◤山本 - 山廃 純米吟醸 サンシャイン・イエロー 28BY ── dಠಠb「今や地に落ちたQueeenの代用品としても素晴らしい威力を発揮する夏の最強クイクイ酒!」#Fresh, Fruity, Clear 



検索ワード:


yamamoto_yellow28by3.jpg これ、すっかり頭から抜けてました、山本の山廃です。実は25BYからマチダヤで見てますが──ラベルが目立つし──、やはり初心者にありがちな「山廃? 腐ってんのか? サンパイ?」という先入観からスルーして、26BYはそこそこ「山本」は飲んだはずなのにこれまたスルーして、27BYの頃にはスッカリ頭の中から抜け落ちていて──「山廃」に目覚めつつあったのに──、それで今年に入って「速醸www」とかさんざ煽ってたくせにそれでも想ひ出せなくて、最近じゃ、買う日本酒もクワナリ偏狭なセレクトだし、そればかりか「もう酒屋のメルマガも要らねえな」などと驕り高ぶっていたら、まんまと酒屋のメルマガでこの酒の存在を想ひ出して、dಠಠb「そういやヤマモツにもヤマパイがあったじゃんかよおっ!!!」となりました。ありがとうございます、酒屋さん


yamamoto_yellow28by4.jpg それで今季は買うしかない!と思っていたら、さっそく読者さんからのタレコミがあり、なんと旨いという話ではアーリマゲーター。なんという素晴らしいアシスト。まだ買える店もあるようなので、オレとしては珍しく買ってすぐの開栓です (ファンサービスの一環) 。

 スペックは「酒こまち55、日本酒度:+4、酸度:2.3、酵母:蔵付き分離セクスィー山本酵母、ALC.15.5」ということで、やや低アルに振れた設計だけど、加水してるのかな。おそらく火入れは1回でしょう。実は「山本」自体に悪いイメージはなくて──中にはイイ酒 (美郷錦55黄緑ラベル26BY!) もあったけど──、やっぱ「 ミッドナイトブルー 生原酒 28BY」があまりにも寝ぼけた酒だったので、なんか買う気を削がれていたけど、この山廃を想ひ出せてよかった。ここの銘柄はもともと酸っぱい酒も多いし、今の我々的にはこれでハズす気はしないというか。期待です




yamamoto_yellow28by1.jpg


 
 ▲オレは別にだけど、気になる人にはコチラを。


yamamoto_yellow28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【418】白瀑 -しらたき- 山本 山廃 純米吟醸 サンシャイン・イエロー 28BY < 秋田>

白瀑・山本合名会社:http://www.shirataki.net


Moukan's tag:



yamamoto_yellow28by5a.jpg



 立ち香──セメダイン上等 (実はそこまでキツくない) 。いいですやん。甘さ控えめの「日輪田ひまわり」。完全に好き系。このキラーン☆とした酸は、まさに夏のシトラス大会──とはイエイ、強めに出てるのはピーチ系の香り。ここまでは完璧──全く問題がないという意味で。

 期待でオッパイが膨張──。


 ☆4.5を付けるのに1秒もかからない。これだよ、この軽さだよ、「ひまわり」に足りないものは。微量のガスはあります。いいな。夏酒として「ほぼ完璧」だな。「薄さ」と「軽さ」とが繰り広げる、この楽しげな緊張感はまるで息の合った漫才のよう。ああ、いいですねえ! 凄みはないけど、地に落ちたQueeenの代役はヤマモツが引き受けさせてもらおうか。

 なんというか、炭酸水で割った食用セメダインに桃やらオレンジやらブドウやらの果汁を少しだけ搾った水彩画チックな淡い色目ではあるが、非常にカラフルな配色ではある。そこまでギラギラしてるわけでもないけど、まさに夏のビーチの七色のパラソル。この小ぶり感がいいね。小さなジューシネスの咆哮。子犬がキャンってね。それでも☆5は付かない。やっぱ7号酵母の酒なんかに比べると足腰は弱い。つまり、初日のガスありの状態が一番旨い酒だし、これを1800mlで熟成させたいとは思わない。とはイエイ、クソ酒が連発した時の保険に720mlをもう1本欲しいとは思わせる (笑)

yamamoto_yellow28by6a.jpg 去年☆5を付けた「山本 和韻 純米吟醸 生原酒 27BY」と比べてどうかなー。同じような方向性は十分に感じるし、同じ組の仲間だとは思うけど、やっぱオレとしては「ピーチ」より「ブドウ」や「リンゴ」な酒に魅せられるんだよな。正直、飲み進めるほどに深みの増す酒ではないし、これを1800mlで買い直したいとは思えないけど、大満足だな。普段「イマドキの日本酒」なんかまるで飲んでない友人たちが集まるホームパーティーに持参したらヒーローになれることだけは間違いない。


yamamoto_yellow28by7a.jpg カロリーオフというより、軽さの出方は「低アル酒」のそれに近いニュアンス。それでもクリスタルなエキス感にフルーツ模様がセロハンシートのようにペタっと張り付く感じはまさに山廃的だし、旨みが無駄に広がらずに「線の酸」に導かれて滑走するこの様を「平面的」と感じるとしたら、アータは「速醸病」確定。こういう酒がどんどん増えてくれば、誰も金曜の仕事帰りに成城石井で1,800円の白ワインを闇雲に買ったりはしなくなるだろうよ。ピールな苦み (アクセンテッドなアミノ酸パートの渋み) は軽やかなレベルだし、ジュースの表情はシャキっとソリッドにフルーティーで、旨みそのものの豊満な輪郭には出会えず、ペタンとした柔らかなプレス感を従えてサックリとキレます。とにかく軽い。

 山本の山廃はこんな感じか。ある意味で「ひまわり」とは「同じ組の対立派同士」なので──「痩せ」と「デブ」の桃をめぐる闘い──、この両方を飲めるとしたら、面白い比較になるとは思う。グイ飲み方が凝縮感をより堪能できるから、オレはこっちの方が好き。家庭の事情で明日はグラス一杯しか飲めないと思うので、今日ここで☆4.5でフィニッシュしておきます。720mlを近場で見つけたら──反セメダイン、7号酵母苦手派の人以外は迷わずトライ。今やセメダイン大王のオレからすると、こんなもん、全然ですよ。なんなら7号酵母ヴァージョンが欲しいくらい。そしたら浜辺のパラソルのタブローも水彩画から油絵になるだろうね。

 結構、軽いし薄さも感じるけど、それで楽しさが削がれることはない。





 1973チャレンジ!!!
yamamoto_yellow28by8a.jpg



 ♡☺♡「ややニュウ (乳) あります」──最近は非速醸の酒に対してもこれを言うmoukan1973♀は完全に〝ニュウ過敏症〟──漢字にすると〝乳過敏症〟──「旨い・・・。マジか。サイダー系の味。爽やかなサイダー。スッキリするわ〜。夏にいいわ。今日みたいなムシムシした日にピッタリだわ〜。進んじゃうわ。クイクイ系です! 軽いなー。これ、注がれたら注がれただけ飲んじゃうね

 正確に言うと、オレの中では「ひまわりLight」というより「Queeen桃クリスタル」という感じ。以前「Queeenが山廃だったら」ということを書いた記憶があるけど、ある意味、そういうニュアンスはあるし、いざこうなってしまうと「Queeen」の中に佇む米の旨みの球体も捨て難いと思わせるから不思議だ。

 720mlはボチボチ品薄です





── 2日目。

yamamoto_yellow28by11.jpg



 立ち香──やっぱ「日輪田 ひまわり28BY」と「残草蓬莱 Queeen 27BY」の中間ゾーンなんだよな。香りのカラーは「ひまわり寄り」で、質量は「Queeen寄り」という。軽さの先読みあるよね。

 基本、この手の酒の2日目は期待できないGA──。

yamamoto_yellow28by12.jpg うん、悪くない。むしろ液性のポヨみは今日の方があるくらい。しかしなあ──旨いし好きであることは前提として──、これは「山廃的な軽さ」というよりは「低アルとしての軽さ」だな。なんか笑っちゃうくらい旨い水 (笑) 。この後も山廃の酒 (菊鷹) 開けるから、少しだけ残しておこうな。

 このペナペナの軽さについて笑顔の用意ができるかどうかで評価の分かれる酒。まあ、オレは楽しいし笑っちゃう。☆4.5に迷いはない。当然「米鶴 山廃純大」や「黒澤 Type-7/9」の前ではライトだし、カジュアルだし、廉価な存在感だけど、これはこれでしょう。あまりに旨すぎる酒は押されっぱなしで疲れちゃうしね (笑) 。

 しかし薄いなあ──イイ意味で。





 このあと、このカルテットに追い込まれる羽目に・・・。
yamamoto_yellow28by13.jpg



 このつづきは明日ね。今日はこれから「菊鷹 〜雌伏シフク〜 山廃 純米 7号酵母 無濾過生酒 27BY」の3日目です。

 今週は「篠峯 純米大吟醸 愛山45 無濾過生原酒 27BY」が3本 (1800ml×1、720ml×2) 届くだけなので、転入生の紹介はありません。来週も3本の「篠峯」が届くので、そこで一緒に取り上げます。

 それでわ、皆さま、素敵な、そして酔い連休をお過ごし下さい。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 山本 白瀑

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──先ほど、おかげさまで無事27BY(H28.1)の娘が届きました。

おっと、まだ残ってましたか、27BY。そりゃ見落としてました。火入れですかね。旨かったら──旨くなくてもレポお待ちしてます。マチダヤの生熟 (29.7ロット) は薄いし、液性的には「中身28BY」だと思います。期待していたような味幅はないですが、普通以上には飲めると思います。残りを720mに採ってからの方が美味しく飲めてます。


──と思ったら、前に書いた通り「サンシャイン・イエローの27BY」って表示されてたと思ってポチったのですが、届いたのは28BY… まあ、美味しいから良いか…

出た (笑) !
僕は28BYを頼んだら27BYが届いたり、27BYを頼んだら26BYが届いたりと、なぜか古いヴィンテージが来ましたが、以来、必ず問い合わせをして、返信が来たら電話で再確認してますよ。この店にそこそこなアイテムが残ってるのは、そういうことなんですね (笑) 。ま、バ◯とハサミは使いようですので、面倒ですが、少し手間をかける必要があります。

ちなみにイエローサンシャインの27BY (26BY?) は「ロックで飲む」みたいなコンセプトも裏ラベルにあったようなので、今季のような低アル仕様じゃないみたいですね。



2017.08.12 Sat 11:15
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おはようございます。

先ほど、おかげさまで無事27BY(H28.1)の娘が届きました。

間違ったのが来たら面倒だなあ、と案じておりましたがやれやれです。

と思ったら、前に書いた通り「サンシャイン・イエローの27BY」って表示されてたと思ってポチったのですが、届いたのは28BY… まあ、美味しいから良いか…
2017.08.12 Sat 10:25
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

ここのオヤジとは電話で3〜4回ほど話したことありますが、まあラフです (笑) 。以前、長陽福娘の26BYの五百万石について問い合わせたら「これ、不味くて飲めないので売れません」って、だったら消せよ!という (笑) 。

あと、よくBY違いで届くのでラベルは確認した方がいいです。最初はムカつきましたが、少し煽てると張り切るので、最近では良好な関係を築けてます。


2017.08.10 Thu 10:16
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 良い宣伝

そうなんですよ、直汲みはもう売り切れてたので直汲みじゃない方を買いました。

で、お返事を読みまして、今見たら直汲みじゃない方も売り切れてました。

お店の良い宣伝になったなあ、と(笑)

お店から確認メールも来て、注文した通りに買えそうです。
2017.08.10 Thu 08:16
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──ワインショップワタナベ

えーと、ここの27BY在庫はネットで表示されてる通りではありません。当然「長陽福娘 純吟 直汲み 山口9E 27BY」も僕が「全て」買い占めたので、もう残ってません。ご注意ください。

2017.08.10 Thu 00:19
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

前におっしゃってたように、27BYならまだまだ探せば色々あるもんですね。

ワインショップワタナベ
https://www.rakuten.co.jp/jizake-watanabe/

サンシャイン・イエローの27BYも(一升瓶ですが)まだ売ってますし、長陽福娘の27BY 純米無濾過生原酒(直汲じゃないけど)もありました。

このお店は初めて見たんですが、過去ログをチェックして地雷を踏まないように同梱候補を選んでると本命よりも時間がかかります(笑)
2017.08.10 Thu 00:09
Edit | Reply |  

Add your comment