☺♡「この味、嫌い。無理大根

 まさに「牛乳@お花畑」だった「直汲み 純吟 山田錦50」のアル添ヴァージョンという感じ。必ずしも酒としての出来が悪いわけじゃないけど、これに「長陽福娘」のラベルを貼る必要はない。






musume_natsuginjyo28by9.jpg



 ♡☺♡「菊鷹うまい!!! 濃くてドライな酒は最高だねえ。ギュギュっと旨い。これは旨い。強い

 確かに全く崩れないな。残りは2合強だけど、ようやくドライフルーツな甘酸の輪郭線が太くなってきた。もう少し甘さ控えめで果実感があれば文句無しの☆6生熟陽子は完全にバニラアイス。これを飲んじゃうと、ますます「夏吟醸」がどこの酒なのか分からなくなる。





── 2日目。

musume_natsuginjyo28by11.jpg
 ▲長老古娘。



musume_natsuginjyo28by12.jpg 立ち香──やっぱこの華やかパートは要らないんだよなあ。そして明利系ライクのトゥワンも要らない。

 甘いな。サイズ感はいいけどね。昨日よりも香りも落ち着いたし、ジューシイだしシャキっとしてるし、酒の出来そのものも悪くない──というより出来は良い。でも要らない。求めない。飲みたくない。好みからは完全に外れるけど、☆4は付けておこうかな。


musume_natsuginjyo28by13.jpg そして「篠峯」は旨いな。ま、比べるだけ可哀想なんだけど、なんというか「夏吟醸」は「長陽福娘」としての表現性を放棄してる簡易さが少し腹立たしいというか、萎える。つまり「夏酒ってこんなもんでょ?」的な落とし所 (迎合主義) を「夏酒」というジャンル性に寄り添わせることで何かを喪失しているように感じるんだな。だから退屈。たかだか「夏酒」ごときで作品性を求めること自体が野暮でナイーブな熱血なのかもしれないけど、「日輪田 ひまわり」しかり「山本 イエローサンシャイン」しかり、ちゃんと自分たちの銘柄でしか表現できない世界観くらいはこのジャンルにすらキチンと落とし込むわけで、残念ながら、この「夏吟醸」にはそれがない。なまじ出来が悪くないだけに、複雑な失望感に見舞われる。

musume_natsuginjyo28by14.jpg 娘返し──。

 全く「長陽福娘」を飲んでる気持ちになれない。まさに飲む加齢臭 (笑) 。もしかしてこれが日本酒を代表する吟醸香「カプエチ (カプロン酸エチル) 」なの? 実はよくわかってないんだよね。だって、教科書的には「リンゴや洋梨の香り」と言われるけど、これをリンゴだとも洋梨だとも思わないもの──「要無し」だとは思っても。

 昔よく飲んでた米焼酎に「吟香露 (ぎんこうろ) 」というのがあって、これ、「独楽蔵 (こまくら) 」なんかでお馴染みの「杜の蔵」が造ってるんだけど、この原料に日本酒の酒粕を使っていて、ほんのり吟醸香がするのよ。これこれ、この香り、オレが言ってる「華やかパート」って。そして、これが最近は本当に苦手だし、ツルピカ大吟醸ならまだしも、この手のソリッドな液性の酒にこれがあると、完全にアウト。堅牢かつ男性的な骨格にコネクトして、ますます〝飲む加齢臭〟に思えてくるというか。

 あとこれさ、当たり屋で飲んだ「菊正宗 しぼりたて ギンパック」なんかとも同じような香りなんだよ。



ginpack4.jpg





 2枚目の写真の右のグラフのところに「カプロン酸エチルが多い」みたいなこと書あるじゃん? つうか、これのどこがリンゴ洋梨なの???──詳しく説明できる人がいたら是非教えてください。






musume_natsuginjyo28by15.jpg



 生熟陽子──香りは完全なるバニラアイス (笑) 。旨い。細いけどな。嗚呼、この「今オレは娘を飲んでるなあ」という充足感。これが☆4なら「夏吟醸」は☆3.5だな。いくら酒の出来が良くても全く満足できないもの。しの様──これはアナザーワールド系なので、飲み比べる意味はない。ちょっと個性が突き抜けすぎてる。生熟陽子──温度が上がるとますますいいな。なんだこれ。ホロ苦いミネラリーなバニラ。酸のコアもそこそこ力強い。張りつめた緊張感もある。しの様──超絶ミネラリーなネクター (笑) 。凄まじい凝縮感。苦みもストロングだけどね。大人ですやん。上澄みばっか飲んでたからオリ成分の比率が高まって、今はマンゴーや黄桃の香りも出てきた。

夏吟醸」は☆3.5でフィニッシュです。moukan1973♀なんか♡☺♡「☆2デス!」とまで言って2杯だけ飲んでギブ──しかも2杯目は途中で捨てた。これを美味しく飲める人の感性は否定しないけど、我々には美味しく呑むことはもはや無理。先日の「澤屋まつもと Tojyo」なんかにも似たような華やかパートがあったんだけど、まつもと君はクールでハードボイルドな粋がり屋さんだし、軟水だからギリギリ許せる (飲める) んだよね。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 長陽福娘

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──僕は飲み屋で口開けを120mlいただいただけなんですが、そのとき香りは全然気にならなかったんですけどね。実のところ結構嗅覚が鈍くてバカ鼻なんですよ。

僕の場合はこれまでにさんざ安酒をあおってきたので、アル添の辛みなんかは全く気にならず、むしろ「軽いな〜」という感じでした (笑) 。サイズ感はイイんですけど香りが・・・っていう。でも、長陽福娘のアル添を飲んだという経験を得られたことは有意義でした。こんなことなら、去年の暮れ頃までずっと売れ残ってた27BYの「直汲み 本醸造」を買っておけば良かったと激しく後悔してますよ。


──ちなみに、今飲んでるのはカネ中 生もと純米 23BYです。濃醇で酸が強いので、かなりパンチがあるんですが5年ちょっと熟成してるわりにチョコはほぼなく、深みが増してる印象で非常にいい感じです。

まーた振り切れた酒を呑んでますね (笑) 。

なんだかんだで「生酛/山廃」は強いですね。特に1年以上熟成させた酒は開栓後の変化も穏やかですし、ダラダラ飲むには最適ですね。「菊鷹 雌伏 27BY」は残り2合ですが、まだまだ全然旨いですね。

2017.08.19 Sat 16:30
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
いやー、そっかー、残念。そういう評価でしたか(笑)
僕は飲み屋で口開けを120mlいただいただけなんですが、そのとき香りは全然気にならなかったんですけどね。実のところ結構嗅覚が鈍くてバカ鼻なんですよ。だからわりと許容範囲は広いのかもしれません。
当時のメモには「含みでそこそこガス。ドライで旨みはやや強め、スパっとキレる。キリっとした酸。柑橘感。」とありますが、確かに長陽福娘らしさという意味ではほとんど感じられませんでした。機会があったらもう一度モウカンさんの記事を見ながら、最初の時とはちょっと違う視点で飲んでみたいです。

ちなみに、今飲んでるのはカネ中 生もと純米 23BYです。濃醇で酸が強いので、かなりパンチがあるんですが5年ちょっと熟成してるわりにチョコはほぼなく、深みが増してる印象で非常にいい感じです。
2017.08.19 Sat 15:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。


──BLACK SWANもエクストリームな酒なので楽しみ方はいろいろあると思います。

これに関しては「五橋 黒麹96」が出ないので──出てるが見てないだけか!?──、その代わりというか、完全に個人的な〝まさぐり〟の中で飲みますので、評価が低くても気にしないで下さい (笑) 。言っちゃえば、ほとんど〝当たり屋〟的な酒ですね。同梱対象としてはこれ以上ない酒なので、タレコミありがとうございました。むしろこれを知らなかったら「monochrome+」を買うモチベーションも高まらなかったかもしれないです (笑) 。

さて、問題は「monochrome+」です。最近は香りそのものに魅せられることはなくなりましたが、たまにはいいんじゃないですかね。今の我が家のストックの中ではまさに〝異星人な酒〟ですが、逆にドキドキしますね (笑) 。こちらもご紹介いただきありがとうございました。

どちらも開けるのは9月になると思います。


2017.08.19 Sat 11:35
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

毎度です。

> ジワジワ推すなあ (笑) 。今、BLACK SWANと同梱で買いました。

おっと、ありがとうございます!記事たのしみにしてます。BLACK SWANもエクストリームな酒なので楽しみ方はいろいろあると思います。

長陽福娘の辛口純米の方は、来週のどこかで開ける予定です。じっくり飲んでみます!
2017.08.19 Sat 01:38
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん、おみずさん



まったり日本酒道さん


毎度です。

なんかこのまま秋になる感じなので、早めに飲めて良かったですよ (笑) 。


──1日目は、最初の一口目で感じた華やかパートはけっこう好きでした。不自然な爽やかさが出てきて、そこが難点でした。これが気になっちゃうとダメでしたね。。あと、若干のこめかみアタックが来たので、1日目は早々に引き上げました(笑)。

まあこれ、ALC.17〜18なので、そもそも強い酒なんですよね (笑) 。moukan1973♀も「なんか酔うなあ」とブツクサ言ってましたが、逆に僕にはアル添ならではの軽さというか、含んだ時のサイズ感 (口の中の収まり具合) は程良かったです。サクっとシャキっとスルっと。ただ、この香りが・・・。


──これはモウカンさんは☆3.5だなと勝手に思ってました(笑)。これはこの記事を読んだ後のただの同意ですが、長陽福娘らしい果実的な酸がなかったのが一番痛かったかなと思います。

見方を変えれば「長陽福娘式・ソリッド華やか吟醸」ということなんですかね。「ツルピカはんなり」ではないところがミソというか。とはいえ、この感じなら普通に7酵母や山口9E酵母で酸度1.8〜2.0くらいの酒に仕上げてほしいんですよね。出来そのものはいいんですけどね。無駄がないというか、とにかくサイズ感ですね。収まりは非常にいいです。


──あと、牛乳@お花畑は、この味が良いとまでは思わないですが、僕としてはそこまで嫌う要因にはならないようです。

ツルピカな山形吟醸なら別にいいんですが、どうも骨格強めの酒にこの香りが乗ると、最近は違和感スゴイです。


──長陽福娘、3日目ピーク説(笑)。これが今回2本家飲みした収穫ですかね。まあ、全部そうなるわけはないので、半分冗談です(笑)。

初日はそこそこゴリゴリしてるので、逆に薄まった方が嚥下がスムースになるんですよ。うちの歴代のリトマス陽子も薄まりつつ仕上がっていくみたいな流れはありますね (笑) 。720mlだとうちは基本1〜2日でなくなりますが、確かに2日目の方が落ち着いてました。


──香り系の最高峰は、monochrome+ですよ(笑)。あれは間違いなく好きな香りでした。

ジワジワ推すなあ (笑) 。今、BLACK SWANと同梱で買いました。



────────────────────────────

おみずさん


毎度です。


──ハズレましたね~、福娘っぽさがなかったから印象違ったんですかね。飲み会で1,2杯飲んだんですがスッと飲んでしまったので華やか系もあるんだって感じでした。

酒としての出来が悪いわけじゃないから少し厄介なんですよ。ハズレではないけど、僕らの嗜好からは外れるというか──あ、それがハズレなのか (笑) 。似たような香りがあるものの、これならTojyoの方が全然飲めますね。米の旨みのコアがあるからでしょうね。


──今年の福娘は八反、雄町、夏吟でしたがやはり雄町が一番ですかねぇ。

雄町は良かったです。28BYの☆4.5は「直汲み雄町50」「直汲み山田錦50 山口9E」「直汲み辛口純米」の3本ですが、早飲み一等賞は「辛口純米」で、熟成させれば「山口9E」が最後は勝つというのが僕のシナリオです (笑) 。「雄町」も熟成向けのニュアンスは感じました。「辛口純米」はすでに完璧に仕上がってます。


2017.08.18 Fri 10:35
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

毒見お疲れ様です。
ハズレましたね~、福娘っぽさがなかったから印象違ったんですかね。
飲み会で1,2杯飲んだんですがスッと飲んでしまったので華やか系もあるんだって感じでした。
今度はちゃんと腰据えて飲んで良いヤツをお勧めしまーす。

今年の福娘は八反、雄町、夏吟でしたがやはり雄町が一番ですかねぇ。
2017.08.18 Fri 09:20
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 3日目ピーク説(笑)

毎度です。

まずは誘いにのってもらってありがとうございました!僕は夏吟醸を月曜から開けて、今日飲みきりました。1日1合ペースです(笑)。家だとそれで十分なんですよね。

1日目は、最初の一口目で感じた華やかパートはけっこう好きでした。ガスもあり、味も出てて良い感じじゃんと思いつつ、2口目を飲むと、アフターにハッカっぽい(もちろんハッカの味はしないです 笑。例えです。)不自然な爽やかさが出てきて、そこが難点でした。これが気になっちゃうとダメでしたね。。あと、若干のこめかみアタックが来たので、1日目は早々に引き上げました(笑)。決して純米主義者じゃないですが、アル添のダメなところだけが出ちゃったのかなと思います。

1日目の時点で、長陽福娘っぽい良さが出てないことが分かったので、これはモウカンさんは☆3.5だなと勝手に思ってました(笑)。これはこの記事を読んだ後のただの同意ですが、長陽福娘らしい果実的な酸がなかったのが一番痛かったかなと思います。

あと、牛乳@お花畑は、この味が良いとまでは思わないですが、僕としてはそこまで嫌う要因にはならないようです。

2日目になると、酸が少し出てきていい塩梅になってきました。2日目以降は1日目のダメなところは消えてました。3日目が一番良い状態で飲めて、4日目で若干ピークアウトする感じです。「西都の雫 夏純米」でも同じ変化を辿ったので、興味深いですね。長陽福娘、3日目ピーク説(笑)。これが今回2本家飲みした収穫ですかね。まあ、全部そうなるわけはないので、半分冗談です(笑)。

香り系のお酒は好きですが、この香りはカプロン酸エチルで、この香りは酢酸イソアミルだと当てれるほど詳しくないです。 カプロン酸エチルのイメージはなんとなくあるけど、夏吟醸がカプロン酸エチルの香りがするかと聞かれると、あんまり自信ないですねぇ。でも、少なくともこの香りはそんなに好きじゃないですね。香り系の最高峰は、monochrome+ですよ(笑)。あれは間違いなく好きな香りでした。
2017.08.18 Fri 00:56
Edit | Reply |  

Add your comment