もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤裏篠峯 ろくまる - 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 27BY 2本目!── dಠಠb「初日は結構アガれたけど、まあ、所詮27BYは27BYかなあ」#Fruity, Fresh 




rokumaru_yamada27by2_3.jpg 最近、他の銘柄の酒を呑んでる時にタマに想ひ出す、篠峯の「ろくまる山田錦 27BY」です。「磨き60」なので「ろくまる」です。去年も全く同じ酒を呑んでますが、当時は☆3.5という辛い評価。ちなみに27BYの不出来が気のせいなのかを確かめるべく買い直した26BYは余裕の☆5です。

 これ、26BYに登場した新商品なんだけど (もちろん当時も飲んでます) 、28BYは造ってませんので──たぶん他の商品で山田錦を使いすぎた──、もしもどこかで見掛けたら問答無用に26BYか27BYになります。さすがにもう26BYは売ってないだろうけど、27BYはまだ拾えます (※消えました) 。たぶん今の我々が呑めば普通に☆4を付けそうなんだけど (笑) 、☆4.5なら迷わずGO!です──ま、たとえ☆4でもアナタが普段呑んでる酒よりは旨いと思うけど。


rokumaru_yamada27by2_4.jpg オレの中での「ろくまる山田錦」のイメージは「青リンゴ、ラムネ」系かな。シャキっとドライな飲み口ながら、硬質なエキス感に纏う輝きのあるフルーツのドレスはキラキラとクリスタル。ちょうど最近呑んだ「黒澤 生酛 純米 直汲み生原酒 Type 9」なんかの液性が26BYの、特に「ろくまるシリーズ」に近いので、この27BYじゃ少し力不足だとは思うけど、そのへんのニュアンスも真剣に捕まえたい。

 数値その他は「日本酒度:+1.0、酸度:2.0、酵母:明利系」です。下手なヤツが造るとクドくてトゥワンな酒になりがちな明利系酵母だけど、堺杜氏の手に掛かればキラキラ輝くから不思議だ。

 実はクワナリ期待してます──酒の出来そのものよりも今のオレの感じ方の変化に対して。




 dಠಠb&♡☺♡「我々はやっぱり」──。
rokumaru_yamada27by2_1.jpg
 ▲三幸製菓『おかき餅』はオレが唯一「甘め」で頻繁に口にする煎餅かもしれない。我が家のウルトラ定番クラシックス。いつ食っても旨いし、ロットによる誤差も少ない──製品の性質上、焼きムラや味の濃淡が生じにくい。ゴツめの見た目からは想像もできないほどサクサクと軽いので食べ過ぎ注意。それにしてもキャンペーンを仕掛けるタイミングが異様に早いな (笑) 。そして浜辺美波ちゃんカワイイ←シツコイ。さすがに映画を観る気はしないが。

 ▼女優として大成する〝最低条件〟は「色白であること」。若いうちはいいが、色の黒い女優は30を越えると汚くなる (カメラ映えしなくなる&時代劇に出れない) ので仕事は減る。もしも30を過ぎて主役をバンバン演じてる色黒の人気女優がいたら逆に教えてくれ。広瀬すずは若いうちだけ。榮倉奈々も30過ぎたら主役の友達役しかできない。あと、外人顔 (洋風顔) もダメ。北川景子も時代劇できない。俳優の場合「小顔」は40過ぎたらダメ。画面を制圧できない (小栗旬は今が最盛期、いずれ山田孝之が抜く)。役所広司、佐藤浩市等、オヤジ世代で主役を張れるのはみんな顔デカイ。イマドキの小顔イケメン軍団はやがてみーんな風化します。日本を代表するデカ顔役者と言えば故・勝新太郎でしょ。
rokumaru_yamada27by2_2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【413】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




rokumaru_yamada27by2_5.jpg
 ▲小学生はAir乾杯 (笑) 。日曜にmoukan1973♀の友人が小五の娘を連れて遊びに来た。最初はシャンパーニュで乾杯。食事の後半は日本酒にシフト。他にもたまたまイイ酒が開栓済みだったので、大いに満足してた。ちなみにその友人は「奈良県出身」なので「篠峯」については「我が家では奈良と言えば〝大仏〟ではなく〝篠峯〟だから」と熱く語っておいた──もちろん彼女は「篠峯」なんか知らない。彼女曰く「御所市は田舎だよ〜。あああ、御所ねえ・・・」と意味ありげな合点を得たようだが、それが何を意味するのかまでは追求しなかった (笑) 。






 立ち香──明利系らしい〝トゥワン〟もあるけど、ナッツ寄りのオイリーな膨らみも。熟香は特に探せない。わりと甘やかに育ってるので、あれ?こんなに甘やかな酒だったっけ?みたいな印象。

 そこそこカチっとした混醸タイプのシャン経由だったけど、問題なく旨い。熟味はどうだろう。ややフルーツの皮のような渋みに寄与している感じだろうか。シャンで言えばピノ・ノワール系の、巨峰の皮の裏にへばりついてる薄い果肉的な渋み。ツルっと甘やかな地平からスタートして、ガスは弱めの直汲みレベルには残っていて、27BYの篠峯らしく、26BYのようなグラマラスな果実感や硬質なエキスのモノリスに纏わりつく七色のフルーティネスはないものの、甘みが伸びた先には力強い点の酸もあり、やや山廃的なペテンコな旨みのプレス感を従えて小さくジューシイな着地。余韻にはほどけの良いミネラル由来の苦み。

 ♡☺♡「旨い!」──彼女の友人も「甘いけど最後がスッキリしてるからダレない」と大満足。

 正直、ここまで〝飲める代物〟に化けてるとは想像してなかったけど、ひとまずは「篠峯」を飲んでいる気持ちにさせてくれる仕上がりにはなっていたようだ。少なくとも去年飲んだ状態よりは遥かにいい。26BYのような堅牢さはないものの、そこそこキュートでチャーミングな表情も見せてくれるし、なにより、他の銘柄との違い──圧倒的なモダニティとエレガンスを感じさせてくれる。





 せっかくなので味クラーヴェ!!!
rokumaru_yamada27by2_6.jpg



 moukan1973♀の友人は職場の元先輩なんだけど──オレも何度か一緒に飲んだことはある──、実は我が家で本格的に酒と食事をするのは初めて。事前に聞いていた話だと「職場の飲み会でも話してばっかで、そんなに食べたり飲んだりしないよ」という話だったが、まあ、飲むわ食うわ (笑) 。ま、その方がこっちも楽でいいんだけど、それで味クラーヴェまで駒を進めたというわけ。

 参年熟成25BY──香りは完全に麗しの白桃。金曜に少し味見した時とはまるで別物。ぐんぐん開いてきた印象。滑らかでクリアなテクスチャー。♡☺♡「なにこれ、超クリア。旨い!」──友人も旨い旨いを連発。日本酒初心者でも普通に美味しく飲める古酒はそう多くない。陽子──これは異次元の領域に突入。うっとりするほどの美しいバニラ酒。千歳飴のようなライトな粉雪ライクのミネラル。コアには極小の果実味と力強い酸。むしろ味が抜けた今が神々しく光り輝くほどだ。今のこの状態なら☆6ろくまる──この2つに比べればヤンチャで愛嬌のある酒。割りとピタっとしたプレス感あるね。着地点には〝レモンの一滴〟も感じる。☆4.5は付けたい感じだ。





── 2日目。

rokumaru_yamada27by2_7.jpg
 ▲世の中ミニオン・ブームなのか!? オレは単に写真の (絵作り) コマとして重宝してるだけだが、新しいフィギュアは欲しい・・・。



rokumaru_yamada27by2_8.jpg ああ、なるほどねえ、やっぱ酒が弱いんだなあ。ガスは抜けちゃったな。いや、微かにあるか。

 あらためて(シャン非経由で)飲むと、スゲえミネラリーだな、オイ (笑) 。えーとですね。今日はいろいろ見えてます。まず、たとえば不出来な「やまとしずく」や「2日目の町田酒造」なんかにある「甘苦い跳ね返り」はあります。ただ、酸のコアに向かって収斂していくので、最後に「点の酸」を感じるし、最終的にはボワ〜んとしたノイジーな苦みにはならないんだな。

rokumaru_yamada27by2_9.jpg 香りは結構ポヨんとした明利系らしいヌメリもあるんだけど、抜けのいい酸の支えはあるんだよね。そして含むと、ヌルっとテカっとした光沢感もあるんだけど、決してクドくはないんだなあ。正直、初日の方が旨い。硬質なエキス感 (シャキっと感) がだいぶ崩れちゃうあたりが27BY的な弱さか。やや過剰なミネラル感を支えるには少しストラクチャーにおける堅牢さが足りてない。


rokumaru_yamada27by2_10.jpg ワングラスで──。

 悪くない。なんか超ソリッドな「六十餘洲 雄町生」という感じ。結構甘いけど、うーん、それでも寄り添うんだなあ、酸が。甘苦いタッチもあるんだけど、そこまで辛くないんだよね。つまり〝No喉ティンコファイヤー〟というか。まあ、飲める (笑) 。それでも27BYは27BYかなー。決して26BYの代わりにはならない──イマドキのチャンチャン速醸フルーティー酒を凌駕するだけのポテンシャルはあるものの、今日のこの感じだと☆3.5〜4かな。飲めるけどね、得意だから (笑) 。





 仕方ない、やるか。
rokumaru_yamada27by2_11.jpg



 さわ子──ウメえな、オイ。これは疑いようもなく旨いな。凝縮感ハンパない。陽子──アハん♡、バニアライス。今の状態なら☆6ですね、もはや。これは異次元。ある意味、究極のバニラ日本酒。ソリッドだけど濃密。まるで美しい線。まる子──酸っぱいな、オイ (笑) 。あああ、なんだかこの組に入るとイイんだよなあ。☆6と☆5に挟まれても気概を見せるあたりは流石か。「点の酸 (レモンの一滴) 」をすごく感じる。





── 3日目。

rokumaru_yamada27by2_12.jpg



 立ち香──残り2合弱。香りに記号化されたメロン──カキ氷のメロンやメロンソーダのメロンも出てきた。やはり明利系酵母のヒントは探せる。

 含むと遂に熟味が出現。米の旨みに掛かる、琥珀カラーの甘露飴ライクなライトな黄金。それでも全体には少し苦みの強い甘めのアロエ・ジュースのようなニュアンス。やはり酒そのものの強さは27BY的というか、劣化ベクトルは右下がりに直線的。喉から上アゴにかけてカツンと跳ね返る甘苦いステンレスな (金属的な硬さのある) 辛みもあるけれど──劣化した甘めの生酒や直汲みによくあるアレ──、それが退けた後は酸のコアにキュっと収斂する流れはあるんだよな。やはり、ここが他の銘柄との決定的な違い。温度が上がってくるとエキゾチックなお茶に砂糖を入れたようなニュアンスにもアクセスできる。

 篠峯的には☆3.5だけど、ここはひとつオレに免じて☆4でフィニッシュさせてくれ。某酒屋の残りの2本をうちの読者が買ったかどうかはわからないけれど、少なくとも初日のガス有り状態には魅せられる要素は多少はあると思うし、なにより我々としては「捨てる気持ちが微塵もない」というところに評価のポイントもある (笑) 。他の☆3.5は「早くなくなれ」と思うが、篠峯のそれは「もっと知りたい」と思わせる。

 正直に言えば、27BYの「篠峯」はクワナリのギャンブルだと思います。誰が飲んでも仰け反る26BYとは埋めようのない差はある。それでも年明けから呑んできた様々なクソ酒を思う時──そればかりかそこそこマシな☆4と比較しても──、やはりオレたち夫婦にとってはスペシャルな銘柄だということを再確認できたことは感動に近い何かがある。

 残りは少ないが、可能な限り、他の27BYも集めてみたいと思う──とはイエイ、遂に某酒屋の「純米 愛山65生 27BY」も消えた。あーあ。これ、オレの見立てじゃ「櫛羅 純米 27BY」よりも上なんだよな。まあいいや。うちにまだ26BYが3本もあるし。夫婦の誕生日が8月で3日違いなので、そこで開けるとするか。1本とっておきの26BYの生酒があるんだけど、☆5以下の場合は記事にしません。記事にするのは☆6以上から。

 あ、常温だと酸っぱくていいな。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。


──持ってきた人の祖父宅の屋外冷蔵庫にずっと入れっぱなしだったらしいからもらってきたとのこと。

これは意外なモノが眠ってましたね (笑) 。仕込みは1発なので、僕が飲んだモノと同じだと思います。

これも明利系酵母なので、少しミネラル成分が干物化しますね (笑) 。やや粉っぽい、軋むような渋酸ですね。新酒コンディションは全く味が出てなかったので、随分マシになったなという印象ではあります。まあ、これだけ寝ていてこれだけ熟味がないのも凄いんですが、やはり26BYとは別物ですね。それでもそこそこ「篠峯」らしいモダニティはありました。

「冩樂 初しぼり生」は買えるには買えるんですが、なんとなく1stロットを拾っておきたかったんですよね。このぶんだと、2ndロットからのエントリーになりそうです。しかし地元で買えないとは随分と変な話ですね。

それより、ぼちぼち「米鶴 山廃純大」ですね。ここが崩れると非常に厳しい (笑) 。

2017.12.14 Thu 00:07
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。


先日の忘年会でこれが出ました。
製造年月2016.05
モウカンさんが飲んだのとほぼ同じかなと。
持ってきた人の祖父宅の屋外冷蔵庫にずっと入れっぱなし
だったらしいからもらってきたとのこと。


モウカンさんの記事にあったように、
ややフルーツの皮のような渋み。
巨峰の皮の裏にへばりついてる薄い果肉的な渋み。
甘みが伸びた先には力強い点の酸。
やや山廃的なペタンコな旨みのプレス感を従えて小さくジューシイな着地。
余韻にはほどけの良いミネラル由来の苦み。


私が飲んだ感じでは、
モウカンさん初日の感想とほぼ同じではないかと。
「点の酸」は弱くなっていましたが、ありました。
ただ、「渋み、苦み」は確かにありますが、
それも「いい渋み、苦みだねー」とみな言ってました。


それから「写楽 初しぼり」はこちらでは入荷なしと酒屋に
言われております。
取扱い店どこにいっても「今季は入荷なし」の一点張り。
んなワケあるかアホ。
一部のお偉いさんのみに取り置きということなのでしょうけど。
でも、私は当たりにいくつもりでいたので
どっちでもいいやって感じです(笑)
コメ欄で飲んだ方の感想も見ましたし。


出てくるなら26BYの篠峯だったらーってのは
高望みしすぎですけどねー。
それでも篠峯は、やはり上。


2017.12.13 Wed 23:08
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ニャオさん



こんにちは!
間違ってたらゴメンナサイ。もしや、黒っぽい猫さんですか?

さて、こちらは27BYの山田錦です。28BYは未発売となりましたが、今季は「木香問題」ありましたので、逆によかったかもです。26BYには敵いませんが、この27BYも、去年呑んだ時よりは楽しめましたね。やっぱ他の銘柄とは違います。


──こういうのばかりでしたら、やばいと思います。

確かに (笑) 。僕ら夫婦も26BYシーズンは「篠峯/ろくまる」は見つけたら買ってたので、かなり飲みましたが、生酒のハズレは記憶にありませんし、今も3本 (生酒×1、一火×2) ほどストックしてます。参年熟成の25BYヴァージョンも今季は割り当てらしく、ネットでは買いにくいですが、マチダヤ仕様の300mlで試飲した限り、かなり期待が持てそうです。

他に27BYの「篠峯」は「八反50生」と「愛山45生」も手に入れたので、近日中に開ける予定です。あと「櫛羅50生」もストックしてます。


2017.08.04 Fri 23:45
Edit | Reply |  

Name - ニャオ  

Title - 雄町すっか!

いやー、良く残っていましたね。というか、間違いなくて、今からクラクラします。
こういうのばかりでしたら、やばいと思います。
2017.08.04 Fri 22:44
Edit | Reply |  

Add your comment