◤長陽福娘 - 辛口純米 直汲み 山田錦 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「正解は意外なところに潜んでいた・・・」#Fresh, Fruity 




musume_karakuchi_jikagumi28by3.jpg 何かと賛否の分かれる28BYの長陽福娘ですが、正解 (アタリ) は意外なスペックに潜んでいた、これなら女子供もクソして寝る必要はない、 辛口純米、直汲み、山田錦60、無濾過生原酒です。ただしガシっと発酵させてますので、ALC.度数は18〜19と、この銘柄の純米規格としては最上クラス。調子に乗ってガブ飲みしてると悪いオジサンたちに狙われるので、どうぞゆっくりと味わいつつ、時には氷で薄めるなどして飲むといいでしょう。

 ちなみに去年も全く同じスペックを呑んでますが、あきらかに今季の方が果実味豊かで甘みを感じます。☆4.5です。酸の輝きはパキーン! (夏の甲子園ならカキーン!) とまではイキませんが、この銘柄としては十分に満足できる仕上がり。もう買えないかなー。どこかで見かけたら是非どうぞ。




musume_karakuchi_jikagumi28by1.jpg
 ▲岩塚製菓『田舎のおかき わさび味』は☆3.5。言うほどフワフワしてないし軽くもないし、表面が硬い系なので、慌てて食って変な風に口内アタックすると出血する人 (特に老人) もいるでしょう。味もなんだか「甘さ」で「わざび」をコーティングする「中途半端な」バランス取り。何がやりたいのがオレにはよくわからない。平田観光農園『自然のまにまに 種入り干し シャルドネ』は例の諏訪土産。moukan1973♀は♡☺♡「イマイチ・・・」と言うけど、冗談じゃない、オレは結構イケる。浮ついた値段のするオサレなドライフルーツ系のパンに入ってる干しブドウのような人懐こい甘さはないが、コアに〝点の酸〟を見つけることができるし、高いけど、誰かにもらう分にはアリ。種のプチプチ (どっちかと言うとパチパチ) が存外に気持ちイイんだけど、なにせ歯に詰まるんだよな (笑) 。なので、入れ歯の老人には薦めません。☆4です。商品説明の「そのキリリとした酸味は他のドライフルーツにはない特徴をだしています」は合ってます!

 ▼数値は27BYと同じだけど、酸っぱみの出方は違う。
musume_karakuchi_jikagumi28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【414】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 辛口純米 直汲み 山田錦 無濾過生原酒 28BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:




musume_karakuchi_jikagumi28by6.jpg 立ち香──おや、なんだかとっても甘やか。香りだけなら誰も辛口とは思わない。つうか指がベトつくんだけど。ちょっと焦がした砂糖 (ざらめ) のような甘さ。蜜っぽい甘みの球体もあるね。これは意外な展開。今のところ果実はないなあ。なんかベテラン杜氏の造る濃醇な純米生原酒という感じのルック。際立つほどの草もないな。あえていうなら「紫芋」か (笑) 。でも全体には「和」ですね。イヤな感じは皆無。

 これは期待がタカマル──。


musume_karakuchi_jikagumi28by7.jpg キタ! 含むと明白なる巨峰&マスカット。これは大アタリや!!! ちょっとマジで28BYだよな (笑) 。遅れて白桃な甘さも伸びてくるな。牛乳なんかねえよ。余裕の☆4.5

 ガスは微かだけどある。つうか、これ旨いな。27BYの山田錦はリンゴ指数高めで、某酒屋の言う「大人のファンタグレープや〜」という言説がイマイチ理解できなかったんだけど、ここには確かにあるな、大人のファンタグレープ。そこまでカッチカチの鉄筋コンクリートな液性 (ストラクチャー) ではなく、輝くエキス感にフルーツのドレスがフワっと柔らかく纏うパターン。スゲえジューシイだな。ピンと張りのある酸の一点に向かってキレイに凝縮する果実感。ヤバイ、『28BYの娘ランキング1位』に躍り出た。やるじゃねえか。

 なんかイイ意味でウォータリーなんだよな。でも薄いわけでも味気ないわけでもない。まさにモダンでエレガントな最新版の辛口純米。これはオシャレや〜。甘党ざまあ (笑) 。これ全然甘いしー。もちろん、ベタっとドッカンな甘さはないけど、言うなら「液の輝きに宿る甘み」かな。意味わからんか? だったら出直して恋。

musume_karakuchi_jikagumi28by8.jpg ワイングラス──。

 ピーチ指数上昇。これ旨いな、チクショウ。なんだよ。ここにいたか。これいいな。この酒が1年中スーパーで買えたならブログ引退だな (笑) 。オレとしてはグレープ指数高めのグイ飲みの方が好きかな。

 もちろん全体にはシャープさもありつつ、一体「日本酒度:+8」がどこに効いてるかと言えば、さてどうだろう、ひとまず喉を焼くようなアタック (いわゆる喉ティンコファイヤー) はそれほどでもないし、そうね、あえて探すなら、果汁まみれの雑巾を絞ったかのような凝縮先に現れるミネラル由来の渋み&苦みだろうね。でも、水っぽいベチャっとした苦みじゃないから、ノイズには感じない。ある意味、ビール (皮) と同じだよ。この銘柄らしい粉雪ライクなミネラル感は辛口設計とのバランスの中ではソフトめに感じる。

 いいですね。「上喜元 生酛 八反」なんかと味クラーヴェするのも楽しそう。大満足の☆4.5です。8月の1本目が旨いと気分爽快。温度が上がるとスゲえピーチ。瓶口からは漂わないんだけど不思議。そして、磨き50と言われても全く疑わないほどスリムなBodyサイズ。うそ、「全く」はないか (笑) 。でも55なら全く疑わない。





 軽クラーヴェ! (軽く味クラーヴェ)
musume_karakuchi_jikagumi28by9.jpg


 陽子──グイ飲みの方がジューシイだな。別にワイングラスで味を開く必要はない。小さく小さく狭い範囲で味の濃さと凝縮感を堪能するべき。旨い。確かに辛口なルックもある。冷たいとカァーっと来るな (笑) 。でも液表面は甘くテカってるし、なによりフルーティネスのコアがあるからね。まる子──残り2合弱は熟味がモリモリと前に出てきた。逆にお燗がいいんじゃねえの?──今やってます──ああ、香る、オコメーゼ。いいですやん。旨ひ。残り120mlくらいだけど、明日は食前酒にぬる燗やりますわ。陽子──やや桃が伸びてきたか。





 1973チャレンジ!!!
musume_karakuchi_jikagumi28by4.jpg



musume_karakuchi_jikagumi28by5.jpg ♡☺♡「ん? なんか程よい甘みを感じる。アタシの好きなタイプのイイ甘さ」──「旨い・・・。ねえ、ゆっていい? クリスタルとも違うけど、消えてなくなるタイプ。これ旨い。ブドウ。かつ、消えてなくなる感じよ。なにこの〝なくなる感〟・・・。この感じでアルが18〜19は危険酒です! 最近、日本酒の旨いのがつづいて嬉しい。なにこれ旨い! ☆4.5

 ついでに「八反錦」と「黒澤Type-9」も飲ませたら、♡☺♡「もういいよ、速醸の酒はシノちゃんと陽子だけで。もうさんざいろいろ飲んだけど、結局そうなるじゃん。余計な酒を買って捨てるのもったいないもん。黒澤旨い、ナニコレ。赤い果実がすごい。クランベリー、カシス、ラズベリー」などとヌカすが、まあ、速醸のチャンチャンフルーティー酒は時間と金の無駄かなー。「フルーティネス」を求めるならシャンを飲めばいいし。それにしても「黒澤」は強いな。300mlサイズに移行してから、むしろ透明感が増したような





── 2日目。

musume_karakuchi_jikagumi28by10.jpg

musume_karakuchi_jikagumi28by11.jpg
 ▲栗山製菓『夏限定 ばかうけ 塩味アソート』は☆3。「わさび」──塩っぱすぎ、「レモン」──レモン弱すぎ、「梅」──普通。煎餅パートはチープな技術力。やる気を失った亀田のサラセンみたい。「ばかうけ」自体は嫌いじゃないが、これは企画が安易かつ即席で、肝心の味の追求が全くなされていない。出せばいいというものではない。恥を知れ。






musume_karakuchi_jikagumi28by12.jpg その前に「ろくまる山田錦」の最後の一杯を飲む。

 立ち香──結構メロン。あまりにギスギスしてたらお燗にします。

「濃い!」つうか、なんかオリまみれの赤ワイン的な酸と渋みだな (笑) 。仕方ない、温めるか──おっ、悪くないな。ミルキーなタッチもありつつ、最後はしっかり酸っぱい。普通の火入れ純米じゃあ、こうもカラフルでモダンな燗酒にはなるまい。少し冷ましたいので、このまま放置します。






 ここからが「長陽福娘」の2日目です。どーかなー。

 立ち香──少しミネラル・パートの苦みが前に出るか。それとも酸が勝つか。おっと長陽バニラが御来店。ややカルアミルクなホロ苦さの先読み有り。ブドウは特に感じないかな。

 ひとまず呑んでみる──。

musume_karakuchi_jikagumi28by13.jpg これ絶対に旨いな。もはやスゲえフルーティーなんすけど。なんか昨日より軽いというか、クリアに感じる。思ったよりミネラル・パートも邪魔じゃない。イイ塩梅に凝縮感をサポート。オトナっすねー。「辛口」属性なニュアンスあるけど、ジュースそのものは十分に甘みを感じる。なんかリキュールを使ったカクテルみたいなカラフルさだよね。27BYの雄町は苦くて辛いだけだけど、これには果実があるよ。

 うん、口の中が超気持ちイイな。まさにブドウと白桃のミックスジュース。艶やかな「鶴齢 越淡麗」という方向性もあるけど、アクセンテッドかつ明度高めの液性はまさに娘仕様。徐々に甘みに慣れてくるとアハンな火照りが喉ティンコに跳ね返るけど、逆に目が覚めるぜ (笑) 。





 それでは今夜も一人で味クラーヴェと参りましょう。
musume_karakuchi_jikagumi28by14.jpg


 まる子の燗冷まし──結構メロンだけど悪くない。ちゃんと酸っぱいからダレないな。辛口陽子──最後の一杯。うん、紛うことなき☆4.5。決して軽くはないし、ALC.度数も高めだけど、とにかく目が覚めるわ──飲み過ぎると目が閉じるけど。まあ、それでも27BYとは異なり「リンゴ指数」は低めだよね。今は「ピーチ指数」が「ブドウ指数」を上まってる感じ。

 さわ子──クリアだな〜。同時に飲むと、やっぱ速醸の辛口陽子は重いつうか、ザラジョワなテクスチャー。うん、Type-9の方が上ですね。それでも八反陽子はハンパねえっす。まさか磨き60の純米生原酒がここまでキレイに熟成するとは・・・。しかしさわ子は劣化しねえな。今この状態で飲んでも普通以上に旨いわ。やっぱ生酛は軽いなー。なくなる前に八反陽子をお燗にしとくわ。悪くないけど、なんか〝きな粉〟みたいなミネラル感だな (笑) 。個人的にはRSでチビチビがいいかも。逆に旨みが広がりすぎて重い。これは割り水してちゃんと1合単位でお燗にしないとダメだ──もうほとんど残ってないけど。

 旨い酒は〝美〟を探しに行く手間が省けるからラク。書く手間は増えるけれど。


moukan1972♂






日本酒 長陽福娘

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。1800mlのハードワークご苦労様です (笑) 。


──やっぱり3日目が一番いい塩梅でした。四合瓶に取り分けてることもありますが、3日目以降も特に落ちることなくいい塩梅のままで良かったです。3本長陽福娘を家飲みしてみて、長陽福娘は口開けよりも数日後が良いことが分かりました。

イイやつ (酒質の強い長陽福娘) は初日の飲み口がシャープに切り込んで来るので、味と香りが多少抜けて来た方が飲み口が優しくなるということはありますね。我が家の抜け抜けのリトマス状態だと凄く滑らかなツルピカバニラ酒になることも多いです (笑) 。

ぐい呑みのダイレクト感がいいですね。辛口仕様なので、あまり香りやアルコール成分が広がりすぎても鼻をつんざきますね。27BYの直汲み60と50は結構なリンゴ感だったので、ようやく「これが某酒屋の言う〝大人のファンタグレープ〟か」と理解できましたよ (笑) 。


──あと、これはコンディション問題もあると思いますが、たまに若干の熟成感の芽を感じることがありました。これもアフターをくどく感じる要因でした。これは僕にとっていらないやつなのですが、ここ数日はそんなに感じなくなりました。なんかうまく馴染んでくれたようです。

ああ、やっぱ磨き60だと育ちやすいんですかね。僕が飲んだ720mlも飲み頃感満載でしたし、果実的な熟れ感 (豊満) はありますね──スゲえ味出てるやん的な。ま、この辛口は今が飲み頃だと思います。


──確かモウカンさんの冷蔵庫に長陽福娘 山口9E 28BYを熟成させてましたよね。そちらのレポも気になるところなので、気長にお待ちしてます。あのドライな酒質が熟成を経てどうなっているのかが興味深いです。

1800mlで酵母違いを2本ストックしてます。山口9Eは27BYも2本あるので、これも楽しみですね。28BYは結構ヘヴィーな飲み口だったので、ソリッドに仕上がってくれるといいんですが。。。


──あと、米鶴の矢崎スペシャルがまたドロップされたようですね。エレガント生酛、略してErekimoだそうです(笑)。モウカンさんに言わせると、「エレガントな生酛」ではなくて、「生酛がエレガント」だと思うので、「kimoere」に名前を変えたほうが良いですかね(笑)。

之吟のfacebookで見ました。なんか肩ラベルに「辛口純米 一度火」と書いてあるんですが、一応「ひやおろし」ということなんでしょうか。黄色ラベルの火入れは別で出てるので、違う仕込み (Not仕込み22号) のはずです。

「kimoere」も「Erekimo」も、どっちも異常に分かりにくい (笑) 。ただまあ、徐々に「生酛」や「山廃」を「エレガント」や「モダン」という形容詞で説明する流れが定着しつつあるのは喜ばしいですね。略さず「Kimoto-Elegant 2016」でいいと思うんですけどね。

というわけDE、レポートありがとうございました!

NGワードは偶然のダジャレでも弾かれますので、以前「パンチ・ライン」でも「・」がないと投稿できませんでした (笑) 。

2017.09.04 Mon 14:18
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 旨かったです!

毎度です。

長陽福娘 辛口純米、先週の日曜から飲んで、残り一合くらいになりました。モウカンさんのレビュー通り長陽福娘らしさがでてていいお酒ですね!旨いです。

1日、2日目は少しガスもありましたが、やっぱり3日目が一番いい塩梅でした。四合瓶に取り分けてることもありますが、3日目以降も特に落ちることなくいい塩梅のままで良かったです。3本長陽福娘を家飲みしてみて、長陽福娘は口開けよりも数日後が良いことが分かりました。

ワイングラスかぐい呑かだと、僕もぐい呑の方が好きでしたね。香りはそこまで特徴がないので、それよりもぐい呑でグレープのようなジューシー感を楽しんだ方が良かったです。途中まで両方で飲んでいたのですが、途中からぐい呑オンリーに切り替えました。

欠点も挙げるなら、アフターが少しくどい時があることですね。いつもじゃなくて、飲んでるとときどきあるので、

> 徐々に甘みに慣れてくるとアハンな火照りが喉○○○に跳ね返るけど、逆に目が覚めるぜ (笑) 。

※○○○がコメント投稿で不正な投稿判定されました(笑)。

この甘味になれてくると、っていうやつですかね。あと、温度のせいもありそうです。若干、アフターだけくどい時がありました。

あと、これはコンディション問題もあると思いますが、たまに若干の熟成感の芽を感じることがありました。これもアフターをくどく感じる要因でした。これは僕にとっていらないやつなのですが、ここ数日はそんなに感じなくなりました。なんかうまく馴染んでくれたようです。

ま、最後のは揚げ足取りみたいなもので、全体的には満足でした!家飲みできて良かったです。確かモウカンさんの冷蔵庫に長陽福娘 山口9E 28BYを熟成させてましたよね。そちらのレポも気になるところなので、気長にお待ちしてます。あのドライな酒質が熟成を経てどうなっているのかが興味深いです。

あと、米鶴の矢崎スペシャルがまたドロップされたようですね。エレガント生酛、略してErekimoだそうです(笑)。モウカンさんに言わせると、「エレガントな生酛」ではなくて、「生酛がエレガント」だと思うので、「kimoere」に名前を変えたほうが良いですかね(笑)。なんか面白いスペックが色々出てきて楽しいですね。
2017.09.04 Mon 01:02
Edit | Reply |  

Add your comment